neverfoget さん プロフィール

  •  
neverfogetさん: ああ私がもったいない
ハンドル名neverfoget さん
ブログタイトルああ私がもったいない
ブログURLhttp://foget0019.blog.jp/
サイト紹介文すっかり、人間嫌いになりました。 パワハラされている、皆さん、あなたは、ちっとも、悪くない。
自由文些細な事から、パワハラは始まります。イエスマン、ちゃぼうず達が、擦り寄っていくのは、まさに、ホラー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2016/05/20 11:04

neverfoget さんのブログ記事

  • 知りたくなかった
  • 病院をやめて1年3か月たった。ストレスはなくなったが、今も私は、人間不信だ。永年、病院に勤めていながら、辞めて初めて、糖尿病の治療で自宅近くの病院に通っている。(62kgを、54kgにしなければならない・・・。笑)が、医者、看護師、事務員、そして病院が、信用できない。19年も居た病院では、何の話も注意もなかった。(院長は、産業医だと、看板にはあるが・・・。)この病院にいたために、私に残ったのは懐疑心 [続きを読む]
  • ついに辞めたぞ~(^^♪)
  • 土曜日の朝、自分のロッカーをかたずけると、事務所に行った。窓際の隠れた机に、今日は珍しく、太鼓持ち(事務次長)が見えた。Eさん(主任)は、相変わらず、太鼓持ちの前の、同じように隠れた机に、座っているようだったが、姿は見えなかった。入院窓口のTさん(経理)に、「手続きを。」と言うと、ハッとしたように、私を見た。すぐに、よっこらしょと、立ち上がると、チョコチョコと歩いて(Tさんは70歳近い)太鼓持ちの傍 [続きを読む]
  • スキルが、ゼロに
  • ここに来てから、スキルアップした事など、1つもなかったように思う。そして、最後の5年間で、医療事務を、すっかり忘れた。私のスキルは、0(ゼロ)になってしまった。病院も、医療事務も、もうたくさんだ。もともと医療系の学校を出た(看護師でも、ワーカーでも、医療事務でもない)が、医療事務を目指した事はなかった。辞める事にした。事務所に行くと、太鼓持ちの姿は、なかった。入口の、入院窓口に、Tさん(経理)が1 [続きを読む]
  • 病院の顔
  • 何でEさん(事務の主任)を、中国の人と思ったのだろう?。最近は、髪を伸ばしたらしく、丸くお団子に結わえた髪に、なぜか、銀色の箸のようなかんざし(?)を、何本も刺していた。そして、まん丸い顔なので、中国の曲芸をする人のように、見えたのだ。入院係になったばかりの頃、短い髪を左右におさげにして、真っ赤なリボンで結んで来た時は、唖然とした。ナースシューズは、なぜか彼女だけは、黒を履いていた。主任になると、 [続きを読む]
  • このハゲ〜!パワハラ上司は、どう聞いている?
  • 毎日のように、テレビから聞こえる、このハゲ〜!の、叫び声。パワハラ上司の男や女は、今、これを、どう思って聞いているのだろうか?密室で行われるパワハラが、白日の下にさらされているのだ。何て醜い人間なのだろう。(聞いている方が、恥ずかしくなる。)パワハラ上司の、男と女達!。お前たちのことだヨ!幸い、私はハゲてはいなかったので、こうは言われなかったが、この病院では、院長が、陰で悪口を言って笑いものにする [続きを読む]
  • これもパワハラ
  • 前回の続き・・・そもそも、Eさん(事務の主任)が、私に、こんな態度をとる理由はない。(あなたは、主任になったんだから、こういう態度を取るのは、パワハラでしょう?。)Eさんが新人で外来受付に来た時、私は外来受付に15年いて、入院係に変わったばかりだった。というのは、30年以上、1人で入院係をやっていたAさん(70歳)が、退職することになったからだった。そして、私になら、後を教えてもいいと言うので、入院 [続きを読む]
  • 中国の人?主任だった
  • 前回の続き・・・考え事をしながら、女の人と、すれ違った。顔は見ていたが、全く認識していなかった。(遠くに見えた時、ぼんやりと、中国の女の人らしいと、思っていた。)突然、すれ違いざまに、女の人が、「フン!」と、鼻息も荒く言うと、顎をしゃくって、通り過ぎたのだ。「エッ!何?」何が起こったのか分からなかった。驚いて、女の人を振り返った。立ち止まって、改めて、その人の後ろ姿をみる。プリプリとお尻を振る歩き [続きを読む]
  • 人の褌で相撲を取る?
  • どうやら、建て替えの話は、消えてなくなったようだ。(笑)太鼓持ち(レントゲン技師、事務次長)が、Qさん(新人ワーカー)に話した内容から想像すると、病院は、療養病棟のままだが、素人を集めて、介護職員を教育する派遣会社をつくったと言う事らしい。そして所長は、今は、院長の母親(86位)になっているが、太鼓持ち(今61か2か?)は、70で退職したら、そっちに移って、所長になると言った?。(退職してからって [続きを読む]
  • ホームページ
  • 久しぶりに、病院のホームページを見た。以前、(2年ぐらい前)に見た時は、今年中(その年の6月)には、病院の建設が始まると、書いてあった。何階建てになるか忘れたが、(笑)、3階にカフェテラスが出来て、今とは比べ物にならない位、大規模な病院になるので、皆さん是非応募して下さいとあった。(今は、ボロボロだけど・・・と、言い訳してる?笑)なるほど、病院は、新しい人集めを、急いでいるのねと思っていた。古い人 [続きを読む]
  • 太鼓持ち(2)
  • 前回の続き・・・ワーカーのQさんが、随分早く来た。「あれ?、どうしたの?。1時間も早いじゃないの。」と言うと、「毎週1回、私は仕事の前に、隣の、病院のマンションの部屋で、講習を受けることになったんですよ。」と言った。「へえ?Qさんだけ?。」「そうらしいです。前から居る人達は、仕事が終わってからなんて、疲れてるから嫌だって言ってるらしいです。」「講習って、誰が教えるの?。」「いつも、上のマンションに、 [続きを読む]
  • 太鼓持ち(1)
  • 前回の続き・・・新人看護師は、それからも、しばらく待っていた。やがて、「もう、勉強会(説明会?)に、遅れてしまうので、〇〇さんに、先に行くからって言ってください。」と言って、出て行こうとした。その時、ドアが開いて、〇〇さんが、入って来た。「ごめんねえ、レントゲン室で、つかまっちゃって。」と着替え始めた。「何してたの?。」と聞かれて、「レントゲン室の前を通ったら、次長さん(レントゲン技師、太鼓持ち) [続きを読む]
  • つるんでいないと地獄
  • 前回の続き・・・〇〇さん(看護師)が、(いやがらせで?)部屋を汚していったかどうかは、私には、分からない。K看護師が、大袈裟に言っているのかもしれない。昔は、だれかれとなく、冗談を言い合って、職員同士で笑った。今は、院長の、下らないおやじギャグに、太鼓持ちが、馬鹿笑いする。そして、院長と、太鼓持ちに媚びて、新人達が一斉に、わざとらしく笑う。(独裁者のいる、あの国みたい 笑)つるんでいないと、地獄が [続きを読む]
  • ゴミ屋敷?あれはヨーグルト・・・(笑)
  • 朝、すっきりした気分で出勤した。辞めると決めたら、早く言おう。理由は、引継ぎもないから、お決まりのあれ、介護がいいだろう。(有給も、沢山残っているから、すぐ辞められる。)更衣室に入ると、流しの中が一面に、汚いし、臭い。もしかして、誰かゲ〇でもしたのか?近寄ってよくみると、ヨーグルトだ。ジャンジャンと、水を流すと、綺麗になった。看護師のKさんが、飛び込んで来た。「もう、大変よ。寮の〇〇さん(看護師) [続きを読む]
  • 大馬鹿だった!
  • 早速、家の近くの、糖尿病のDrがいるというクリニックに行った。薬が出された。(ショック!)とりあえず、カロリーに気を付けて、体重を少しずつ落とす事になった。(ここに来て、7キロも太った。)Drに、「いつ頃から?。」と聞かれて、さすがに10何年も前からとは、言えなかった。もごもごと、ごまかした。「こんなに急に悪くなるんですか?。」と聞くと、「それが、糖尿病なんですよ。」と、言われた。ネットで調べて、やっ [続きを読む]
  • 糖尿病?
  • 朝、突然Eさん(事務の主任)が、更衣室に入って来た。(えっ、何事?。この人に、会うのは何か月ぶりだろう。)相変わらず、セカセカと、忙しそうにお尻を振って、真っすぐ、こっちに向かってきた。手に、袋を持っている。「これは、健康診断の、結果です!。」と、座っている私の目の前に、ニュッと、袋を突き出した。驚いて、受け取ると、クルリと後ろを向いて、さっさと出て行った。それは、健康保険組合からの、健康診断の結 [続きを読む]
  • カエルの子は・・・
  • 夕方暗くなり始めた頃、スロープ(と呼ぶが、地下から地上に出るまでの、短い坂道。)を上がりながら、スマホで話をしていた。以前は、救急車が来るたびに、ここからストレッチャーでエレベーター前に誘導した。ふと上を見ると、小学生(5,6年?)くらいの男の子が、病院の入り口の石段を、上がろうとしていたが、私を見て、わざわざ、引き返して来たのだ。「?・・・。」坂道を降りて来ようとしたので、私は慌てて、電話を切っ [続きを読む]
  • これが新師長とは・・・
  • 朝、隣の、院長室の掃除を終わって、誰もいないと思って、更衣室のドアを開けた。入り口近くのロッカーの前に、看護師の制服の女性が2人、立っていた。私は、ゴム手袋をして、ワーカーの制服、モップを持っていた。もろに、3人で、顔を見合ってしまった。(たしか、この痩せ細った、髪の長い、中年の女性は、新しく来た看護師長。紹介のミーティングに、太鼓持ちが行かなくていいと言ったので、行かなかったが、薬局の前で、見か [続きを読む]
  • 口調があらい人には従う?
  • 5時から、30分休憩をとるQさん(ワーカーで、食事介助が仕事だと言った。派遣社員)と、更衣室で、話をしていた。Qさんは、普段は、学校の先生のような話し方をする。ところが、悪口を言っている時は、豹変する。言葉使いがまるで、〇クザだ。(これが彼女の本質なのか?恐ろしい人だ。)私は関係ないので、ハイハイと聞いている。(笑)と、突然、ケラ子さんが、更衣室に入って来た。ケラ子さんは、20代(?)。Qさんと同じ [続きを読む]
  • 可愛そうな人なのね
  • 今日は、お風呂のある日なのに、静かだった。機械が壊れたらしい。(度々壊れていたが、その度に、誰がやったと、犯人捜しがあるらしい)11時に、30分も早く、ワーカーのQさんが来た。いつものように長椅子の隣に座ると、「風呂で使う〇〇が、出て来たのに、誰もそれを知らなかったんで、教えましたよ。」と言った。(私は、〇〇を知らないので、名前を忘れた。笑)それは、入浴の時、ストレッチャーから患者を湯船に降ろすの [続きを読む]
  • 虐めはメリーゴーラウンド
  • 前回の続き・・・それから、暫くたった。Qさんは、辞めると言わなくなった。(慣れてきたらしく、態度が、荒っぽくなって来た。笑)ある日、Qさんの派遣会社から、後輩の新人が、来た。ドアの外迄、誰かが連れて来て、Qさんと話をしている。(連れて来たのは誰なのか、聞いた事もない声だった。)ちょっと小太りで、人の好さそうな女の人が入って来て、私を見て、チョコンと頭を下げた。私も、ニッコリ笑って頭を下げた。その時、Q [続きを読む]
  • 虐めは繰り返される(2)
  • 前回の続き・・・「食事が、出来る人は、4人だけですよ!。なんで、食事介助の人が必要なのかわからない。やることがないので、他の事を手伝おうとすると、いやな顔をされる。」と、Qさんが言う。(う〜ん、私は、もっとわからない。笑)Qさんは、5時になると、更衣室に来る。30分の休憩時間だと言う。昼と合わせて1時間らしい。菓子パンを、2、3個むしゃむしゃと食べると、これが、夕食だと言う。家に帰ってからも、食事は [続きを読む]
  • そして、虐めは繰り返される(1)
  • 昼休み、遠くから、ケラケラケラッと大きな笑い声が近づいて来た。バタン、とドアが開くと、どやどやと、3人のクラークが入って来て、入り口のテーブルに座った。ロッカーを挟んで、奥の長椅子に、新人看護師が座って眠っていた。私は、同じ長椅子の手前に座って、スマホを見ていた。今日は土曜日だが、外来診療が半日ある日だった。事務の時は、1時までが勤務時間だったので、今も、そうしていた。(何時に帰ろうと、誰も気にし [続きを読む]
  • 辞めたも同然の人間
  • 前回の続き・・・階段を降りながら、ナースセンターには、行きたくないと思った。院長の顔は、もう見たくない。忘れつつある。(笑)(見なくていいから、まだここに、居るのだ。う〜ん、何か、行かなくてもいい理由は、ないかなあ。)Eさん(主任)は、どんな集会だろうと、今まで1度も私に連絡してくれなかったのに、何で今日に限って、連絡したのか?。きっと、新師長に、アピールしたかったのだ。そうとしか思えない。階段を降 [続きを読む]
  • 師長って、いらないの?(笑)
  • 朝、いつものように、旧薬局の入り口から、病院に入った。ドアを開けると、長椅子に、中年(?)の女性が、座っていた。看護師の制服を着ていた。一瞬、こっちを見たが、すぐ下を向いて、何か見ている。(私は、この頃、職員の、顏も名前も分からない。笑)また新人かな?と見ながら床に上がった時、突然、Eさん(主任)が、目の前に現れた。(オウッ、びっくりした!)「××さん!、今日9時から、ナースセンターで、師長の紹介 [続きを読む]
  • ブルブルッ、女は怖い!
  • コンコンとドアのノックの音がした。(珍しい、ここは、ノックする人なんか、ほとんどいない。笑)返事も待たずに、ドアが開いた。Eさん(主任)だった。いつものように、気取って、片手の小指を立てて、胸の前に、(いつもは、両手だが、笑)前傾姿勢で、お尻を振って、せかせかと、突進して来た。片手には、1枚の紙を持っていた。「××さん!。健康診断をしてください。」と言って、紙を突き出した。「はい。」と、受け取ろう [続きを読む]