ventottoprimavera さん プロフィール

  •  
ventottoprimaveraさん: Two for the Road いつもふたりで
ハンドル名ventottoprimavera さん
ブログタイトルTwo for the Road いつもふたりで
ブログURLhttp://italia.hatenadiary.com/
サイト紹介文ミラノに住むライターとカメラマンの、ヨーロッパ旅ガイド&美しさ溢れる風景写真満載のブログです。
自由文ヨーロッパの美しい風景を切り取った写真を並べながら、現地でのお得情報満載の、ヨーロッパ旅行ガイドブログです。またイタリア生活において、何が苦労するかのポイントも絞って紹介していきます。日本にいる方も、海外在住の方も、美しい写真とその解説で少しでも癒せたら。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2016/05/21 05:23

ventottoprimavera さんのブログ記事

  • サントリーニにおります
  • ハネムーン中です。ギリシャはサントリーニ島に来ています。今日は火山の島と温泉を巡るツアーに参加して、その後、世界一綺麗だという夕陽を船の上で観に行きました。世界一かどうかは分かりませんが、私が観た中でもかなり思い出に残る夕暮れでした。あまりに撮りすぎて、他にもご紹介したいのですが、とりあえず、まず一枚。どうでも良いですが、ギリシャとギリシア、間違えそうになりますよね。ささっと調べたら古代に関して [続きを読む]
  • バルセロナでテロがあるなんて・・・
  • 嗚呼・・・ヨーロッパでテロがある度に悲しい気持ちになります。バルセロナのランブラス通りは綺麗な通りです。深夜も明るくて、呑兵衛たちが集まってわいわい騒いでる、素敵な通りです。もちろんスリとか軽犯罪はあれど、危険な目に遭う事が考えられない、そんなバルセロナのメイン通りです。たまたまこの日に歩いて、たまたまテロに遭われ亡くなられた方を思うと、胸が痛んで、やり切れません。月並みな言葉でも、ただ、ただ、ご [続きを読む]
  • マルタのブルーラグーン
  • お題「この色が好き」これぞクリスタルブルー!好きな色は数あれど、夏で一番好きな色は、このクリスタルブルー。これまでも多くの海を見てきましたが、人生で初めて「船が宙に浮いて見えた」のは、マルタ共和国のブルーラグーンでした。昔、記事にも書いて、すごく人気を博しました。 夏のマルタは2度行きましたが、素晴らしい。何より気候が良いし、ひと夏のバカンス地としてちょうど良い大きさだし、英語が公用語になっている [続きを読む]
  • 夏休みを目の前に
  • お題「夏休みの計画」2015年夏のミコノスタウンようやく夏休み!全く空気を読まずにバカンス真っ盛りの8月半ばに役所に招集するイタリアという国家を呪いながら(8月半ばに役所がやっていることにも驚き)、用事も無事完了し、今週から少々遅ればせながら、私達の夏休みも始まります。まずはギリシャのサントリーニ島とクレタ島へ。これがいわゆる我々の新婚旅行。イタリアの法律に、新婚旅行休暇として10日間(土日くっつけて2 [続きを読む]
  • 夏は雲が綺麗です
  • 今日も快晴気温は連日30℃を下回り、明け方は20℃を下回っています。個人的にはこの天候のまま、今週も過ぎて欲しいですが、はたして。そして、特にこの8月の真ん中は、ミラノから人が消える。例年よりはバカンスに出掛ける人間が減ってるそうですが、本当なんでしょうか。いずれにせよ、どこに出掛けるにも渋滞がないのは嬉しい。惜しむらくは、やっているお店が非常に少ない事ですが。。。貯めに貯め込んだスーパー*1のポイント [続きを読む]
  • ゴミ箱の話
  • ゴミ箱の話欧州に来られる方であればご存知かと思うんですが、こっちの道は、日本に比べてゴミが結構落ちてます。特に路上喫煙が禁じられているわけではないので、実は喫煙者は平気でタバコを捨てています。なのでゴミを道にポイと捨てる輩も、結構います。そういったところが、あまりヨーロッパの好きじゃないところです。それなのに家は土足とか、我々日本人にしてみたら気が狂ってるレベルで、非常に理解に苦しみます。日本は道 [続きを読む]
  • わんにゃん大戦争
  • まいにちがたたかいのひびすみません、生憎ワタクシ、犬派でございます。毎日、猫派の妻とわんにゃん大戦争を行なっております。・・・まずもって勝てません。そういえば、犬カフェって聞いた事ないですよね、何でだろう? [続きを読む]
  • ミラノの猫カフェ
  • ミラノで猫カフェ?ごろにゃん♪・・・先日、ミラノの猫カフェ"Crazy Cat Cafe"に行ったのですが、このコは我々の入店から退店までひたすらこの場所で寝続けておりました。時々寝返りを打って体勢を変えたり、起きそうに目を擦ったり。あぁ、なんて可愛いんだ、ちくしょう。Travel.jpさんに寄稿させていただきました!guide.travel.co.jp一応宣伝(?)なんですが、このミラノの"Crazy Cat Cafe"について、トラベル.jpさんに寄稿 [続きを読む]
  • イタリアは夏休み
  • イタリアは夏休み気分イタリアは8月2週目くらいになるとバカンス感が増します。この時期は、とにかく店が休む、休む。自分がなまじ仕事していると、お昼を取る場所探しに難儀します。ついでに、ちょっとオフィス周りを散歩してみました。よく思うのが、イタリア人ってほんと電話してますよね。街ゆく人々も、結構携帯で電話かけてます。車の中でも、平気で電話。ハンズフリーの買えばいいのに。そんなイタリアですが、やっぱりバカ [続きを読む]
  • 山の夕暮れ、車の中から
  • 悪魔が去りてまるで物語の結末のように、朝すごい嵐がやってきて、悪魔が退治され、やがて、平和が取り戻されたのでした。ただ、現実の世界のように、悪魔が退治されたとて、夏そのものが消え去ったワケではなく、まだまだ暑いです。今晩は、まだ寝られるかな、という程度です。明日は、もう少し涼しいと良いのですが。 [続きを読む]
  • 夜のコモ湖畔ドライブ
  • 二日連続で写真が暗い今日も元々外出予定だったので、今日は夕食後にドライブを。コモ湖を少し走っていました。本当に、ドライブで見られる景色が最高に綺麗なんです、この湖畔。私の写真ではとても表現できないくらい。対岸側も急峻で、でもところどころ集落が灯りを灯していて、その景色がパノラマに広がって、また湖だから水面は静かで、お月様だって穏やかに映ってるんです。結構名前が知られているコモかもしれませんが、私 [続きを読む]
  • ワイン畑も星が綺麗・民泊に対する愚痴
  • イタリア超北部のワイン畑と星空ヴァルテッリーナ / Valtellinaという、ミラノを州都としたロンバルディア州の北側の地方があるのですが、その中で、モルベーニョ / Morbegnoに昨日は行きました。この地方は、名前をヴァルテッリーナというワインも有名で、(ヴァルテッリーナ (ワイン) - Wikipedia)たまたま撮影したこのワイン畑は、そんな葡萄を育てているんでしょうか。しかし星というのはうまく撮れませんね。今回、ピントが [続きを読む]
  • 悪魔到来
  • 悪魔がやってきた6月にイタリアで猛威を奮っていた熱波ですが、結婚式名目でパリに脱出し、帰伊した頃には涼しさを感じられ。その後、ちょこちょことした暑さはあったものの、気温の下がる晩も増え、ほどなく8月、これで今年の夏はひと段落と胸を撫でおろしていました。(うちは全面的に南向き&異常に機密性が良い建物なので、冬は真冬でも室内半袖の天国なのですが、夏の暑さはダイレクトに響くのです。)しかし。。。我々 [続きを読む]
  • 綺麗なところばかりじゃないイタリア
  • 陰だってあるイタリアだって、日本だって、綺麗なところもあれば、汚いところだってあります。写真はポルタ・ジェノバ駅から、線路を渡る際の陸橋。あっち側に飲屋街があります。悲しい事に、おばあさんが真ん中でひたすら恵みを待っていますが、ああいう物乞いに、私はどうしても恵む気になれない。場合によっては、カモだと思われて、後をつけられたりするらしいですよ?喜捨という考えは素晴らしいと思いますが、臆病者の私には [続きを読む]
  • ミラノのプラネタリウム
  • ミラノのプラネタリウム内先日、七夕のイベントでプラネタリウムに行った時の写真です。正直、設備は古いし、椅子も木だから快適じゃないし、と、想像通りのイタリアだったのですが、ドームは芸術じゃないかと思うくらい感動しました。レンガ(?)作り、ここでも雰囲気が良い。多分、プラネタリウムという観点なら真っ白な方が良いんでしょう。ただ、この国は実用性よりも芸術性を採用しがちな国です。それが、別にイタリア大好きじ [続きを読む]
  • ヴェネツィアのゴンドレ
  • お題「カメラ」昨日の写真は私たちのではありませんすみません、先日のフラワーシャワーを両手に持った写真は、私が撮ったものではなくて、友人が撮って、私にくれた写真を使いました。今度またこっちに来る時に、彼にはお礼を言おうと思っています。どうでもいい話なんですが、実はInstagramにあるような、何でもかんでもノスタルジーっぽく加工する写真は、私は好きじゃありません。昨今、猫も杓子もああいった加工しているじゃ [続きを読む]
  • エッフェル塔が見える街角とモノクロ写真のお話
  • パリの街角自分の直感に従ってモノクロにしてみました。ただ雲と青空のコントラストがちょっぴり気に入らないんですよねぇ。そういえば、モノクロ写真について、以前、某ドイツ系お値段すんごいカメラメーカーさんの、技術の方とお話したことがあります。(言って良いのか・・・日本人の方でした。)あのカメラって、機種によってはモノクロカメラの方が、カラーカメラより値段が高いんですよね。優しい方だったので、何でですか [続きを読む]
  • エッフェル塔午前1時の姿
  • お題「カメラ」エッフェル塔午前1時の姿italia.hatenadiary.com一応先日お話した件です。皆さん優しくて、ついつい甘えて、記事をサボっていました。エッフェル塔のライトアップは、前記事の写真の通り黄色灯が中心で、唯一、時報のように毎時ちょうどになると、黄色灯の枠組みは残しながら、中の白色灯が5分ほど点滅するようで、それを見ていると、少し時間を忘れてしまうくらい、綺麗です。さて、そんなエッフェル塔のライトアッ [続きを読む]
  • 七夕@ミラノ
  • ミラノで七夕!少し遅くなりましたが、七夕です。実はここ毎年、7月7日のミラノのプラネタリウムで七夕鑑賞をやっております。そして、普段は行かない我々も興味でプラネタリウムに行くのですが、七夕だからなのか、それとも普段からなのか、激烈に混んでいるのです。昨年は、時間10分前に行ってみたところ、チケット売り切れ。今年は30分前に行ってみたところ、やっぱり売り切れ。但し、今年はあまりの人の多さに、第二部も急遽開 [続きを読む]
  • Wedding in Paris - レストラン編 -
  • お題「もう一度行きたい場所」披露宴会場に決めた”Lasserre"私達は、EU圏の友人も気軽に週末参加してもらえるよう、挙式を土曜日にセッティングしました。週末は礼拝などの行事があるアメリカンチャーチは、それらが終わる17時から挙式のプログラムを組んでくれました。(結婚情報誌などでは、アメリカンチャーチは平日日中のみ挙式可能と書いてありましたが、自分達でコンタクトしたら、教会から土曜日もOKとの返事もらいました [続きを読む]
  • Wedding in Paris - 教会編 -
  • お題「結婚」パリのアメリカンチャーチ昨年初めに、パリで結婚式をすると決めてから、早速、昨年4月に下見をしにパリに飛びました。イタリアという、世界中からハネムーナー達がやってくる国に住んでいるのに、何故パリで?ということで、周囲から散々質問攻めに遭いましたが、理由は主に下記。1.カトリックの教会は、異教徒は条件付きでしか挙式できない。イタリアで大多数を占めるカトリック教会。こちらでカトリック教徒と結 [続きを読む]
  • パリで挙式しました
  • お題「結婚」ようやく結婚式です。。。匿名性を謳歌するためのブログなのですが、さすがに挙式準備と挙式後の諸々で更新が滞ってしまったので、言い訳をきちんと記載させていただきます。いやはや、本当に疲れました。先週から今日まで、妻の忙しさはもちろんのこと、私はウィーン→ミラノ→ウィーン→ミラノ→パリという、挙式直前に仕事を軽々しく受け入れすぎた超八方美人日程のツケがきて、最後のウィーン出張中は毎日発狂寸前 [続きを読む]