もりのこえん さん プロフィール

  •  
もりのこえんさん: もりのこえん
ハンドル名もりのこえん さん
ブログタイトルもりのこえん
ブログURLhttp://morinoko7789.soreccha.jp/
サイト紹介文身近な自然の中で、子どもたちがしっかりと遊びこむ経験を大切に活動している認可外保育園です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2016/05/21 13:25

もりのこえん さんのブログ記事

  • 感謝
  • 『大地がつくりお日様が育てたありがとうお日様ありがとう大地感謝して頂きます』子どもが幼稚園の時食事の前に歌っていた歌です先日、もりのこでお世話になっている方から、自然の恵みについての素敵な話しを聞き、久しぶりにこの歌を思い出しました。自然が作り出した様々な恵みに、感謝の気持ちをいつも持っていたいと、改めて感じました。りつこ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 銀竜草
  • 前回に続き、親子清掃活動で見つけた山野草を紹介します。日蔭の落ち葉敷き詰められた斜面に、まるでムーミンのニョロニョロのように仲良くよりそう山野草。ポツリポツリと塊で咲いています。 透けるような白い花はとても綺麗な銀竜草。私にはニョロニョロに見えましたが、子ども達には何に見えるかな?来年の春に聞いてみようと思います。atuko・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • ライフ アート
  • 今週も雨のため造形は中止となりました。自然の中で活動すると思い通りにいかない事も多いですが、それを受け入れる事ができるという事は、実はとても大切な事。人間はどうしても人間都合で自然の事までも操作しようとしますが、もりのこえんでは、常に自然の中で遊ばせてもらっている、おじゃまさせてもらっているという考えの元、活動しています。たとえ造形の時間がなくても、子供達は保育の中で常に自然を相手に遊びを考え、い [続きを読む]
  • 森の神様に届ける
  • いつも遊ぶ川の広場にある岩の上に五円玉を見つけました。帰りの会で、その五円玉をどうしたら良いかみんなで話し合いました。交番に届ける!と言う子どもたちがほとんどでしたが、年長のSくん一人だけは違いました。Sくんが考えたのが、森の神様に届ける!!でした。毎朝、森の神様にご挨拶をしてから森で一日元気に遊んで過ごすもりのこえんの子どもらしい答えに、ほっこりしました。じゅんこ・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 遊びの広がり
  • 近頃、女の子たちでブームになっている遊び。子どもたちはカッパをいつも常備しているのですが、それが「カッパドレス」に。腰に巻きつけて走り回るとふわっと広がりお姫様に変身。時にはマントのようにかぶって空を飛びように走ったり。遊びは無限大。想像力をフル回転させて遊びに集中する。子どもは大人には想像もつかないような遊びを見つけ出す。わか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 畑の準備
  • 先日、落花生の種を子どもたちと植えました。6月10日の「棚田であそぼう」で子どもたち(とスタッフ)がおうちで育ててくれた300株の落花生とサツマイモの植え付けをしますよ〜。そして今日は、棚田担当のスタッフがパパや子どもたちにも協力してもらって畑の準備をしました。マルチも張って、何だかそれっぽくなりました。マルチは子どもたちが頑張って張ってくれました。マルチの張れる子どもたちとして売り出したい気分です6月1 [続きを読む]
  • 登り始めました
  • 3才の二人が木登りにチャレンジし始めました。両手で枝をつかみ、ブラブラぶらさがって、楽しそうな笑顔。やっと手の届く高さの 枝をしっかり握り、自分の体重を支えられるよ うになっていました。続いて、幹の分かれ目に足をかけ、体を引きつけ、まず一段上がれました。 次に、どこに足をかけようか、どっちの足にし ようか、手はどこを持てばよいか、木の上でバ ランスを取りながら試行錯誤。近くで見ている と、もどかしくなり [続きを読む]
  • くるくるしたもの
  • 『くるくるなあに』という絵本をよみました。よみ終わると、子どもたちが、くるくるしたものを、口々に言いました。「あめ!」 (うずまきの飴)「かたつむり!」「わらび!」「ぜんまい!」もりのこたち、ならではの発想です。まー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<イベントのお知らせ>子どもたちに「自然体験をさせたいなあ」と思っている保護者の皆様へ棚田であそ [続きを読む]
  • ストローとんぼ
  • 久しぶりの活動となりました。今日は竹とんぼならぬ、ストローとんぼ作り。柄の部分がストローで、羽の部分は厚紙(普通は牛乳パックとかで作るのだと思います)。羽の部分は色えんぴつで好きに描いてもらいました。5歳のTちゃんは最近ピンクより、シルバーやゴールドがブーム。今日初造形の3歳のSちゃんは、初めてとは思えないくらい、積極的でした。4歳のNちゃんはいつもは必ずひとつで終わりなのに、今日は2つ作りました。お [続きを読む]
  • ものの言い方
  • 5歳になったばかりのYくん。毎日している朝の会で、話そうとすると横からお友達が割り込みます。すると「だまれ!」場が静まり返りました。保育者「もう少しいい言い方ないかな〜?」と投げかけて、朝の会を進めます。また、同じような場面になりました。すると、Yくん「静かにして!」保育者「別の言い方があったね〜」私自身、子育てをしていて「マイナスなことばかり子どもに声かけてるな」とふと気づくときがあります。「声か [続きを読む]
  • 香害
  • 気温が高くなって、森の草木もぐんぐんと成長しその生命力に圧倒される日々です。もちろん木々だけでなく、虫たちも活動の季節。以前は、黒っぽい服を着て行くと虫に刺されると言われてましたが、最近では色よりも「臭い」の方が危険だと言われています。虫たちが臭いに反応して攻撃してくるそうです。最近は「香害」と言われるほど過剰な臭いが氾濫していますがもし山登りや野外で遊ぶ際には、衣服の洗剤だけでなく化粧品や整髪料 [続きを読む]
  • 山歩きのルール
  • 山歩きにはいい季節になってきました。もりのこの山歩き、天気にもよりますが、週に二回は山歩きを楽しんでいます。始めは恐る恐る、涙ながら森に入っていた子も、足下がおぼつかなく、歩いてた子も、しっかり楽しんで歩けるようになってきました。山の道は、細い道もたくさんあります。歩いてる人を抜かす時、「抜かしていい?」と前の人に声かけします。突然抜かすと狭くて危険な場所もあります。いろいろな経験を繰り返し、自然 [続きを読む]
  • 浦島草
  • 4月29日の親子清掃活動の日。お花が大好きな3才のSちゃんが、不思議なお花を見つけて教えてくれました。上から見ると八つ手の様な葉で隠され花が見えませんが、下を覗くと赤紫の食虫植物のような花が咲いていました。初めて見た花で、なんだか毒々しい花なので気になり調べてみたところ・・【浦島草】とわかりました。由来は、花穂が伸びて細長いひょろひょろを浦島太郎の釣り糸に見立て、浦島草というそうです。また、秋にイ [続きを読む]
  • 子供の表現力
  • 最近、連休や天候の影響で、造形活動ができない週が続いています。私はもりのこえんの保育の中で、造形の時間を担当していますが、普段は幼児から、上は中高生までを対象にした絵画や造形の活動もしています。元々は油彩を専攻としていましたが、子供達と活動する中で、造形遊びの面白さに出会いました。受験のために一日何時間もデッサンをするのが当たり前で、何事にもまずはデッサン力!と考えてた私には、子供達の自由な視点は [続きを読む]
  • ある日
  • ある日、リュックに自分の荷物を片付けようと頑張る4歳のNちゃん。しかし、なかなかうまくいきません。保育者は少し離れたところで様子を見守りましたが、だんだん涙が出てくるNちゃん。いつもなら、保育者に『片付けてください。』と言ってくる事もあるので、どうするかなー?と思って見守っていましたが、その日のNちゃんは違いました。『荷物がリュックと喧嘩してるの…だからね…』と言って、荷物を出したり入れたりしながら [続きを読む]
  • 虫の観察
  • ある雨の日、子どもたちはカッパを身にまとい登園。全員揃うまで待っている間、一人の子どもがカメムシ発見!この虫の正体を知っているのか、だれも触らずカメムシが歩いていく方をついていく子どもたち。「お〜〜歩いた、ここまで来た!」目をこらしながらカメムシを観察。その速度はゆっくりと、そして子どもたちに急がされながら歩くカメムシ。子ども「ああ、ひっくり返った」カメムシは急ぎ過ぎたのか、足をバタバタさせながら [続きを読む]
  • 第2回 棚田であそぼう〜お茶摘み&お茶づくり〜
  • 週間天気予報がコロコロと変わり、開催できるかどうかちょっとだけ心配しましたが、予定通りに「棚田であそぼう」を実施しました。第二回目となる今日は、「お茶摘みとお茶づくり」です。外遊びミニ講座のテーマは「生き物との付き合い方」自然界にはいろいろな生き物が生息しています。子どもが知らない生き物に出会ったとき、①その生き物の名前をすぐには教えない。一緒に考える。調べる。②大人であっても苦手な生き物いますよ [続きを読む]
  • 第2回棚田であそぼう
  • GW 最終日、心配されたお天気ですが良いお天気になりました。本日は予定通り、棚田であそぼう〜お茶つみ〜を実施致します。一回目の際、道に迷われた方がたくさんいらっしゃいましたので時間に余裕を持って気をつけてお越し下さい。 [続きを読む]
  • 遊ぼう!
  • 今年の連休は天気も良くて、気持ちいいですね。遊ぶことが子供の仕事だ、といいますが、遊びは大人にも大切です。学生時代、「大人も仕事は遊びのためにするのだ」と先生が話していました。生きていくために大切な「遊び」、連休後半も楽しみましょう。            めぐみ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<イベントのお知らせ>子どもたちに「自然体験をさ [続きを読む]
  • まねる
  • 4月に入園したばかりの、3歳のSちゃんは、毎日とても楽しんで、もりのこえんに来ています。長時間の外遊び、着替えや、持ち物を出したり入れたりなど、自分のことは自分ですることも、お友だちを見て、まねて、過ごしています。仲良しのお友だちが、川で遊んでいるのを見て、S「Nちゃん、川にはいってる。 Sも、きがえある。」保育者  「じゃ、ぬれても、いいね。」Sちゃんは、うなずき、川に入っていきました。5分間くらい、 [続きを読む]
  • パパ陥落
  • 森を歩きながらすぐ後ろから3歳のNちゃんのつぶやきが聞こえてきました。Nちゃん「Sくん(6歳)かっこいい・・・」(しみじみ・・・)私「どこがかっこいいの?」Nちゃん「顔と・・・足」私「パパとSくんどっちが好き」Nちゃん「Sくん」ついこの間までパパが一番だったのにパパ陥落。女の子の成長は早いですねsayuri・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<イベントのお知ら [続きを読む]
  • その手があったか!
  • 4歳のYYコンビが、長い竹にまたがりバスごっこをしていました。(それぞれ1本の竹に)同じく4歳のHくん。寄ってきて、H「おれも、運転手になりたいの。」保育者「そっかー、どうしたらなれるかな?」H「探したんだけど、竹がなかったの。」保育者「Yくんに相談してみるか。」すると、HくんはYくんにH「おれも、運転手になりたいんだ。」Y「そっかー。(もう一人の)Yの竹切ればいいじゃん。」(※もう一人のYの竹の方がずいぶんと [続きを読む]
  • 相手の気持ちを認める
  • ある朝の会。朝の会は、座って大人のお話を聞く時間です。その日はみんなが座っているのになんとなくふらふらと歩きまわっている2歳のAちゃん。「みんなと一緒に座ろう」という気持ちになかなかなれません。そんな様子を見ていた5歳のTちゃん。「いいよ。Aちゃんはそこで聴いててね。」って。無理やりお約束だから座りなさい!なんて言いません。力ずくで座らせることも、ご機嫌をとってごまかして座らせることも、説得することも [続きを読む]
  • 第2回 棚田であそぼう
  • 5月7日実施の第2回目の棚田であそぼう〜お茶摘み&お茶作り〜は定員いっぱいになりましたので、申し込みは締め切ります。第3回は、〜芋の芽挿し・落花生植え・ほたる鑑賞会・ランタンづくり〜です。日 時;6月10日(土)(雨天の場合は、11日(日)に順延)16時集合〜20時まで(夕食(カレー)はみんなで作ります。)場 所;三谷地域交流センター保険料;300円/回参加費;大人1500円・小学生500円・3歳〜未就学児300円(夕食 [続きを読む]
  • 保護者懇談会と清掃活動
  • ゴールデンウイーク直前の28日、保護者懇談会を実施しました。6月入園の2人の保護者の方もご参加くださって、新入園児の保護者、そして、在園児の保護者の皆さんとわきあいあいとした時間を過ごしました。もりのこえんの一番の自慢は、私は保護者だと思っています。ほんとに素敵で理解ある保護者の皆さんがいてくださるので、子どもたちはのびやかに育ちスタッフも安心して子どもたちを見守ることが出来るのだと思っています。 [続きを読む]