風の股旅郎 さん プロフィール

  •  
風の股旅郎さん: 夕陽あかく地平のはて
ハンドル名風の股旅郎 さん
ブログタイトル夕陽あかく地平のはて
ブログURLhttp://sobatabi.blog.fc2.com/
サイト紹介文定年後のシニアが社会の迷惑にならないように西へ東へ旅さるきます。旅の足は、鉄道・LCC・車中泊など。
自由文遠い日に鉄道で日本列島ほぼすべての路線を乗りつぶしています。これからは線から点へと趣をかえてふたたび日本をめぐります。続ディスカバー・ジャパンです。旅の費用は極力抑えることをコンセプトにしています。車中泊だけでなくネットカフェ泊やマクド泊・もあります。したがってある程度の体力も必要です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/05/21 14:57

風の股旅郎 さんのブログ記事

  • 韃靼そばだったんだ(4日目)
  • 平成29年7月9日さすが、ここは信州、朝は涼しくて快適だネ。5時に起きたので、身支度を済ませて、近くの小布施の街並みに。小布施は葛飾北斎の出身地で知られているけど、昔の街道町が大事に整備されている。積載の自転車で、蔵や、商家や、酒造所の街歩きを楽しんだヨ。それから長野市内に出て、善光寺周辺を、ふたたび自転車で巡ってみたヨ。早朝にもかかわらず、散歩やジョギングの地元の人たちのほかにも、参拝客が散見さ [続きを読む]
  • 地底駅探訪(3日目)
  • 平成29年7月8日朝起きたら、目の前は海水浴場だったヨ。道の駅親不知は頭上を高速自動車道が走っているのでちょっとうるさいネ。今日は親不知駅から始めるヨ。近くに、昭和40年まで使用されていた、現在廃線になっている旧北陸本線のトンネルが見られるとのことなのでi行ってみたヨ。ここ親不知の地形は、海岸から絶壁になっているため、線路の敷設ができないため崖の内側にトンネルを掘削している。道路は、一部トンネルに [続きを読む]
  • 安曇野わさび田(2日目)
  • 平成29年7月7日今日は、松本から大糸線づたいに日本海を目指すヨ。言い換えると、フォッサマグナの旅路だネ。序章は、松本城。自転車で城下町を巡ったんだけど、早朝だったせいか、ジョギングや散歩の人たちに混じって清々しい朝のひとときを持てたヨ。次に、北アルプスのすそ野づたいに安曇野方面へ。そして、ワサビ田の見学。北アルプス連峰の伏流水ならではの清流を利用して、昔からのワサビ作りをしている。大町温泉では、 [続きを読む]
  • 信州そばの花見(1日目)
  • 平成29年7月6日昨日の九州の豪雨被害はすごかったネ。久大線の鉄橋も濁流にのまれ決壊したようだ。久留米から日田経由で湯布院に行くこともこれから数年は実現できないのだろう。新潟県の小出から福島県の会津若松までの只見線も、数年前に決壊した鉄橋の復旧工事の目途もたたないままのようだ。久大線は「ななつ星」のルートにもなっているので、復旧工事はやるだろうけど、何年かかるだろうか。そんな九州の豪雨被害のニュー [続きを読む]
  • 十割手打ちそば
  • 平成29年7月1日いやぁ、暑いねぇ。この間まで涼しい東北にいたんだけど、もう湘南エリアも夏突入だネ。江の島海岸も海開きしたしネ。さて、この間の東北紀行で、寒河江に立ち寄った時の様子に触れたんだけど、酒造蔵の女将さんに勧められて製粉所まで行って入手しておいた、寒河江産の蕎麦粉、「でわかおり」という品種なんだけど、さっそくそば打ちをしてみたヨ。今まで、いろんな品種のそばを打ってきているんだけど、この寒 [続きを読む]
  • 熱中症警戒(10日目)
  • 平成29年6月23日関東平野は朝から暑いネ。東北からの旅人には、暑さの違いが敏感になっているヨ。さて、今日はベース地に帰還するだけなので観光の要素はないヨ。道の駅こもち近くの八木原駅からスタートしよう。国道17号線も立派なバイパスが完成していて、首都圏への利便性がずいぶん良くなったネ。車の流れはスムーズだったんだけど、窓を開けて新鮮な空気を取り入れながら走っていたんだけど、車の屋根の暑さで頭がぼー [続きを読む]
  • 三国峠越え(9日目)
  • 平成29年6月22日昨夜の新潟地方は、久しぶりの雨模様だったけど、一夜明けたら気持ちよく晴れ上がっていたヨ。さて、今日は来るとき来た三国街道を戻るヨ。上越線の小千谷駅から始めるヨ。小千谷といえばちりめんと錦鯉が浮かんでくるよネ。少し進むと小出駅になるけど、ここを起点の只見線で3つ目の魚沼田中駅の近くに、今日一湯目として「温泉博士」の指令を受け、神湯温泉の源泉かけ流しにて、ありがたくミッションを実行 [続きを読む]
  • 新津鉄道資料館(8日目)
  • 平成29年6月21日NHKドラマ、「おしん」の最上川下りの撮影ポイントだそうだ。昨夜暗くなってから、ここ道の駅おおえに着いたので、周りの様子はよくわからなかったヨ。明るくなって看板を見て分かったんだけど、ロケで使われたいかだも野ざらしで展示されてある。さて、今日は関東も雨のようで、ここ東北も昼前から雨との予報だ。東北も今日、梅雨入りしたとのこと。しかし、西の空は明るいので、日本海側、新潟県に出ること [続きを読む]
  • 寒河江(7日目)
  • 平成29年6月20日十文字、東北の二つの街道、仙北街道と小安街道が交わるところからこの地名になったとか。今日は道の駅十文字そばの、JR奥羽線、十文字駅からスタートするヨ。駅から4キロくらいのところに、増田という昔の蔵が立ち並んでいる町があるらしいので行ってみた。早朝で静まり返っていたけれど、自転車で一回りしたヨ。その後、秋田県から山形県に入り、寒河江に出てきたヨ。この町も日本海側の酒田から最上川を通 [続きを読む]
  • 田沢湖(6日目)
  • 平成29年6月19日きりたんぽ発祥の地、鹿角を八幡平方面に南下するヨ。今日は、玉川温泉に立ち寄って、田沢湖に出るヨ。午後は、角館に出て、武家屋敷や商人町を自転車で街歩きしたヨ。平日のせいか、観光客も少なくて、ゆっくり回ることができたヨ。ただ、玉川温泉には台湾の旅行業者と思しき視察団ご一行と、角館には多分中国人団体がガイドに連れられてそぞろ歩いていたヨ。地元にとっては経済に寄与するのだからありがたい [続きを読む]
  • 十和田湖(5日目)
  • 平成29年6月18日海峡の向こうは北海道。函館に渡るか、車を青森の埠頭にでも置いて、身ひとつでも、日帰りでも、。。。。。函館山に登りたい,ラッキーピエロのチャイニーズチキンバーガー食べたい。。。。。ちょっと迷ったけど、楽しみは次に回そう。ということで、折り返すヨ。鉄旅では何度もここまで来ているのだけど、車では来たことがなかったので、東北地方の真ん中を通って南下してみるヨ。まず、朝5時からやっている [続きを読む]
  • 龍飛埼灯台(4日目)
  • 平成29年6月17日さて、今日は津軽半島の突端、竜飛岬をめざすヨ。岬の形が、龍が飛ぶみたいに見えるからこう呼ぶらしい。まずは能代を出発して、JR五能線沿いに鯵ヶ沢まで北上するヨ。途中、世界自然遺産登録の白神山地麓にある十二湖にも是非行ってみたいものだ。そして、津軽半島の日本海側を、十三湖にかかる橋を渡り、小泊港まで。さらに山越えで竜飛岬に出るヨ。岬では、灯台のほかに、日本で唯一の階段国道を見てくる。 [続きを読む]
  • 入道埼灯台(3日目)
  • 平成29年6月16日今日は鼠ヶ関駅近くの道の駅あつみから日本海沿いに北上するヨ。鶴岡市では「温泉博士」の指令を受け、なの花温泉田田という湯でありがたくミッションを実行させていただいたヨ。港町酒田では積載の自転車で、歴史あふれる商屋の街並みを歩いたヨ。どんどん進んで、山形県から秋田県に抜けて男鹿半島を一周したヨ。先端の入道埼灯台を回り夕陽を追って能代まで進んだヨ。宿営地は道の駅みねはまにセッティング [続きを読む]
  • 鼠ヶ関灯台(2日目)
  • 平成29年6月15日出雲崎から日本海沿いを北へ向かうヨ。北国街道を佐渡への連絡船の出ている寺泊から新潟へ。このあたりの海岸線には集落もなく、かつて拉致被害が横行したエリアなんだよネ。新潟では市街地を避け、信濃川河口を海底トンネルで対岸へ渡り、さらに阿賀野川を渡って新発田へ。ここで「温泉博士」の指令を受けて、田園地帯にある「あやめの湯」でのミッションをありがたく実行させていただいたヨ。さらに海岸沿い [続きを読む]
  • 出雲崎(1日目)
  • 平成29年6月14日出雲崎という地名は島根県の出雲地方の岬だとばかり思っていたヨ。新潟県だと認識したのは、十数年前だろうか、ジェロというアメリカ人の演歌歌手のデビュー曲の歌詞に、出雲崎の地名を聞いてから、どうも出雲地方ではなさそうだと思い、地図で調べて初めて分かった次第だったヨ。「海雪」とかいう歌なんだよネ。また、出雲崎は良寛和尚の出身地でもあるらしい。江戸時代、北国街道の宿場町と、北前船の立寄り [続きを読む]
  • 日向駅(最終日)
  • 平成29年5月30日いやぁ、房総半島って広いネ。昨夜の道の駅、みのりの郷東金も新しくてきれいな施設だったヨ。九州や北海道のナンバープレート車もいたし、ママチャリの旅人もベンチで寝袋にくるまっていたヨ。それぞれのスタイルだけど旅する路上生活者としての親近感を覚えるヨ。さて、できれば、九十九里浜や銚子の犬吠埼灯台にまで足を延ばしたいところだけど、明日はどうしても先送りできない所用があるので、一旦ベース [続きを読む]
  • 野島崎灯台(2日目)
  • 平成29年5月29日景色はまるで南の島だネ。夕べ暗くなってから道の駅に到着したので、あたりの景色は分からなかったんだよネ。車の中にいると、一羽の小鳥がフロントガラスのところにやって来て中を覗き込むんだよネ。出発の前に「温泉博士」の指令を受けたので、近くの休暇村館山に行きありがたくミッションを実行させていただいたヨ。今日は房総半島の先端から太平洋沿いに北上するヨ。まずは最南端の野島崎灯台から。この灯 [続きを読む]
  • 洲崎灯台(1日目)
  • 平成29年5月28日今日は房総半島を目指すヨ。日曜日なので都心の渋滞もないので、東京湾に沿ってベイサイドドライブだヨ。湘南ベース地を朝7時に出発、国道1号線を横浜駅東口に出て、京浜急行沿いに蒲田まで進み、平和島へ右折、オリンピックのボート競技会場横の東京湾ゲートブリッジを渡り千葉へ。さらに木更津から富津岬まで進んだヨ。富津岬は前から一度行ってみたいと思っていた場所だったんだよネ。地形からして砂州だ [続きを読む]
  • 本栖湖(最終日)
  • 平成29年5月23日道の駅富士川、新しくてきれいな施設だったヨ。当初の考えでは、2泊3日くらいの路上生活の旅を考えていたのだけど、走行中に車のエアバック警告灯の点滅が消えなくなったので、対処するために、今日は一旦戻ることにしたヨ。リセットする方法があるらしいので自分でやってみるヨ。今日のルートは、ここから身延方面に富士川沿いに52号線を南下し、峡南橋から300号線を本栖湖に抜けて、昨日通った河口湖 [続きを読む]
  • 忍野八海(1日目)
  • 平成29年5月22日季節はいつの間にか夏になってきたようだネ。みちのくへの旅路へ向けて心の準備は整ってきているんだけど、なんだかんだの用事が断続的に出来ているので10日以上の日程が確保できないんだよネ。そんな近況なんだけど、今日、地図を眺めていたらなんとなく出かけたくなったので、山梨県方面へ出発したヨ。16時に湘南ベース地を出発して、国道246を西進。神奈川県の県境を過ぎ、静岡県に入ってすぐ、小山 [続きを読む]
  • 16号線経由(最終日)
  • 平成29年5月13日昨夜の野営地、道の駅こがはなかなか良かったヨ。昨夜のうちにベース地に帰還する手もあったんだけど、夜間走行は極力しないつもりなので茨城県古河市にある4号線バイパス上にあるここの道の駅で野営したんだよネ。日曜なので出発時と同じように都内を貫通するルートを選択するつもりだったんだけど埼玉県春日部市から川越市、八王子市を経由する16号線で湘南ベース地を目指すことにしたヨ。早朝だったので [続きを読む]
  • 那須高原(6日目)
  • 平成29年5月12日いやあ、小鳥のさえずり声で目覚めたヨ。昨夜は路上生活から解放されて、フカフカの布団で休むことができたヨ。朝食は、生ハムとアスパラガスとレタスの野菜サラダに、当ペンション自家製のパンなど、洋風の朝食をいただいたヨ。ありがたいね。朝食後は、ペンションのオーナーである古い友人に案内いただいて、那須岳に向かったヨ。天気も良く、まだ斜面に雪の残っている茶臼岳の素晴らしい景観に見とれたヨ。 [続きを読む]
  • 塩屋崎灯台(5日目)
  • 平成29年5月11日四倉港は、夕べから霧につつまれ、夜霧よ今夜も有難う的な野営地だったヨ。今日は、朝6時に出発して塩屋崎を目指すヨ。この岬は、美空ひばりの「みだれ髪」の歌碑や、灯台守の家族愛を実録映画化した「喜びも悲しみも幾年月」の舞台のひとつになったところなんだよネ。そのあとは、内陸部に針路をとり、泉崎村のゴルフ場併設の温泉施設に向かったヨ。「温泉博士」の指令を受けて、ありがたくミッションを実行 [続きを読む]
  • 鎌崎温泉(4日目)
  • 平成29年5月10日昨夜の野営地、道の駅村田は結構不便な場所で、たどり着くのに苦労したヨ。それでも8台くらいの他県ナンバーの野営者がいらしたので寂しくはなかったヨ。今日は、福島県の沿岸域をいわき市まで南下するヨ。途中、宮城県白石市の鎌崎温泉で「温泉博士」を利用させていただいたヨ。老舗旅館の源泉かけ流しの朝湯だったけど、申し訳ないくらいの極楽気分だったネ。そこから阿武隈川を渡って山元町の沿岸に出たん [続きを読む]
  • 銀山温泉(3日目)
  • 平成29年5月9日さすがに東北はまだ、夜は寒いネ。山には雪が残ってるしネ。今年調達した装備品、耐寒シュラフが昨夜は活躍したヨ。今朝の気温表示は2℃だったヨ。山形県の大石田町にある深堀温泉が6時半から開いてるみたいなので、「温泉博士」を利用させていただきました。源泉かけ流しの、素晴らしいお湯だったヨ。そのあとは、近くの銀山温泉の温泉街風景を見て、一気に太平洋側に山越えを敢行したヨ。石巻から松島海岸を南 [続きを読む]