☆aki☆ さん プロフィール

  •  
☆aki☆さん: イライラ子育てにさよならできる!湘南おひさまるーむ
ハンドル名☆aki☆ さん
ブログタイトルイライラ子育てにさよならできる!湘南おひさまるーむ
ブログURLhttp://ameblo.jp/shiawase-adviser/
サイト紹介文離婚、再婚、再構築で悩む子育て中のママに、離婚しない方法、自分を好きになる方法を書いています。
自由文離婚、再婚、2度目の離婚の危機を何とか乗り越え日々思うことや、かつての私のように今現在苦しんでいる方が少しでもラクになれるような記事を発信していきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2016/05/21 16:24

☆aki☆ さんのブログ記事

  • 執着を手放したとき見えたもの
  • 離婚に向けて話し合っていた時期、私の気持ちも離婚にかたまりかけて、もしかしたら最後になるかもしれないからと二人でお墓参りに行ったことを思い出しました。 義父は在宅介護の末に亡くなりました。最期の数年、介護が本格化してきて義母・夫・私とみんなで力を合わせるために私たち夫婦は義両親宅の近所に引っ越しました。 その頃私は在宅訪問診療の歯科衛生士の仕事をしていました。ですから義父の口腔ケアや [続きを読む]
  • mama育ってなあに?②
  • 湘南おひさまるーむで体験できる子育て講座 mama育 についてご紹介します。 mama育が、NPO法人ウーマンプロジェクトの毛利理恵さんが作った 子育てに役立つ心理学を全8章にまとめた講座 ということはこちらでお伝えしました。 →mama育ってなあに?① 我が子には、どんな子に育ってほしいだろう・・・?1つ浮かぶと、次から次に浮かんできますね。 プラス思考の子に素直な子に心の強い子に自分で考え行 [続きを読む]
  • mama育ってなあに?①
  • 私が夫婦問題を乗り越えたとき、子育てでイライラしてた時、こんな場所があったらいいのに・・・と感じていたことをぎゅっと詰め込んで作ったのが「湘南おひさまるーむ」です。 おひさまるーむで集まって、ただおしゃべりするのもママの息抜きという点ではいいんだけど、それだと「ここじゃなきゃだめな理由」にならないし・・・と1年かけて探しに探して、やっとこれだ!と思うものに出会いました。 それがmama育なので [続きを読む]
  • 離婚したくない!で毎日検索してる方へ
  • 1年前の記事をさかのぼって、ひとつひとつ丁寧に読んで下さる方が増えました。ありがたいです。 気持ちに余裕がないときは、記事を探して するのも本当にしんどいことだから、まとめておきます。私がそうだったとき、こういうのがあったらいいなと感じていました。 今とにかく辛い方に必要なタイミングで届きますように。日常に笑顔が戻りますように。 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜 ○離婚をせまられて、 [続きを読む]
  • 事象は変わらない。変わったのは私の視点
  • 最近、息子の状態が「すごくいいな」と思います。 手がかからないとか、わがまま言わないとか騒がないとか、オトナの都合に合わせた便利な子・・・というのではないのです。 真逆。すぐ泣くし、うるさいし。言いたいことをストレートに言う。吐いちゃうんじゃないかと思うくらい腹筋使って笑う。 情緒が安定してるんです。喜ぶ、怒る、悲しむ、楽しむを安定して発信しているという意味ですごく、人間っぽい感 [続きを読む]
  • ゼクシィのCMに舌打ちしていた過去の私
  • 私は泣き虫です。しかも感激したり、感動したりするとすぐ涙が出るタイプ。 結婚式の場面だったり、プロポーズのドキュメントだったり、そういうときはすぐ泣いていました。 でもある日気がついたんです。ゼクシィのCMに舌打ちしている自分に・・・子どもが生まれて1年くらいかな。 毎日がいっぱいいっぱいでした。子どもさえいれば、それでよかった。夫との関係性、見て見ぬふりでした。結婚?愛?なんだ [続きを読む]
  • 「読者登録をする」ボタンを葛藤しながら押す理由
  • この秋から「湘南おひさまるーむ」をオープンします。私がずっと作りたかった子育てと夫婦のことを話せる癒し場です。 今その準備でワクワクしています。おしりにロケットエンジンがついたみたい。グワングワンと前に進む力を感じます。 でも苦手なこともあります。まずはこのブログをたくさんの人の目にとまるようにしなければいけないんですって・・・読者をたくさん増やす。頭では理解OK。 でも心がきゅっとな [続きを読む]
  • 「離婚してくれ」と言った人と、手をつないで歩く
  • 今日は久しぶりに夫とデート。 半月前くらいから仕事を調整してくれて、平日に休めるようにしてくれました。 映画を観ようとか、横浜を歩こうとか、前日までお互いプレゼンしあって、結局近くのショッピングモールでウィンドウショッピングになりました。 ゆっくり興味あるお店を見るなんて、小さな子供がいるとできないし、お互いの趣味に合わせてあーでもないこーでもないと感想を言い合うのも新鮮です。 40 [続きを読む]
  • あやうく大事なことを見逃すところでした
  • 昨日は、朝から「みなさーん。きょうは母の日ですよ〜」とアナウンスしていた私です・・・お恥ずかしい。ものごとの本質から離れ、私は一体何を期待していたのでしょう。Y*smileさんのブログを読んで、はっとしました。 この方の美に対するストイックさや、人に対する丁寧さに魅かれてずっと読んでいます。伝え方も上手なんですよね。上からでも下からでもなく。私もこういう風に伝えられるようになりたいです。 [続きを読む]
  • 恨みを晴らしたいと思わなくなった日
  • うちの夫は、毎日「あぁ。会社行きたくない」と言います。 出勤の15分前にコーヒータイムと決めて、二人時間を確保してもう数か月。いろいろな話をします。子供のこと、朝のニュースの感想を言い合ったり、お互いの仕事のことも。 「会社に行きたくない」はネガティブな言葉だけど、それについて私は「ダメ」とも「そんなこと言わないで」と発言そのものを否定することも、「じゃぁ休んじゃいな」と助長することも(笑) [続きを読む]
  • 期間限定「ハグ&チュー」
  • 今日は私のまさに「今」の感じていることをしっかりと文字に残しておきたくて記事にします。 ハグは本当に不思議な力を持っています。 4歳の息子の落ち着かない気持ちをなだめるために・・・痛くて痛くてどうしようもない気持ちを分け合うために・・・イマイチ元気や勇気が出ない時のパワー充電のために・・・ 息子のためにしたはずのハグが、私の心もなだめられたり、落ち着いたり、出産して初めて会えたあの日の [続きを読む]
  • 3か月で離婚回避するには
  • 現在離婚したいと言われて悩んでいる夫(または妻)はたくさんいらっしゃいます。悩みの渦中にいるときは、この苦しみは一体いつまで続くのか知りたいものです。今日はそんな苦しみを和らげるヒントになればと思いお伝えします。 3か月で離婚回避したケース突然夫から「離婚してほしい」と言われた妻は、その日から平和だった生活が一変します。眠れない、食べられない、夫の顔色を伺い、自分の精神状態が悪化することで、子 [続きを読む]
  • なつきばん
  • 息子には、幼稚園に特別に大好きな先生がいます。とにかく先生を独占したい。他に先生に近づいてきたお友達に手が出てしまうこともありました。(それについて書いた記事はこちらです→奈落の底に突き落とす連絡帳) 新しい環境や新しい人にとても敏感な我が子。年度末に大好きな年長さんが卒園して、3月はいつもと違う行事が続いて、不安定になっていました。 だから大好きな先生にくっついていることで、心の安定を保 [続きを読む]
  • 夫婦円満にケンカする秘訣
  • どうしていつも夫とケンカになってしまうのかささいなことでイラッときたり、「もうほんと、知らない!」と突き放したくなったり、穏やかに毎日を送りたい相手なのに、どうしてこうも悪い感情が呼び起されるんだろう?と思いませんか。 私など、大きな喧嘩をしている最中から「やっぱりもうだめだ」「今回ばかりは離婚に進むな!」と思います。 なぜでしょうね。 私が行きついた結論があります。 それは夫が好 [続きを読む]
  • 離婚するか、しないか
  • 離婚は悪ではない私はいつも、夫婦が仲良くなれるための一番の方法として、「どうしたら自分と仲良くなれるか」を書いています。でもそれは、何が何でも離婚してほしくないからではありません。離婚を勧めるのでも、回避するのでもなくどちらを選んでもいいと思います。大切なのはその選択をどうやって選んだか・・・ 離婚するのは本当にパワーが必要です。すべてが終わった後に必ず1回どこかでどーーーーんと落ち込む時期を [続きを読む]
  • ママとボク、二人の世界から飛び立つ時期
  • ちょっと前までの息子の口癖は「大きくなったらママと結婚する」でした。「でももうパパと結婚してるからねぇ」と言うと本気で困っていたのでした。 それがつい最近、神妙な顔をして語るのです。「ねぇママ。おれはもう少し大きくなったらこのおうちを引っ越すよ。そしたらママと離ればなれだよ。でもそれはいいことなんだ。おれは誰かとけっこんするんだ。そして赤ちゃんがいて、おもちゃを買ってあげる。だから会社におかね [続きを読む]
  • 男のくせに、女のくせに
  • 4歳の息子とお散歩中、トカゲに遭遇。 「あ。とかげちゃん、みっけ!」と私が言った瞬間、つないだ手にギュッと力が入る。「いやーーー!」悲鳴のような短い叫び声と、手のひらにぐっしょりの汗。 虫がダメ、爬虫類なんかもっとダメ。自分の家の犬以外の生き物が苦手な息子です。(最近やっとアリを克服したのだとか) 普段「苦手なものや嫌いなものがあったっていい」と私の顕在意識は言っています。なんならちょっ [続きを読む]
  • 前のような夫婦に戻って再構築するのは、無理
  • 私がかつて夫から離婚したいと言われた時、一番最初にしたことは、そこにある幸せにいつのまにかあぐらをかいてしまった自分を反省することでした。 そして自分なりに、夫が心地よく暮らせるためにはどうすればいいのか考え、小さなことから行動していきました。夫の気持ちを想像して先回りして何かをするより「夫はどうしたいか」ということを聞くことを大切にしました。 例えば寒がりな私は、夏のエアコンの設定温度も [続きを読む]
  • 夫婦喧嘩を解決するのに「ごめん」がいらない時もある
  • 子供のころから私の目には両親がお互いを尊敬しあい、愛し合い、感謝し合っている夫婦には見えませんでした。 そんな理由もあって、子育てと夫婦円満をテーマにこれからの人生を展開していきたいと思うのかもしれません。 反面教師?本当の私の望みは、大好きな両親からそんな愛があふれる姿や温度を感じて育ちたかったのだと思います。 まぁでも、そんな両親は年を取ってしまったし、たとえ親子でも私が二人の間に [続きを読む]
  • 他の子と同じように出来ない焦り
  • あれは子どもが2歳を過ぎた頃だったか、親子で参加できるリトミックの教室に通ったんです。 同じくらいの子供たちが体育館にいっぱいで、同じように頑張って子育てしてるママさんたちがいっぱいいました。 音楽と運動。子供の成長に役に立つに違いない!これで私に友達ができるかもしれない!そんな希望に胸を膨らませていましたが、私達親子にはあんまりいい思い出になりませんでした。(あ、子供は違うかな。私だけか [続きを読む]
  • なんでもひとりはやっぱりきつい
  • ゴールデンウィークに入りました。普段一人っきりで子育てしているママって、たくさんいますよね。パパのいる休日は気持ちに少し余裕ができませんか。自分以外の大人が子供を見ていてくれる安心感。家事の分量は変わらないけれど。 私は平日に買い物に行くと、いつも頭の中はフル回転です。何が安いかなぁ。これとこれで何作ろう?冷蔵庫にアレ残ってたっけ? そんなことを考えながら「こらー!触っちゃダメ!」と我が子 [続きを読む]
  • 専業主婦時代に夫に言われた嫌なこと
  • まだ子供が1歳くらいの時の話です。 私はつわりがとても重くて、毎日寝たきり状態でした。だから早々に退職せざるを得なくなりました。 初めての無職状態。妊娠出産なんだから当たり前・・・と頭ではわかっていました。でも「お金を稼がない自分」がどこか半人前のような、心が堂々とできない意識がありました。 生まれたばかりの子供に1日中つきっきりで世話するのは、本当に大変なことです。私はかつての働 [続きを読む]
  • ブログ、リニューアルします
  • 思えば私の人生、トントン拍子で進んできました。好きな学校に行き、望んだ職業に就きました。挫折を知らずに生きてきた私に最初に待ち受けていたのはそれまで私の辞書には載っていなかった「離婚」でした。ちゃんとしてない自分が恥ずかしかったし相手のことも恨みました。でもそれが自分の生き方を見直すきっかけになりました。それから独学でアダルトチルドレンのことや夫婦について、男女の考え方の違いについて学びました。ち [続きを読む]
  • 気持ちを聞く
  • 私の交流分析の先生は、ベテランのカウンセラーでありすてきなおばあちゃまでもあり、懐の深い尊敬の人でもあります。 この前「子どもを褒める」ことについて話していて、先生から大きな気づきをもらいました。 褒めて育てることって、今の子育てでも主流?というか一般的だと思うのですが、どうやらうちの息子は、私に褒められたくてその行動をするフシがあるのです。 例えば息子が、第三者にとても立派に挨 [続きを読む]
  • 不安を乗り越える力の原点
  • 今朝の幼稚園バスは、約束の時間を過ぎてもなかなか来ませんでした。 子どもと二人、どうしたのかね〜と言いながら待っていたらやっと到着。降りてきた先生の向こうにバスが遅れた理由が見えました。 年少さんのバッチをつけた男の子が大号泣していたのです。「おかあさんにあいたいよ〜」大粒の涙と共にそれだけを繰り返していました。 バスを見送り、泣いていた男の子の気持ちや、そのお母さんの気持ちを考えたら [続きを読む]