パオ さん プロフィール

  •  
パオさん: アトピー IGEが20000超え!
ハンドル名パオ さん
ブログタイトルアトピー IGEが20000超え!
ブログURLhttp://ige.seesaa.net/
サイト紹介文アトピー性皮膚炎の症状、情報などを配信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 314日(平均1.4回/週) - 参加 2016/05/22 06:50

パオ さんのブログ記事

  • アトピーの症状日記 顔のかゆみが止まりません
  • アトピーの症状。重度の人は本当に「普通に生活する以外に」「かゆみに悩まされています。」昼食にソーセージの挟まったフランスパンを食べてしまいました。食べてしまいました。と言うのは「ソーセージ」ではなく「フランスパン」のことです。フランスパンは多くの炭水化物を含んでいます。むかし、ダイエットにフランスパンだけ食べていたら逆に太るという結果になったので、「フランスパン」は私にとって脅威なのです。何故太っ [続きを読む]
  • ビールを飲むととアトピー性皮膚炎はどうなるか
  • アトピー性皮膚炎の人がビールをのむとどうなるのか?IGEの値が20000を超える私の症状成人を迎えると飲む機会の多いビールですが、ビールをたくさん飲むとアトピー性皮膚炎に影響があるのか?ということに注目してみましょう。ビールを飲むと体温が上がるせいもあり、かゆみを帯びたりします。ビールには炭水化物いわゆる糖質を含んでいて、これが関係するのか、痒くなります。できれば糖質を抑えたビールをのむか、おつまみに炭水 [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎に向かない職業とは、転職を考える
  • アトピー性皮膚炎には向かない仕事もあります。どんな仕事がアトピー性皮膚炎に合わないのか経験をもとにご紹介しましょう。アトピー性皮膚炎に剥いていない職業とはホコリの多い職場油の多い職場排気ガスなどが多い職場過度のストレスが伴う職場などです。ホコリの多い職場、油の多い職場、排気ガスの多い職場は、機械関連の職場で例えば機械製造工場勤務などが当てはまります。また、化学工場も管理が今ひとつなところではアトピ [続きを読む]
  • アトピーと歯槽膿漏の関係。歯槽膿漏のポイント
  • アトピーと歯槽膿漏は関係する。皮膚科の先生も歯槽膿漏の治療を勧めておりアトピーと歯槽膿漏は関連性があるものなのです。歯槽膿漏でその菌が血液を通ることも悪影響になります。歯槽膿漏を抑えるためにはタバコを控える歯磨きをこまめにする。歯茎のマッサージを行うこと。が重要になってきます。1.タバコを控えるタバコを控えることはタバコを吸う事で血管の通りが悪くなることが大きな要因です。歯茎にも血が回らなくなって [続きを読む]
  • アトピーとほうれい線の関係は〜ほうれい線をなくす
  • アトピー性皮膚炎の方は特に顔のシワが目立ちます。ほうれい線も深くなりがちになってしまい、年齢とともに状況は悪くなります。日々の保湿を行うことで乾燥から守りアトピー性皮膚炎患者に特に不足している皮脂を増やしていくことが大事です。保湿を行いながら、自分自身の保湿成分である皮脂を増やしていくイメージを行いながら毎日の保湿を行い乾燥から守りましょう。皮脂の増加を達成するには洗顔のときに「手で顔おこすらない [続きを読む]
  • アルギニンとオルニチンとシトルリンの違いアミノ酸サプリ
  • 皮膚の状態をより良くしたくて、最近はサプリメントも服用するようになりました。色々調べていて、アルギニンが成長ホルモンに作用すると知りました。場合によっては身長にも影響をあたえるかもしれないとのこと。子供の内にこれを知っていればよかったなぁと痛感しています。サプリメントを調べているとその他にオルニチンとシトルリンが出てくる。もしくは同梱されている商品を数多く見かけます。アルギニンとオルニチンとシトル [続きを読む]
  • 額のシワが増えないようにする日常的姿勢は?
  • 肌が乾燥しやすいと顔のシワができやすくなります。アトピー性皮膚炎の私達にとって大きな問題です。日々の保湿の他にどうするべきなのか?額のしわがありますか? 私は中高生の頃からありました。当時は気にしていませんでしたが、年々年をとる連れてシワが深くなってきて気にせずにいられなくなりました。シワについて考えてみる顔のシワはどうやら乾燥だけが原因ではないと言うことに気が付き始めました。とくに額のシワが [続きを読む]
  • アトピー プロトピックでシワが消える?
  • 最近プロトピックを顔に使用しています。プロトピックがシワに効くのか試しています。◆プロトピックを顔に塗ってみる プロトピックを塗ることは保湿を行った肌の保護にもなります。皮膚が荒れているときにプロトピックを塗ると「ヒリヒリします。」肌が荒れているときは皮膚自体の保湿状況も悪化します。これまではひどくなったり、赤みのあるところだけを塗っていましたが今後は「シワのところも同様に塗ってみようと考えま [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎を抑える本当の3つの方法
  • IGE値が20000を超えるアトピー性皮膚炎を持つ私が今まで生きてきた中で最も効果的だと思われる3つの方法をお伝えしようと思います。日頃の生活の中でアレルギーの原因に触れることで悪化することも荒れば、精神的なストレスで悪化してしまうこともあります。イライラしたり悩んだりするとアタマや顔が痒くなることはありませんか?アトピー性皮膚炎が一度ひどくなるとかいたり荒れてしまった箇所がさらにかゆみと荒れをよん [続きを読む]
  • 唇の皮がまるごとむけた!!
  • 寒さが急に厳しくなり、唇の皮が全部ズルむけ!今年は大丈夫だと思っていたのにやっぱりな話。 唇の皮がむける。あなたは唇の皮がむけるひとですか?唇の皮が向けるときには唇がだっぴするかのごとくむけてしまいます。顔の皮がむけるのとはレベルが違いすぎます。脱皮完了の状態だと、痛くもなくズルムケです。ここまでめくれてとれてしまうと、逆に清々しい(すがすがしい)ものですね。おかげで「たらこくちびる」まっさか [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎とほうれい線やシワの関係が悲惨な件
  • アトピー性皮膚炎の方で症状の悪化とともにみられること、それは「シワやほうれい線」などができやすいことです。同時に顔は赤らんで、目、もしくはまぶたが垂れがちな顔になります。私も症状がひどいときには上記のような状態になります。主な原因は、乾燥することで皮膚に含まれる水分が失われることです。保湿も追いつかなくなるとついには痒みを感じだします。同様の原因から腕の可動部や足の可動部が痒くなり掻き壊すとしわし [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎と糖質の関係
  • アトピー性皮膚炎と糖質の関係ですが、やはり糖質をとりすぎると症状が悪化しがちです。全く取らないのも体に悪いようです。皮膚のかさかさ、とシワの関係で、糖質を多く摂取するとかさかさが増え、シワも深くなりがちです。糖質の吸収が多いと、消費しきれない糖質を体が吸収してしまい、アトピーに影響します。毎日症状がひどい人は糖質を少しでも抑えてみると改善することがあるかもしれません。いつも通りの生活をしていると変 [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎 目やにがひどくなる症状
  • 寒くなる時期にもアトピー性皮膚炎の人は安心してはいけません。乾燥による皮膚の悪化、粘膜部分の症状がひどくなる傾向にあります。毎日規則正しく生活することでも多少の改善は見られます。長時間寝た場合には、目やにが増えてしまったりする傾向がとても強い。長時間寝てしまう原因としては夜更かしによる睡眠不足や仕事の疲労過労での蓄積が長時間睡眠につながってしまう。つまりは長時間睡眠になるときには肉体的にも体力が低 [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎 顔の保湿で一番効果のあるものは
  • アトピー性皮膚炎で保湿効果の持続は重要な問題なのです。時間がそれほど立たないのに皮が浮いてきたり痒みがでるということは、顔がしっかり保湿されていないということです。アトピー性皮膚炎の症状を抑えるのはやっぱり保湿がかかせません。夜にオフロに入って朝になると端のほうが少し乾燥していました。そのまま出かけることはできるのですが、まず夕方を迎える前に顔が乾燥します。この顔の乾燥対策は朝も顔を洗って保湿をす [続きを読む]
  • アトピーだけど腕輪を付けたい話 アクセサリー
  • 生まれてこの方ずっとアトピー自分で感じたのは幼稚園の時ひどいと感じたときは中学校以降ずっと辛く、社会人になってからも続き、仕事によっての急性悪化もあり、大学病院へ通う始末しかしながら、腕輪をしたいと思いました。いろいろ試してみて、一番長いものは素材が皮のものです。少し大きめで、密着しないことが大事です。常に密着するのは、どの季節でも反応してその部分が荒れてしまうからです。しかしそのくらいのほうが腕 [続きを読む]
  • 口唇の皮をむきすぎてしまいました、ヒリヒリと今にも避けてしまいそうです。
  • 先日から乾燥がひどいもので、保湿を怠った日に唇の皮が結構な面積ではがれる(剥がした^^;)ことに。。。後悔しましたが剥いてしまうとリカバリーができません。唇の皮が薄くなった時点で保湿をしても後の祭りです。腕や体の荒れもそうだと思います。よく「ひどくなったからまた塗りだした。」ということを皆すると思います。私の場合にも思い返すとそうでした。ひどくなってから塗りだす。。。すると結局治るまでに時間がかかる [続きを読む]
  • 唇の乾燥、1分で保湿する方法
  • 冬が近づくにつれて唇の乾燥がひどくなります。保湿の仕方で冬でも潤いのある唇でいたいですね!無理やり乾燥してしまった唇の皮を剥くことはその後数日ヒリヒリしてしまいますし、唇の皮が薄くなり、さらに乾燥で割れやすい唇になってしまいます。既に乾燥した唇にリップクリームを塗るだけではすぐに乾燥するのと唇の表面が必要以上にベタベタになり、違和感だけが残るようになってしまいます。唇の保湿を行うには、蒸しタオルを [続きを読む]