ベターワールド さん プロフィール

  •  
ベターワールドさん: ベターワールドのつぶやきブログ
ハンドル名ベターワールド さん
ブログタイトルベターワールドのつぶやきブログ
ブログURLhttp://build-better-world.com/
サイト紹介文教育、政治、経済等様々な分野で、もっと世の中を良くしていくための方法を世の中に投げかけているブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 308日(平均2.0回/週) - 参加 2016/05/22 11:46

ベターワールド さんのブログ記事

  • 民主主義の根幹を揺さぶるトランプ大統領
  • 2017年2月24日、ショーン・スパイサー米大統領報道官はホワイトハウスの定例記者会見で、政権に批判的な報道をしたCNNやニューヨークタイムズ、ハフィントンポスト等の報道機関による参加を拒否しました。尚、AP通信やタイム誌は参加を許可されましたが、このホワイトハウスによるマスコミに対する対応に抗議するため参加を拒否したとのことです(注1)。 トランプ大統領はこれまで多くの差別的な発言や行動をしてきました。大 [続きを読む]
  • 痴漢冤罪の撲滅に向けた動き
  • 2017年3月14日、東京メトロと都営地下鉄は、全車両に監視カメラを設置する計画を発表しました。 「吊り革の盗難や座席シートのいたずら、迷惑行為等の車内での犯罪行為が度々発生していることや、テロ対策等更なるセキュリティ向上の必要性から、東京メトロ全車両にセキュリティカメラを設置いたします。」出典: 東京メトロ ニュースリリースより一部抜粋 「地下鉄車両内でのいたずらや迷惑行為等、犯罪行為の未然防 [続きを読む]
  • EU離脱とシルバー民主主義
  • 2016年6月23日、イギリスがEU離脱の是非をめぐる国民投票を実施し、離脱派が51.9%を獲得しました。これにより、イギリスはEU離脱へ向けた手続きを進めることとなりました。そして2017年3月13日、イギリスの議会でメイ首相にEU離脱を通告する権限を与えることが可決され、期限内でのEU離脱通告が可能となりました。さらに同日、スコットランドの自治政府はイギリスのEU離脱手続き開始が間近に迫ったことを受けて、独立の是非を問う [続きを読む]
  • 生活保護と地方創生
  • 厚生労働省の調査によれば、日本で生活保護を受けているのは現在215万人(注1)います。一方で、東京や大阪等の都市部では、人口集中が続いており、地価の上昇、通勤の混雑といった弊害が目立ってきています。 「生活保護の充実」と「人口集中の緩和/過疎地問題の解消」を同時に実現する案を考えたのでここで紹介させて頂きます。それは、生活保護を受けている母子家庭で、都市部に住んでいる方を対象に、地方へ移住すれば生活 [続きを読む]
  • 細野議員の印象操作 〜大学無償化について〜
  • 細野議員(民進党)と、井上晃宏氏が大学無償化を巡って対立する投稿がアゴラでなされました。民進党は大学無償化を政策に掲げていますが、井上氏は貧乏人の馬鹿息子は大学に行かなくていいと批判しています。アゴラの投稿では、細野議員は一見この批判をうまくかわしている印象を読み手に与えていますが、実際はうまく言葉を選んで印象操作しているに過ぎません。細野議員は、貧乏人の馬鹿息子にも税金を使って無償で大学に行かせて [続きを読む]
  • 教育国債でFランク大学が延命される
  • 2017年2月15日、自民党の教育再生実行本部が特命チームを設け初の役員会合を開きました。この会合で、大学等の授業料を無償化するための財源として、使い道を教育に限定した「教育国債」を発行する検討を開始しました。この特命チームは、政府が2017年6月頃に決定する経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)にこれを盛り込むことを目指しています。このことが実現してしまえば、Fランク大学に通う大学生の費用を私たちが負担す [続きを読む]
  • カジノ解禁によるメリットとデメリット
  • 2016年12月15日、「IR推進法案」が国会で成立しました。いわゆる「カジノ法案」です。この法案の正式名称は「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」といいます。この法案が成立したことで直ちにカジノが解禁されるわけではなく、これから解禁に向けた準備が進められることになったに過ぎません。私としてはこれから法整備等が進められるのに際し、きちんとしたデータや根拠に基づき制度設計がされることを望んでいます [続きを読む]
  • ギャンブルが規制されている理由
  • 2016年12月15日、国会で「カジノ法案」が成立しました。その一方で、タレントの清水アキラ氏の三男である清水良太郎氏は、2017年2月10日発売の週刊誌「FRIDAY」で、違法カジノに出入りしていたと報じられています。日本でカジノが合法化する方向へ向け国会が大きく前進した後に、違法カジノの入店をスクープされるというとても「残念」な状況となっています。恐らく数年経てば日本でカジノが出来るようになるでしょうし、どうして [続きを読む]
  • 橋下徹氏が評価される理由
  • 2016年10月24日、「橋下×羽鳥の番組」に村田蓮舫議員が出演されました。この番組で村田蓮舫議員の二重国籍問題を議論した際、橋下氏は蓮舫氏の口頭説明のみでこの問題が解決だという態度を取っていました。橋下氏が大阪府知事や大阪市長を務めていた頃は、世間から批判を受けるようなことであっても、自分が正しいと信じている政策は、理由とともにきちんと世間に説明し実行するというスタンスはとても素晴らしいと感じていました [続きを読む]
  • 議員として最低限備えておくべき能力とは?
  • 議員選挙にタレントが立候補することをしばしば見かけます。また、マスコミが「●●の政策はこういったデメリットがあるから失策だ!」という一方的な批判をするケースを多く見かけます。こういったタレント議員や、デメリットに着目した政治批判はより良い日本にしていくのに本当に役に立っているのでしょうか? この投稿では、政治家が最低限備えておくべき能力は何なのかについて考察してみました。そして、政府や政治家を [続きを読む]
  • 天下りの問題点と解決策
  • 文部科学省の元局長が退職後に早稲田大学の再就職をしたことについて、同省の幹部らが組織的に天下りを斡旋していたことが明らかになりました。国家公務員法では官僚による天下りの斡旋を禁止しています。そのため、政府は2017年1月20日の閣議で、文部科学省のトップである事務次官を退任させることを決めました。さらに、文科省も事務次官を含む幹部ら7人を懲戒処分とする方針を示しています。 この投稿では、そもそも何故天 [続きを読む]
  • 東京メトロと都営地下鉄の一元化に向けた議論の考察
  • この投稿では、東京メトロと都営地下鉄の経営の一元化について議論がされていた「東京の地下鉄の一元化等に関する協議会」で公開されている全発言要旨について、論理的に正しいことを主張しているのかどうかについて分析することを試みています。そして、それぞれの立場の方々が果たすべき役割を全うできているのかを見ていきたいと思います。結論としては、論理的に間違った主張をしている部分もあるが、省庁や東京都等はそれぞれ [続きを読む]
  • 東京メトロと都営地下鉄の一元化に向けた議論の考察
  • この投稿では、東京メトロと都営地下鉄の経営の一元化について議論がされていた「東京の地下鉄の一元化等に関する協議会」で公開されている全発言要旨について、論理的に正しいことを主張しているのかどうかについて分析することを試みています。そして、それぞれの立場の方々が果たすべき役割を全うできているのかを見ていきたいと思います。結論としては、論理的に間違った主張をしている部分もあるが、省庁や東京都等はそれぞれ [続きを読む]
  • 日本銀行の仕組み 〜政府の連結子会社としての日銀〜
  • 日本銀行が通貨を発行した時、発行した金額の分だけ日銀は利益を計上するべきだという話を日本銀行の仕組み 〜通貨発行益について〜で説明しました。別の言い方をすれば、日銀がお金を発行することは、無からお金が生み出されているということを意味します。実は、日銀の株式は政府が55%持っています。つまり、日銀は政府の連結子会社という関係性となっています。そこで、政府と日銀を一体と考えたときに、国債の発行から通貨発 [続きを読む]
  • 絶対にばれない携帯電話2台持ちビジネスのアイデア
  • 家族にばれないように2台目の携帯電話を持てるようにするビジネスのアイデアを思いついたので、ここで紹介させていただきます。結論から言うと、コンビニに携帯電話を預けると翌日には会社近くのコンビニでその携帯を受け取れるというサービスです。具体的な流れについて具体例を使って説明します。 携帯2台持ちビジネス2台目の携帯電話を家族にばれないように持ちたいと考える人は、浮気をしているという人が想定されます。 [続きを読む]
  • 日本銀行の仕組み 〜通貨発行益と国債運用益〜
  • 日本銀行がお金を発行すると利益があがるということについて、色々な説が世の中に出回っています。日本銀行が100万円を発行すると、100万円の利益になることはあえて説明する必要が無いほど当たり前だと思いますが、日本銀行や一部の識者はこのことを否定しています。 そこで、この投稿では日銀等による通貨発行益の説明が間違っている理由について具体例を用いて説明してみたいと思います。通貨発行益に関する日銀や一部識者 [続きを読む]
  • 東大よりも安く行けるハーバード大学
  • どの大学へ進学するかを考えるとき、学費が安い国立大学を目指すと言う方が普通だと思います。そして、東大や京大といった日本のトップ校を目指すと言うのが通常選ぶ選択肢なのではないでしょうか。海外には多くの素晴らしい大学がありますが、留学費用はとても高くそもそも目指すことすら検討しないという場合が多いのではないでしょうか。 しかし実態は違います。東大に行くよりもハーバード大学へ行く方が安くすみます。こ [続きを読む]
  • 高齢者による運転は事故になる危険性が高いことの検証
  • 高齢者による自動車運転事故が連日のように報道されるようになりました。高齢者が自動車を運転するのは危ないのではないかと感じている人は多いと思われるものの、データを使ってきちんと説明できるかと言われれば、なかなか難しいのではないでしょうか。この投稿では、どういったデータを用いればその根拠として意味があるのかについて、考えてみたいと思います。 データ① 交通事故による年齢別死者数の推移traffic_accide [続きを読む]
  • 民進党の公約「大学無償化」は税金の無駄遣いではないか?
  • 民進党が次期衆議院選挙を見据えて、公約として大学の無償化を掲げる原案を発表しました。「大学まで教育無償化」「経産省解体」民進党、公約の目玉政策原案発表 産経ニュース 2016年12月1日 そこで、この投稿では大学を無償化することは日本全体のことを考えたときに正しい選択なのかどうかについて考えてみたいと思います。結論を先に述べると、大学で学ぶ学力の無い人の学費も税金で賄うことになるため、一律に大学を無 [続きを読む]
  • 税金を使わずに理想的な教育制度を導入するアイデア
  • 以前の投稿「理想的な教育制度とは?」では、義務教育の授業を動画で学べるようにするアイデアを紹介させていただきました。動画で学べるため学習を早く進めたい子供はどんどん先の勉強ができるし、学ぶのが遅い子は自分のペースで何度も授業を見直すことが出来るため、全員にとってメリットがあるアイデアとなっています。 この制度を採用するためには、まずは動画を作る必要があります。日本の小中学校で教鞭をとっている先 [続きを読む]
  • 「浮きこぼれ」と「落ちこぼれ」を同時に解決するアイデア
  • 皆さんは「浮きこぼれ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、「落ちこぼれ」の対義語として使われている言葉で、優秀すぎて周りから浮いている人のことを指します。特に、小学校や中学校の義務教育の場で問題となるケースが多いと言われています。 この投稿では、日本の教育制度と海外の教育制度の違いについて触れ、浮きこぼれの対策として飛び級制度の是非について考察していきます。そして、浮きこぼれ問題、 [続きを読む]
  • ドメイン投票、年齢別選挙区、余命別選挙制度とは
  • 日本は高齢化が進んでおり、政治家が高齢者を優遇する政策を優先する構造になってしまっています。これを「シルバー民主主義」と言います。 この問題を解決する手段として選挙方法を変えるというアイデアがあります。「ドメイン投票」、「年齢別選挙区」、「余命別選挙制度」というアイデアが提唱されているので、この投稿で紹介させていただきます。 ドメイン投票とは子供にも選挙権を与えて、親が代理で投票するという [続きを読む]
  • NHK受信料の妥当性を検証してみた
  • NHKの籾井会長らが経営委員会に、来年10月から受信料を月額約50円値下げすることを提案しているとのニュースが最近報じられています。これに対して、値下げ幅が小さすぎるとの批判の声が視聴者からあがっているようです。そこで、この投稿ではNHKの受信料が妥当なのかどうかについて、民間企業と比較することで検証してみたいと思います。 結論各種決算データやサービス内容を比較すると、概ね以下の様なことが言えそうです。 [続きを読む]
  • 高騰している医療費を削減するアイデア
  • 日本の医療費は毎年約9,000億円ずつ増加しています。2014年度の医療費は40.8兆円にも達しました。この投稿では、医療費が増加している現状について分析し、医療費を削減するアイデアを一つ提案させていただきます。 医療費増加の現状厚生労働省の発表によれば、日本の医療費は2013年度に初めて40兆円を突破し、2014年度も前年比約7,500億円増の40.8兆円かかりました。出典: 厚生労働省 平成26年度 国民医療費の概況 [続きを読む]