ゲン さん プロフィール

  •  
ゲンさん: ゲンは「玄」「源」「元」。
ハンドル名ゲン さん
ブログタイトルゲンは「玄」「源」「元」。
ブログURLhttp://earthfarmgen.com/blog
サイト紹介文父の死を機に今まで気にも止めていなかった「米」に改めて向き合う事となった。農業とは?お米とは?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 339日(平均2.0回/週) - 参加 2016/05/23 07:31

ゲン さんのブログ記事

  • 出産祝い
  • 同僚の出産祝いに、お乳がたくさん出るように、お米を送らせて頂いたのですが、中でも、三塚さんのササニシキが美味しかったそうです。関東圏ではコシヒカリが主流ですが、栽培しにくいとの理由からその影を潜めつつあるササニシキは、実は優れもので、アクが少なく、アレルギー体質の方にはモッテコイ!!のお米なんですよ!(^^)!しかも、キレイな水源を有した米どころのお米ですので、分かって頂いて本当に嬉しかったです。もうち [続きを読む]
  • 無性にご飯が、、、
  • 食べたくなり、玄米を7分つきに精米し、納豆と卵をかけ食べ始めたら、止まらない、止まらない^_^;3杯は軽く超えてしまった。体重を計ったら、1kg太っていた、、けれども朝になったら、戻っていました!(^^)!もちろんのこと胃もたれもなく、スッキリ。やはり、お米って、美味しいですよね〜(^_-)-☆ [続きを読む]
  • やっと春きた感じ!
  • いよいよ、農業シーズンやってきた感じ!(^^)!ひと雨ごとに暖かくなっていきますね。両親がいなくなって、、故郷への郷愁というものがしみじみと湧いてきてしまう今日この頃、、。故郷で培われた精神なのか、本能なのか、私の季節感は何故か田んぼと共にあり、春!で思い浮かぶのは、新緑できれいに生え揃ったふわふわの「苗」。 [続きを読む]
  • お米は信用第一!
  • どの食品もそうだと思います。産地直送の良さは、誰がどのように、どう栽培しているかが分かる事。なので、今後も情報発信を続けていきます。でも、この私の情報が本当でない、という可能性もある訳ですよね、、。そこはもう、信じて頂くしかない。環境に優しい、そして体に優しいお米は身体が自然に喜びますので、結果美味しいんですよ!(^^)!いよいよ今春、始まっている模様。 [続きを読む]
  • いよいよの模様。
  • 田植えに向けての準備が始まっています。畦畔を削り、一枚田んぼにする作業です。広い方が、作業しやすく、植え残しの心配がなくて済みますものね、、。機械が入らないところは、手作業での植えなおしをします。私の母は、一人でやっていた記憶があります。 [続きを読む]
  • リピートのお客様ありがとうございます。
  • 本日も、リピートのお客様よりご注文頂きありがとうございます。父親が亡くなって、死ぬ間際まで田んぼの事を心配してました。これから農業が衰退していく時代を憂い、だけれども、田んぼを愛した父でした。そんな父親の為に、少しでも故郷の為にという思いから、我が故郷のお米の紹介をさせて頂いておりますが、リピーター率が、6割になってることに今日気が付きました。第1位齋藤さん金玄米第2位佐々木さんつや姫。圏外の三塚 [続きを読む]
  • これ、いっちゃいますか、、
  • 見た瞬間に、数秒間固まる。ビックサイズにビックリ!(゚Д゚)いっちゃっていいものか、、。少量の毒も良薬になるとは言うが。いや、でも、大量だわ。日本に帰ったら、玄米でデトックスすればいいやと妙にプラス思考になったところで、美味しく頂いてしまいました!(^^)! [続きを読む]
  • 米は太るのか?
  • 日本人の米離れ、、、(..)φ太らない為に、米を食べずに、その代わりにお肉と油は何ら気にせずに食べてもいいという「食べ方」はいかがなものか、、。昔、油抜きダイエットというものがあって、炭水化物はどれだけたべても良いが油は天敵!一切油を摂らないダイエット方法というのがあって、2週間で4kg痩せたことがあったが、、。油と炭水化物。どちらも捨てがたい。両方を、たらふく食べるのがいけない気がするけど、バランス [続きを読む]
  • 私の基本。
  • あなたの職業は何ですか?と聞かれたら、迷わず第一に「母親です」と答えるであろう。もし、子供がいなかったとしたら、おそらく「〇〇の妻です」と答えるかどうかは自信がないけど、、結婚をしていなかったとしたら、、私の職業は、、誰かといつも関わり、楽しさを共有している、いち、おばちゃんとして、職業「笑いの生産者」として、生きていたいな、、 [続きを読む]
  • 若者の離農。
  • 当たり前ですね。だって、農家だけでは食べていけないご時世ですから。そんな中でも、農業を生業とし、必死に頑張っていらっしゃる方々も多くそんな方々が、今の日本の「食」を支えていて下さっております。これから、どこへ向かうのか、と考える時もありますが、大地を請け負った身としては、間違いのない将来を見据えた上でないと、決断は下せないですね。あわよくば、お米、作ってみるかも!!! [続きを読む]
  • 息子のお陰で、、
  • 食卓には、なるべく自然な食材を取り入れるようになっていました。恵まれていたのは、実家には自然の食材が豊富にあったこと。醤油は市販品ではなく、ビン買い。味噌は手作り。野菜も有機肥料で栽培されたもの。お肉は鶏肉が主で地鶏。魚は新鮮なお魚が毎週気仙沼より販売カーがやってくる等。アレルギー体質であったことをほぼ忘れかけていた折、あまりご飯党ではなかった息子が、佐々木さんのお米を食べるようになってから、大の [続きを読む]
  • シイタケ・タケノコは食べない息子
  • お手頃価格で、何も考えずに中国産のシイタケとタケノコを食卓に出し続けたらシイタケとタケノコが食べれなくなった息子。懲りずにまたやってしまった責任感に苛まれる。でもさ、、、家計を担う主婦としては、ついつい安い方になびいてしまったりする訳よ(~_~;)今は、もう、買わない、、というか、買えません。 [続きを読む]
  • お米販売のきっかけ。
  • 重度のアトピーっ子として生まれた、私の息子。離乳食を迎えた時期は、主食がライ麦パン。今は亡き私の父親が、これだったら大丈夫と探してくれた。なぜか、ちっちゃい我が子が好んで食べてたのが、茄子の漬物(^_^;)宮城の畑で採れた、無農薬の塩漬けの茄子を、おしゃぶりの代りのように握りしめ手放さなかったな、、。身体いっぱいに水銀を、母親の体からため込んでしまった、ちっちゃい息子は、高校生になった今も、食べたいもの [続きを読む]
  • 農薬って何?!
  • アマルガムに続き、農薬で体内に取り込まれたと思われる、水銀。幼い記憶をたどれば、あるある!な話。その当時、虫を殺せるからといって農薬を振っていた際、誤って転んで、身体全身に農薬を浴びてしまった親戚が3日間意識不明だったというい事実が実際にありました。GHQがもたらした、生産性を高めるための農薬には、水銀がたっぷり。20年前から、その危険性を察知した方々が、水銀が含まれる農薬に警鐘を鳴らし環境保全を推進 [続きを読む]
  • アマルガム
  • アマルガムとは、虫歯治療に使われていた金属。毛髪検査の結果を知って、即!、歯科医院に行きました。アマルガムで治療されてあった歯は5本。私は、アマルガムについて、当時の歯医者さんに夢中で何かを話したような気がする。その歯科医師の先生が「そのような危険性を聞いたことはありますが、実証はされていないんですよね、、」と言ったのも、なんとなく覚えている。でも、でもですよ、本当は学会では周知のことだったらしく [続きを読む]
  • 毛髪検査の結果、水銀値が、、。
  • アレルギーには体質が影響していることを踏まえた上で、それだけでは合点がいかず、この子の体に一体何が起きているのかが知りたくて、息子の毛髪を検査してもらうことにしました。そして、この検査の結果に私は愕然としました。乳幼児の息子の毛髪は、他の有害ミネラルはほぼ問題のない低レベル値であるのに対し、「水銀」の値だけがが突出しており、高濃度で危険ゾーンにまで達していたのです。水俣病の罹患者のデーターが対比表 [続きを読む]
  • アレルギー体質
  • 私自身の食事療法を続けながら、アレルギーというものについて勉強を始めた。アレルギーには体質がかなり影響するらしく、しかも遺伝する。私は今でも、花粉症になった事はなくアレルギーとはほぼ無縁でして、、ところが私の夫は、かなりのアレルギー体質。暑いところから急に寒いところにでると、寒冷ジンマシンをすぐおこし、、花粉の時期には目や鼻がすぐに反応。いつも、なぜか口内炎に悩まされている、、、等々。息子にそんな [続きを読む]
  • 主食はアワ、ヒエ、キビ。
  • 主食は、お米が食べれないので、小麦を選ぶ選択肢もありましたが、アレルギー反応がほぼ出ていない、粟、稗、きび、を食べることに決めました。アレルギー専門店からの取り寄せで、結構高額でした。今でもあの味は忘れられないのですが、、、マズカッタ(>_<)アワ、ヒエ、キビがマズイというのではありません。キレイな水で栽培された穀類には、泥の匂いはしないのに、食べた瞬間に、泥臭さが鼻にツーンときてしまったんです(;_;)/~ [続きを読む]
  • そんなこんなで
  • 宮城県の中でも、美味しい米が出来ると有名な栗原。何故にと言えば、昔から栗駒山嶺の雪解け水が、直に田んぼに引かれる立地。宮城と言えば仙台を知る方は多いでしょうが、栗原は栗駒山の麓に位置する、「マジ田舎」なんです。そこで美味しい米を普通に食べ、育ったはずなのに、米が食べれないという事実。でも、色々知っていくうちに、なるほど、そういう事だったのかと、解りました。 [続きを読む]
  • 何故になぜに、、。
  • アレルギーと言えば真っ先にアレルゲンとされるのが、卵・牛乳・小麦であるのに、「米」とは予想外で、先生に聞いたところ、「最近は多いんです」と先生がおっしゃった。今から、18年前の話です。ともあれ、母乳からアレルゲンが赤ちゃんにそのままいってしまうので、母乳をあげ続けたいのなら、アレルギー値の少ない食べ物をおすすめします、とのこと。半信半疑ながらも、病院から戻った日の夕食は、ご飯抜き。細かくは何を食べた [続きを読む]
  • アレルギー検査
  • 手探りで、色々本を読んだり、調べ、病院も良いところがあると知れば遠くの病院まで行ってみたりしていました。そんな折、大学の頃の同級生で、やはり重度のアトピーの子を持つお友達の紹介で、千葉県にあるアレルギー専門の病院へ行くことに。余談ですが、そこへたどり着くまでには、色々エピソードがありました。漢方治療を奨励している病院で処方された薬は、白湯に混ぜ、哺乳瓶で飲ませるというもの。まだ2か月の赤ちゃん。飲 [続きを読む]
  • 私の長男。
  • 産れて、2か月後、重度のアトピー性皮膚炎と診断を受けました。何故か、産れた直後はそうでもなかったのに、、。1か月になろうかとするぐらいに、皮膚がただれ始めました。そのせいか、いつも泣き止まず、泣いてばかり。産院で薬を処方されたのですが、その薬を塗ったからととて、他の赤ちゃんとは明らかにちがう肌。処方された薬を調べると、ステロイド。あの時には、何が何だか、本当に無我夢中でした。 [続きを読む]