まるね さん プロフィール

  •  
まるねさん: まるね 思考一考通行
ハンドル名まるね さん
ブログタイトルまるね 思考一考通行
ブログURLhttp://www.0neshikoh.link
サイト紹介文「まるね」が物事を思い込みで批評します。アニメ、音楽関連、社会問題、地元横須賀の事などなど。
自由文「まるね」の思考を一方的に書きます。アニメ関連、音楽、社会問題、政治問題、クルマ関連、無職ゆえの面接の話、地元横須賀のこと。などなど、日々の生活で感じたこと、思うことを書いています。完全な思い込みなので、ご意見無用でやってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供306回 / 342日(平均6.3回/週) - 参加 2016/05/23 15:11

まるね さんのブログ記事

  • 333.景気判断が羨ましい・・・・。
  • まあ、まともに働いていない者に好景気は訪れないのは当たり前だ。そりゃ、そうだ。しかし、そういう人間なのだからしょうがない。もう、開き直るしかないのだ。とは言え、やはり巷を見渡すと、公な判断や指数との乖離が感じられる。多くの識者がこの現象について論じていて、なるほどなと思うついこの頃だ。私は識者でなければ、経済に明るい訳でもなんでもないド素人であるが、ド素人なりに思った事があるので書いておきたい。数 [続きを読む]
  • 332.日本語の奥深さと英語・・・・。
  • 私の愛読しているコミックスに「+チック姉さん」という実にクールな作品があるのだが、その9巻の「抗争チック」を読んで、ふと日本語の奥深さを思ったのだ。話の中で姉さんが「ところでどっから持ってきたんだ かき氷器やら冷蔵庫やら」という問いにウノ・サノが「校長室からギッてきたですよ」と答えるのだ。この「ギッてきた」というところに私は日本語の奥深さを感じたのだ。と言うのも、「ギッてきた」とは言い換えれば、「 [続きを読む]
  • 331.メディアとネット・・・・。
  • BuzzFeed Japanの吉田大輔氏と池上彰氏の対談記事を読んだ。内容は昨今の既存メディアとネットのあり方についてだったと思う。私はお二方の言う危機感に共感はできるが、もろ手を挙げて賛同はできない。ネットメディアは今まで以上に自由であるべきだと考えている。池上氏は昨今騒がれているネットのフェイクニュースや著作権侵害を一つの危機だとして自浄作用の必要性を訴え、そのための協議会の設置を目指しているそうだ。しかし [続きを読む]
  • 330.横須賀在住がおもう北朝鮮危機・・・・。
  • 最近、季節の変わり目のせいなのか知らないが、なんだかダウナーだ。私は定期的にこのような精神状態に陥るから困る。なにもやる気が起きないー。夫婦喧嘩も増えるしね。と、私の現状報告は置いておいて、最近の北朝鮮危機だ。北朝鮮が公言しているように北朝鮮の攻撃対象として最も有力視されているのは、日本国内の在日米軍基地だ。その一つであり、米国が絶対の威信を誇る空母の母港たる横須賀はその標的のなかでもかなりの上位 [続きを読む]
  • 329.ミニ・リマスタードとかカッコよすぎ〜・・・・。
  • イギリスのコーチビルダーにより、現代の技術をふんだんに使用して新たなクラシックミニを造ったという記事を読んだ。こりゃあまた、カッコ良すぎて震える〜。買えもしないのについついメーカーのホームページにあるカラーシミュレーターで色々試して妄想した次第だ。もっとも、真のクラシックミニフリークの方々からすれば邪道かもしれないが、現行のミニの欠片も感じられないモデルに比べたら数百倍カッコいい。昔からイギリスの [続きを読む]
  • 328.巷の景気と横須賀・・・・。
  • 最近巷の景気は上向きらしい。我が町横須賀はどうか。今まで更地が目立っていた山の上の新興住宅地に家が建ち始めた。小さな建築屋社長の車がアメ車から新車のポルシェ・パナメーラに替わった。街を歩く人のファッションがバブルを彷彿とさせるし、ドラマの音楽に90年代調がちらほら。新卒採用が増えて入社式が盛大。どことなくバブリィーな雰囲気すら感じる。しかし、横須賀市内の求人は相も変らぬ糞っぷりはなぜか。企業が無さす [続きを読む]
  • 327.訂正をしたくなってきた・・・・。
  • 以前、核保有国同士の直接戦闘は賢い政治家ならば選択しないと私は書いた。しかし、最近のアメリカを見ていると核戦争もあり得なくはない状況であると思えてきた。少なくとも北朝鮮に武力行使する可能性は相当に高いと言える。私は重要なことを見落としていたのだ。アメリカは戦争するほど潤う国だということだ。そこに自国経済優先の大統領が就任すれば、そりゃ喧嘩っ早くなるのも頷ける。今回のシリア攻撃もトマホーク一発で雇用 [続きを読む]
  • 326.トラックのデザイン・・・・。
  • この度、新型の日野プロフィアが発表された。前作のプロフィアも当時は俊悦なデザインだったが、今回の新型も素晴らしい。昨今の大型トラックのデザインは全体に好感が持てる。特に欧州のボルボやスカニアは超カッコいい。商業車として扱うのが勿体無いくらいだ。乗用車と違いデザインの幅は決して広くは無いはずで、極端に言えば全面のみの勝負でこれほどに力強くてアグレッシブ、使用目的に合致したカッコイイデザインができるの [続きを読む]
  • 325.監視社会もいいかもしれない・・・・。
  • 千葉県で発生した女子小学生殺害事件は未だ解決していない。悲惨極まる事件であり、女の子の無念を想うと悲しみが溢れてくる。ただただご冥福をお祈りするばかりだ。また、同じ親としてご遺族を想うといたたまれない気持ちと犯人への怒りがこみ上げてくる。そして、事件現場周辺の方々の不安も子を持つ親としては決して他人事ではない。最近、国会で揉めているテロ防止法案のくだり、野党は監視社会につながると主張している。テロ [続きを読む]
  • 324.痴呆症ドライバーの不起訴・・・・。
  • 昨年10月に横浜上大岡で発生した高齢者ドライバーによる小学一年生殺害事故の不起訴。納得できない遺族の感情と願いには全くもって同意である。しかし、事件を完全に理解できない痴呆症の犯人を拘束し、罰することは無意味であろう。では、その老人を車が運転できる環境においていた親族に罪があるのかと言えば、以前JRが争った裁判の判決から鑑みるに、親族の責任は微妙なところだろう。確かに事は運転行為であるから、運転を出来 [続きを読む]
  • 323.銃剣道・・・・。
  • 鬼畜米英、竹槍特攻隊でもやらせたいのか。銃剣道が中学体育で選択できるようになったらしい。様々な意見があるようだが、私の感想はやはり否定的になってしまう。あくまで武道であると言うが、私としてはそもそも義務教育で武道をやらせること自体が反対なので武道だろうが何だろうが関係ない。が、やはり銃剣道、名前からして戦争を連想してしまうのは本当だ。これは自衛隊の訓練でとめておくべきだろう。それにしても、この銃剣 [続きを読む]
  • 322.マスコミによるイジメの様相だ・・・・。
  • 最近、未来ある若い命が犠牲になる事故、事件が立て続けに発生して、いたたまれない気持ちだ。栃木県那須町の雪崩事故。多くの優秀な若い命が失われた。犠牲になった方々のご冥福を祈りたい。自然災害の予知予見は難しく、厳密には不可能と言えるだろう。起きてしまった事故にタラレバは無い。それが自然災害ならばなおさらだ。それにも拘わらず、連日の報道の在りようはまるでイジメだ。教師や学校関係者、教育委員会などに対する [続きを読む]
  • 321.おらが街の大先生がこども保険とな・・・・。
  • 小泉進次郎大先生と愉快な仲間たちが、こども保険なる制度の創設を提言したそうな。そして、これについてネット論者どもが賛否を謳っているそうだ。TTPが運良くぶっ飛んで、農協のジイさんどもに苦汁をぶっかけられてからコッチ、本業の農業関連は目処がついたらしく、こども関連で新たなネタを仕込んできた大先生。若い国会議員が子供を想って政策を呈する事は良い事であり、歓迎すべき姿勢だと思う。こども保険について私の意見 [続きを読む]
  • 320.王様と車・・・・。
  • チョット前の話だが、サウジアラビアのサルマン国王が来日した時の話だ。国王が御所を訪れた際に乗ってきた車はメルセデス・マイバッハだった。本国から持ってきたのか、日本国内で用意したかは不明だが、マイバッハだった。マイバッハは現在のドイツ車において最も高級な車両だろう。しかし、ドイツと同じく質実剛健な日本車にも高級車は存在する。LSやセンチュリーだ。しかし、アラブの王様はマイバッハを選んだ。もちろんマイバ [続きを読む]
  • 319.横須賀市役所と街宣車・・・・。
  • 先日。横須賀市役所に所要で行ってきた。その日は市役所の周りを右翼の街宣車が爆音で周回していた。街宣車は市長退任を喚いていたので、例の吉田市長百条委員会ネタだと思っていたが、家に帰ってニュースを見たらどうも違ったらしい。また我が町の市長さんはニュース沙汰になるような事をやらかしたらしい。今回もしょーもないことだ。自身の名刺を横須賀観光の割引券にしていたらしい。しかも市選管から以前に注意されていたにも [続きを読む]
  • 318.マイホームとか妬むわ〜・・・・。
  • 最近、パイプの修行に余念がなくてブログどころじゃないわ〜。そんな近況ではあるが、一つ妬み節を書こうと思う。知人が新築のマイホームを建てることになった。しかも都内に。先日公表された地価どおりにやはりチョー高い。我が地元横須賀でその金額を工面したならば、都内の倍の土地に倍の大きさの建物が建つ。とは言え、その知人には都内でなければならない事情もあるようなので仕方ない。過去にバックレかました私には絶対に不 [続きを読む]
  • 317.なんとかして欲しい〜・・・・。
  • 最近の国会論争を野党議員は丁々発止などと格好良く言うが、あんなもんは「何時、何分、何十秒、地球が何回まわった時?」と子供がやっている口喧嘩と同じだ。国会では自民党が口激され、都議会では逆に自民党が揚げ足取りに必死だ。以前、麻生の親分が証券マンをヤバいヤツと言っていたが、政治家の方がよっぽど色んな意味でヤバくて、ロクなモンではではない。あんなモンがなぜ先生と呼ばれるのか理解に苦しむ。政治家の仕事は泥 [続きを読む]
  • 316.イチゴ狩り・・・・。
  • 2月の事だが神奈川県三浦市にある「川名農園」にイチゴ狩りに行った。30分食べ放題で大人1600円、子供1100円だ。いくら食べ放題と言えど30分とは短いと思っていたが、完全な誤りであった。平日という事もあり、客は疎らと言うかほぼ貸切状態だったため、ビニールハウス内を熟したイチゴを探して動き回り、食いまくった。それはもう、穴という穴からイチゴが出るんじゃあないか?ってくらいだ。その状態になるのに20分もあれば充分 [続きを読む]
  • 315.車のクラクション・・・・。
  • プッププ〜、ドンッ!!と、ある日の朝に我が家の前で自転車と乗用車が接触事故を起こしていた。この道は直線道路で歩道が無いつくりなのだが、状況から察するに自転車の男子高校生がスマホのながら運転をしていてふら付いていたのだろう、その高校生を追い越す直前に大黒摩季似の女はクラクションを鳴らしたのだろうが、彼女なりの注意喚起も空しくフレンチキスとなったようだ。私は自動車の運転において、やたらとクラクションを [続きを読む]
  • 314.コミックスとCD・・・・。
  • JASRACが音楽教室からもみかじめ料を巻き上げると脅迫している。数ある著作権管理団体の中でなぜJASRACだけがこんなにもギラついているのか謎である。確かに権利は守られるべきである。しかし、その権利をこれ見よがしに振りかざす姿勢はどうにも好きになれない。まあ、権利を主張することに好きも嫌いもないのだが、しかし、著作権を守る理由の一つに、その文化の保護もあろう。だが、JASRACの強硬姿勢は文化保護から乖離している [続きを読む]
  • 313.パイプ始めました・・・・。
  • たばこを吸わなくなってから4年程が経った。そんな私は、ここ一年様々な環境の変化があり、些かストレスがたまっていた。そして、ADHDの診断がくだってからは自身にストレス耐性がない事も良く解った。それと、タバコをやめてから解った事だが、私はどうも煙りの匂いが好きなようなのだ。仏壇の線香などずっと嗅いでいたいし、焚き火の匂いも好きだ。しかし、以前禁煙した最大の理由はCOPDだった為に、シガレットは避けたいという [続きを読む]
  • 312.横須賀が狙われているよー・・・・。
  • ニュースによると北朝鮮製のロケット花火が我が故郷、横須賀を狙っているらしい。でも、ロケット花火だからね!恐れるに足りぬわ。ニュースでは弾道ミサイルがどうとか言っているが、あんなバカスカ打ち上げるモンが兵器なわけあるかと。事あるごとに祝砲代わりに打ち上げているようにしか思えない。ので、私の中ではデカイ花火なのだ。しかし、一般的にはミサイルらしく、ついにはミヤネ屋までもが敵基地攻撃力をはじめとする日本 [続きを読む]
  • 311.プリウスPHVとかフェラーリ812とか・・・・。
  • プリウスPHVのエクステリアデザインはHVプリウスより幾分か良くなった。なぜ、HVも同じデザインにしないのか。あそこまで違うと通常なら別車名だろう。なんでもかんでもイメージ付けしたいトヨタからすれば、ハイブリッド機構イコール、プリウスという呼称にしたいということなのかもしれない。PHVプリウスのデザインで良くなったと私が感じたのはフロントマスクだ。しかし、厳しく言えばHVに比べて、という但し書きが付く。まあ、 [続きを読む]
  • 310.SSDかHDD迷いながら東芝をおもう・・・・。
  • SSDかHDDどちらを購入するか迷っている。普通ならSSDだろうが以前SSDが壊れた際に一切のアクセスを受け付けなくなり、一切のデータがサルベージ出来なかったという苦い経験からSSDを信用できなくなった。ならばHDD一択だとは思うのだが、たしかにスピードはSSDに分があるように思えてならないので迷っている。もちろんSSDはOSやソフトのみの運用にするつもりである。さすがに思い出ファイルはSSDには入れられない。と、そんなこと [続きを読む]
  • 309.老害保守は我が国の癌だ・・・・。
  • 昨日の石原慎太郎の会見を観た。氏らしい中身が空っぽな内容であった。しかし、彼らの世代ともう少し下の世代までの人間は元々空っぽな人間なのだから仕方ない。我々若い世代はそれを反面教師としなくてはならない。彼ら世代は、言うことだけは立派なのだが、最後の最後、責任は絶対に負わない。今回の会見の冒頭に石原氏は田中角栄を引き合いに出して座して死を待たないと言ったが、田中角栄はある意味では座して死すことで責任者 [続きを読む]