kiririko さん プロフィール

  •  
kiririkoさん: まだ何も決めてない
ハンドル名kiririko さん
ブログタイトルまだ何も決めてない
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kiririko/
サイト紹介文子供4人も成人し夫と2人の日常。今は貯金0円から家を建て直す経過などを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/05/23 18:10

kiririko さんのブログ記事

  • 癌患者の家族として、何をどうすれば良いのかさっぱりわからない(TT)
  • 家族受診というものがある。 何をどう考えればいいのか。そのために主治医に詳しく話を聞きたい。 でも義母の前で話は言えない。 そんな中家族受診というものがあるのをしった。 再診の受付をして、自費診療だそうだ。 それでもこれからの見通しが少しでも立てばと家族受診をする事にした。 独居が増えている今、入院するにしても、パジャマも、タオルも金さえ払えばレンタル出来るし(実際息子が入院した時は全 [続きを読む]
  • 義母の現実逃避と私の心のストレスと(ーー;)
  • ストレスです。 やっぱりストレス。 まだ生活は何も変わってない。でも心の隅に棘が刺さっているようで、無意識でもその棘がひっかかります。 素直になると弱すぎる自分にびっくりです。 さて 義母の本音ですが、田舎には来たくない同居もしたく無い。 でしょーね。 都会に住んでるプライドの様なものを感じます。それがステイタスなんでしょうね。 まぁまだ何も結論は出ておりません [続きを読む]
  • お気楽に暮らしてきた私にとっての試練なのか(TT)
  • ため息 ため息なのだ。 去年家を建てる時に一応一緒に住むかどうか打診した。当然一緒に住まない選択ありきだったけれど。 多分義母の介護はやって来るとは思っていたが想像していたよりはるかにはやかった。もし去年の時点でこの状態だったら、家の建て替えももっと違うものになっていただろう。 夫と2人で暮らすことしか考えなかった家は戸建なのに2LDK。まぁ一応部屋があるつちゃーあるけど…ね。 [続きを読む]
  • はきだし…
  • 久々にイベントに行ったら色々な出来事を知って、それは生きていれば当たり前に事だけど、どちらかというと悲しい事で、今胸を締め付けられる思いです。 単純にしか考えられないから、当たり前の事なのだけどただ悲しい。 全くなんの事かわからんですよね。 詳しく書けば身バレしてしまうから。 ただこの胸を締め付けられる苦しい思いを吐き出したかっただけです。 でもこれは決して不条理なとこではないから、乗り [続きを読む]
  • 絶不調でもないけど絶好調でもない。体も心も中途半端(TT)
  • 朝、かなり遅い時間ですが、起きると身体が痛い。これはよくある事で、もともとかなり強張りながら寝ているので朝起きると身体がガチガチになってる。気がつくと歯なんて物凄い力で噛み締めてるし、それでも前歯も削れてるし、だけど寝てる時間だからなんともコントロールも出来ない。諦めてるひとつだけど弛緩剤みたいなものを飲んだ方が楽になるのかなぁ。 あと喉。 これは慢性咽頭炎と言われているけど常に違和感 [続きを読む]
  • お久しぶりでございます。
  • すっかり遠ざかってしまった。 仮住まいと仕事を始めた事と、なんだかワタワタして… 言い訳ですな。 継続する事が苦手です。 それでも間が空いてしまっても再び始めてまた途中で立ち止まってもまた始めてある日ふりかえってみたら所々抜けているけどまぁ続いたわねぇと言えればいいのでは無いかと。 ゆるゆるで行こう。 そう思わないともう2度とプログ書けなくなる性格なもんで(ー ー;) 失敗 [続きを読む]
  • 悪妻かもしれない(ーー;)
  • 実は引っ越しを良い理由にして、半月ぐらいご飯作ってないf^_^; 夫からのカエルコールの時に、今日のご飯はと聞かれ無ければ帰りにスーパーで買って来てくれるという。ちょうど帰る時間がスーパーの閉店前で、半額物を買って来てくれるのだ。ありがたいと思う。が多分夫はお買い物が好きなのだと思う。 モラハラ気味ではあるが、家事をキッチリこなさなくても全くうるさくないところが夫の良い所。ていうか、朝はわたし [続きを読む]
  • 弾丸引っ越し取り敢えず終わる(*_*)
  • 弾丸引っ越し終わる。 いやまだ仮住まいのキッチンぐちゃぐちゃだからなぁ。 今まで住んでいた所から五件先のペット可の一戸建て。実は住んでいたところより古い。建て替える家築35年。仮住まい築40年f^_^; 戸建でも二階は荷物置き場。一階が住居スペースでキッチン6畳リビング兼寝室6畳。エアコンはリビング兼寝室にしかないので、布団を引いての上げ下ろし。昭和の家ですから収納なんて無いし、物で囲まれてはいるもの [続きを読む]
  • 仕事の話
  • 補助的なお仕事についたのだが、これがなかなかだな。 この歳にしても一番若いのだσ(^_^;) 時給は高く無いけどそんなに気張らなくても出来そうだし1ヶ月たった今… なんと言うかみんな凄い大人だから表だった揉め事なんか無いけど凄い仲良し?というわけでもないのかなぁ?職場なんてそんなもんか。 それにしてもやっぱり覚えなければいけない事はあるけれど、何につけても先輩が、こういうやり方なの…わたしはね〜 [続きを読む]
  • オフの日
  • 夫と2人。予定のないお休み。 お仕事で使うメガネが壊れてしまったので作りにい行ったけど老眼が進んでる(-_-) たったそれだけなのに疲れはててしまって早々に帰ってきてお昼寝タイムの老夫婦(o_o) 何もない時は本当に何も無い。 夫がそういう人じゃないので、例えば三食作らなきゃいけないとか、必ず掃除機をかけなきゃいけないとか、毎日洗濯しなきゃいけないとか。そこは感謝なのか?いや家事をしないから文句 [続きを読む]
  • 死ぬまで親パート2 そしてまたまた都会で迷子(TT)
  • 実は3月から仕事らしい事をしています。 まぁ扶養の範囲でお金を頂ければいいかと思っています。 ふぅ… 今日はその仕事がら終わってから夫が休みだったので長男の見舞いに行ってきました。車で犬達も一緒に連れてね。 まぁ行ってもたぶん顔見るだけで滞在時間10分位だろうけど。その為に2時間かけて高速代と都会の安くない駐車場代払って行くって(^^;) やっぱり死ぬまで親だわ(^^;) 都会は何かと迷うの [続きを読む]
  • やっぱり嫌な奴にもどってたぜ 長男物語
  • 怒 本当に問題ありのいつもの長男にもどっていましたけど(怒)o(`ω´ )o とりあえず2時間かけて病院に行く。昨日の今日だからどうかしら?緊急の連絡もないし順調に回復しているのだろうとは思って居たが。 第一声が なんで今日来たの? 確かに喉の手術なので話す事は辛いらしい。でも他は元気だから買い物も自分で出来る。2時間もかけて来たからもう少しいるわって言ったけど話すわけでも無く、お互いに [続きを読む]
  • 親というものは、親の前に1人の人間だけどやっぱり死ぬまで親なんだろうな…
  • 長男の手術で東京の大学病院に来てます。 基本もう成人してますので、余計な事は言わない様にしていますが、長男の話と先生からの話が全然違っていて複雑な気持ちです。 長男は手術すればイコール完治の様な話し方でしたが、先生からの話では手術したとしても最悪一生付き合っていかなければいけない病気だそうで。長男の話をまるっと信じて、お気楽に手術すれば全てOKと軽く思っていた私としては何とも複雑な気持ち [続きを読む]
  • 残された人生で克服していかなければいけない課題はなかなか重い(TT)
  • 家のいろいろな手続きには常にお金が付きまとい諭吉くんが恐ろしいほど飛んでいく。このまま行ったら破綻するんじやね?ぐらい。 その中で夫が以前乗っていたバイクの税金が未納だった。物凄い金額でもないけど、チリも積もれば山だし私は何回もどうにかしろと言ってきたと思う。その度にうんうんと返事をしながら、ここまでなんの手も打たなかった夫にちょっとグチャグチャ言ったら… はい。逆ギレ。 [続きを読む]