taka*a さん プロフィール

  •  
taka*aさん: 甘い香りと風味豊かな苔
ハンドル名taka*a さん
ブログタイトル甘い香りと風味豊かな苔
ブログURLhttp://ameblo.jp/bunkworld/
サイト紹介文金魚はピンポンパール・高頭パール・水泡眼金魚の長物は和金・コメット・朱文金を飼育しています。
自由文元々は金魚すくいの金魚から始まりました。金魚の丸物はピンポンパール・高頭パール・水泡眼金魚の長物は和金・コメット・朱文金熱帯魚はコリドラス・カラシン を飼育しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 306日(平均4.3回/週) - 参加 2016/05/23 18:19

taka*a さんのブログ記事

  • 松かさっぽいのと導入魚
  • 朝っぱらから屋外プラ舟の水換え、総水量約100L。それでも1回の風呂で使う水量より少ないんだよねぇ なんか動きが変だなぁと思ってたら、更紗水泡眼が軽く松かさを発症してました。ボヨン部分にも充血が見られます。水温の変化が増えたのでその影響かと 混泳している弱いはずの当歳のちびっ子水泡眼達はピンピンしているんですよね。大きければタフって訳でもないのが不思議な所。暫くバケツで屋内療養です。--- [続きを読む]
  • 屋外の水温上昇
  • 昨日朝から頭痛と吐き気が酷くて思い当たる節がないなぁと思ったらどうやら花粉(症)の影響が多少あるようです。日曜は朝からポカポカ日和。 ビュンビュンです。 水温は17℃。先日まで手を突っ込んだら千切れそうだったのですが 一番北側の長もののプラ舟。 14℃でした。3℃の差があります。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 転覆したキャリコ水泡眼 その後
  • 転覆を完治させて3日目かな再発せず元気そうです・・・ただ私の知らないところでひっくり返ってるのかもしれませんが この時期はどうしても色々起こりがちですね。「早期発見」「早期治療」するのがベストですけどね(なかなかできないですが) 水泡眼のプラ舟は10匹です。 糞を吸い出して、減った飼育水の足し水は時間がある時や私の気分でやってます。時に春が酷いのですが、毎年何かしらの「不意打ち」を食らう [続きを読む]
  • 屋外のピンポンパール合流 その後
  • なぜ逃げていく。 屋内で越冬させた当歳を親魚と同じ屋外プラ舟へ移動させて5日。とりあえず問題はなさそうです。 素赤軍団フナ尾と三尾が混じってます 全部で13匹。 最近思うのですが、5年前位より店頭で国産のピンポンをよく見るようになりましたね。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【冷凍赤虫】デカキューブを試す
  • 先月購入した冷凍赤虫、キョーリンのデカキューブ。今までのベンリーパック赤虫を店頭に置くのをやめてこちらに変えてしまい、渋々1枚だけ購入してきたものです。どんなものか検証しておく必要もあるので今回試しに使ってみました 1枚に大きいブロックが6個。 取り出すと中で割れやすくなっているようです。解凍する前から解りますが、赤虫がデカいのが解ります。 溶かしてみると、今まで使ってきたベンリーパッ [続きを読む]
  • 転覆治療 3日目 完治
  • 屋外で水泡眼が転覆しているのを見つけて、屋内で療養3日目。すっかり転覆も治まったので屋外のプラ舟に戻します。 餌を一切与えていないのですが、ご覧の通り糞の形跡。やはりつまっていた模様。プラ舟での水温合わせの為に100均バケツから100均タライに移動 1時間も浮かべて置けば水温はほぼ合うので最後に柄杓でプラ舟の水を入れて最終調整して水泡眼を戻して今回の転覆治療は終了。ついでに追尾で別プラ舟に避けて [続きを読む]
  • 転覆治療 2日目
  • 屋外で水泡眼が転覆しているのを見つけて、昨日から屋内に移動させて加温で一晩様子をみて今朝・・・ もう治ってました。というか・・ 糞の排出量が凄まじい どこでどう間違えたのか、サーモの温度設定値を15℃にするつもりが18℃になっていました。まぁ結果オーライという事で。 腹が減ったのか餌をねだりますよ。 もう1日そのままでいなさい糞まみれなので、水だけ変えてヒーターも外してゆるゆると常 [続きを読む]
  • 転覆治療 1日目
  • 始まりました一番我が家では立派なキャリコ水泡眼が腹を出しっ放しです。 どうやら昨日位からこの様子のようで。一度暖かくなって冷えたので影響あったのかもしれません。一応加温でゆっくり16℃位まで上げて様子を見てみます。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 屋外へ移動作業
  • 朝から屋外のプラ舟3個の水換え、金魚の体高分だけ飼育水を残して8〜9割の換水。午後から、当歳の自家産ピンポンパールを屋外へ移動作業。屋内の水温は13℃、屋外は11〜12℃で比較的近似値なので決行です。 全部で7匹です。先日の追尾騒ぎで雄雌を避けて飼育していましたがとりあえずバケツへ合流。水作エイトもそのまま外へ一緒に連れて行きますアナカリスって僅かな光量があれば生きる水草。ビーシュリンプやメダカなどの [続きを読む]
  • 屋内から屋外へ移動シーズン
  • 毎年恒例ですが、3月は屋内で越冬した個体を屋外のプラ舟に移動させる時期です。2月中旬まで15℃で加温維持してきた水槽も数日前から水温を徐々に落とし常温管理にしています。 そんな中での先日の卵ポロポロでした。水温を下げたのだから寒くなったはずなのに 当歳のピンポン雌2匹、雌はやはり外観がふっくらしてます。触ったらまたボロボロ卵をこぼしました。2匹で直ぐに食べてしまって無くなりましたが・・・ [続きを読む]
  • 産卵
  • 屋内で飼育している自家産の当歳ピンポン。やけに追っかけっこしたり、尻のあたりのパール鱗が取れてる個体が居るなぁと思ってはいたのですが、案の定ぶちまけてくれてました。そういえば水も濁ってたし、匂いが ふー・・・地味に忙しいのに・・・ 手前左はやる気満々の雄で右が雌。雌は別けた後もバケツの底に卵をポロポロ。とりあえず、今シーズンは孵化させる予定はないので流します。 屋外のプラ舟はまだお祭 [続きを読む]
  • 【2017/03】屋外のピンポンパール
  • 屋外のピンポンパール。土曜は朝方は冷えましたが、日中は温暖でした。 暴れる暴れる 3歳 当歳 上は2歳の自家産提灯パール。3歳がそばにいると丸さが足りないのがよく解ります。 ちょっと解りにくいけど胸鰭にうっすらと追星出し始めてます。えーと次の満月は12日、覚えておこう・・・ ピンポン舟だけ飼育水が濁っていたので9割を換水。手前の長ものと水泡眼のプラ舟はバキバキに飼育水が澄んでい [続きを読む]
  • 【2017/03】屋外の水泡眼
  • 屋外の水泡眼。先日、舟の水換えをして今シーズンのスタートをきりました。起床後にプラ舟を覗く日課が戻りました。 3歳(雌)のキャリコ水泡眼、もう1匹いますが写真撮り忘れ。 3歳(雄)の更紗水泡眼。自家産当歳はこの雌2匹・雄1匹の子供達で雄の更紗(普通鱗)を入れたせいかキャリコ柄が殆ど出なかったという・・・代わりに桜水泡眼が十分残った訳で 自家産の当歳、子供達。 大きく育つかなぁ 黒水 [続きを読む]
  • 上部フィルターの清掃
  • 屋内玄関に設置している熱帯魚水槽。毎年恒例の事ですが、上部フィルターの掃除です。 ポンプのモーター室とろ過槽が分離できる構造なのでモーター部分は残したままろ過槽だけを外して屋外へ持ち出して一気に掃除しました。作業中、早く終わらせようと写真を撮り忘れているのですが思ったよりも汚泥は少なく、非常に安定状態のようです。いつも年に2回春秋に行うのですが、この調子なら年1回でも良さそう 前はろ材の最 [続きを読む]
  • ひかりプランクトンとメダカ元気
  • 我が家の熱帯魚と金魚の稚魚に使う餌で定番化している餌、「ひかりプランクトン」。 金魚の青仔がブラインシュリンプ→刻み赤虫の間に人工飼料を覚えさせる時に抜群の食いつきを見せるのがこの餌で、元々はこの方にアドバイスを頂き教えてもらった餌です。 このブログを見て下さっている方の中にもひかりプランクトンを使っている方が多いと思いますが、使っている方の大半が困るであろう事、それは 内容量:400g [続きを読む]
  • 懐古堂のスポンジフィルター
  • 過去にも何度か取り上げているのですが、スポンジフィルターです。今でもかなりのアクアリスト(特に丸物金魚飼育者)から支持されているのが懐古堂のスポンジフィルターです。私も噂を聞いていたので2015年から80Sを3個導入して屋外のプラ舟用として使っていました(過去形)。 上の写真は過去所持していた80Sで、ろ過能力は十分合格ですし噂通り。ですが、屋外の場合は苔の発生量が屋内水槽のソレとは比較にならないので [続きを読む]
  • 旧型の水作エイト
  • 頂いたコメントを見て、フッと「昨年の今頃何やってたっけ?」と思って過去のブログを確認。2/7 プラ舟の全換水2/28 上部フィルターろ材のみ清掃3/5 屋内飼育していた金魚を屋外へ3/8 ピンポン産卵祭り・・・そうか、来週から産卵祭りなのか。全然気にしてなかった本題です、本日から3月です・・・早いですね 水作エイト、そう水中投げ込みフィルターの代名詞です。投げ込みフィルターの中でもサイズから得られるろ過性能は [続きを読む]
  • 【越冬】屋外プラ舟の稼働 3/3
  • お隣のピンポンパールのプラ舟通常運転モードに戻す作業が終わったので、次は水泡眼のプラ舟です。これで屋外のプラ舟にフィルターを戻す作業は終わります。フィルターを入れりゃいいだけなんですがついでに掃除と水換えをするので ピンポンパールの舟のほう、プラ舟の苔落としすぎたかなまぁいい・・・早く水泡眼の舟も作業してしまおう 飼育水はドロドロですが、青水って程ではないです・・・というか、私はあんまり [続きを読む]
  • 【越冬】屋外プラ舟の稼働 2/3
  • 長もののプラ舟にフィルターを戻して稼働状態になったので、今回の作業は屋外で一番南側に置いてあるピンポンパールのプラ舟にフィルターを戻します。 少々解りにくいですが底は苔の層で覆われてます。見てくれは悪いのですが、この位のほうが金魚は調子よかったり。金魚って観賞魚かなぁホテイ草は腐りそうな状態の一歩手前で、本当に腐り終わると自然にバラバラになります(笑)アナカリスもアオミドロに覆われて半分死に [続きを読む]
  • 屋外プラ舟の本格稼働①
  • 屋外のプラ舟で飼育している長もののプラ舟。数日前ですが、越冬の為に外していたフィルターを再投入しています。 水を変えたのもありますが、フィルターを入れて回すと写真では解りにくいですが飼育水がピッカピカに透き通ります。ゴミを濾し取るではなく生物ろ過でないと、こうはならないです・・ 水泡眼とピンポンの舟はまだエアレーションのみ。やはり餌を入れるようになったので薄く濁っちゃってますね、でも水質 [続きを読む]
  • アナログ水温計の末路
  • ここ数日、屋外に設置してあるピンポンパールのプラ舟の水温が他のプラ舟の水温より2〜3℃高い日々が続いていました。一番南側においてあり、日光にもあたる時間が多少ですが長いので、そのせいだと思い込んでいたわけです。 水温、16.5℃。屋内にいる加温から常温に切り替えた当歳ピンポンの飼育水は15℃です。風も吹く屋外のほうが1.5℃も高いってこんなものかなぁ〜えー・・・・・っ 見方によっては17℃あ、あれっ&n [続きを読む]
  • 投げ込みフィルター投入
  • 週初に東海地方で春一番が吹きました。立春から春分の間に吹くので、冬の終わりと春の訪れなわけですが・・・まだ寒いですけどね既に少量ですが餌を食わせ始めています、ですので・・・ 近づくとこの通り。反応も動きも冬のそれとは異なります・・・ 飼育水を半分抜いて更水と入れ替えました。そしてフィルターを入れます。 今月初旬に今シーズン用の投げ込みフィルターを準備したのですが、下のろ材を入れている [続きを読む]
  • チ○コヒーター、逝く
  • 2013年から使っているのですが、屋内玄関先で使用していたテトラの26℃ミニヒーターMHC-100。購入当初はほぼ26℃を維持してくれてましたが、4年目の今シーズンは27℃(時々28℃付近まで上昇)水温を維持するようになっていて 「そろそろ限界かな?」 と思っていたら、今朝24.5℃になっておりこのままほおっておくと更に水温が下がりそうなので諦めて取り出しました。まだ大丈夫だろうけど水槽内にCo.レセックスが居る [続きを読む]
  • 【冷凍赤虫】キョーリンのデカキューブ
  • いつも冷凍赤虫を購入している店舗の近くを通ったので「そろそろ冷凍赤虫を調達しておくか」フッと思い、店舗に寄ったらいつもの冷凍赤虫が店頭から姿を消していて、そのポジションには別の製品が置かれているではないですか店員を問い詰める(?)と「これからはこちらの製品に変えていこうと思っている」との事。今までのベンリーパック赤虫でないと困るわけでもないし値段も量も大差ないのでいいのですが何となく腑に落ちない [続きを読む]