そらまめ さん プロフィール

  •  
そらまめさん: 山中廃徊記
ハンドル名そらまめ さん
ブログタイトル山中廃徊記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sola_mame55
サイト紹介文趣味(登山)が高じて山中に廃道、廃墟、廃村、遺構などを求めて徘徊しています。林道なども大好物。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/05/24 08:50

そらまめ さんのブログ記事

  • 庄堺公園のバラ園と産業遺産
  • 昨年、会社の健康診断をバックレまして、山へ行ったのですが・・・それが元で会社が労働基準監督署だかどこかから、えらく怒られたそうです((笑))おかげで、臨時に健康診断を受けるようにとの厳命で休みまでもらってしまいました。臨時なので彦根まで行かなければなりません。彦根なら多賀まで近いなぁ、しかし時間が微妙やなぁ…などと考えつつ無事終了したのが2時半。会場は滋賀県立大学の近くでしたが、その向かいに庄堺公園と [続きを読む]
  • 古道シリーズ 甲頭倉から屏風へ
  • 入谷から甲頭倉の予定でしたが、急遽、甲頭倉から屏風への古道に変更しました。地図を見ると、この道は途中までしか表記されていません。しかし「鈴鹿の山と谷」によると、甲頭倉と屏風の間の尾根上に両村が共同で使用していた火葬場があったというのです。遺体を運ぶためにもある程度しっかりした道があったと思われます。では地図をご覧いただきましょう。甲頭倉までバイクの予定でしたが、ゲートが閉まっています。これは・・・K [続きを読む]
  • 古道シリーズ 落合から入谷へ
  • 前回の男鬼〜入谷に続いて、落合から入谷への古道を歩いてみました。地図はこちら地図中の点線路のうち青はほぼ形をとどめていました。赤の部分は例によって跡形もありません。行きで道を間違え緑線のように道を間違えて、大回りしてます。「鈴鹿の山と谷」にはこの道について『落合からだと神社の横より取りつき急な斜面のトラバース道であるが、しっかりしていて不安はない』(まめ注;トラバース=斜面を横切ること)とありますが、 [続きを読む]
  • ヒルの移動速度を測ってみた
  • youtubeを見ていたら、7年前にUpしたヒルの動画があったのでご紹介させていただきます。これから彼らの最盛期を迎えるにあたり参考に・・・ならんとは思いますが(笑)この日、落合から霊仙山に登る際に捕獲した3匹のうちの1匹を使って移動速度を検証してみたというわけです。餌(私の指ですが…)をちらつかせてみるものの、意外とのろまだった印象。もう1匹は、真ん中で切断して2匹になるか?実験をしてみたのですが、失敗して [続きを読む]
  • 古道シリーズ 男鬼から入谷へ〜後編
  • 入谷からカワタニ越への道ですが、「鈴鹿の山と谷」には『神社の鳥居をくぐって』向かうとあります。また地形図には神社参道の鉄板の桟道あたりから西に向かうように点線路が付いてます。先ほどは、左下の赤丸部分で東へ折れる位置がわからず、まっすぐ林道を下ってきました。下から探してはみたものの…まあ結論から言えば、この部分についてはもはやその痕跡は、全体の1割程度かそれ以下であろうと思われます。なるべく地図の点線 [続きを読む]
  • なぜここに?
  • ある日のこと。滝谷武奈林道を走るときにいつも一服するビューポイントで休憩していたときでした。目の前に続く尾根を見おろすと、木々に紛れてあるものが見えたのです。明らかに人工物。オレンジ色のポールです。全体を見ると、分かりにくいですがポールに丸い顔カーブミラー?なんでここに?こんなロケーションですよここに道があったのか?場所はここ水色の滝谷武奈線、ちょうど真ん中あたりの赤丸の地点です。その右手下あたり [続きを読む]
  • 古道シリーズ 男鬼から入谷へ〜前編
  • たとえば米原市榑ヶ畑。醒ヶ井養鱒場の奥にあり、霊仙山の登山基地ともなっている廃村です。米原市ということで醒ヶ井方面との交流が深かっただろうと思いきや、車道が通じる以前、移動を徒歩に頼っていた時代には必ずしもそうではなかったことに気づきます。地図を見ると・・・直線距離ですが醒ケ井最奥の集落である上丹生まで2.6kmあるのに対し、多賀町の落合まではわずか1.4km、彦根市の武奈まで1.8km、男鬼でも2.2kmと近いので [続きを読む]
  • オフロードワールド保月
  • 冬に保月に行ったさいに見かけた「オフロードワールド保月」。昨日のことですが、その「オフロードワールド保月」の関係者様からコメントをいただきましたのでこちらに転載させていただきます。『こんばんは!ブログ拝見させていただきました。オフロードワールド保月の関係者です(^-^)コースはオフロードとトライアルの 中間な感じで走りやすいと思います。バイク好きが集まってコースを作っています。 もし中に入られる時はロープ [続きを読む]
  • 武奈の春はクリンソウ
  • 5月11日、昼から少し時間が空いたので、武奈に行ってきました。お目当ては春の花の中でも特に鮮やか(当社比)な「クリンソウ」であります。市道で行けばN浜からもわずかな時間で労せず行けてしまうので、例によって不通県道17号を通り裏から歩いて入ることにします。ついでに武奈と明幸を結ぶ古の道も歩いてみたいと思います。ちょうど1年前、この県道17号を歩きましたがその時はとてもよく整備された気持ちの良い道でした。そして今 [続きを読む]
  • タウシュベツ川橋梁
  • 写真でしか見たことのない、北海道は上士幌町にあるというタウシュベツ川橋梁。一度は直に見てみたいと、できれば歩いてみたいと思いつつ幾星霜(笑)しかし昭和12年の完成から80年を経た今、崩落寸前の状態だそうです。そのニュース映像。残された時間はあまりなさそう。今のうちに行ってみたいものです。 [続きを読む]
  • 時山で沈没寸前!! 後編
  • 午後3時半、林道終点に出てきました。選択肢は三通り①林道を歩いて戻る②いま来た道を戻る③林道終点奥に見えている巡視路を使って戻る①は確実だけど長い距離を歩かなければならない②は急斜面過ぎてもし途中で暗くなると進退窮まる③は未知だけれど距離的には短いたいした勝算もなく、③を選択しました。おっさん探偵団団長の山神さんの「道なき未知を行け」というスローガンが頭に浮かんだのでしょうか。これが大きな間違いその2 [続きを読む]
  • 時山で沈没!! 前編
  • 上石津町は時山にて、第一と第二発電所の連絡通路を探すため、先週に引き続きやってまいりました。前回撮りそこなった、時山第一発電所の全景です。向の県道側から見るとこんな感じ現地に着いたのが午後1時を過ぎていたので、さっそく探索開始と行きましょう。発電所建屋の奥の小高い場所にある廃屋からさらに奥に、一基のお墓があります。このお墓の傍に前回も登場したこの立派な道があるわけですがこれは振り返って撮ったものな [続きを読む]
  • nanakoを「拾った」けど・・・
  • みなさまは「nanako」などの電子マネーはお使いになってます?わたしは使っていないのですが、近所のコンビニのおねーさんに勧められてnanakoモバイルたらいうのを使ってみることにしました。で、アプリをインストールしたわけです。そしてアプリを開いてみると・・・なんと5000チャージしてあるうえに、4000ポイント入ってましたのよオクサーン(byケッパコ様)計9000円分です。実はこのスマホは、中古で購入した物でしてこれは確実 [続きを読む]
  • メットのおっさんに会いに行く〜後編
  • 水が思ったより冷たくて脚が痺れましたけど、無事に対岸に到着しました。途中、流れが速くて足を取られそうになったことや、思いのほか深くて膝上まで捲り上げたズボンを濡らしたことは内緒です。念願だった間近での対面右手の小さな建物、手前はトイレ、奥は風呂場と炊事場です。こちらがトイレ横の階段を上ると90度曲がってさらに階段が続き、発電所の屋上に出ます。途中からはこんなアングルでおっさんが観察できます。屋上にあ [続きを読む]
  • メットのおっさんに会いに行く〜前編
  • 昨今、一部地域限定でブレイク中の「おっさん護符」ですが、私はまだご本尊を拝んだことがありません。今回はご本尊の参拝とついでに第一発電所跡も訪れ、時間があれば山中に眠るといわれる第一と第二を行き来する道を探ってみたいと思います。おっさん護符については、いまさら説明することはありませんが、念のため・・・左上の1枚がこの方がデザインされ世に問うたオリジナルです。あとは勝手に改変されたバージョンが多数存在し [続きを読む]
  • 伊吹山中遺跡めぐり〜別相の権現社
  • 前回(と言っても1年近く前ですが)伊吹山南面の遺跡をご紹介させていただきました。で、今回は西面を訪ねてみたいと思います。西面と言えば、太平寺集落跡がありますが、その太平寺集落跡と大富川を挟んだ向かい側の山中にあるといわれる通称「別相の権現社」、これを訪ねてみたいと思います。スタートは伊吹町上野のとある農道の突き当たり、ベンチのあるささやかな広場です。ここから鉱山林道とほぼ平行に走り、800mほど先で鉱山林 [続きを読む]
  • 速報!!観音坂隧道完全封鎖
  • 本日の、みんな大好き観音坂隧道です。長浜側、車両はおろか人さえ侵入する余地がありません。このバリケード、物理的に固定されており動かすことができません。金網の間から向いの出口を撮ってみたら…諦めて帰ってゆく人影が写っております。米原側はフェンスの脇に障害物が置かれており、バイクでも侵入は困難です。以上、速報でした。 [続きを読む]
  • 杉・保月に春は来たのかな
  • 先週、男鬼はまだまだ深い雪の下でした。では、はるかに標高の高い杉や保月はどうなん?ということで行ってまいりました。県道139号を栗栖から辿ってみましょう。危惧していた雪は全くありません!!キャタピラーの痕がついていますが、重機で除雪してあるようです。野梅もようやく七分咲きといったところです。杉坂峠までは路肩にも全く雪は残っていません。しかし峠を越えたとたん除雪した雪が道の両側に積み重なり、気温が急激に [続きを読む]
  • 杉・保月に春は来たのかな
  • 先週、男鬼はまだまだ深い雪の下でした。では、はるかに標高の高い杉や保月はどうなん?ということで行ってまいりました。県道139号を栗栖から辿ってみましょう。危惧していた雪は全くありません!!キャタピラーの痕がついていますが、重機で除雪してあるようです。野梅もようやく七分咲きといったところです。杉坂峠までは路肩にも全く雪は残っていません。しかし峠を越えたとたん除雪した雪が道の両側に積み重なり、気温が急激に [続きを読む]
  • 春の男鬼へ
  • 今年はやはり雪が多かったようです。記録を見返してみると、昨年は3月10日に国見峠、3月17日に男鬼、保月、五僧等を訪れていましたが、雪は全く残っていませんでした。3月も下旬になり、もうさすがに男鬼まではバイクでも大丈夫だろう、ということで、スプリング・エフェメラルたらいうもんを探しに行ってきました。滝谷武奈林道を水谷から登ります。雪は日陰に少し残る程度。思ったより少なく男鬼まで楽勝で行けそうです。しかし・ [続きを読む]
  • 春の男鬼へ
  • 今年はやはり雪が多かったようです。記録を見返してみると、昨年は3月10日に国見峠、3月17日に男鬼、保月、五僧等を訪れていましたが、雪は全く残っていませんでした。3月も下旬になり、もうさすがに男鬼まではバイクでも大丈夫だろう、ということで、スプリング・エフェメラルたらいうもんを探しに行ってきました。滝谷武奈林道を水谷から登ります。雪は日陰に少し残る程度。思ったより少なく男鬼まで楽勝で行けそうです。しかし・ [続きを読む]
  • 第66回 長浜盆梅展
  • 近年まれにみる積雪の報告が、Sヶ原やKノ本から寄せられております。(しかし伏字にする意味がよくわからん(笑))当地におきましても、それほどではないにしても約20cmほど積もりましたよ。ひさびさの土・日休みでしたが、多賀なんてとんでもない。家から出ることさえ大変です。しかたないので冬のN浜名物、盆梅展を鑑賞してきました。一歩会場に入ると、甘~い梅の香りが漂い、そこはもう早春気分です。走馬灯バージョンで春の気分を [続きを読む]
  • 第66回 長浜盆梅展
  • 近年まれにみる積雪の報告が、Sヶ原やKノ本から寄せられております。(しかし伏字にする意味がよくわからん(笑))当地におきましても、それほどではないにしても約20cmほど積もりましたよ。ひさびさの土・日休みでしたが、多賀なんてとんでもない。家から出ることさえ大変です。しかたないので冬のN浜名物、盆梅展を鑑賞してきました。一歩会場に入ると、甘~い梅の香りが漂い、そこはもう早春気分です。走馬灯バージョンで春の気分を [続きを読む]
  • 修正版おっさんステッカー
  • やや「またかいや」感のあるおっさんステッカーですが…前回、コッテジさんよりダメだしされたので多少の修正を施しております。今回で一連のおっさんステッカー騒動?は終了とさせていただきます。①実写版おっさんステッカー 修正Ver.②実写版おっさんステッカー2009年Ver.ご活用いただければ幸いです。 [続きを読む]