そらまめ さん プロフィール

  •  
そらまめさん: 山中廃徊記
ハンドル名そらまめ さん
ブログタイトル山中廃徊記
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/sola_mame55
サイト紹介文趣味(登山)が高じて山中に廃道、廃墟、廃村、遺構などを求めて徘徊しています。林道なども大好物。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 301日(平均1.9回/週) - 参加 2016/05/24 08:50

そらまめ さんのブログ記事

  • 春の男鬼へ
  • 今年はやはり雪が多かったようです。記録を見返してみると、昨年は3月10日に国見峠、3月17日に男鬼、保月、五僧等を訪れていましたが、雪は全く残っていませんでした。3月も下旬になり、もうさすがに男鬼まではバイクでも大丈夫だろう、ということで、スプリング・エフェメラルたらいうもんを探しに行ってきました。滝谷武奈林道を水谷から登ります。雪は日陰に少し残る程度。思ったより少なく男鬼まで楽勝で行けそうです。しかし・ [続きを読む]
  • 第66回 長浜盆梅展
  • 近年まれにみる積雪の報告が、Sヶ原やKノ本から寄せられております。(しかし伏字にする意味がよくわからん(笑))当地におきましても、それほどではないにしても約20cmほど積もりましたよ。ひさびさの土・日休みでしたが、多賀なんてとんでもない。家から出ることさえ大変です。しかたないので冬のN浜名物、盆梅展を鑑賞してきました。一歩会場に入ると、甘~い梅の香りが漂い、そこはもう早春気分です。走馬灯バージョンで春の気分を [続きを読む]
  • 修正版おっさんステッカー
  • やや「またかいや」感のあるおっさんステッカーですが…前回、コッテジさんよりダメだしされたので多少の修正を施しております。今回で一連のおっさんステッカー騒動?は終了とさせていただきます。①実写版おっさんステッカー 修正Ver.②実写版おっさんステッカー2009年Ver.ご活用いただければ幸いです。 [続きを読む]
  • 再度、おっさんステッカー
  • 今、話題沸騰中の「おっさんステッカー」ですが、昨日コッテジ先輩より『元の写真をそのまま使ったやつも欲しいよなぁ』というお話がありましたので作ってみました。写真はセロ尾さんにご提供いただきました。改めてお礼申し上げます。①そのままVer.②邪魔な枝を消してみたVer.③おっさんを拡大してみたVer.どうぞご活用のほど… [続きを読む]
  • 時山第二発電所のおっさんステッカー
  • 先日、コッテジ先輩がさっそく、おっさんステッカーをUPされておられました。わたしもPCの中を捜索したところ、原画が見つかったのでUPさせていただきます。ただ、①の原画と②以下は少し違う部分(色以外で)がありますので、あらかじめご了承くださいませ。(サイズはすべて2724×2726px)①オリジナル②赤Ver.③赤Ver.-2④エンジVer.⑤エンジVer.-2⑥青Ver.⑦青Ver.-2⑧緑Ver.⑨緑Ver.-2⑩ピンクVer.⑪ピンクVer.-2⑫彩色Ver.⑬反転 [続きを読む]
  • ケッパコさんの「お知らせ」に敢えて物申す!!
  • という、刺激的なタイトルをつけてしまったが、もとよりケッパコさんを批判するつもりも、ご迷惑をおかけするつもりも毛頭ない。ただ単に「気分を害された方」とやらに非常に怒っているのだ。詳しい事の成り行きは存じ上げないので、あるいは的外れな意見であるかもしれないことは予めお断りしておく。さて私のような訪問者の少ないブログを運営している者でも、読者のご指摘を受け写真を2葉削除したことがある。ご指摘をいただいた [続きを読む]
  • 冬の権現谷散策
  • 本日は立春。暦通りに春のような陽気でした。ひさしぶりに、権現谷林道の雪景色でも観察しようということで、本年二度目の多賀視察に行ってまいりました。出来れば五僧まで行きたかったのですが・・・入り口からしてこの状態です。もとより歩きは覚悟の上ですが、積雪が60cmほどある上に気温の上昇によってその雪がグズグズに腐っていて歩きにくいことこの上なし。腐っているのは雪だけではありません。この鹿さんのご遺体は、まだ新 [続きを読む]
  • 雪景色の隧道〜横山と観音坂 その2
  • さて、横山隧道に向かいましょう。いつものこのゲートですが、ラッチが2ケ所掛かっているだけで出入りは自由にできます。しかし、今日は下部が雪に埋まって全く動きません。体をねじ込む余地もない…どこか登れるところはないかと周囲を見回すと、道路を挟んだ反対側の神社の裏から登れそうなのでさっそくトライ。そして出てきたのがこちら。昔の採石場に至る道の途中です。左下の斜面を登ってきました。ここを道なりに降りて行く [続きを読む]
  • 雪景色の隧道〜横山と観音坂
  • 当地は先週末から3日間、大雪警報が出っ放しという異常事態でしたが、今日は天気も良かったので久しぶりに観音坂と横山両隧道の見回りを実施しました。まずは観音坂のほうから。いつもの、観音坂トンネル長浜側横の空地から出発。この広場、雪は30cmほど積もっています。足跡が全くついていない新雪を蹴散らして行くのは気持ちいいですね。上り坂では膝くらいまで潜ります。一度トラップに引っ掛かり、金〇付近まで嵌ってしまいま [続きを読む]
  • 「難民」脱出か・・・
  • 一部巷で話題のチェリオの自販機。N浜市には、少なくとも私の近所には無いと思っておりましたが、自宅から150mほどの至近距離で発見しました。毎日通る道の脇にひっそりと佇んでいたんですね。いや〜なぜかいままで目もくれんかったのですが。。。どーん          その雄姿をどーぞチェリオ超初心者のワタクシとしては、その商品ラインナップに関して何も語ることはできませんがいかがなもんでしょうか?これで「チェリオ難 [続きを読む]
  • 「マキ」つながりで
  • 昨日、某クイックさんのブログで、カルメン・マキ特集をされていました。で、思い出したのがカルメンでもカルーセルでもない浅川マキもうお亡くなりになりましたが、1970〜80年代に活躍?された人。京都に住んでた頃は、この人のライブを聞きに京大西部講堂に通ったもんです。歌いながら、合間に煙草を吸うは酒を飲むわ…カルメンさんに比べると浅川さんは、まあ泥臭い感じで、いつも黒いダブダブのワンピースを着てうつむき加減で [続きを読む]
  • Amazonは最強なのか?
  • 最近、通販サイトをよく利用するのですが、Amazonは品揃えや速さにおいて、他の業者を凌駕している…と最近まで思っておりました。しかし、いつの頃からか単価の安いものはそれ単独では買うこともできず、いらんものまで買わされる「併せ買い」とか、2000円以下の注文は送料が要るとか、改悪を重ねて消費者にはうまみがなくなって来た感があります。そんな折見つけたのが「ヨドバシドットコム」であります。ご存知、ヨドバシカメラ [続きを読む]
  • 向之倉-桃原道リベンジ
  • 6日は気温こそ低いものの、晴天・微風で山歩きにはもってこいの天候でした。これは行くしかあるまい…ということで本年初出動となったわけです。最初は鳥越方面に行こうかと思いましたが、ちょうどsero-さんが鉄砲を撃ちまくっておられる時期で危険なので、多賀方面に行くことにしました。前回からの心残りである、向之倉と桃原をつなぐ古道の完全制覇、リベンジマッチであります。お約束の地図を…地図中、青は今回歩いた道、緑 [続きを読む]
  • 本年もよろしくお願いします
  • もう正月も過ぎ、本日は5日です。伊吹山中の廃村・大平寺をご紹介したくて始めたこのブログですが年末には失速状態となってしまいました。今年もボチボチ、細々とやってゆきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。さて本年はじめは、一部の変態の方しか興味をもたれないであろう記事を…それはこれ          横山隧道保存会会員募集のお知らせ年末の大掃除の際、市の広報誌の中で発見したものであります。会長は [続きを読む]
  • ロバのパン屋さん
  • 皆さんは「ロバのパン屋さん」をご存じでしょうか?いやいや移動販売車ではなく、まさしくロバ(ほんとは馬)が曳くパン屋のことです。想像もできないという方はまず下の写真をご覧いただきたい。もし、この風景を見たことがあるとしたら、その方は50歳前後より上でしょう。屋根に取り付けた拡声器からテーマソングを流しながら、パンの移動販売をしていたわけです。昭和40年代には、後のショーケースも小型化し自転車で曳くようになり [続きを読む]
  • 古道シリーズ 向之倉へ 後編
  • さて、向之倉から桃原への古道を探りましょう。ここで、痛恨のミスに気が付きます。じつは一週間ほど前にスマホを機種変したのですが、地図をDLしてなかったのです。てことは、地図ロイドが使えない・・・とログは取っていますが、現在地を数字で示されてもねぇまあ紙の地図とコンパスはあるので、何とかなるだろうと思ってます、この時点では。しかし、下の地図を見ていただければお分かりかもしれませんが、盛大な勘違いをやらか [続きを読む]
  • 古道シリーズ 向之倉へ 前編
  • ずいぶんとサボっておりました今回は、向之倉への古道を歩いてみたいと思います。そして前回、桃原から向之倉への古道は時間的な制約により、途中までしか歩いていないので残りの部分を向之倉から探索して、繋げておきたいと思います。地図の緑線は桃原古道探索の際に歩いたところなので、今回は赤線のように歩いてみたいと思って出発したわけですが・・・さて、まずは向之倉への古道を歩きます。桃原古道の橋から河内方面へ約800 [続きを読む]
  • 滋賀県道 268号
  • 昨日早朝のことですが、滋賀県道 268号を徒歩で往復してまいりました。て、要するに伊吹山に登ってきたというだけのことですけど。みなさまよく御存じのように、滋賀県道 268号は「伊吹山上野線」という名が示す通り表登山道のことであります。滋賀県道 268号の現状7合目付近です。ところどころにあるこの標石が県道である証し。あいにくガスがかかってとても寒い山頂でしたが、お花畑にはアキノキリンソウやイブキトラノオの名残、 [続きを読む]
  • 後谷古道 後編〜後谷から鉱山跡へ
  • 昼食の太巻きは、前夜西Yストアで30%引きでGetしたものです。お得ですな。(👈どうでもいい?)それでは、かつて鉱山が栄えていたころの後谷集落からの通勤路を探しに行きましょう。しかし、この鉱山の廃止が1965(昭和40)年ということはすでに50年経っているわけで、登山道程度のものが残っているとは思えませんね。この砂防堰堤の左手から辿ってみます。地図を参考にしてください。後谷砂防堰堤から右岸(上流に向かって左側 [続きを読む]
  • 後谷古道 前編〜後谷へ
  • 『芹川から古道を辿り廃村へ』シリーズ(笑)、屏風、桃原・向之倉・杉とくれば次は後谷が来るのは、にわか多賀人(?)にとってごく当然の成り行きであります。で、第三弾は後谷古道を歩いてみたいと思いまます。古道と言っても、芹川からの道は現車道と出会ったのち吸収されてしまっており、僅かな区間しか遺ってません。屏風への車道の分岐の少し手前から後谷までの車道は、古道の上に築かれていると思われます。地形的に、人にとっ [続きを読む]
  • ぼやき
  • 本日はぼやきである。ただ単なるぼやきなので、お忙しい皆様には華麗にスルーされることを強くお勧めする。誰が言い出したか知らないが、いろいろある登山のマナーのなかに「登り優先」と「すれ違う時にはこんにちはと挨拶する」というのがある。「登り優先」は下りの人が脇によけることで、登りの人のペースを乱さないようにという配慮だろう。だが小心者の私は待っていてもらうのが申し訳なくてつい早足になり、かえってペースを乱して [続きを読む]
  • 桃原古道探索 4〜桃原城址へ
  • 桃原越えに戻ってきました。ここから西へ、尾根を辿ると桃原城址があります。△645のアミダ峰とその南の峰、東の峰の三つの峰に囲まれた広い部分が城址のようです。まずは鉄塔のある東の峰へここから南の峰への途中の谷沿いに掘割と土塁の遺構がありますう〜ん、そう言われればそうかなという程度ですね。素人目には、自然の地形と区別がつきません。ここから北へアミダ峰に移動します。こちら、アミダ峰。この周りも広く平坦な地 [続きを読む]
  • 桃原古道探索 3〜向之倉、杉へ
  • 地図を見ると、桃原から向之倉や杉といった周辺の集落に至る道が描かれています。これら周辺の集落とはさかんに交流があったようで、今でも道の形は残っています。もう歩かれなくなり、荒れていたり崩れていたりはしますが歩けなくはありません。それらの道を探しつつ歩いてみました。地図中、水色の線が今回歩いた道です。残念ながら、時間の都合により向之倉へは行けませんでした。途中の②の地点まで辿りましたが、さすがに往時 [続きを読む]
  • 桃原古道探索 2〜多賀スキー場
  • かつて桃原にあったという多賀スキー場は、1933(昭和8)年に開設、昭和30年代後半から40年代初めに閉鎖されたと記録されています。斜面への植林の拡大や離村傾向などにより徐々にスキー場としての機能を失って行き、自然消滅したということのようです。数少ない資料の中に1937(昭和12)年、滋賀県が発行した「スキー場適地案内」という本があり、その中で紹介されています。少々長いですが、引用します。『…面積は20萬坪、向きは北で [続きを読む]