自己実現のひとりごと さん プロフィール

  •  
自己実現のひとりごとさん: 自己実現のひとりごと
ハンドル名自己実現のひとりごと さん
ブログタイトル自己実現のひとりごと
ブログURLhttp://www.bunselfrealization.com
サイト紹介文転職や自己実現に必要なこと、心構え、準備すべき手続きなどを まとめました。
自由文また、自分自身の30代での2回の転職で失敗したこと、成功したこと、そして自己実現 なども書いていきます。
このサイトをみて、将来についての不安が解消され、前向きに人生をとらえ、転職に挑戦することができ、もっと新しくて挑戦にあふれた天職や人生をみつけてもらいた いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供266回 / 280日(平均6.7回/週) - 参加 2016/05/24 19:56

自己実現のひとりごと さんのブログ記事

  • 会社を辞めるという事は
  • 会社を辞めるという事は、人間関係を壊すという事だ会社を辞めるという事は、今まであなたが1年2年、もしくは10年、20年と着実に築いてきた人間関係を壊すという事だ。それは、さみしい事だ。苦しい事だ。しかし、人間関係を壊すという事は、新しい人間関係を構築するという事でもある。そして、人は成長する。会社を辞めるという事は、今の環境から脱出するという事だ。今、ブラック企業に勤めているなら、脱 [続きを読む]
  • 只、感じてみる、今の幸せを
  • 悩む人考える人悩みで身を焦がす人は、自分は不幸せだと感じている。毎日が不幸だと考えている。そして、いつか幸せになる事を求め、もし、宝くじが当たったら、家が裕福であれば、幸せになれると信じている。しかし、毎日は不幸だらけだ。毎月の家計はとても苦しい。家族とはケンカが絶えない。仕事で上司に毎日怒られる。今日の占いは最下位。とにかく、毎日が辛いのだ。そして、実現不可能な空想 [続きを読む]
  • もつ煮込みと王道もやし炒め 男の料理で自己実現
  • はじめに今日は家族のご要望にお応えして、なぜかもつ煮込みに初挑戦しました。また、それだけでは、一品のみになってしまい。ちょっとディナーとしてはさみしい限りということで、わたくし、ぶんさんの得意料理である。もやし炒めを作りました。(学生時代に経費削減のためによく作ったものでした)もつ煮込み完成後最初にもつと具材を炒めた後にぐつぐつと水で20分、調味料を入れて40分ほど煮込みました。 [続きを読む]
  • プレミアムフライデーって空想ではないんだね
  • 明日、24日から始まるプレミアムフライデー商戦が盛り上がっているようだ。ニュースをみても、街をみても、盛り上がっているように見える(気のせいかも・・)弱小、派遣技術者の私としては、このプレミアムフライデーはまったく関係ない話で、(派遣ふぜいが、半休さえも取れるはずもなく。有給は未消化で大半が消えゆくもの)ただ、冷ややか かつただ、記憶から末梢するだけの単語がこのプレミ [続きを読む]
  • 会社が嫌い
  • 色々な会社を訪問していると、グタグタな会社に当たる事がある。受付はもたもたするし、会議までに凄く待たされるし、挨拶も笑顔もない。淡々とするだけ。こんな会社とビジネスすると思うと、ウンザリする。とくに大企業の子会社がそういう社員が多い気がする。安定してると、人への興味もなくすのだろうか。子会社というのは、ピラミッド社会で序列に縛られるからだろうか。もちろん、とても優秀な人 [続きを読む]
  • 話すと元気が出てくるのは不思議だ
  • 話さないエンジニアIT エンジニアは無口らしい。1日誰とも話さないのもザラだから、話し方も忘れる。大人しそうにみえる。(表面上はね)もちろん、誰とも話さず、プログラムと対話したり、(ずっと書いたり、読んだりしているとまるで友達のように思えてくる。)設計するのは楽しい。(自分の考えが設計に反映できたり、できなかったり)テストは面倒。(昼の3時ぐらいに眠くなってくる)こうやって1日 [続きを読む]
  • 今日は男の料理、アクアパッツアで自己実現
  • はじめに毎週末の晩御飯は、料理担当となる私ですが、今日は前々から作ろうと思っていたアクアパッツアを鯛で作ってみました。アクアパッツアとは、魚介類をトマトとオリーブ・オイルなどとともに煮込んだカンパニア州の料理(wikipediaより)だそうだが、今日は鯛で作りました。真鯛ではなく、チダイという安めの鯛を使いました。(鮮度が高いと、真鯛と同じくらいおいしいそうです・・)庶民なので、真 [続きを読む]
  • 思えば、人生で待つことだらけだ ひとりごと
  • はじめに今日は病院で長時間待つことになった。やはり、インフルエンザが流行している時期は病院も流行るようである。毎回、待つのはわかっているので、今日は、アールナイチンゲールの「チャンスは無限にある」という本を持っていった。私が最近繰り返し読んでいる本だ。そんな時、ブログのテーマが降ってきた。人生って待つ時間多いよな。人生で待つ時①人気のラーメン屋に行く時人気の店に行くと、結 [続きを読む]
  • 自己分析に最適な問い こどもの頃って何して遊んだ
  • 今週のお題「何して遊んだ?」自分が、やりたい仕事や、やりたい事をみつけるのに最適な質問がこれ。なぜなら、こどもの頃に夢中になった事は、大人になってからも夢中になれる。そして、いくらでも頑張れるし、アイディアも豊富に涌き出る。だから、天職に近い。自分は何に夢中になった?色々な流行に乗ったが、とくに、熱中したのは、ガンプラやミニ四駆だったように思う。根本的に、設計どおりに組み [続きを読む]
  • テンポが合わない人っているよね。
  • はじめに先日、仕事で、初対面の人と会ったが、テンポが合わずに大変だった。とにかく、会話が噛み合わない。こちらが気をつかって、話を振っても何だか、聞いているのか、いないのか。(その一時間は本当に長かった〜)今日は、そんなテンポが合わない人の特長について考えてみた。テンポ合わない人の特長①マイペース話も、質問も完全に自分のペースで話す人笑いのツボでも、笑ってもくれないし、なんか自 [続きを読む]
  • 何のために残業するのか考えた
  • はじめに今日もスケジュールに追われて、必死に残業となった。達成感よりもキツさが先にくるが、いったい何のために残業しているのか、考えた。残業の理由五点①残業代を稼ぐため私にはこれはないな。残業代よりも自分の時間が欲しい。少なくとも、家族と過ごす時間やブログを書く時間は欲しい。②周りが残るから派遣技術者という弱い立場なので、客先の社員が残る間は、残らないと、契約を切られる気が [続きを読む]
  • 今が一番幸せだと感じること、その積み重ねが幸せな錯覚を生む
  • 下ばかりみる人人というのは下ばかりみる傾向が強いようだ。誰かと比較しては、自分を卑下し、誰かに怒られては、自信を無くし。ミスをしては、自分を責め、気づいたら道を歩くのでさえも下を向いてしまう。そういう時は、皆が不幸だと言うだろう。だが、これが習慣だという視点で考えてみるとどうだろうか。誰かと比較して、自分を卑下する習慣誰かに怒られては、自信を無くす習慣ミスをして自分を責める習慣 [続きを読む]
  • 今週も料理で自己実現 太平燕(タイピンエン)とたこ飯でした
  • はじめに私は、結婚してから、ずっと毎週家族のために料理を作っている。毎週、クックパットやら料理の本をみて、メニューを工夫しながら作っているが、これも一つの実現かなと思って、気が向いたらUPしていく予定。料理① 太平燕(タイピンエン)中華料理の一つらしい。熊本県の名物で中華料理でよく出されるようだ。この前、九州の中華料理屋さんで食べて美味しくてヘルシーそうだったので、今回挑戦して [続きを読む]
  • 怒りをコントロールできない不幸な人々と怒らない対策
  • はじめに私はキレやすいタイプらしい。今日もちょっとしたとこで、妻に腹を立ててしまった。もちろんその時は、超イラッとしているのだが、怒りを表現してしまったあとに、後悔する。自分は、怒る事を当然と思っていない。だが、怒るという感情を呼んでしまう。アドラー心理学的に言えば、自分が怒る事で、相手より上に立ちたいという目的があるから、怒る事を選択しているという事だろう。つまり、今日の出来 [続きを読む]
  • ほんの少しだけ運動してみる
  • 今週のお題「新しく始めたいこと」最近、ジムで運動をはじめた。そこでランニングコースがあり、久々にランニングをした。中年になり、太り始めたが、最近、体調不良で激やせしたおかげで、ずいぶんランニングも軽くなったものだ。まえは、一度走っただけで、膝を痛めたものだった。私はSEが職業でPCの前の業務が主であり、普段運動しない習慣が身についていたが。最近、ジムでのトレーニングと特にこ [続きを読む]
  • 夢ばかり追って転職を繰り返す愚か者たちを採用する手順
  • 転職を繰り返す人転職市場では、ジョブホッパーという愚か者がいる。一つの会社に留まることなく、2,3年で何かと理由をつけ、次の会社に転職してしまう。企業側にとっては、はた迷惑な人々だ。特に企業の人事担当者にとって悩みの種となる人事担当者は、採用の時には、また辞めるのではないかと懐疑的になるし、採用してからも問題の種となる。そういう人は会社の不満分子になるからだ、次々と会社の悪い部 [続きを読む]
  • 出会いには、感じる勇気も必要
  • 出会うこと出会いとは素晴らしいものだ。たった一瞬の出来事だったとしても、一生の思い出となる。一生のメンターとなる。そういう出会いがあったことに感謝したい。私達は沢山の人と出会っている。駅のホームですれ違いのも出会いだ。そう考えると今の狭い人間関係も考え方ひとつで拡がるではないか。その出会いを活かすか殺すか。ちょっとした出会いを大切に。大きな出会いを一生の宝に。そうやって [続きを読む]
  • 満員電車の中での過ごし方14パターン
  • はじめにサラリーマンの電車通勤は背中に企業戦士としての憂いが滲み出る。満員電車なら尚更だ。①寝る椅子に座れたあなたは、ラッキー優雅に寝よう。寝過ごさないように自己責任で。あっという間に目的地②談笑する満員電車でこれをやるなら、世間話がいいだろう。プライベートな話やは聞かれるぞ。③勉強する真面目だな。きっと大成する。④ゲームする課金とネット代に気をつけよう。まさに毎 [続きを読む]
  • もしあの時、あの会社に入っていれば
  • 今週のお題「私のタラレバ」もしがあればもしあの会社の内定をもらっていれば、もっと仕事を楽しめたかもしれない。もっと給料があがり貯蓄ができたかもしれない。転職だって何回もしなくてよかったかもしれない。家族にも、駄目な自分ではなく、誇れる自分になったかもしれない。そうあの会社に入社していれば、今頃は薔薇色のはずである。しょせんは空想私にも実際は上記のような「たら、れば」がある。で [続きを読む]
  • 逃げるな、逃げろ
  • 退職退職を上司に相談すると、「現状から逃げるな」「もっと逃げずに視野を広くもって頑張れば、仕事の楽しさも見えてくる。もう少し頑張ってみないか。」上司はカッコよく上からの説教口調でいう。あなたは「逃げる」という言葉に反応してこう思うだろう。「俺は、逃げるような弱虫ではない。」その反応は上司の思うつぼだ。反骨精神を利用して、留意させる作戦だ。逃げでいいではないか。あの忌々しい [続きを読む]
  • 継続は力なりとはいうけれど
  • 継続は力なり昔から継続は力なりというけれど、自分は継続できた試しがない。もし、勉強一つでも継続してたら、きっと違った世界がみえたかもしれない。しかし、その言葉を「辛いことを我慢して頑張り続けるのが美徳」という意味で捉えてしまうと、事情は全く変わってしまう。本当は逃げなければならない時に、その言葉が邪魔をする。私自身、学校にいる間は「継続は力なり」という言葉を「我慢が大事」 [続きを読む]
  • 人生の決断 退職に必要なの7つの勇気
  • はじめに退職を決断するという事は、人生の決断である。そして、決断した後は、目まぐるしく環境が変わりあなたの生活も一変する。だが、必ずしも人生が良い方向に変わるとは限らない。(実際に私は転職に失敗し、散々な目にあった)それでも、将来の幸せを掴むためには、今この状態を断ち切る必要がある。一刀両断するのだ。そうすることで、沢山の問題が起きる。だが、それであなたは幸せに一歩近づける。 [続きを読む]
  • いい人を目指すとストレスが降り注いだ
  • はじめにいきなり、結論からいうと、いい人を演じるときつくなるから、聖人ではないかぎり、強い意志で悟りを目指す人ではない限り、いい人を目指すべきではない。私は以前、仏教関連の書籍を読みあさり、悟りを目指したいと思うようになり観音さまのような、やさしい表情を作り、温かい言葉(愛語)を使うようにしていた。その結果からの考察である。いい人とは私の考えるいい人はやさしい表情をする。温かい言葉を使う。人 [続きを読む]
  • 退職を決断する人の七つの心理
  • はじめに誰にでも、会社を辞めたいという時期は、長いサラリーマン人生、1度や2度はあるはずだ。しかし、そこで我慢できる人とできない人がいる。今日は、後者、現状に我慢できずに辞めていく人の心理状態を私自身の退職時の心理状態をもとに考察したい。①上司の顔を明日からみたくない退職を決断する1週間前から、もともと嫌いだった上司の声や顔をみると気分が悪くなる。当初は我慢しているが、日に日に [続きを読む]
  • 仕事がつまらない時に考える6つの事
  • はじめに仕事は人生の大半を占めるそうだ。特にサラリーマンは、自分の思うとおりに働けず、上司の命令にやきもきし、先輩には怒鳴られ、同僚とは出世競争で疲弊となかなか苦しいものがある。そんな時に、ふと今の仕事がつまらなくなるものだ。そんな時に考えてみるべき6つの事を紹介する。①人間関係を考えてみる仕事がつまらない一番の原因は人間関係だ。アドラー心理学によれば、すべての悩みの原因はその根本は人間関係に起 [続きを読む]