自己実現のひとりごと さん プロフィール

  •  
自己実現のひとりごとさん: 自己実現のひとりごと
ハンドル名自己実現のひとりごと さん
ブログタイトル自己実現のひとりごと
ブログURLhttp://www.bunselfrealization.com
サイト紹介文転職や自己実現に必要なこと、心構え、準備すべき手続きなどを まとめました。
自由文また、自分自身の30代での2回の転職で失敗したこと、成功したこと、そして自己実現 なども書いていきます。
このサイトをみて、将来についての不安が解消され、前向きに人生をとらえ、転職に挑戦することができ、もっと新しくて挑戦にあふれた天職や人生をみつけてもらいた いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供292回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2016/05/24 19:56

自己実現のひとりごと さんのブログ記事

  • 使命をもつ
  • 「使命をもって生きる人生と、使命を持たずに生きる人生はどちらがいいですか?」と聞いたら、大抵の人が使命をもって生きる人生がいいと思います。しかし、使命をもつという事は試練や困難を背負う事だと思います。世の中を動かすような人は強い使命感と同時に、強い苦難を伴うのです。私は昔は夢も、目標もありましたし、会社の使命を自分の使命と捉えて、必死に業界NO1と社会に貢献していく為に、残業残業の毎日を過ごし [続きを読む]
  • 転職し、入社後に悩む事と対処法
  • はじめに 誰も話しかけてくれない 妙にとげとげしい口調で話しかけられる 怖くて質問ができない 帰りたいのに帰れない 話の輪に入っていけない 常に批評されていて落ち着かない 昼休みに孤独に公園で昼食をとる 人の名前を覚えられず、間違う 体調が悪くなるが病院に行けない 会社の制度がわからない 仕事を丸投げされて胃がいたくなる 電話に出ると緊張して震える 上司が怖くて相談 [続きを読む]
  • いよいよ出世をあきらめる為の8つの問い
  • はじめにもう会社の中でもベテランになったのに、担当のままだなとふと考えた時に、もう出世は望めないのかなと考えてしまいます。そんなときに考える自分への問いを書きたいいと思います。①激務に身体がついていかないのでは?年齢は大事だと思います、20代や30代前半ならまだ病気もでて来なく元気な人が多いのですが、30代後半から健康診断で色々ひっかかりはじめて来るものです。一方で出世とはイコール激務という事が決まって [続きを読む]
  • 小言を言われ続けると失敗してしまうのは僕だけだろうか①
  • はじめに はじめての自動車学校 教官は年老いたおっさん さあ!場内教習だ 理不尽な仕打ち 免許は取れました いや、今ふつうの免許ですよ 今思うこと 小言いう指導者は無用 まとめはじめに私が今でも思いだす苦い思い出の中に、小言を言われて、自信を喪失し空回りして失敗したということがあります。今日はそれについて、(日曜日に思い出してストレス解消にはならないけれども、)ちょっと書きた [続きを読む]
  • ネチネチ上司の攻略法を8つほど考えてみる 会社の人間関係
  • はじめに ①ミスをしないようにする ②無視する ③笑いをとる ④結果を出す ⑤逆ギレする ⑥ホウレンソウを徹底する ⑦失敗しても言い訳をしない ⑧退職をチラつかせる 現実的には 思いつめるまえに おわりにはじめにネチネチ上司の下に配属されるととっても辛いですよね、ちょっとしたことでも監視されている気がして、少しでもミスしたらネチネチ小言をいわれて嫌な思いをしてしまいま [続きを読む]
  • 幸せは地底からくるか宇宙からくるか
  • はじめに 地底から来るもの〜それは過去〜 宇宙からやってくるもの〜それは宇宙の意志〜 宇宙へ向かうもの〜それは未来〜 幸せって人それぞれ〜定義の仕方で苦しむ〜 今すぐに幸せになる簡単な方法〜自己実現法〜 まとめはじめに幸せ論に終わりはないと思もう。太古の昔からそうだったのではないかなと思います。私は古典が好きでよく読んでいたりするのですが、ヨーロッパ、中国古典、江戸時代の文章などな [続きを読む]
  • なぜはやる気を失わせます、ヤメテ
  • はじめに今まで社会人としてそれなりに中年になるまで頑張ってきました、もちろん沢山の殴りたくなるような嫌な上司にあってきました。パワハラ型上司、ネチネチ上司、決められない上司、アル中なのか常に酒臭い上司などなど、千差万別な感じでした。そんなサラリーマン稼業をやってきた中年おじさんの私がBESTに嫌いなヤツは…。インテリを気取って、なぜ?、それはなぜと常に聞く上司でした。そいつがベストオブベストで嫌いです [続きを読む]
  • ぼくがおじさん化したなと思ったこと
  • はじめに 牛肉があまり食べれなくなってきた チョコレートよりもおはぎ ラーメンは豚骨NG,みそ、しょうゆ 健康診断で引っかかる 子供のテンションについていけない 長時間のパソコンで目が疲れる おやじギャグを言いたくなる 飲み会に行くと1次会で疲れて帰りたくなる 最近の若いもんはとアドバイスしたくなる 朝ドラや大河ドラマにはまる 夢ではなく、幸せを語る おわりにはじめにも [続きを読む]
  • テンション下げるこんな人職場にいるよね
  • はじめに オヤジギャグをいう上司 仕事中下ネタを言いまくる若人 急にキレだす会社の後輩 面白くもないのに笑いだすおばさん みんなでやろうぜと言った瞬間、反論してくる同僚 何があったのか、仕事中嫌に毒づく後輩 突然泣き出す後輩 失敗しても謝らない人 おわりにはじめに世の中には、今までテンションマックスだった人の気持ちを一瞬で氷点下まで下げてしまう人がいるものです。今日はそんな楽 [続きを読む]
  • 単純に転職して良かったと思う20の事
  • はじめに ①会社に期待せず自立した考えになった ②社会を生き抜く自信になった ③世の中を知り、広い視野をもてた ④沢山の会社を知り今の会社の良い面、悪い面がわかるようになった ⑤逆に転職という考え方を抱かなくなった ⑥自分の限界というものがわかった ⑦夢から幸せに価値観移行した ⑧人間関係に悩まなくなった ⑨仕事の決断のスピードがあがった ⑩仕事の習得のスピードがあがった [続きを読む]
  • 梅雨の空、ふと仕事の手を休めてみよう
  • 梅雨はいい季節雨が降ってジメジメするのが梅雨。なんだか疲れも出てくる今日この頃です。この梅雨の季節特有の行動が、仕事の合間にふと一息ついて、片ひじついて、窓の外の雨をながめるという行動だと思います。さて、あなたは雨をみながら何を考え、感じているのでしょうか?雨の音を感じている風流な人は、雨の音を優雅に感じているはずです、ぽたぽたと落ちる雨の音、ザーザーと降る雨の音。ビルの中からは感じる事と微かな音 [続きを読む]
  • 転職を未経験30代後半でやる?ムリだよ〜
  • 勢いで退職する冒険者いるね〜 はんせい〜私はうそを書いていました本心ではありませんでした〜 転職エージェントに任せればOKは大うそ! 未経験職は入ってからが地獄 リスクを負うのはやめとこう それでもチャレンジなら今から準備せよ カレー屋さんになりたい人の準備 ①未経験分野の知識を猛勉強する ②スクールに通う ③資格を取る ④知り合いでその分 [続きを読む]
  • 口が悪い人が話すと自分への批判と思う
  • 批判する人どの会社にも人の批判をする人はいる。先輩「ぶん流さん、こんな事も出来ないの」私「すいません」先輩「ぶん流さん、早く仕事やってくれる」私「すいません」こんな感じの毎日をやっていると、ちょっとした会話でも身構えてしまう。ちょっと名前を呼ばれるだけでも、ビクビクしてしまう。もう中年のおじさんなのに、心はガラスの少年なのだ。今日もなくなく先輩の命令に従う。今日は今日もまた「批判されている」と疑心 [続きを読む]
  • 日曜日に幸せを感じられないって勿体ない
  • 日曜日に落ち込む人 私もブルーマンデー症候群を経験した 日曜日の幸せ 日曜日の憂鬱は退職へのサイン おわりに日曜日に落ち込む人俗にいうサザエさん症候群というのがある。正式にはブルーマンデー症候群というみたいだが、夕方近くに気持ちが沈んでしまう人は多くいるのだ。<詳しくは下記サイト参照>サザエさん症候群 - Wikipediaそれだけ、仕事のプレッシャーやストレスは人間にとっても耐えがたいものであ [続きを読む]
  • リーダーの心得メモ 中年技術者の備忘録
  • はじめに私が昔リーダーだったころの経験から編み出した心得です。転職してただの平社員生活を満喫しているので捨て置くつもりで書いておくリーダーが責任を取る責任を取るとは覚悟を決めることだ。覚悟がなくてリーダーは無理だ。教育の為には失敗した部下を敢えて庇わない事も重要だが。責任は負うべきだろう。こんなの当たり前だが、書いていないと部下のせいばかりしてしまうのが人間。だからこそ、その心に反省し、諌めないと [続きを読む]
  • 技術者って知ったかぶり多いね IT技術者の生態
  • 新しい仕事場に入りました新しい場所にいくたびに苦労するのが人間関係。当然、今回の案件では私は素人なので、先に入っている先輩社員から色々と温かいご指導を受けるのです。先輩「〇〇君、PHPもやったことないの〜、こうこうこう書くんだよ。」ぶん流「ははあ、ご指導ご鞭撻ありがとうございます。」でも、私も中年おやじで技術はそこそこあるので、私の方が得意な部分もあったりします。当然、先輩は私がそこの技術が得意な [続きを読む]
  • どうして通勤中のサラリーマンは目が死んだ魚
  • はじめに 仕事のことで憂鬱 働きすぎで疲れている 何も考えていない 下を向いているだけ そもそも、ニコニコしながら目がギラギラは変だから死んだ目をわざとしてる 相手をにらみつけられたら怖いので死んだ目をして回避している それが通勤の作法 サラリーマンへの偏見 サラリーマンのふり あなたの心の反映 死んだ目にならないためには さいごにはじめに通勤途中のサラリーマンの目は皆 [続きを読む]
  • きょうの占い最下位の日の仕事の仕方
  • はじめにもっとも早く仕事のやる気をそがれる時はもちろん今日の占いで最下位だったときだ。仕事の準備は重く遅くなり、通勤電車は、けものの群れに思えてくる。会社でのあいさつはボソリ、朝礼では話しが聞こえず眠くなる。こうやって、もろに今日の占いの影響を受ける私が考えた。運気がよくなるポイントをやる最下位なのはしょうがないとして、占いの解説をよく読んでみることが大事。悪い予想ばかりではなく、運気を上げるポイ [続きを読む]
  • きれいごとではサラリーマンは出来なかった
  • もうおじさんもう中年おやじと呼ばれる年になった。なんでシステムエンジニアになったんだっけか?たしか崇高なゆめがあったように思う。かって世界を席巻したメイドインジャパンをシステムでもなしとげたい。新しい業界(当時)だったIT でドリームを実現したい。若い頃の夢は大きい。新人のときにその夢は早くも打ち砕かれ、会社組織になれていった。システムというのは泥臭いものだと知った。今でいう長時間労働でサビ残のブラック [続きを読む]
  • 仕事で人と話しするのめんどくさい
  • 最近人と話すのめんどうになってきた。仕事で人と話すと思わぬ命令を受けたり、難しい問題に首を突っ込むことになるので面倒だ。だだ、人と話さないと仕事が進まず、評価もさがり、周りから駄目人間扱いされる。それも面倒なので仕方なく人と話す。話しだすと、どんどん仕事は進んで行くし、実際に自分は出来るのだけど…。最近、五月病かもしれない。人と話すやる気がなくなってきた。そもそも、人見知りだった。だから、面倒なの [続きを読む]
  • 地味な人が意外に最強? 職場の人間関係
  • はじめに トラブルの時でも冷静にできることをコツコツやる 進捗を聞いたら、すでに終わっている どんなに上司に怒られても淡々としている 無理やり休日出社しても無表情で穏やかである 例えブラック企業でも今も淡々と続ける なんかむしろ居るだけで、癒され安心する 天才よりもスゴイのではないか おわりにはじめに色んな会社を転々としてみると、地味で目立たないが、周りからすごく尊敬され、実 [続きを読む]
  • ボーナスまで退職しないで頑張る為の7つの方法
  • <退職のコツを自分の経験からお伝えします。ボーナス編です。>ボーナスまで退職しないで頑張る為の6つの方法はじめに半年後の次のボーナス取得後に辞める、退職を考えている人でボーナスをもらった後に退職をするというのは多いです。実際、転職活動中に、思わぬ出費(税金、年金、健康保険等)も出るために、ボーナスをもらって家計が潤っている間に、辞めるのが転職における鉄則だと言えます。ですが人間は弱いもの、辞めると [続きを読む]
  • 空気を読みすぎない方が気楽 人間関係を楽にするコツ
  • はじめに 空気読めない人は早く帰れる。 空気読めない人は人間関係で悩まない。 空気読めない人はズバリ質問できる。 空気読めないスキルがほしい もし空気読めずに孤独になっても 空気読めないで悩む人はじめにKY空気読めない人、むかし流行ったなあ〜この言葉。今も死語にはならず現役で使われているようにも思える。それだけ、日本人には空気を読むということが一種のマナーとして定着しているこ [続きを読む]
  • 会社を早く帰る為の唯一無二の方法
  • はじめに残業が泥沼化している会社では、ほぼ定時には帰れないものだ。私の会社も同じで、会社に定時という概念が存在しない。そんな会社でも早く帰る方法を考えてみる。唯一無二の方法?問答無用で早く帰える!評価や周りの目など無視をして帰ってしまえばいいのだ。仕事が残っていても帰ってしまえばいい。そうやって帰って行くと周りもコイツは早く帰る奴だと認識してくれる。そうなればオールオッケー残業と仕事の結果は関係な [続きを読む]
  • 連休明けのダルさに浸ってみる 今日は仕事が面倒だ。
  • 連休明けってダルい会社員で、連休明けがダルいと思う人は多いはずだ。私もダルい。満員電車に揺られながら、何で今日はこんなにもだるいのか考えた。働かされるのってやっぱりダルい会社員は給料を安定的にもらう変わりに、労働力を会社に提供するというビジネスの仕組みだ。いくら自分の誇れる会社だと思って前向きに働いていても、少なからず不自由はする。組織の命令は絶対だし、それによる精神的な苦痛も多い。そういう思いは [続きを読む]