自己実現のひとりごと さん プロフィール

  •  
自己実現のひとりごとさん: 自己実現のひとりごと
ハンドル名自己実現のひとりごと さん
ブログタイトル自己実現のひとりごと
ブログURLhttp://www.bunselfrealization.com
サイト紹介文転職や自己実現に必要なこと、心構え、準備すべき手続きなどを まとめました。
自由文また、自分自身の30代での2回の転職で失敗したこと、成功したこと、そして自己実現 なども書いていきます。
このサイトをみて、将来についての不安が解消され、前向きに人生をとらえ、転職に挑戦することができ、もっと新しくて挑戦にあふれた天職や人生をみつけてもらいた いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供261回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2016/05/24 19:56

自己実現のひとりごと さんのブログ記事

  • 理不尽に耐えるのが☆会社員の仕事?
  • 会社員は耐えよ?日本の会社員に一番重要なスキルは耐える事だと思います。耐えられないと、給料は下がり、仕事を転々とする道になります。当然ですがフリーになれば、ルール自体変わりますから、会社員のみ通用するのが耐えるというルールなのです。既に会社員の人には、常識かも知れないですが、これから会社員として活躍したいかたには知っておいてもらいですし、入社前に覚悟して社会人生活をエンジョイしてもらいたいと思いま [続きを読む]
  • 上司からの理不尽な要求を前向き変換する
  • はじめに会社員として、絶対にこれがないとやっていけないという能力があります。それは、上司からの理不尽な要求を卒なくこなす事です。もし、これがどうしても嫌な人は、独立やフリーランスの道を選ぶべきです。会社、組織というのは理不尽の嵐なのです。そして、その理不尽をニッコリと耐えて結果を出していくことが、出世の道につながっていくのです。だから、ここから書くのは会社員向けの前向き転換のコツとなりますので、会 [続きを読む]
  • お盆に老いを感じるさみしさと
  • はじめにお盆に実家に帰ると社会人になってからだろうか、寂しさを感じるようになってきました。今日はそんな日の思いを書いています。お盆という過去を尊ぶ日お盆に毎年感じる感情は寂しさ。両親が会うたびに年を取っていく寂しさ。そして、自分自身の老いも感じる寂しさ。先祖を尊ぶということは、過去と今の境界を無くす事かもしれない。考えれば、一年に一度、そういう日があるのは幸せなのだ。寂しさを感じる心がしっかり自分 [続きを読む]
  • 仕事で疲れた時に考えてみたこと 自己実現ポエム
  • はじめに 疲れた時に 仕事に疲れた時 空を眺める 大雨かもしれない 雨は恵み 冷静に判断する おわりにはじめに少し原点回帰をしようと思います。私がブログを始めた当初は、文章からの引用や自分でポエムのようなものを書いて、色々と解説を加えていました。正直、素人ですが、でもあの頃の情熱が懐かしいなと思います。疲れた時に仕事に疲れた時は、空を眺めてみるといい。大雨かもしれない。頬に伝わる [続きを読む]
  • あれもこれも全部同時に仕事しろなんて無理
  • 会社で良くあるのは、多少仕事ができはじめた際に、大量の仕事が降って来ることです。中年でサラリーマン生活も長い私ですが、やっぱり無理ですね、大量の仕事を処理するのは。そもそも、上司の仕事は部下の仕事の交通整理だろと思うのですが、面倒なのでそんな事する上司はあまりいなかったりします。一番多いのは、きた仕事を部下に振り、部下の成果をたまに確認しては問い詰める上司。仕事をどーんと任せて、ほったらかしで、結 [続きを読む]
  • 上司。怒鳴るあなた様こそ退社してくださいね
  • はじめに 従業員の失敗を怒鳴る経営者は自分の身を焦がす 会議で発表した社員を偉そうに怒鳴る取締役って生産性ゼロ なぜ言われた事が出来ないんだと怒鳴り散らす部長なんて不要だ はやく結果を出せと朝礼で怒鳴る課長って阿呆だ 口答えするなと後輩に怒鳴る先輩って尊敬できない 家に帰って家族に怒鳴る平社員って惨めだ サラリーマンピラミットの末端から上司の立場を考察する 怒鳴るのは、人として [続きを読む]
  • 転職の成功は熱意と思いの強さ
  • はじめに私は何回か転職を繰り返しました、そして苦しんだ末に、今の自分の居場所をみつけたのでした。自分の転職を今振り返ってみると意外な法則に気づいたのでした。逃げる転職は失敗する逃げる転職は失敗します。絶対に失敗します。これは転職の法則なのです。私自身ある時期会社に強い不満をもち、上司や会社に反発し、あいつらが悪いと文句をいいながら逃げる転職をしました。そして失敗しました。はっきり言って転職をなめ [続きを読む]
  • ベランダ菜園に癒される私は完全におやじ化
  • はじめに最近、ベランダ菜園にはまっています。毎朝、今日の野菜の状態をチェックします。トマトの葉は元気か?バジルはどうか?ししとうはもう食べれそうか?大葉はこの前の収穫後どうなったかな。ネギはもう駄目。シュンギクも心配。休日もベランダに出ては手入れをしながら、ずーっと眺めていますが飽きないのです。心から癒される自分がいます。これはもう一生の趣味になるなというぐらいにはまってしまいました。ベランダだけ [続きを読む]
  • 仕事が上手くいかなかった日って凹むよね
  • はじめに頑張ってネゴして、説明したのに、全くやってもらえないことがあります。今まで、努力してきただけに、強い憤りを感じる瞬間です。私はシステムの人間だからでしょうか、この手の面倒だからと使ってもらえない、運用してもらえないというよくある行為に怒りを感じてしまいます。今日そういう凹む時と心の持ち方について書いてみたいと思います。相手に動いてもらえない冒頭で述べたとおりに、私が一番に凹む時です。スケジ [続きを読む]
  • 感謝返報性の法則〜続くよどこまでも♪〜
  • はじめに最近、ちょっと人のいい部分をみるようになってきたと思います。ありがとうという事が多くなってきました。会社自体がそういう環境にあるせいか、自分も怒ったり、相手の悪いところをみるよりも良いところをみて、感謝するようになってきたのだと思います。そういう習慣は、家庭でも良い循環を呼んでいると思うし、実際に夫婦喧嘩も以前のようには頻繁ではなくなったと思います。以前に務めていた会社は相手を軽視した職場 [続きを読む]
  • 上司に怒られた時にキク!自分を励ますつぶやき
  • はじめに まあ、いっか 過去は振り返らない、見るのは今と将来だけだ いつか上司をあっと言わせてみせる 次、問題起こさないようにすればいいや 今日の昼飯なに食べようかな 起きたものはしょうがない、次起こさなければいい まあ、後で考えよう さっさと片付けて、定時に帰ってやろう コノヤロー、パワハラで訴えてやる 自分の大事な人生の中で、今日のできごとなどちっぽけだ 自分の目標は [続きを読む]
  • 大丈夫、会社員だってもっと幸せになれる5つの視点
  • はじめに 残業があったって幸せになれる 給料が安かったって幸せになれる 休みが少なくても幸せになれる 組織の中でも幸せになれる 平社員でも幸せになれる まとめ、会社員だって幸せになれるはじめにネット上で、社畜という言葉を見かけることが多くあります。社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマン [続きを読む]
  • 芯から湧き出る、元気をだそう、勇気をだそう。
  • 誰もが呟く言葉元気をだそう、勇気をだそう。それは、誰もが一度は呟く言葉です。自分を強く励ます言葉です。この言葉を呟ける間は、まだ頑張れそうな気がするものです。人にはある時、自分の中の力を発揮し、成し遂げたい仕事や人生の大事な時があると思います。それがもし今だとしたら、元気を出して、勇気を出して、目の前の困難をその内なるパワーをもって解決していかないと行けないのです。自分は日頃は怠け者かもしれません [続きを読む]
  • 前向き、前向き、前向きの魔法で
  • いつも呟く言葉前向き、前向き、前向き、いつも心の中で意図的に呟く言葉です。仕事に失敗して、上司にしかられ、落ち込んだときなどに自分に処方する言葉のお薬です。ポジティブ思考がもてはやされるなか、自分も落ち込んだ時に使う常備薬といえるでしょう。皆さんも一度ならず使った事がある言葉だと思います。ただ、この薬は、現実に落ち込んでたり、悲しみに暮れる自分を震い立たせ、無理に精神をマイナスからプラスに変えよう [続きを読む]
  • 人から評価されるが我が人生
  • 評価ってなんだろうと思います。会社は人を評価して、役職や給料を決めます。そうやって限りのある給料の原資を効率的に分けて行くのです。だから、不公平です。絶対評価にはなり得ませんよね。支払える原資は決まってますからね。どんなに頑張って結果を出しても、全体の中でどれぐらい会社に貢献したかで決まってしまいます。だから、人をライバル視して、蹴落としていかないと、より高い評価や出世は望めなくなります。サラリー [続きを読む]
  • 悪いところばかりみれば、悪いことしか起きなくなる
  • 単純な法則単純な話です。皆さんは超能力ではありませんが、シンプルな法則があります。思考は現実になるという法則です。例えは、ある会社に入社したとします。上司は指示が下手。人間関係が非常に悪い。給料が安い。社長の経営方針が理解できない。他人に責任転嫁する環境入社して早々、会社の悪いところばかりみえてきます。そして、そこにいる人、会社を嫌いになっていきます。そして、ますます、会社の悪い部分がみえてきます [続きを読む]
  • 就職で会社員を選ぶという選択は正しいか
  • なんで残業日本の会社員はなんでこんなに毎日残業してるんだろうと思うことはあります。でも、それは社会の問題なのではなく自分が選んだ道なのです。自分は会社員として生きようと決めて残業が多い会社を選んだのです。技術者なのでフリーランスの道もきっと選べたのだと思います。でも、自分はフリーで家族を養うのは難しいと感じ止めました。沢山、本を読んだり、ネットで調べたり、フリーランスの人に会ってみて、自分には厳 [続きを読む]
  • プロフェッショナルには2つのタイプがある
  • はじめに 仕事が好きなプロフェッショナル 仕事を苦しいと捉えるプロフェッショナルがいる 仕事が「楽しい=天職」ではない 苦しさの質が違う 嫌な仕事からの解放も必要 どっちのプロフェッショナルがいい? おわりにはじめに最近、仕事は楽しまなくっちゃという考え方が台頭してきていますが、私はずっと仕事は苦しいものと考えて、中年のおっさんになるまで、仕事を楽しくやった覚えはありません。確か [続きを読む]
  • 実感。出世競争って、つまり野菜の間引きと同じだよな
  • 野菜の手入れ この鉢が一つの会社だったら 会社というもの おわりに野菜の手入れド素人ながらプランタで野菜を育てていますが、どんどん種から育ってきてしまったので、間引きを今日してました。地を這う芽や弱った芽を取り、元気なものだけを選定してあとは、捨ててしまいましたが、その作業を30分ぐらい朝からしていて、ちょっといつもの癖で、サラリーマンの世界と比べてしまいました。この鉢が一つの会社だった [続きを読む]
  • スーパーで突然「たまごはお一人様一個まで」ってあり?
  • 今日のできごと 分析 この出来事から学んだこと まとめ今日のできごと今日はいつものように家族の為に作る晩御飯用の食材を買い出しに、近くのスーパーに出かけました。妻からは、いつものようにたまごパック2個買ってきてと依頼されておりました。もう、メニューは先週から決まっていて(クックパットとデリッシュキッチンで調査済み)、レバニラ炒めと、鮭の豆乳スープさっさと買って帰って家でゆっくりしよう [続きを読む]
  • 使命をもつ 簡単だけど難しい自己実現
  • 「使命をもって生きる人生と、使命を持たずに生きる人生はどちらがいいですか?」と聞いたら、大抵の人が使命をもって生きる人生がいいと思います。しかし、使命をもつという事は試練や困難を背負う事だと思います。世の中を動かすような人は強い使命感と同時に、強い苦難を伴うのです。私は昔は夢も、目標もありましたし、会社の使命を自分の使命と捉えて、必死に業界NO1と社会に貢献していく為に、残業残業の毎日を過ごし [続きを読む]
  • 転職後、入社して悩む事とその対処法17選
  • はじめに 誰も話しかけてくれない 妙にとげとげしい口調で話しかけられる 怖くて質問ができない 帰りたいのに帰れない 話の輪に入っていけない 常に批評されていて落ち着かない 昼休みに孤独に公園で昼食をとる 人の名前を覚えられず、間違う 体調が悪くなるが病院に行けない 会社の制度がわからない 仕事を丸投げされて胃がいたくなる 電話に出ると緊張して震える 上司が怖くて相談 [続きを読む]
  • 出世に意味がないと思った時の8つの問い
  • はじめにもう会社の中でもベテランになったのに、担当のままだなとふと考えた時に、もう出世は望めないのかなと考えてしまいます。そんなときに考える自分への問いを書きたいいと思います。①激務に身体がついていかないのでは?年齢は大事だと思います、20代や30代前半ならまだ病気もでて来なく元気な人が多いのですが、30代後半から健康診断で色々ひっかかりはじめて来るものです。一方で出世とはイコール激務という事が決まって [続きを読む]