又三郎 さん プロフィール

  •  
又三郎さん: 阪神タイガースデータリサーチ
ハンドル名又三郎 さん
ブログタイトル阪神タイガースデータリサーチ
ブログURLhttp://hanshin-info.com/
サイト紹介文阪神の最新情報から名選手のデータまで随時紹介。
自由文阪神の最新情報から名選手のデータまで随時紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供258回 / 337日(平均5.4回/週) - 参加 2016/05/25 09:09

又三郎 さんのブログ記事

  • 本日4 月26日DeNA戦甲子園は雨天中止?
  • 今日の阪神対DeNA戦は先ほど正式に発表があり、雨天中止になりました。16時10分に正式決定みたいです。 金本監督が言うように、この時期に最初に疲れがたまるというように、選手全員成績下降気味で、糸井選手とかフルイニング出てるせいか開幕直後の調子からはほど遠いですよね。福留選手だけ調子いいですけど。 阪神にとっては恵の雨だと思うんで、ゆっくり休んで明日からの試合に備えてほしいと思います。 個人的 [続きを読む]
  • 川藤OB会長の熱心さと阪神に対する情熱
  • 読売テレビの野球解説者で野球評論家、OB会長である川藤幸三氏。今日の産経新聞に特集されていました。 解説は精神論で技術的なことをほとんど言わないことから、一部の人から批難されていますが、以前赤星氏が明石家電視台で言ってたけど、選手で川藤さんのことを悪く言う人は誰一人いないそう。 というのも、赤星氏曰シーズン中は解説がない時でも宿泊費・交通費すべて自腹で阪神ナインに同行し、チームのことを誰よも [続きを読む]
  • 関本賢太郎氏が思う鳥谷好調の理由
  • 関本賢太郎氏が開幕から好調をキープしている鳥谷選手についてABCラジオのガチトラ!で分析していました。印象に残った内容をまとめると、●今年からバットの長さを変えた(34.5インチから33.5インチ)●バットを短くた影響で無駄がなくなり、シンプルにコンパクトにスイング出来ている●関本氏なら出塁率の高い鳥谷は1番で使う どうやら、昨年金本監督から長打を期待されていた影響で長いバットを使用していたと。 それ [続きを読む]
  • 金村義明氏が思う鳥谷好調の理由
  • 上泉雄一のええなぁで鳥谷選手好調の理由について金村義明氏が週刊カネスポのコーナーで分析していました。まとめると、●今年は背水の陣で意気込みが違う●同い年糸井選手の加入による刺激●現役時代から仲のいい平野打撃コーチの1軍配置転換●今の打順がちょうど良く、いい意味で打撃に集中出来ているというところ。特に、現役時代から仲の良かった平野コーチの加入が非常に大きく、平野コーチは積極的に試合中も鳥谷に話しかけ [続きを読む]
  • プロ野球新ブログ開設
  • 最近阪神タイガースデータリサーチのブログの更新が滞り気味ですが、阪神の情報は毎日チェックしており、常にアンテナは張っている状態です。大阪生まれ大阪育ちの阪神ファンなんでご心配なく。 阪神とは別にプロ野球全体・メジャーリーグなどの最新情報を中心にまとめたブログを開設しました。 プロ野球だけでなく、高校野球やWBCについての記事も書いています。もちろん阪神関連の記事も書いているのでよかったら1度見 [続きを読む]
  • キャンベル1軍昇格はいつ?金本監督の意向は?
  • 阪神キャンベルが腱鞘炎から復帰し、5番サードでウエスタンリーグの試合に初出場。 2打数1安打で3度の守備も難なくこなし、存在をアピール。 これに対して、金本監督は開幕の時は多少優先的にキャンベルを使う意向はあったけど、今は鳥谷も調子がいいし、チームのバランスがおかしくなるので起用はないとのこと。 鳥谷選手はセカンドの守備練習も一応はしているみたいですが、首位打者ですから、外せないでしょう。 [続きを読む]
  • 阪神若手選手ファーム打撃成績一覧2017
  • 阪神若手選手2軍(ファーム)打撃成績一覧2017※2017/4/6現在陽川 14試合 打率255 1本 7打点伊藤隼太 14試合 打率292 2本 9打点緒方 14試合 打率234 2本 7打点植田 14試合 打率298 0本 3打点大山 13試合 打率205 0本 4打点板山 14試合 打率184 1本 7打点森越 12試合 打率207 0本 4打点今成 10試合 打率231 0本 4打点総評掛布監督はファームで4番陽 [続きを読む]
  • 矢野コーチバレンティン退場の理由
  • 矢野コーチが退場になった理由についてまとめます。1 初回藤浪が投げた球がバレンティンに頭部付近に2 5回藤浪が投げた球が畠山の肩に当たる3 両軍入り乱れ4 興奮したバレンティンが輪の中にいた矢野コーチを体当たりでぶっ飛ばす5 矢野コーチぶち切れでバレンティンに飛び蹴り6 バレンティンがキレて矢野コーチに襲いかかるとなっております。まず藤浪がデッドボールにならなかったものの頭部付近にバレンティンに球を投 [続きを読む]
  • ガチ虎!放送日と時間と出演者
  • 阪神応援ラジオ番組ガチ虎!ですが、今年もABCラジオにて放送があります。ABCラジオ1008毎週月曜日夜19時30分から20時まで出演者※基本的に週替わり下柳剛桧山進次郎関本賢太郎中西清起分かりやすく言うと、虎バンのラジオバージョンみたいな感じで阪神OB解説者が1週間の戦いについて詳しく解説します。初回は下柳剛氏が登場し、開幕3連戦の阪神の戦いや個々の選手の状態等について熱く語っていました。阪神ファンのあなたは [続きを読む]
  • 糸井右ひじ死球の影響
  • 糸井選手が今日5回表に右ひじに死球を受け、途中で大事を取って6回の守備から中谷選手と交代。糸井選手はうまく交わしながら死球を受けたものの、肘当てをしていなかった為、相当しびれた様子。患部の腫れが徐々にひどくなった為交代。金本監督曰く腫れはひどいもののおそらく骨に異常はないと思うので、糸井の長期離脱は否定。明後日からの試合は患部の様子を見ながら出場するとのこと。解説者の金村氏曰く日ハム時代にも骨折しな [続きを読む]
  • 藪恵壹氏のセ・リーグ順位予想2017
  • 藪恵壹氏のセ・リーグ順位予想20171位 巨人2位 阪神3位 DeNA4位 広島5位 中日6位 ヤクルト総評藪氏は阪神を2位に予想。先発陣を始めとするピッチャー陣がセ・リーグ6球団の中で最も高いことと昨年活躍した高山・北條・原口の成長があれば優勝も十分あり得るということ。ただし、1位から4位までは戦力が均衡しており、力の差がほぼないので、どこが優勝してもおかしくない。広島は連覇は近年セ・リーグでは難しいということな [続きを読む]
  • 吉田義男元阪神監督のセ・リーグ順位予想2017
  • 吉田義男元阪神監督のセ・リーグ順位予想20171位 阪神2位 広島3位 巨人4位 DeNA5位 ヤクルト6位 中日総評吉田元監督によると順位予想は解説者にとって1番嫌な時期。すべての選手が100%の力を出し切れば阪神優勝。阪神はどう考えても長打力がないのが心配だが、今年は相対的にどの球団も打撃特に長打力はあまりないので、打線がうまくつながれば阪神にもチャンスはある。巨人は大型補強したものの今のところ目立った話題に [続きを読む]
  • 桧山進次郎氏のセ・リーグ順位予想2017
  • 桧山進次郎のセ・リーグ順位予想20171位 巨人2位 阪神3位 DeNA4位 広島5位 中日6位 ヤクルト総評桧山氏によると1位から4位までは団子状態でどこが優勝してもおかしくないということ。巨人は圧倒的戦力とキャッチャーの小林選手の成長により最も期待できる。阪神はキーマンは糸井選手で金本監督が2003年にFA移籍した時のように活躍すれば、若手選手にとっていい見本となり、チーム全体の底上げにもつながるので糸井選手の活躍 [続きを読む]
  • 亀山つとむ氏のセ・リーグ順位予想2017
  • 亀山つとむ氏のセ・リーグ順位予想20171位 阪神2位 DeNA3位 広島4位 巨人5位 ヤクルト6位 中日総評補強選手が機能すればジャイアンツが1番優勝に近いが、機能しないんじゃないかと亀山氏は予想。セ・リーグの野球は苦手なところを徹底的に攻める野球なのでバ・リーグから来た選手は特に対応するのに時間がかかるとのこと。バチっとかみ合っての順位予想で1位阪神と4位の巨人が入れ替わる可能性もあり。昨年優勝したカープで [続きを読む]
  • 関本賢太郎氏のセ・リーグ順位予想2017
  • 関本賢太郎氏のセ・リーグ順位予想20171位 阪神2位 DeNA3位 巨人4位 広島5位 ヤクルト6位 中日総評阪神は若手選手の上積みとさらなる若い選手がどんどん出てきたらものすごく勢いがある。中谷選手などものすごくいい打撃をしているし阪神は可能性に満ち溢れている。広島は今年はちょっと得点力が昨年ほど良くなくなるのと黒田投手引退によって防御率も上がるので4位と予想。余談ですが、関本氏はサンテレビでトラトラフィッ [続きを読む]
  • 山本昌氏のセ・リーグ順位予想2017
  • 山本昌セ・リーグ順位予想20171位 広島2位 巨人3位 阪神4位 DeNA5位 中日6位 ヤクルト総評阪神は7回8回9回の抑え投手が不安なので3位とのこと。巨人・広島の上位2チームはかなり強い。打線は昨年よりはレベルが上がっているので昨年4位から1つあげて今年3位と順位予想されています。昨年阪神を優勝として山本昌氏でしたが、今年はかなり冷静な順位予想でした。 [続きを読む]
  • 関西テレビ(カンテレ)阪神タイガーステレビ中継2017日程一覧
  • 関西テレビ(カンテレ)阪神タイガーステレビ中継2017日程一覧今年は15試合カンテレで阪神戦のテレビ中継があります。解説は田尾安志氏をメインにゲスト解説を招く形で放送されるもよう。三浦大輔氏なども登場する予定です。4/6(木)阪神vsヤクルト(京セラドーム)4/7(金)阪神vs巨人(甲子園)4/12(水)DeNAvs阪神(横浜)4/20(木)中日vs阪神(ナゴヤドーム)4/28(金)阪神vs中日(甲子園)4/29(土)阪神vs中日(甲子園)5/3(水)阪神vsヤクルト(神 [続きを読む]
  • 下柳剛氏のセ・リーグ2017順位予想
  • 下柳剛氏のセ・リーグ2017順位予想1位 広島2位 阪神3位 DeNA4位 巨人5位 中日6位 ヤクルトABC解説者の下柳氏が特番で順位を予想していました。阪神は若手選手の成長と糸井選手の加入により機動力が使えることさらにキャンプで非常に活気があったことから今年2位と予想。唯一の弱点は長打力が他球団に比べて弱いので2003年のようにつないで勝つ野球が出来れば、優勝争いは十分可能ということ。優勝予想の広島に関しては穴がな [続きを読む]
  • 金本阪神タイガースに未来はない
  • 金本阪神タイガースに未来はない・・・これは何のことでしょうか?実は、岡田彰布元監督が宝島社から出す新書で4月10日(月)発売の本のタイトル。864円と比較的安価な値段となっています。かなり、過激なタイトルで金本監督が気を悪くしないかファンとしては心配ですが、岡田元監督が阪神愛があるからこそ、さらには金本監督との信頼関係があるからこそ、敢えてこういう過激なタイトルにしていると思います。内容は当然まだ [続きを読む]
  • 阪神タイガーステレビ大阪中継予定2017
  • テレビ大阪では例年通り火曜日に年間8試合テレビ中継がある予定です。初戦以外はビジターでのテレビ中継で解説は阪神OBの江夏豊氏です。ゲストに関しては未定で初戦のみ田淵氏が決まっています。4/4(火)阪神対ヤクルト(京セラドーム)解説江夏豊 ゲスト田淵幸一4/18(火)中日対阪神(ナゴヤドーム)解説江夏豊5/2(火)ヤクルト対阪神(神宮)解説江夏豊6/27(火)中日対阪神(浜松)解説江夏豊7/4(火)DeNA対阪神(新潟 [続きを読む]
  • 金村義明氏のセ・リーグ2017順位予想
  • 金村義明氏のセ・リーグ2017順位予想関西のラジオ番組で金村氏が嫌々ながらも順位予想をしていました。1位 巨人2位 広島3位 阪神4位 中日5位 ヤクルト6位 DeNA総評金村氏曰く解説者は予想屋じゃないんで順位予想は嫌いだそうですw当たったからと言って何にも貰ったこともないし、褒めてもらったこともないし、低い順位にすると後でやいやい言われるし、嫌いだと。今年のセ・リーグに関しては巨人と広島の2強でこの2チーム [続きを読む]
  • 岡田彰布氏と金本監督の信頼関係
  • 金本監督になってからも、阪神愛が強すぎるせいか言いたいことを遠慮なくズバズバ言う岡田氏ですが、これは信頼関係があってのことで、2人の仲は良好のようです。今岡田氏がよく着ている黒いコートは岡田氏が監督を辞める時に金本監督からプレゼントされたものでかなり高価なものだそう。金本監督が現役を引退する時にも真っ先に当時オリックス監督の岡田氏に電話で報告したり、岡田さんのおかげで阪神の4番を打てて、40本打てたし [続きを読む]
  • 阪神1軍キャンプ若手選手練習試合打撃成績ランキング
  • 阪神タイガースキャンプ若手選手打撃成績打率1位 荒木 4282位 高山 4133位 北條 3574位 岡崎 3335位 坂本 2946位 中谷 2927位 植田 2728位 原口 269本塁打1位 中谷 2本1位 北條 2本3位 高山 1本総評練習試合8試合の打撃ランキングです。1位の荒木選手頑張っていてセカンドのレギュラー狙える成績を残しています。高山・北條は安定した成績を残し、岡崎・坂本の捕手陣の打撃も好調ということで、どう [続きを読む]
  • テレビ大阪阪神特番江夏豊2017タイガースキャンプ放送日と時間
  • テレビ大阪が開局35周年を記念して阪神タイガースの特番があります。タイガースキャンプ2017●放送日3月5日(日)午前11時59分〜12時54分●出演者江夏豊、石田純一総評テレビ大阪でタイガースの試合以外での特番があるのは非常に珍しいと思います。今回、江夏豊氏と金本監督の対談石田純一と福留選手や藤浪投手との対談など普段見れないコンテンツが盛りだくさん。日曜日のお昼なんで、焼き飯なんかを食べながらゆっくり家で番組を [続きを読む]
  • 里崎智也氏によるキャッチャー原口の評価
  • 元ロッテで侍ジャパンでも活躍された里崎智也氏がラジオで原口選手について語っていました。印象に残ったところをまとめると、●原口は守備さえしっかり出来れば侍ジャパン入り。●ファーストコンバートは断固反対。野手の場合今よりワンランク上の成績を求められる。●キャッチング・スローイング・ブロッキングをまずは一軍レベルに●リードはピッチャーとの共同作業で、経験とともに上達するので求めてはダメ、※まずはキャッチ [続きを読む]