やす子 さん プロフィール

  •  
やす子さん: お父さんの向こう側  〜検証実験〜
ハンドル名やす子 さん
ブログタイトルお父さんの向こう側 〜検証実験〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/adlerian/
サイト紹介文アドラー心理学は、悩める母をどのように救い出すのか?!『ひと一倍敏感な子』対応(*´∀`*)
自由文潤沢な資金があるわけでもなく、限られた教育費で、親子ともどこまで変わるものなのかを、自らの経験で検証してみようという企画です。(*´∀`*)

中学受験、ネガティブ、内気、内向的、ひと一倍敏感 HSC HSP 、公立中高一貫
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 356日(平均2.1回/週) - 参加 2016/05/25 11:35

やす子 さんのブログ記事

  • どうしても、変わらなくちゃいけないんですか?!
  • コーチングでも、NLPでも、勉強していくと『変革』というところにたどり着きます。わたしの場合・・・・自問自答が、始まるのです。どうして、何でもかんでも『チェンジ』だ!  『変化し続けろ』だ!!  と、まくし立てるのだろう? と・・生徒でも、クライアントさんでも、「あ〜。ここは、もっと柔軟に受け止めると うまくいくのだろうけどな〜」や「ちょーっと。素直じゃないわよね」などと感じることは、正直・・・ちょ [続きを読む]
  • 私に、何か足りないんですか?
  • 物事が、思ったように運ばないときに、人は「私に、何か足りないの????」と感じてしまうことがあります。反対に「私が、何かやり過ぎてるのかしら?」と感じることもあります。さて、その心は・・・・誠の向上心から来ているのでしょうか?謙虚さから馳せられた、思いなのでしょうか????きっと、わたし自身すらもう。わからなくなっています。おそらく、「そんなこと無いですよ。よくやってますよ」以外の言葉は求めていな [続きを読む]
  • 歪んだ表現をする反抗期
  • 先日、SMILEの第1章 子どもの行動を理解しよう。第2章 聴き上手になろう。第3章 子どもを勇気づけよう。が無事に終了しました。https://www.street-academy.com/myclass/16251?conversion_name=direct_message&tracking_code=279ca30b279ae55f4dd11e270f8ccd81ヒューマンギルド社のお話と 岩井先生のSMILEに対する想いを聞いていただきました。 本をお読みになって、アドラー心理学と岩井先生をご存知の方でしたので、話はス [続きを読む]
  • 正しいコミニュケーション
  • 今日は、息子の調理保育の日です。それを知ったのも。。。。昨日の朝(^_^;)今朝慌てたくないので、昨日のお迎えでキャップとエプロンを持って行きました。  夕食の時に息子が。「あれは、エプロンの入れる袋なの?」と突然言い出しました。どうやら、クッキングキャップにエプロンを入れて渡したからのようです。「違うよ。幼稚園のときから、いつも被ってるじゃない?どうしたの?」と聞くと。。。。「みんな、三角巾だから・・ [続きを読む]
  • 裸で生まれた時の 持参品
  • さて、今朝のキョウダイ喧嘩のわたしの対応です。泣いて弟に仕返しをしようとする娘を、わたしが制しました。その母の理不尽さに娘は、心が潰れそうだったと想像に易いです。しかし、同情しても娘の糧にはならないのです。「そのまま、ほっといてシミになったら、洗濯が大変になって、わたしに怒られるのはお姉ちゃんだよ。その服が、着れなくて悲しいのもお姉ちゃんだよ。弟にやり返したって、スッキリ一瞬しただけで、後までず〜 [続きを読む]
  • 子どもが 二人以上いる場面で、大人が配慮したいこと・・・
  • わたしが、幼稚園の時・・・・母の郷に夏休みの帰省でついて行った日のこと。。。。わたしより2つほど幼い従兄弟がいました。母たちは、仲の良いキョウダイのように思われます。大人たちは、近況報告を楽しそうにしていました。わたしたちは、従兄弟同士とはいえ。まだまだ、コミュニケーションをとって遊べるような高度な分化((´Д`;)は発達しておらず、【対オトナ】でその場にいました。幼稚園児で、それなりに喋れるわたし [続きを読む]
  • ナイーブな質(タチ) 〜発端〜
  • 子育てをしていく上で、【忘れたことにしたかった想い出】を思い出すことが多くなりました。本当は、忘れられないのですが・・・・覚えていることが苦しいのです。そんな今朝も、娘の一言で 想い出さずにはいられなかった、幼稚園児の頃の経験があります。わたしの場合は、5感の全てが鮮明に蘇ります。気温から湿度から、匂いは勿論のこと背後に感じた気配まで、ありありと感じます。今朝は、弟と並んで朝食を摂っていた娘が、倅 [続きを読む]
  • 頭では分かるが、実践がむすがしい
  • 梅雨本番ですね今朝は、雨音で目が覚めました。さて、ここ数日。。。。主人が子どもたちに『怒る』機会が増えたように感じます。そうです。【叱る】ではなく、『怒る』(*´∀`*)そういえば、クライアントさんから「怒ると、叱るの違いは何ですか? 子どもにわかるんですか?」と訊かれたことがありました。みなさま。どうお考えですか????さて、主人が何に怒っているかというと。。。。「俺のいう事は、聞いてくれない」です [続きを読む]
  • でも。子育て中、余裕のないときは そうもいかず いつも後悔ばかり
  • タイトル通り。。。。わたしも、度々そう感じます。「わたしの場合は、頭痛持ちの腰痛持ちの老体(´Д`;)ですので、肉体的な余裕も大きく影響したりします。「でも」は使わない!「いつも」は、ネガティブ主観!「後悔」はしない!そんな事を、冷静に考えられるのも【余裕】のある時です。人間みんな、そんなもんです!気にしない!気にしない(*´∀`*)さて先日、NLPの講習に参加させていただきました。そこで興味深い体験をさせ [続きを読む]
  • 我が子を、東大に入れたいかぁ〜!!(*´∀`*)
  • おはようございます。土曜日に朝っぱらから、叫んでしまいました。 さて、わたしなら。。。。そうですね。そりゃ〜。「入れたくない」理由は無いですね。ただ。。。教師という職業だから、感じるのかもしれませんが・・・・偏差値 = 人格 ではないということです。多くの方は、「そんなの、当たり前でしょ〜」と鼻で笑うと思うのですが、本当に当たり前ですか???どこが、どんな風に具体的に教えてください。  と伺うと、 [続きを読む]
  • 息子が作って見せた泥団子で、思い出す
  • 「お母さん。見て!見て! すっごいでしょぉう〜」と満面の笑顔で年長の息子が、土で作ったお団子を持ってきました。その時。。。。思い出しました。わたしの、幼稚園での数少ない記憶の一つが泥団子 だったのです。ジャングルジム や うんてい や 滑り台 や 楽しそうな遊具がたくさん並ぶ中で、それらに背を向けで、園庭の囲いに向き合い、しゃがんで黙々と地面を掘る子・・・・・それが、わたしでした。大勢の子どもたち [続きを読む]
  • 娘は、やっぱり『女の子』の勉強法
  • おはようございます。昨夜も主人が、娘と対等に口論を遅くまでしていました。幼児さんの頃とは違い、小二になった娘は口が立ちます(^_^;)勉強以外の時は、このお二人さんは本当に仲良しですさて、勉強となると。。。。。。パパは、ほぼ毎回『やり方』を変えます。前回の問題点を改善しているのか?今日の調子に合わせているのか?は、ちょっとわかりませんが・・・・・毎回違う順番や声かけが聞こえてきます。そして、言葉は『命令 [続きを読む]
  • 学校公開の後に・・・・
  • 先週末、ちょっと早いのですが中学校の学校説明会へ、参加してきました。わたしが、通いたい!!年齢制限あるわよね〜〜〜〜〜〜今は、都立といえともわたしの頃とは違うんですよね〜建物もきれだし。。。。カリキュラムも充実しているし・・・・・ただね・・・過去問は、一筋縄では行かなそうでした。やっぱり、準備は必要ですね先日、3ヶ月間の継続コーチング(対話)の無事、終了しました。「定期的に、先生に会いたいです(*´ [続きを読む]
  • 勉強しないから呼び出された娘をみて、やってみたこと
  • 何でこうなるかな〜???娘の担任の先生から、呼び出された運動会の合同予行練習の日に遅刻していったらしい。。。。。。家庭で注意して欲しいとの意向だったビックリです。朝の7時45分には家を出ています。《8時10分より早く来てはいけない》校則に違反してやいないかを心配していたわたしは、あごが外れるくらいの衝撃でした。そして、宿題をしない。。。。これは・・・・しなくとも、わたし的にはアリなのですが・・・・ [続きを読む]
  • 年長男児さんの イジメ対応
  • その場に居残った その男児が、お支度からお部屋に戻った息子の背中に「ちん〇M!」と何度も連呼したのです。隣には、息子と0歳クラスから一緒にいた男児も居ました。0歳から居た男児のママには、第二子さんの妊娠中や準備中などに、お下がりですがお譲りしたものもありましたし、精神的にも仲良く3年間の育児友をしていたように わたしは感じていました。2年で、友が裏切ることも悲しいし。。。受け入れるシカ無い と言わ [続きを読む]
  • 年長男児さんの イジメ発覚
  • 息子の実話です。先日、息子が【精神的】【身体的】イジメを、毎日受けていることに気がつきました。最初は、気がつきませんでした。5月に転園して一週間くらいが過ぎた頃から、トイレが近くなりました。まだ、5歳ですので多少の失敗は、気にも止めませんでした。しかし、失敗はほぼ無いのです。ただ、5分に一度くらいのペースで、トイレに行きます。保育園に着くと、お支度をしている途中にトイレ。。。。帰ってくると、1分く [続きを読む]
  • 50歳の誕生に想うこと。。。。
  • おはようございます。 先日。加藤登紀子さんが、「50歳を過ぎたら、経過年齢を引いて受け入れるのが、自然の摂理(老=だんだん、自分で出来ることが少なくなっていき、食事や排泄・衛生などを周囲の大人のお世話になる)に適している」というような考えを発信していました。  あれから、数日いろいろと思うところもあって・・・・教育方法の考え直しや・・・自分の仕事の在り方や・・・・主人のことや・・・・兄たちとの関係 [続きを読む]
  • 育児の迷いの素は、全て『夫婦』のストレス
  • アドラーは、 ”人間の悩みは人間関係の悩みである” と言ったそうです。そのジャンル分けが、3つあるのです。一つは、仕事のタスク(解決しなければならない問題・課題)二つ目が、交友のタスク三つ目が、愛のタスクだそうです。クライアントを含む、他者のことは書けませんので・・・わたしのお話です。まず、仕事のタスク。無いとは言いません!!ただ、わたしの場合は『異動』という有難い制度があるので、一年間なんとかす [続きを読む]
  • 母親学級で、教えてよ。゚(゚´Д`゚)゚。ヽ(`Д´)ノ
  •  ご無沙汰しています。(*´∀`*)新学期は、何だかんだと・・・・時間が、かかります(^_^;)毎日更新したいような。。。。負担のような(´▽`*)アハハ さて、先日。旧友と ゛ど〜〜〜でもいいような話” を楽しんでいたときに、友人が放った言葉がタイトルです。何を話していたかというと。。。。勤務校によっての『売店の存在意義』の違いです。ね?どう〜でもいい話でしょ????気にもしていなかったのですが、たまたま昼食の [続きを読む]
  • 受験を強いる毒親判定基準
  • アドラー心理学の考え方に【課題の分離】という考え方があります。子どもに「あなたは、中学受験します」と親が決定したとします。これ、課題の分離から行くと それダメ!!です。勉強するか否かは、子の課題なのです。勉強して受ける恩恵も。。。勉強しないで受けるダメージも、受けるのは全て 子どもだけ。だから、親の課題ではない = 親は介入しないただ・・・「それは、あなたの課題です」というフレーズが、個人的には抵抗 [続きを読む]
  • 今。一生懸命に勉強しないと将来どうなるか?
  • よく聞く親心です・・・「私は親として子供の将来を心配している。」「ちゃんとした人生を、送れるようにしてやることが、親の責任だ。」わたしも、そう思います。では、今。一生懸命に勉強しないと将来どうなるか?経験則ですが。。。どうにも、なりません。偏差値が60後半の高校に入る人でも、人間として???な人は、存在します。偏差値判定不能の高校へ通っている人でも、立派だな〜 と感心する人が存在します。現実的に、 [続きを読む]
  • ホントに? そうなの????
  • この二日間で、わたしが見聞きした実話です。決着は、ご本人がつけているのでわたしが、とやかくいう筋ではないのですが。。。。いささか、謎が残りました(*´∀`*)まず、あるメルマガから。。。自分の子供が、友達がぜんぜんいなくて、ガリガリ勉強して学歴が良くて、バリバリのキャリアウーマンで出世のために人を蹴落として貯金がいっぱいあっても、そりゃイヤです(笑)自分のことになると不思議と、「稼ごう」「出世しよう」「 [続きを読む]
  • 勉強しない娘をみて おもうこと・・・
  • ここしばらく・・・・娘が勉強をしません。(^_^;)まぁ。。。。「まだ、小二だから」とか「もう、小二なのに」などと、母の気持ちは行ったり来たり・・・つまりは、娘は【全く勉強をしない】わけではないのです。ある程度は、勉強するのです。それを満足するか否かは、わたしの認知・・・つまりは、主観によるだけなのです。さぁ!!本題に戻ります。 数年前の話です。我が母が、わたしに言った怒声です。「そんなことは、どうでも [続きを読む]
  • 落とし穴にはまる!!
  • 娘の言う『落とし穴』とは、【やるべきこと】が分かっているのに《やりたい事》に手を出してしまい、そこから抜け出せなくなること。なるほど。。。今でこそ、「やる事を先に、やちゃいなさい」と即言えますが・・・・わたしは、いつから??【やるべきこと】を優先できるようになったのでしょう???? どうやって、できるようになったのでしょう?????思い出せない・・・・(/ω\)ハズカシーィ高校の時は、定期考査一週間前 [続きを読む]
  • すべての子に『やる気スイッチ』があるとは、限らない
  • 間が、空きましたが続きです・・・・子育てをしていて、感じることがあります・・・・・「うちの子・・・・何を考えているのだろう?」という漠然とした感覚です。漠然としているから、具体的にはわたしには、見当も付きません。怒ってる・・・・とか悲しんでる・・・・とか楽しんでる・・・・・とか、そんな基本的な感情すらも把握できない。 ただ。。。わたしは、思うのですが・・・・相手(子ども)の気持ちに見当が付くって。 [続きを読む]