布音 さん プロフィール

  •  
布音さん: 布音の旅日記〜晴れた日は鞄を持って〜
ハンドル名布音 さん
ブログタイトル布音の旅日記〜晴れた日は鞄を持って〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/taptim3103/
サイト紹介文旅先は東南アジアと韓国。ぶらぶら街歩きしながらアートや手仕事、美味しいものに出会うのが楽しみです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 342日(平均2.2回/週) - 参加 2016/05/25 12:03

布音 さんのブログ記事

  • メコンが育む奇跡の布〜アジアの手仕事展〜
  • いよいよゴールデンウィークに突入しましたね。例年通り、鳥取県智頭町の風之窯作品展示場において〈アジアの手仕事shop布音〉のイベントを開催しています前後を山に挟まれた古い日本家屋ですがこの期間だけはアジアの雰囲気にあふれています 玄関にはラオスの藍染め布を2枚掛けてみました。これ、大判のストールなんですよ。風之窯の大壺の下に敷いてあるのもラオスの織り布です。後ろにある奇怪な物体(?)はこの [続きを読む]
  • 一日半で東京アート巡り〜後編〜
  • 翌2日目は土曜日です。東京メトロ副都心線東新宿駅から地下鉄を乗り継いで表参道駅へ南青山に高級料亭のごとく風格ある姿を見せる根津美術館です。実業家根津嘉一郎の私邸であった20000?の敷地に国宝を始め7400点の収蔵品を持つ日本屈指の名美術館。外国からの観光客も数多く訪れています。 エントランスに至る通路は竹垣と竹の壁に囲まれた和モダン。別世界に足を踏み入れる期待感を高めてくれます。屋根の傾斜 [続きを読む]
  • 一日半で東京アート巡り〜前編〜
  • 義父の一周忌法要のため2泊3日で上京会場が京王線沿線なので新宿にホテルを取りました。歌舞伎町界隈は週末ということもあり恐ろしいほどの人出。国内外の観光客が入り乱れて阿鼻叫喚の酒池肉林「客引きにはついて行かないで〜」とアナウンスは絶叫するしビルの陰からはゴジラが突然襲撃してくるし群衆の中の孤独というような都会のロマンは全くなし。さっさと地下鉄に乗って新宿を後にします やって来たのは六本 [続きを読む]
  • 終わりの桜と吉野山をたずねて
  • 久しぶりに夫が帰って来た日。お天気も良かったので急に思い立って吉野山に行ってみました。全くのノーリサーチ、ナビ頼りの適当ドライブです車を駐めたのは如意輪寺。後醍醐天皇の墓所があるところです。桜のデザインの絵馬がとっても可愛い本物の桜はもう散っていましたが… こちらも可愛い猫おみくじがあったので一つ頂きました。黒猫さんをチョイス中には大吉のお札が入っていて、ヤッタ〜 [続きを読む]
  • さようなら桜たち、来年も会えるかな
  • 今年は桜の季節になぜか雨の日が多くてお花見に行けませんでしたそんな中でなんとか撮った写真を少しご覧にいれますね。 うちの近所の公園にもきれいに桜が咲いていました。雨空の中図書館へ行く時に見上げた光景、マンションに囲まれた小さな空間に広がる花霞です 別の日、お仕事に行く途中桜ノ宮源八橋を渡りました。まだ朝早いのに桜の下に人がいる。傘をさして何をしているのかな…今日も天気予報は雨&n [続きを読む]
  • 今年もやります!アジアの手仕事展♪
  • 毎年ゴールデンウィークに催している〈アジアの手仕事展〉2017年はラオスの織物をメインにお送りしますいくつか内容をご紹介してみますね。一週間ルアンパバーンを歩き回って集めた稀少な布の中でも特に縁付の大判タペストリーは迫力満点ラオスらしい仏様や象、蝶などデザインも大胆でユニークです。 勢いよく天に昇るドラゴンがかっこいい真紅のタペストリー。ルアンパバーンで滞在していたゲストハウスのバルコ [続きを読む]
  • バックパッカーになりそこねた私
  • 私が東南アジア旅に夢中になったのは何故なんでしょう…初めてタイに旅行したのは1995年のこと。見るもの全てに心を動かされ、毎日毎日が新鮮な驚きの連続でした。大げさに言うとこれこそが私の求めていたものだと思ったのです。その後ぼちぼちではありますがインドネシア・マレーシア・カンボジア・ラオス・ベトナム・ミャンマーなど心惹かれるままに主に東南アジアの国々を旅しました。 そんな旅の手助けになったのがこの〈 [続きを読む]
  • 〈お嬢さん〉観てきました
  • シネマート心斎橋で上映中の韓国映画〈お嬢さん〉公開1ヶ月、サービスデーでも何でもない雨の日だったのにそこそこお客さんが入っていてちょっとびっくり 〈オールド・ボーイ〉のパク・チャヌク監督の最新作でありいろいろ評判を聞いて気になってはいたんですがなんとなく足が向かなかったんですよね〜韓国では成人映画としてのオープニング記録を更新し欧米を始め世界中の映画祭で73部門にノミネートされ外国語映画賞など33 [続きを読む]
  • ピンクの桜で女子力UP♪
  • 桜前線北上中とは言いながら朝夕は肌寒い毎日。私の住んでいる近くでは公園の桜もまだまだ蕾み固しそんな中、先日訪れた四天王寺の境内になぜか一本だけ見事な花をつけている桜の木がありました。 〈蜂須賀桜〉という早咲きの種類だそうです。徳島発祥の寒桜でご覧の通り濃いピンクの花弁が特徴お彼岸だったのでもうすでに満開、中にはひとひらふたひら散り始めている花びらも…(情報が古くてスミマセン) &n [続きを読む]
  • 河原町今出川で仁寺洞に出会う
  • 京阪電車の京都側ターミナル、出町柳駅から西へ。鴨川に架かる賀茂大橋を渡り少し行くと河原町今出川です。大通りから一本入った住宅街の中にちょっと気になるこんな佇まいの店構えが現れます どことなく日本人離れした印象の石像。ひっそりと出された看板には〈喫茶 李青〉の文字。知る人ぞ知る本格的李朝喫茶が京都にありました。たまたま通りかかっただけだとちょっと入りにくいかも…普通の店ではないぞとい [続きを読む]
  • 格調高い韓国の宝物カレンダー
  • 先日帰宅したところポストに見慣れない茶色い封筒が。韓国からの航空便だったので何かと思い開けてみると…B5判の豪華な卓上カレンダーでしたKBSWORLDラジオのプレゼントに応募していたのをすっかり忘れていたけど当選したんですね。嬉しい思っていたよりもずっと立派でまるで美術館の写真集みたい。韓国の宝物が一月一枚ずつの写真で構成されています。内容を少しご紹介してみますね。 1月はやっぱりお目出度い [続きを読む]
  • ヤシの木陰にご用心〜ルアンパバーン旅日記⑫終〜
  • 旅日記もいよいよ最終回になりました。食べてばっかりで肝心の仕入れは一体どうなってるのかって?ご心配なく。ちゃんとやることはやって来ましたよ前回ちらっとご紹介した暇な市場、タラート・ダーラーです。昔はそこそこ賑わっていたのですがナイトマーケットの出現ですっかり寂れてしまいました お客さんの姿もまばらで寂しい限り生活必需品はタラート・ポーシーが一手に引き受けているので外国人観光客のニー [続きを読む]
  • コリアタウンでphoto & poemを
  • 生野区桃谷のコリアタウン、大阪在住の韓国好きの方なら一度は行ったことがあるはず。今日は春を思わせるいいお天気でした。 通りにはチヂミやホットクを売るこんな店が並んでいます。 韓国焼酎も売ってたり… お菓子だってこの通りいろいろ。 もちろんキムチも各種揃ってます。 そんな商店街をずっと歩いてゆくと… 中ほ [続きを読む]
  • 山に登って、川を渡って〜ルアンパバーン旅日記⑧〜
  • 冒険旅行に行ったわけじゃないけど、ここでひとつ登山を敢行してみたいと思いますルアンパバーンの王宮前に突如出現する小高い山のようなプーシーの丘です。信仰の対象でもあり人気の観光地でもあるのでルアンパバーンに来た人のほぼ全員が訪れるところ。もちろん子供でも登れるのでご安心を 長い階段の下ではこんなものが売られています。小さな竹籠に入っているのはわかりにくいけど小鳥なんです山上でこの小鳥 [続きを読む]
  • 宝石箱みたいなお寺はいかが〜ルアンパバーン旅日記⑦〜
  • 世界遺産に登録されているルアンパバーン。旧市街には歴史ある寺院が軒を連ねています。ユニークなお寺をひとつご紹介してみましょうメインストリートからは少し離れた住宅地の中にあるワット・ビスンナラートです。隣接する別のお寺から通じる小さな門がありここに売店がびっしり品物を並べているのが面白い ワット・ビスンナラートのシンボルである仏塔。スイカを半分に切って伏せたような形から別名スイカ寺( [続きを読む]
  • ダイジェストでただいま!〜ルアンパバーン旅日記①〜
  • ラオス・ルアンパバーンで一週間を過ごして帰って来ました日本のあまりの寒さにまだ身体が慣れずぼんやりしています… 滞在したのはメコン川に近い伝統家屋のゲストハウス。バスタブはなかったけどオーナーの人柄で居心地良く過ごせました左上に見えているのが私たちの部屋のバルコニーです。 ルアンパバーン名物は毎夜開かれるナイトマーケット王宮前のメインストリートは歩行者天国になります。もちろん毎 [続きを読む]
  • ラオスからサバーイディー⑦
  • 毎晩賑わう王宮前のナイトマーケット。6日間通いました。この光景とももうお別れ。郵便局から日本に船便を送り正午にホテルをチェックアウト。通い慣れた路地ともお別れです。バンコクから深夜便で関空へ。日本は寒いだろうなあ…布音のブログにようこそ。にほんブログ村のランキングに参加しています。記事がお気に召したら下の画像バナーをCLICK応援していただけたらとってもうれしいです [続きを読む]