データ予想班 さん プロフィール

  •  
データ予想班さん: データ予想班の競馬予想ブログ
ハンドル名データ予想班 さん
ブログタイトルデータ予想班の競馬予想ブログ
ブログURLhttp://detakeiba.com/
サイト紹介文競馬はギャンブル、スポーツ、娯楽、ビジネス、そして人生そのものだったりと、
自由文人によって様々な面があると思います。馬券の回収率にこだわることはもちろんのこと、競馬にまつわる様々な出会いや繋がりを生み出せたらいいなと考えております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 280日(平均3.4回/週) - 参加 2016/05/25 15:04

データ予想班 さんのブログ記事

  • 【2017弥生賞】予想〜過去10年のデータ分析
  • こんにちは、データ予想班です。本日は2017弥生賞の予想記事として、過去10年のデータ分析によって馬券予想のヒントを探っていきます。昨年は1着マカヒキ、2着リオンディーズ、3着エアスピネルと人気馬同士の決着でしたが、最強世代と言われた昨年のような決着になるかと言えば今年は疑問です。今年のクラシック戦線はいまいち盛り上がりに欠ける気がしますが、それは昨年との世代間格差という副作用のせいでしょうか。しか [続きを読む]
  • 【2017アーリントンカップ】予想〜過去10年のデータ分析
  • こんにちは、データ予想班です。本日は2017アーリントンカップの予想記事として、過去10年のデータ分析から馬券予想のヒントを探っていきます。今週はこのレースの他に、日曜に中山記念と阪急杯の計3つの重賞レースが行われます。その中で3連単の平均配当が最も高いレースが、このアーリントンカップです。予想が難しい反面、高配当を狙えるチャンスも大きく、このレースで大きく稼いで翌日の中山記念と阪急杯を迎えたいとこ [続きを読む]
  • 【2017阪急杯】予想〜過去10年のデータ分析
  • こんにちは、データ予想班です。本日は2017阪急杯の予想記事として、過去10年のデータ分析によって馬券予想のヒントを探っていきます。この阪急杯の勝者は翌月行われるG1高松宮記念でも高確率で馬券に絡んでおり、短距離界の勢力図を占ううえでも重要レースです。人気の主役は阪神カップを制したシュウジですが、そのシュウジと0.2秒差で斤量差が有利になるロサギカンティアにも注目が集まっております。昨年は人気通りの決 [続きを読む]
  • 【2017中山記念】予想〜過去10年のデータ分析
  • こんにちは、データ予想班です。本日は2017中山記念の予想記事として、過去10年のデータ分析から馬券予想のヒントを探ります。特別登録馬は12頭で少数頭のレースですが、リアルスティールをはじめとするG1馬4頭の豪華メンバーが出走予定です。今年から1着馬にはG1レースに昇格した大阪杯の優先出走権が付与されることになり、注目の一戦となりそうです。いったいどんな結末が待っているのでしょうか?さっそく分析していきま [続きを読む]
  • 【2017小倉大賞典】予想〜過去10年のデータ分析
  • こんにちは、データ予想班です。本日は2017小倉記念の予想記事として、過去10年のデータ分析から馬券予想のヒントを探っていきます。今週はG1フェブラリーステークスをメインに馬券を購入する方が多いと思いますが、この小倉大賞典も忘れてはいけません。過去10年で1番人気馬が1勝しかしておらず、穴党の馬券ファンにとっての名物ハンデ重賞です。データ予想班が購入している新聞の予想印では、無印の馬は16頭中たったの1頭 [続きを読む]
  • 【2017きさらぎ賞】最終結論〜三連複1点勝負!
  • こんにちは、データ予想班です。本日は2017きさらぎ賞の最終結論を出します。タイトルにも書いてあるように、今回は少数頭のレースということで3連複の1点勝負です。前走で上り3Fを32.7秒で差し切ったサトノアーサーが断然の人気になりそうですが、果たして強さは本物なのでしょうか?この馬を本命に据えるかどうかで、馬券戦略的には大きく変わりますよね。果たしてデータ予想班が導き出した最終結論とは? 断然人気が [続きを読む]
  • 【2017東京新聞杯】予想〜過去10年のデータ分析
  • 本記事では2017東京新聞杯の予想について、過去10年のデータ分析から馬券予想のヒントを探っていきます。最後に1番人気馬が勝利したのは2007年で、2番人気馬も3年連続で馬券圏外という荒れる傾向の強いレースと言えそうです。それを象徴するかのように過去10年の3連単平均配当は40万円超で、これはビッグ配当の獲得チャンスか…と思いきや、出走馬は10頭と寂しいメンバー構成。それでも例年通り荒れるのか、今年は堅い決着で [続きを読む]
  • 【2017きさらぎ賞】予想〜過去10年のデータ分析
  • こんにちは。データ予想班です。本記事では2017きさらぎ賞の予想について、過去10年のデータ分析から馬券予想のヒントを探っていきます。昨年のサトノダイヤモンドや一昨年のルージュバックなどの活躍で、クラシック戦線の重要レースという印象が強いですが、優勝馬がその後に伸び悩むということも珍しくないレース。今年の特別登録馬は11頭と、やや寂しい感じはありますが、馬券的には狙いやすいとも言える一戦です。きっち [続きを読む]
  • 【2017根岸ステークス】予想〜過去10年のデータ分析
  • こんにちは、データ予想班です。本日は2017根岸ステークスの過去10年のデータ分析によって馬券予想のヒントを探っていきます。昨年行われたダート重賞において、1番人気馬は【5-6-3-1】で複勝率は93.3%と、信頼度はかなり高い。今回の根岸ステークスの1番人気馬はおそらくベストウォーリアかカフジテイクだと思われますが、この2頭を素直に信頼してもよいのでしょうか?それとも穴馬の激走はあるのでしょうか?早速、過去10 [続きを読む]
  • 【2017AJCC】予想〜過去10年のデータ分析
  • こんにちは、データ予想班です。本日は2017AJCCの予想記事を書きます。中山芝2200mというトリッキーなコースでのレースですね。オールカマーやセントライト記念が行われるコースですが、年間でも十数レースしか組まれない希少なコースです。新年明けて、割と馬券の調子が良いので、このレースも仕留めて「馬券は資産運用だぜ」なんて台詞の一言でも言ってみたいものです。今回は、過去10年のデータ分析からレースの傾向を探 [続きを読む]
  • 【2017日経新春杯&京成杯】最終結論
  • こんにちは。データ予想班です。本日は日曜に行われる2つの重賞レース、2017日経新春杯と京成杯の最終結論を出します。現時点でのオッズを見ましたが、両レースともに単勝オッズ1桁台が6頭ずつという、非常に難解なレースです。予想すればするほど、答えの無いループにハマっていくようで…こんなときはシンプルに予想した方がいいのではないでしょうか。ということで、データ予想班では両レースの軸馬と穴馬、計4頭を発表し [続きを読む]
  • 【2017シンザン記念】予想〜出走馬のデータ分析
  • 本日は2017シンザン記念の予想記事を書きます。そもそもシンザン記念とはどのようなレースか?過去の出走馬にはミッキーアイル、ジェンティルドンナ、オルフェーヴルなど、後のG1馬を輩出した出世レースです。昨年の桜花賞馬ジュエラーも、このレースで2着になっています。今後のクラシック戦線を占う意味で非常に重要なレースと言えますね。今回データ予想班では、出走馬のデータ分析を中心に馬券予想のヒントを探っていき [続きを読む]
  • 【2016有馬記念】最終結論〜予想班厳選の5頭はこの馬
  • こんにちは、データ予想班です。本日は2016有馬記念の最終結論を出します。泣いても笑っても今年最後の中央競馬G1レースです。競馬会に”有馬良ければ全て良し”という格言があるかどうかは知りませんが、是が非でも的中馬券をゲットして良い年末年始を迎えたいところです。データ予想班では、この一週間悩みに悩みました。本日はその最終結論として、厳選の5頭を発表したいと思います。サンタクロースは…きっと来る!  [続きを読む]
  • 【2016有馬記念】予想〜出走馬のデータ分析
  • 本日は2016有馬記念の出走馬分析から馬券予想のヒントを探っています。最近、普段は競馬をやらない仕事仲間から「有馬記念はどの馬が勝つの?」という質問が少なくありません。そんなときは「浜中がクリスマス誕生日だからミッキークイーンじゃないかな」などと適当に答えるようにしております。忘年会の席でも何度か話題にもなりましたし、世間の注目はかなり高いですね。ということで、本日は出走馬の中から上位人気馬5頭 [続きを読む]
  • 【2016有馬記念】予想〜過去10年のデータ分析
  • 本日は2016有馬記念の予想記事を書きます。いよいよ年末のグランプリレースまで一週間を切りました。ファン投票1位のキタサンブラックか、菊花賞馬のサトノダイヤモンドか、それとも…などと考えているだけでワクワクしてきませんか?普段は競馬をやらない人も有馬記念だけは馬券を購入するという人も少なくないですし、お祭り気分で楽しみたいですね。データ予想班では、過去10年のデータ分析から馬券予想のヒントを探って [続きを読む]