スクイッド さん プロフィール

  •  
スクイッドさん: 心のブレーキを解除して、消極的な自分を卒業しよう!
ハンドル名スクイッド さん
ブログタイトル心のブレーキを解除して、消極的な自分を卒業しよう!
ブログURLhttp://ameblo.jp/ika-neet/
サイト紹介文NEET株式会社心理学事業部のブログです。自分を変える方法について心理学をベースに綴ります。
自由文管理人はコーチングやカウンセリング、心理学について学んでいます。
自身の消極的な部分を解消できたので、今度はその方法について広めていこうと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供252回 / 308日(平均5.7回/週) - 参加 2016/05/25 13:55

スクイッド さんのブログ記事

  • 僕が考えるNEET株式会社の未来
  • ニートにとっての新しい選択肢へ 弊社の新規募集は近日中に告知がされるようです さて、僕自身は会社を運営する立場でもなければ、募集を担当しているわけでもありません。 ただまあ、会社がこうなっていたら、もう少し楽しくできるんじゃないかと思うこと&これからの会社のあり方について書いていこうと思います。 今回の内容は個人的な見解なので、必ずしも会社の動き [続きを読む]
  • 恐れの先に変化のチャンスが隠れている理由
  • 変化を無意識に恐れるはたらき 新しい環境、学校や職場に習いごとなどへ向かう時、多くの人は不安や緊張を感じるものです。 こういった新しい何かを選び、行動に移すことができればよいものの、その前の段階でとどまってじまうことも多々あると思います。 それは自覚できることもあれば、無意識にさけることもあるはずです。 なぜ、新しい環境に不安や恐れを抱くのかというと [続きを読む]
  • 心身の健康を実感したものについて
  • まずは水とサプリメント 先日、美容院で肌の状態をほめてもらう機会があり、そこから健康習慣の話につながりました。 その会話の中で、最近はあまり疲れを感じないことに気がつきました。 おそらく、これまでに取り入れたものが効果的なようなので、それをシェアしていこうと思います。 実家にいた頃から、水には気をつかっていて、海洋深層水を飲んでいます。 &nb [続きを読む]
  • 人はどうなったら幸せになれるかについて考えています
  • 同僚との会話で明確になった 先日、同僚と話している時に、スクイッドさんはこうしたらいいんじゃないかという話を振られた時に、おぼろげだった部分が明確になりました。 話の内容的には、キャリアについてだったのですが、聞く人が聞けばお節介と取れるような感じだったのもの、自分のことを心配してくれてるのかなと前向きに解釈しておきました(笑) それで、どのように行動すればい [続きを読む]
  • 人生を好転させる「ゆるふわ」の法則
  • ゆるくふわりと生きる 昨年11月に愛知から東京へ出てきたことで、様々な経験、人との出会い、価値観の変容といった過程がありました。 その中で、よりよい人生につなげるための一つの結論が導き出されました。 今回はそのことをテーマに進めていきます。 名付けて、ゆるふわの法則です 早速、この法則の根幹について列記していきます。 & [続きを読む]
  • 常識的な生き方は本能に基づいている
  • 安心を得たい=本能の選択 安定した仕事に就いて、 毎月一定の給料を受け取り、 安心できる環境で暮らしたい…… これ自体はある種自然な感情ですし、いいもわるいもないと思います。 しかし、論理的かというと必ずしもそうとは言い切れないことに気がつきました。 なぜなら、本能的な欲求と重なる部分があるからです。 以下にいくつか書き [続きを読む]
  • 条件づけ解放プログラムを作成中です
  • 思いこみや先入観を変化させる 条件づけとは、ある出来事や現象に対して、インストールされた過去の体験から当時と同じ反応をしてしまうことを指します。 例えば…… ・子どもの頃に自分をいじめた相手と似た雰囲気の人を避けてしまう ・苦手意識を持ったことはなるべくやらないようにする(もしくはできないと考える) ・過去に失敗した時と同じ状況 [続きを読む]
  • NEET株式会社から恩恵を受けていたと気づいた話
  • ……あれからもうすぐ4年が経つ たまたまウェブ広告を見てNEET株式会社にエントリーしてから、はやいもので4年もの月日が流れようとしています。 あっという間のような気もしますし、日常的な業務がないせいか、4年経ったということに実感が湧きにくいですw 先日、ふとエントリー当時はまだ20代後半だったことに気づき、何とも不思議な感じがしました。 ざっくりとこ [続きを読む]
  • 自分に嘘をつけない人の生きる道
  • 「……自分、不器用ですから」 NEET株式会社に所属していると、はじめから雇われて仕事をすることに抵抗があって、バイトなどをするという選択肢を選ばない人に出会うことがあります。 人それぞれ生き方があるし、それはその人の生き方なのだと思います。 さてさて、僕の場合はというと、いざ仕事を始めたものの、実際に始めてみたら「なんだかおかしな感じになっている」と [続きを読む]
  • ニート脱出は一つの過程にすぎない
  • ニート卒業で全て解決ではない 「ニート脱出応援カウンセラー」を銘打っているのに、少々肩透かしを食らわす言葉から始まりました(笑) この肩書き自体は、何となく気に入って使っているというのが一番の理由です。 以前、コンサルティングをしてくれた方が名付け親なのですが、脱ニートするに越したことはないという考えは持っています。 今回は、その辺のことを掘り [続きを読む]
  • 思考と感情を分けて考えると自分の気持ちが分かる
  • 仕事への拒否感から感情の輪郭をつかむ ご無沙汰しています!! 久しぶりの更新ですが、社畜化してこっち方面の活動を放置するとかはないので、安心していただければと思います(笑) ちらっと書いたかもですが、先月からフルタイムで働いています。 仕事を始めてすぐの頃は、とても続けられそうにないと感じたものの、ドウニカコウニカ続けている感じです(遠い [続きを読む]
  • ニートが仕事を続けるには心の筋肉が必要である
  • 仕事を辞めたくなる心理と向き合う 怠け者でなくとも、めんどくさいことはしたくないものです。 ましてや、ニート期間の長い人間が働こうとすれば、やりたくないことや我慢の連続で、「もう帰りたい、この会社辞めたい」みたいな感情につながりやすいと思います。 きついと思った時に、逃げたくなる心理をまずは二つにわけてみましょう(ざっくりと)。 1 [続きを読む]
  • ニートが働き始める時に大切な7つのポイント
  • 働き始める時に意識したいポイント 更新の間隔が空きましたが、少し前から普通に働いています(笑) 久しぶりの8時間労働なので、思っていたよりも大変でした! 新たに働き始めたことで、色々と気づいたことがあるため、今回はそれらをテーマとして取り上げていきます。 ニートが仕事を始める時にも役に立つ情報になるかと思います。 1.心身のコン [続きを読む]
  • 一人の人間として降参宣言
  • 強がりをやめることにしました 日々、エラそうなことを書いていますが、わりと最近の出来事の中に自身の気づきが多かったです。 今回は虚勢の軽量化も兼ねて、日記風な記事を書いていきます。 少し前から、河合隼雄先生の「コンプレックス」という本を読んでいて、僕自身がコンプレックスたっぷりな人間だと気づきました。 心理学とカウンセリングの知識があるとはいえ [続きを読む]
  • ニートとコンプレックスについて
  • コンプレックスをどう捉えるか 一つ前の記事で、「ニートと不安」を取り上げてみました。 これに類似してコンプレックスというのも、「働けない・仕事が続かない・職場で上手くいかない」などの影響につながりやすいことがあります。 今回の記事は、河合隼雄先生の「コンプレックス」という本にヒントを得たのですが、本文の中に分かりやすい例えが出てきました。   [続きを読む]
  • ニートが陥りがちな不安について
  • ニートにはこんな不安が見られる 不安の根底には、親子関係や学校・職場での経験が影響しやすい傾向があります。 全てのニートを含めるのは大雑把ですが、多くのニートと不安という感情は無関係でないように思います。 かくいう僕自身も、ネガティブな感情と自分自身を分けて考えられるように、感情に振り回されないような工夫を取り入れています。 なぜ不安になるのか?  [続きを読む]
  • ニートと自信の関係について
  • ニートが自信を持ちにくい背景 そもそも論として、自分に自信が持てるのならニートにはなりにくいと思います。 自信があれば、自発的に何かをしようという意識につながりやすく、困りごとがあっても前向きに解決しようという意思が芽生えます。 しかし、ニートの人がこのように考えようとしても、気持ち的に抵抗があるケースが少なくないと思います。 僕自身の経験としては、心理学 [続きを読む]
  • 親に感謝できる状態は一つのゴール
  • 自分のちっぽけさを痛感 実家を出て東京で暮らしていると、実家のありがたみが分かってきました。 一人暮らしの人が口にする、「実家の方がラク」という言葉がよく理解できるようになりました。 ところで、僕の母は去年の春頃に体調を崩して、一時期入院していました。 今では退院していますが、「自分の親がずっと生きているわけではない」ことをリアルに感じる出来事でした [続きを読む]
  • ニート必読!「やり抜く力」という名著
  • はたしてニートは甘えなのか? 僕自身、以前のバイトを退職してからもうすぐ一年が経ちます。 それ以前にニートだった期間もありますが、ニートというのは何か事情がある人がなりやすいと、何となく考えていました。 しかし、「やり抜く力 GRIT――人生のあらゆる成功を決める『究極の能力』を身につける」という本を読み進める中で、自身の考えが改まるようになりました。 &nb [続きを読む]
  • 学習性無力感が高まるほどニートになりやすい
  • 今度は学習性無力感なのか 前回に引き続き、ニート分析記事になると思いますw また、学校教育の問題についても触れていきます。 「学習性無力感」とは、著名な心理学者のマーティン・セリグマンが提唱した心の働きのことを指します。 端的に言うならば、何らかの苦痛がある時、自分自身の力でそれは回避できないと諦めてしまうことです。 セリグマンは実際 [続きを読む]
  • ニートにありがちな心理について
  • 全ては自己愛が関係していた 今回はニートの皆さんに失礼な内容になりそうですw ちなみに、全てのニートを当てはめるわけではないので、あしからず〜。 NEET株式会社や若者サポートステーションでの経験を通じて、色々なニートを見てきました。 その中で見られた傾向の一つとして、「周りが見えていない人」がわりと多いということでした。 発達障害のことを [続きを読む]
  • 読者の皆様へお知らせ
  • 現在、活動の基礎を再構築中 いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 今月前半にコンサルティングを受けたことで、脳内革命に近いことが起きました。 レッドブルのCM風に言うと、「新たな羽を授かった」ような状態です。 ただ、これは始まりにすぎず、これからどうしていくかが重要だと考えています。 上記をきっかけとして、インプット&アウトプット [続きを読む]
  • 好きなこと探しは続けるほど効果がある
  • やり抜く力に見る継続の重要性 数日前から、「やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める『究極の能力』を身につける」という本を読んでいます。 その本の中では情熱や努力(継続すること)が、才能に勝ることが研究データから導き出されたことが書かれています。 僕自身もこのことに共感していて、そもそも情熱がなければ続けることが行動につながりにくいので、才能以前の状態に陥りが [続きを読む]