シンシアおばさん さん プロフィール

  •  
シンシアおばさんさん: シンシアより愛をこめて
ハンドル名シンシアおばさん さん
ブログタイトルシンシアより愛をこめて
ブログURLhttp://ameblo.jp/sara-smile-2010/
サイト紹介文病院内の楽しい出来事や症例紹介をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/05/25 19:10

シンシアおばさん さんのブログ記事

  • 夏に多い誤食って?
  • 毎朝NHKの「ひよっこ」を見るのを楽しみにしています。みね子ちゃんと島谷君はお別れしてしまうのですね。なぜか昨日のオープニングの桑田さんの歌がいつもより切なく哀しく聞こえました。誰のためでもなく誰のせいでもなく、色々な岐路でしっかり自分で決めて人生を歩んでいく、みね子ちゃんのように一生懸命生きていきたいと再確認しました。ほんとにいいドラマです(;_:) ところで、ペットの事故で多いのが誤食ですが特に夏 [続きを読む]
  • 重症熱性血小板減症候群(SFTS)
  • ウィルス性重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を発症したとみられる猫に噛まれ女性が死亡していた事が分かった、と新聞にありました。弱った野良猫に手を噛まれSFTSを発症し10日後にお亡くなり、その猫も死亡したようです。弱った猫を保護されようとしたのでしょうか?そんなお優しい方がお気の毒ですし残念です。どうか野良猫さんの保護に関わられている方は十分お気を付けください。 動物病院にも感染が疑われる動物を診療する際の [続きを読む]
  • HAPPY BIRTHDAY LILY !
  • 明日7/24はリリーの2才のお誕生日です。患者さんのデージーちゃんままから、こんな素敵なバースデーケーキが届きました。ほんとにほんとにありがとうございました。 VTさんの愛犬たちも参加して、一日早いお誕生会をしました。 ついでに人間も便乗して、ロールケーキを頂きました? にほんブログ村 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇シンシア動物病院>http://www.sincere-ah.com/住所:〒233-0008 神奈川県横浜市 [続きを読む]
  • ちゅ〜るちゅ〜る…
  • 「ちゅ〜る、ちゅ〜る、ちゃおちゅ〜る?」コマーシャルでやっていますよね、ペースト状のキャットフード。猫が夢中で舐めている様がかわいくて、シンシアでも試してみました。折しも7月20日はロッピィのお誕生日だったのでご馳走としてちゅ〜るをあげてみました。可愛いかどうかはともかくご相伴のシャルと二人とも夢中で舐めまくりました。 「ロッピィお誕生日おめでとう?」「ご馳走さま(ロッピィ)」 同時に買ったおもちゃを [続きを読む]
  • ステロイドで反応した一例
  • 1才猫、初診では嘔吐などの消化器症状で来院し対症療法をする。その2日後著しい呼吸困難を呈し、レントゲン検査で前胸部の透過性が著しく低下していた。誤嚥等による肺炎やリンパ腫等々を疑い、抗生物質・利尿剤・ステロイド、酸素吸入を行うもあまり改善がみられなかった。その他、体表リンパの腫大は見られず、血液検査でも特に異常はなかった。同治療でステロイドを1mg/Kgから2mg/kgに増量すると、翌日より呼吸状態の改善がみ [続きを読む]
  • パニック・イン・シンシア
  • とうとう梅雨が明けたようですね。関東南部にはあまり雨が降らなかったのですが、昨日は急な雷・豪雨が始まり付近は一時停電になりました。停電はすぐに復旧したのですがその後が大変でした。まず電話がつながらない!PCのインターネットと顧客管理ソフトが起動しない!電話も間もなく回復しました。でもPCの方がだめです。管理会社に問い合わせても「ルーターを再起動してください…」とか???うちでは電話にコピー機にP [続きを読む]
  • 思わずうるっとくるいい話
  • 今日新聞の地方版でこんなすてきな記事を見つけました。某工場の敷地に野良猫が多数住みつき糞尿被害があったことから「餌付け禁止」のポスターを貼ったところ、住民や保護団体から抗議を受けたそうです。そこからお互い反目し合うのではなく話し合い、協力し合うことになったそうです。猫を捕獲して避妊・去勢手術をして不幸な子猫を増やさない、捕獲された仔猫は近隣の住民やなんと工場の社員の方に譲渡されたそうです。既存の [続きを読む]
  • 人の親切が身に沁みます。
  • 連日猛暑と湿度が続いているので嫌な予感がしていたら、やはり夕方になって急患が続きました。以前肺水腫で入院されていたワンちゃんがまた同症状(以前ほどではないですが)で来院されました。レントゲンを撮ったり救急の治療をしているその時に、また緊急の電話が鳴りました。高齢のブルドックさんが散歩中に急に呼吸困難になり道端で動かなくなったとの事。電話の向こうでヒューヒューという呼吸音が聞こえてきます。「どうした [続きを読む]
  • リンパ球性白血病が疑われている一例
  • 14才半の愛犬さん。7ヵ月前頃より体表リンパ節が腫大化し穿刺細胞診するも確定診断つかず、CBCでは中程度の貧血とWBCの上昇(4万)がみられました。抗生物質、ステロイド・抗癌剤の併用で数週間後ににリンパ節は縮小しました。同治療を続けていましたが,貧血はさらに進行しWBCは上昇(10万ほど)しました。抹消血液塗抹標本では未熟リンパ球が多増し、リンパ球性白血病を疑いました。 エポジン使用により一時貧血も改善し白血球数も2 [続きを読む]
  • 七夕さま
  • 今日は七夕ですね、マンションのロビーの笹飾りには沢山の願い事が掛かっていました。シンシアの願い事はリリーや患者さんのペットの健康、そして世界中の動物が虐待などされずありのままの姿で暮らせますように…。 にほんブログ村◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇シンシア動物病院>http://www.sincere-ah.com/住所:〒233-0008 神奈川県横浜市港南区最戸1丁目2−3TEL:045-714-1560◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ [続きを読む]
  • 心機能検査のお勧め
  • 台風の影響でしょうか?只今しっかりと雨が降っています。VTさん達も帰宅に難儀している事でしょう、気をつけて帰ってほしいものです。そんな天気故外来の数も少なめだったのですが、止むを得ず来院される方は急患の方が多かったですね。 朝からつい先ほどまで一時入院していた子は、数日前から咳が出て元気がなくなったとの事で来院されました。以前より心疾患があったのですがここへきてこの気温・この湿度…心臓が耐えきれなく [続きを読む]
  • 7/2日曜日 世間は賑やかですが…
  • 東京都議選や棋士藤井4段の30勝目をかけた対局…何やら世間は賑やかですね。シンシアはいつも通りゆったりと時間が流れています。 VTさん達が作ってくれた今月のデコレーションボードです、ますます上達してかなりのスキルです。飼主さんの間でもお褒めの言葉を頂いています。今日はリリーちゃんのお父さん(犬)がワクチン接種に来てくれました。そして飼主さんがリリーちゃんを1時間近くも散歩に連れて行ってくださいました [続きを読む]
  • 雑草取り
  •     花壇の雑草取りをしていたら、1cmくらいの小毛虫が大々発生をしているのを見つけ、「ぎゃ〜」思わず悲鳴があがりました。昔桜の木の下に発生したアメリカシラヒトリが原因で体中アレルギー反応が出てひどい目に遭ったのを思い出し、グローブ・キャップ・マスク・長靴の重装備で駆除スプレーを巻きました。しかし雑草や害虫など人間の都合で区別するのですから、考えてみれば身勝手かもしれませんね。 昔知り合いが「森林な [続きを読む]
  • 誤嚥性肺炎が疑われた一例
  • 7才、超小型犬♀ペットホテルを利用中やや食欲が低下していたが、発熱もなく呼吸状態等外観上特に異常はなかった。 帰宅しても食欲は改善せず、3日ほどして急に呼吸状態が悪化した。湿性の発咳と呼吸困難、レントゲン上では肺野全体の透過性低下・重度の肺炎像がみられた。感染症?または予てから指摘していた歯石等の口腔内状態が悪いため誤嚥性肺炎を疑う。緊急入院して抗生物質、消炎剤、酸素BOXにて酸素吸入をしながら絶対安 [続きを読む]
  • スイカが原因?
  • 「リリーの様子がおかしい!」と朝からVTさん達が大騒ぎしていました。いつもはしないのに、夜中にケージの中に「大地図(おねしょ)」を描いてしまったそうです。元気もいいし、食欲もあるのにどうした?大丈夫? 「わかったぁ〜」暫くしてVT長が叫びました。初物の三浦のスイカ!甘くておいしくて!2日続けてみんなで堪能しました。当然リリーもおこぼれをご相伴、大喜びでした。スイカの利尿作用?えらく効果が出たようです [続きを読む]
  • こんな雨の日は大嫌い
  • 昔愛犬が亡くなったのは、こんな一日中雨がしとしと降る梅雨の日でした。蒸し暑くじめじめした気候が、腎臓と心臓を長く患っていた愛犬から体力を奪い死に至らしめました。だから、こんな雨の日は大嫌いでした。今日シンシアでまた悲しいお別れがありました。一人は重病を抱え半年以上も頑張って頑張ってきた子が、とうとう力尽きて亡くなりになりました。もう一人は突然の発作を起こし、どんどん悪化して全く治療の甲斐なく亡く [続きを読む]
  • シンシアの基本姿勢
  • 梅雨のど真ん中です。今日は蒸し暑くも雨はなかったのですが、明日は一雨きそうですね。明日の雨を避けてか、今日の午前はいつもの土曜より混雑してしまいました。できるだけお待ち時間を少なくするため、シンシアは基本的に予約制を取っています(もちろん予約なしでもwelcome!です)。診療の内容に合わせて予め時間を取っているのですが、時にはずれ込んで次の方をお待たせしてしまう事もあり、そんな時は申し訳なくて焦ってしま [続きを読む]
  • 柴犬人気
  • 先週に引き続き若い柴犬さんの避妊・去勢手術がありました。新患でも柴犬さんが多いです、「柴犬人気」健在です!ところで彼らは山下先生の「しつけ教室」の同級生で、しかも二人とも2世代・3世代目という共通点。愛犬・愛猫が亡くなって次世代のペットでまたシンシアに罹って下さる…ありがたいです、冥利に尽きます。 そしてもう一件、10年ぶりの患者さんがいらして下さいました。以前、ちょっと猫では珍しいパイオメトラで卵 [続きを読む]
  • 運転免許返上
  • ご高齢になられて自動車運転免許を返上なられる方も多いですね。残念ながら高齢者の運転ミスによる事故も多くなってきているように思われます。けれど実際問題として、自家用車という足がないと買い物・通院などに困難になる方も多いと思います。私事ながら、実家の父も自動車免許を返上してから、毎日に近い通院に困難を極めています。歩いては遠い、バスを利用するとかなりの遠回りになり時間もかかる、かといって毎回のタクシー [続きを読む]
  • 日曜夕方の患者さん
  • 日曜の夕方も診療をしている動物病院を探して…と新患で来院されました。10年以上面倒を見ている地域猫さんが、ここ1週間以上も全く餌を食べれず衰弱してしまったとの事。  お年なので歯槽膿漏だろうと思っていたのですが、鎮静をかけて口腔内を詳しく検査してみると、なんと歯は一本もなく舌根左側にソラマメ大の大きな腫瘍ができてしまっていました。左頸部リンパ節も腫大しています。可哀そうに…これでは餌は食べられないは [続きを読む]
  • 追憶の中の猫 「スターリン」
  • もう30年以上も前の話です。シンシアを開業するずっと前で、院長も私も別の動物病院に勤務していました。ある夜院長の病院を訪ねると、処置台の後ろに数段重ねてある入院用ケージの中の一部屋に、胸部に包帯を巻いたグレーの小さな猫がいました。ビロードの様な柔らかそうな淡いブルーの密な被毛・緑色の優しげな眼・可愛い声で鳴くとき見えるピンクの舌・可愛い顔立ち。「スターリン」という名の「ロシアン・ブルー」、当時まだ [続きを読む]
  • 寛解が1年続いている悪性リンパ腫の一例
  • 14才避妊済みのM.ダックス 昨年5月末、当初左右下顎リンパ節が腫大・浅頸リンパ節も軽度に腫大、発熱もなく他,全身状態は特に異常なし。ステロイドと抗生物質のみで様子を見るも変化なし、リンパ節のバイオプシー検査をすると、悪性リンパ腫の診断を受ける。 ステロイド・Lアスパラギナーゼ・オンコビン・エンドキサン併用で抗がん剤治療を開始する。その後1週間でリンパ節の顕著な縮小がみられた。次回からは、ステ [続きを読む]
  • 頑張れぱんだの赤ちゃん!
  • 上野動物園にパンダの赤ちゃんが生まれましたね。あのお母さんの体格に比べて赤ちゃんの小さい事小さい事…パンダは安産そうでいいなぁ…なんて。同じ日にニュースで出ていた、外国の動物園のローランドゴリラは24時間の難産のうえに、人間に助産してもらってようやく生まれたそうでした。人間に近い動物はやはりお産が大変なのでしょうか?比べてパンダの赤ちゃんはまるでまだ胎児の様でした。赤ちゃんにとってこれからの一週間 [続きを読む]
  • ちょっとひと息
  • とうとう梅雨入りしましたね、小雨降る中、鎌倉の『明月院』へ行ってきました。紫陽花の季節です、鮮やかな青が美しかったです。 ここは本当に自然が豊かで、桜の季節から四季折々楽しめます。 リスや野鳥、半のら半飼いネコさんも複数いました。動物にも優しい寺院ですね? あとは『小町通り』に出て、食べて食べて食べてきました…。雨の平日の木曜日だというのに、すごい人だかりでした。さすが観光地!&nbs [続きを読む]
  • 肺水腫 そして長いお付き合い
  • お天気も徐々に下り坂、もう間もなく梅雨入りでしょうか?気温や湿度が高くなると愛犬にとっては過ごしにくい季節になります。特に高齢の子にとっては持病が悪化してしまう事もありとても心配です。 もともと心臓に持病があったヨーキーの男の子が、呼吸困難で来院されました。チアノーゼを起こしレントゲン像では肺野が真っ白でした。肺水腫の診断です。心臓、特に左心の弁膜症などで心臓に戻れない血液が肺血管内に停滞し [続きを読む]