100歳まで健康 さん プロフィール

  •  
100歳まで健康さん: 認知症(痴呆症・アルツハイマー)を予防する
ハンドル名100歳まで健康 さん
ブログタイトル認知症(痴呆症・アルツハイマー)を予防する
ブログURLhttp://prevention-dementia.seesaa.net/
サイト紹介文年々深刻化する認知症患者の増加を少しでも阻止できるような有益情報を随時更新していきます
自由文認知症とは何か、その有効な予防法、そして認知症に関する明るい話題・ニュースなどを更新します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 114日(平均0.7回/週) - 参加 2016/05/26 23:07

100歳まで健康 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • プロ野球観戦が認知症・老化防止に役立つ可能性
  • プロ野球観戦が高齢者の健康に役立ち認知症の予防や老化防止に役立つかもしれないと注目されているプロ野球の埼玉西武ライオンズが「野球場でのプロ野球観戦が中高齢者の健康に及ぼす影響」について地元の所沢市の協力を得て研究機関と共同研究をスタートさせた特に高齢者の認知症予防や、精神状態への影響を測定するのが狙いとのこと応援するチームの勝利を喜ぶこと、観戦によるコミュニケーションの活発化、同じチームを愛するフ [続きを読む]
  • 生け花・フラワーアレンジメント
  • 生け花やフラワーアレンジメントはかなり理想的な認知症予防になります今回はその有意性について更新します・手先、指先を使う何度でも言いますが、指先を使って何か作業をすることは認知症予防にはとても重要です指先と脳は連携関係にあります指や手を活発に動かすことは脳に良い刺激を与えるのです指先の繊細な作業をする職人・画家・料理人・音楽家等に認知症が少ないのもこのためです指はこまめに動かしましょう・飾りつけを考 [続きを読む]
  • 麻雀(マージャン)
  • 麻雀(マージャン)と聞くと特に女性は嫌なイメージがあるかもしれません煙草の煙が充満した雀荘で金を賭けてガラの悪い男性が4人、ピリピリして険しい表情で一晩中打っている・・・そんなイメージが定着している方も少なくはありませんしかし、近年では若い女性にも参加者が増えると共に禁煙雀荘やお金を賭ける事を禁止する雀荘も増えていますそして何よりこの麻雀というゲームは非常に頭を使う健康的な頭脳ゲームでありとても奥 [続きを読む]
  • 日記をつける
  • 「毎日日記をつけましょう」と言われると「めんどくさい」と思いますか?確かにその気持ちわかります意外と続かないものだし現実に続けている方はそれほど多くはないでしょう夏休みの絵日記を夏休みの最終日にまとめて書く小学生の例もありますしかし、毎日日記をつけることは認知症の予防に大きな効果があるのですそもそも日記をつけることは認知症予防以外にも様々な効果・メリットがありますその日その日の感情を文章にして自由 [続きを読む]
  • 認知症になりやすい性格
  • 近年の研究で認知症を発生しやすい性格も明らかになってきています定着してしまった性格を変えることはとても困難なことですせめてここを参考にして自分に当てはまっているものがあればより予防に力を入れてみてください・真面目で責任感が強すぎる性格このような性格はついつい無理をしすぎてストレスや精神的負担を溜め込みやすいですそれにより心身のバランスを崩し、うつ病や認知症に繋がりやすいです常に気を張り詰めすぎてし [続きを読む]
  • 認知症の初期自覚症状・兆候
  • 認知症を発症する際は当然のことながら初期段階でそれなりの自覚症状が発生します代表的なものを挙げていきます・物忘れこれは「歳のせい」と思いがちで区別も困難ですが、同じことを何度も何度も聞き返したり、逆に同じことを何度も繰り返し話してしまったり、人の名前がほとんど出てこなくなったり、忘れ物が多くなったり、探し物(物をどこに置いたかわからなくなる)が多くなったりすると認知症の兆候の可能性があります確かに [続きを読む]
  • 認知症・痴呆症・アルツハイマー病の違い
  • 認知症・痴呆症・アルツハイマー病の違いについて簡潔に説明しますまず認知症と痴呆症は同義です「痴呆症」という表現に差別的意味合いが含まれることから「認知症」という呼称に改められました現在は医師も「認知症」という表現で統一していますまして「ボケ」などという表現はもう昭和の頃の話で今は使うことはないですし使うべきではないです例え身内であってもですそしてアルツハイマー病に関してですが、これは認知症の一種と [続きを読む]
  • 認知症の恐ろしさ
  • 認知症で一番恐ろしく、そして悲しい事・・・それは最愛の配偶者・子・孫の存在を認識できない(忘れてしまう)ことです配偶者や子や孫を見ても「あなたはだあれ?」と口にしてしまう悲劇それを言われた配偶者や子や孫の悲しみは絶大なものであり本人以上に周囲が苦しむ結果となるのです「自分のことを忘れられてしまっている」という状態ほど家族にとって辛いことはありませんある意味では寝たきりの介護状態になるよりも家族にと [続きを読む]
  • 認知症とは
  • このページを開いているということは、あなたは既に認知症をご存知かもしれませんが、正しい認識の為に改めて認知症について簡潔に説明します認知症とは正常だった脳の記憶・学習・思考等の機能が後天的に著しく低下してしまい、極度の物忘れ・計算能力の喪失・判断力の喪失から、時間や場所の認識ができなくなり、そして家族や親しい人々等の身近な人物の認識もできなくなってしまうなど、日常生活ができなくなってしまう恐ろしく [続きを読む]
  • 過去の記事 …