しげじい さん プロフィール

  •  
しげじいさん: 若者に負けるな!50代60代頑張るブログ
ハンドル名しげじい さん
ブログタイトル若者に負けるな!50代60代頑張るブログ
ブログURLhttp://ziizi.pw/
サイト紹介文気になるニュースや話題&カラダのへェ〜なるほど!昭和の思い出、明治の三面記事など気まぐれに
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 333日(平均3.0回/週) - 参加 2016/05/27 16:48

しげじい さんのブログ記事

  • 春の土用と八十八夜に一番茶
  • 天気は不安定ですが、確かに春に包まれている実感がします。先月まで長袖オンリーだったアンダーも、半袖の時と長袖の時と天候によって使い分けるようになりました。今年は5月5日が立夏となり、暦の上では春から夏の準備に切り替わるんですね。 季節の切り替わりに訪れるのは、土用なんです。画像:うなぎの神田屋より=http://kandaya-shouten.co.jp/土用は、冬土用(入り1月17日 明け2月3日)⇒2月4日は立春春土用(入 [続きを読む]
  • 春最後の節句穀雨に突入
  • 厚木基地が近いせいで、最近米軍の戦闘機の離着陸がうるさくて仕方がない。北朝鮮との駆け引きのために、米軍の訓練もにぎやかになってきた。空母が来たらどうなるんだろうと、いらぬ心配をしてしまう。 画像:厚木騒音訴訟よりさて、4月20日から二十四節気の「穀雨」に突入しました。二十四節気の最後の節句(新年から6節め)「穀雨」に入りました。穀雨は、5月5日の「立夏」前日、すなわち5月4日までです。穀雨とは [続きを読む]
  • 過去から学べ!警官の不祥事は昔から!
  • 現職警官による不祥事は後を絶たない昨今であるが、現代の無責任社会の生んだ出来事のように解釈される向きもあるが、はたしてそうなんだろうか? ここに、大阪毎日新聞に掲載された制服警官による銀行襲撃事件を紹介しよう。昭和7年6月17日の日曜日の午前1時半、岡山県浅口郡玉島町の安田銀行玉島支店に隣接する、同支店長の社宅に、白い夏用の制服を着た警官が訪れて、 「偽造紙幣事件の捜査のために現在この銀行 [続きを読む]
  • うっとうしい雨だが恵みの雨でもあるー穀雨ーの節気
  • いよいよ春の最後の節気穀雨が近づいてきました。ここんところの不安定な気象によって、桜の開花も場所によって大きな差が出ており、花見の見ごろが長く続いています。 昨日は、孫のお迎えの帰りに通った公園の桜が満開で、突然孫がkkkkk「きれいだねぇ〜」って言ったのでびっくりした。 と、言うのも、つい先日、 そう言えば、江の島の水族館に行ったんだよね? ―いったよ! でも、動物園がよかったな じゃ [続きを読む]
  • 色々大変でした
  • なにか、久しぶりの書き込みです。4月4日に二十四節気の、万物がすがすがしく、明るく美しいという意味の「清明」に入りました。(清浄明潔)写真右:武井観光さん桜も開花をを迎えた関東だが寒波の再来に咲く機会を逃した感だ。しかし、桜は咲き誇り、あらゆるものが、生き生きと見える「清明」を迎え、本格的に開花してきています。南国で冬を越したツバメが北へ渡るのもこの季節です、民家の軒先や階段の踊り場の天井などに巣 [続きを読む]
  • 下世話な話題で恐縮だが・・・・!
  • 明日はプレミアムフライデーです。 年度末に何を言ってんだ! と思いの方も多い事でしょう。また、 プレミアムフライデー? 関係ないね!って人の方が多いのかも知 れません。と、今日の話題は、プレミアムフライデーだから?と、 勘違いされそうだが、まったく関係ありません。 先般、花見の件で仲間と飲酒した時、再婚した奴の話題になって、 夜、大丈夫なの? って話から、加藤茶の話題な [続きを読む]
  • 稀勢の里賜杯!那須で雪崩事故!不謹慎だがエイプリル!
  • 関東は寒波襲来で雪もあちこちで!河口湖では大雪警報?って耳にしました。本当に真冬の寒さです。発達しながら低気圧が移動するので、降雪の無い所でも強風に注意だそうです。明日からは春に向かって動くそうです。那須のスキー場で雪崩が起きて高校生など6名が心肺停止で発見、後に8名と報じていた。 大相撲春場所は感動の稀勢の里でしたね、心残りなのは琴奨菊の9勝です。9勝に、タラレバ白星を加えると10勝なんです [続きを読む]
  • 大相撲の最高位、横綱推挙を辞退した力士!?
  • 大相撲の3月場所は、稀勢の里の頑張りが目に付くというか、2横綱がこぞって星を落としている。前年の秋場所にも似たような感覚を持ったもんである。今回は稀勢の里の危ない相撲ながら、なんとか白星を続けている姿に初代貴乃花を見ていた時の気持ちとオーバーラップしてくる。一方で琴奨菊の本割は怖くてみられない、何か別の事を始めながら、耳だけは聞き入っている。これも、どこか遠いいところで味わった感覚だった。そうだ、 [続きを読む]
  • タラレバ白星琴奨菊!
  • 3月場所の琴奨菊と稀勢の里戦で琴奨菊の足が白い仕切り線で滑ってバランスを崩したような気がしている。どうでしょうね〜、タラもレバーも好きな私ですから、ここもタラレバで言わせてもらえれば、滑らなかったら勝ってたと言いたい。残念でしょうがない、調べてみると仕切り線は、土俵の表面にエナメルで書いているらしい。エナメルは土俵の土にしっかりとくっつき、ちょっとやそっとでは?がれないそうです。しかも、表面が丈夫 [続きを読む]
  • 足が滑った琴奨菊!
  • 琴奨菊と稀勢の里戦で琴奨菊の足が白い仕切り線で滑ってバランスを崩したような気がしている。残念でしょうがない、調べてみると仕切り線は、土俵の表面にエナメルで書いているらしい。エナメルは土俵の土にしっかりとくっつき、ちょっとやそっとでは?がれないそうです。しかも、表面が丈夫なので、足でこすっても大丈夫だそうです。ちなみに、仕切り線の間隔は70cmだそうです。 [続きを読む]
  • 春分、卒業式、本格的な春の始まりですよ〜!
  • 長男の会社のほうも一段落ついたはずなのに子守りとは19日は保育園が休みの上夫婦で出勤になったので朝から孫たちを見てほしいと連絡が入った。19日は墓参の予定だったが、後日に延期、お兄ちゃんを預かる時間が長いが、お兄ちゃんの中学入学祝を買いに行けば時間がつぶれるだろう、と言う女房の助言を得てそうすることにしたんだがゲームの機械らしく2万円代だという。それを買った時、下の孫が黙って収まるかである、当然僕も買 [続きを読む]
  • 昭和の悲しみ!!ある日の朝
  • 渡瀬恒彦さん逝く石原軍団の渡 哲也さんの弟で3歳年下の渡瀬恒彦さんが亡くなりました。私は刑事ドラマ関係でしか知らないんですが、非常に優しい一面があったと南極物語の制作裏話で紹介されていました。各局で特集を組んでいますので、偲びたいと思います。今日は彼岸の入りです。お墓参りにいった方も多いことでしょう。神奈川は曇った一日でした。寒の戻りが来週来るかもと言う事なので、明日からのお天気は気まぐれかも藤沢 [続きを読む]
  • 水疱瘡完治!大相撲頑張れ琴奨菊
  • 毎日、朝から夜まで12時間以上孫を預かっている、女房は朝7時半からマンションの仕事へ、すなわち午前中は孫と二人っきりなのである、女房が戻ってくるのが12時半以降であるので、5時間孫と二人っきりである。―おしっこしようとしたら、ウンチがでそうなので出たら呼ぶね―おなか空いたなあ、3時まだぁ? 3時ってどこ?、3時、英語でなんていうの?―おばあちゃん遅いね―この#$%&%$&はこうして、ほら見て%&& [続きを読む]
  • 3.11各地で黙とう、避難防災訓練が行われた
  • 毎日、朝から夜まで12時間以上孫を預かっている、女房は朝7時半からマンションの仕事へすなわち午前中は孫と二人っきりなのである、女房が戻ってくるのが12時半以降であるので、5時間二人っきりである、おしっこしようとしたら、ウンチがでそうなので出たら呼ぶねおなか空いたなあ、3時まだぁ? 3時ってどこ?、3時、英語でなんていうの?おばあちゃん遅いねこの#$%&%$&はこうして、ほら見て%&&$ [続きを読む]
  • 水疱瘡、彼岸入り、春の七草、わすれまじ3.11!
  • 下の孫に赤い発疹が出ていて水疱瘡の疑いあり、とのことでお迎えの電話連絡があり迎えに行く。早速病院へ予約、現在50人待ちなので、7人待ち位になったら連絡する、と言うので待つ。午後5時半ころ連絡が入り、ジイとバアと孫で病院へ、水疱瘡は水疱瘡だが、予防接種を2回受けてるし、発疹の数も少ないうえ、水泡になっていない。このまま終わるかもしれないので様子をみましょう。ぶわ〜と発疹の数が増えた場合、水泡がいくつか出 [続きを読む]
  • わすれまじ!3.11東日本大震災の悲しみ!
  • 3月5日からは二十四節気の啓蟄(けいちつ)の始まりです、啓蟄については2月28日の投稿で取り上げています。冬眠していた地中の虫などが地上に出てくるころ(啓蟄)から、昼と夜の長さが同じになり、太陽が真東に昇ってから真西に沈む(春分)へのバトンタッチは3月20日です。この3月20日を中日(ちゅうにち)として前後3日の7日間がお彼岸になります。しかし、この時期は絶対に忘れてはならない出来事があります。そ [続きを読む]
  • 3月は卒業式だ!毎日子守だ!で、てぇへんだ〜!
  • 3月は長男の会社の手伝いに、長男の嫁さんが加わるため、我が家で孫のお守りをすることになっている。1日は本人たちの都合でお休み、2日からお迎え開始、長男夫婦が帰ってくるのが19時から20時ころのようだ。今日は19時30分だった。孫を迎えに行ったとき保育園の玄関に飾ってあった雛飾り。先日、ホームセンターに買い物に行ったとき買い物を終えてお店を出るときに、隣のスーパーに「ちょっと見てみようか」と言って一 [続きを読む]
  • 桃の節句に端午の節句ジイは出費に絶句する!
  • 3月になりました。女の子の桃の節句が始まります、というより良縁を願って、暦の雨水に入ったら節句の雛飾りを行った人もおられると思います。3月3日の桃の節句は、早く良縁に恵まれるための最後の祈願のお祭りになるんですね。時代の流れで、雛飾りを早くだして、早く収めるのが最近の傾向のようです。我が家の孫は2人とも男の子で、この時期は兄弟や親戚の女子が話題になります。当然、我が家は5月の端午の節句の方がにぎや [続きを読む]
  • 桃の節句そして啓蟄、目覚めの季節!
  • 2月も明日で終わりです。行事は五節句の上巳(じょうし3月3日)の女の子の「桃の節句」が雨水の節の最後の祝いです。 今年の暦の始まりは立春の2月4日からでした、そして雨水と続き、3月4日から啓蟄を迎え、昼と夜の長さが同じになる春分(3月20日)をむかえると本格的な春がはじまります。 次の「節気」は、冬眠していた虫が地上に出てくるころ、と言われる「啓蟄」(けいちつ3月5日〜3月19日)です【啓 [続きを読む]
  • 桃の節句そして啓蟄、目覚めの季節です!
  • 2月も明日で終わりです。行事は五節句の上巳(じょうし3月3日)の女の子の「桃の節句」が雨水の節の最後の祝いです。 今年の暦の始まりは立春の2月4日からでした、そして雨水と続き、3月4日から啓蟄を迎え、昼と夜の長さが同じになる春分(3月20日)をむかえると本格的な春がはじまります。 次の「節気」は、冬眠していた虫が地上に出てくるころ、と言われる「啓蟄」(けいちつ3月5日〜3月19日)です【啓 [続きを読む]
  • また一つ!遠き昭和が星になる!
  • 昭和がまた一つ消えた!。船村徹が病気で死去した訃報が駆け巡っている。 日本演歌や歌謡曲の作曲を多数手がけて、多くの著名な歌手などを弟子にし、送り出してきた大御所である。作曲家としての本格的な作品は「別れの一本杉」(歌・春日八郎・1955年発表)が最初らしい、私が6歳の頃である。後に歌謡番組が流行り、この曲も知ることになったのである、今でも最後まで歌詞を覚えているし歌える。そして、大きなショックと一緒に [続きを読む]
  • 桜は咲いたぞ花見はまだかいな(^^♪
  • 今日は朝から南風で暖かい一日でした、このまま春になるのかな〜と思えば夕方から北風に変わってきて、「明日は寒いですよ」と気象予報士さんの解説。今月の雨水以降、河津桜の開花情報を頻繁に耳にするようになりました。こうなると、日本人なら花見の宴を開きます。新入社員の通過点、花見の場所取りの話題が取り上げられるほど、花見は日本のシンボルとなっていると言ってもいいでしょう。桜は散るのが早く、その散り際の潔(い [続きを読む]
  • 毒は??トリカブト??弓矢?????春一番
  • 子守で大忙しの毎日で、親が迎えが来る頃にはダウンしている状態が続いている。忙しい隙をついて、何気なく春一番が通り過ぎました。私の予想では、もうひと荒れ(寒波)してから来るのかな?だったんだが、早く来た。そうすると卒業シーズンに荒れる(寒波)のかな?って思ってしまう。それとも、寒波終わり?・・・昨日、下の孫が、―――おばあちゃんはブスなんだよね!――えっつ?おばあちゃんがブス?ブスなの?なんで?はっち [続きを読む]