Gettingbetters さん プロフィール

  •  
Gettingbettersさん: Cancer Survivor トリモダリティ 前立腺癌!!
ハンドル名Gettingbetters さん
ブログタイトルCancer Survivor トリモダリティ 前立腺癌!!
ブログURLhttp://9211.teacup.com/gettingbetters/bbs
サイト紹介文前立腺癌になってしまったようだ。適切な情報を共有して、前に進みたい。若年の情報はすくない。
自由文再発したくないが、再発防止に向けての情報収集をまずはしたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供388回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2016/05/28 17:03

Gettingbetters さんのブログ記事

  • 腹囲が大きいと悪性度が高いらしい
  • 下記のような記事がありました。やはりデブはまずいのか男性は身長や腹囲が大きいほど悪性度の高い前立腺がんになるリスクが高く、それにより死亡リスクも高いことが、新たな研究で示された。身長が10cm高くなるごとに、進行した前立腺がんになるリスクは21%、前立腺がんで死亡するリスクは17%増大し、腹囲(ウエスト周囲長)が10cm増えるごとに、同リスクは13%、18%増大することが分かったという。 [続きを読む]
  • (引用)前立腺がんホルモン遮断が肺炎リスク
  • 前立腺がん患者に対するアンドロゲン遮断療法(ADT)が市中肺炎(CAP)のリスクに関係するとのデータが、カナダのグループによりThorax(2017; 72: 596-597)に発表された。 同グループは、英国のClinical Practice Research DatalinkとHospital Episode Statisticsレポジトリをリンクさせ、1998年4月〜2015年3月に新たに非転移性前立腺がんと診断された男性2万310例を抽出。ADTとCAPによる入院との関係を検討した。 平均4.3年の [続きを読む]
  • Re: 若年ならではの
  • ありがとうございます。それなりの治療法はあるはずです。自ら開発するのも良いかもしれません。> おはようございます。> 飴風呂の方でお世話になってます。> しげぞうです。> おっしゃる通りですね。> 私のように、手術して取り除いても> リンパに残ってしまい、今どこにあるかわからず、> 局所狙おうにも分からず、骨盤全般に> 予防線的に低めに放射線治療するなんて例も> ありますからね……> [続きを読む]
  • Re: 若年ならではの
  • おはようございます。飴風呂の方でお世話になってます。しげぞうです。おっしゃる通りですね。私のように、手術して取り除いてもリンパに残ってしまい、今どこにあるかわからず、局所狙おうにも分からず、骨盤全般に予防線的に低めに放射線治療するなんて例もありますからね…… [続きを読む]
  • 参考にしてください
  • 情報の提供をしたいので参考にしてください。癌を克服した人(健康食品)http://ameblo.jp/hara05160516/http://ameblo.jp/tesu626net/http://ameblo.jp/hatsumiya/https://ameblo.jp/sumo4414414/癌と克服した人(温熱器)http://ameblo.jp/hiroshi464957/http://000purin000.blog.fc2.com/膠原病(弊社の事務員の母親です)http://ameblo.jp/kanetoyo1027/以上の経験者は、ずべて私の身近の人です。 [続きを読む]
  • PSA推移 更新
  • 1.2016年12月  PSA 0.003 外照射終了後4週目+カソ+リュープリン2.2017年1月  PSA 0.001 外照射終了後2か月+カソ+リュープリン3.2017年6月  PSA 0.001 外照射終了後7か月+カソ+リュープリン007 [続きを読む]
  • PSA推移 更新
  • ‐1.2011年4月  PSA 2.80.2013年9月  PSA 5.11.2015年11月  PSA 9.9122.2016年2月  PSA 9.5333.2016年7月  PSA 0.033 カソ+リュープリン4.2016年8月  PSA 0.011 ブラキ前+カソ+リュープリン5.2016年9月  PSA 0.015 ブラキ直後+カソ+リュープリン6.2016年10月  PSA 0.008 カソ+リュープリン7.2016年11月  PSA 0.004 外照射途中+カソ+リュープリン8.2016年12月  PSA 0.003 外照射終 [続きを読む]
  • (引用)間欠的ADTは持続的ADTに比べ生存への負の影響がなく
  •  進行前立腺がん患者への間欠的ADTは持続的ADTに比べ生存への負の影響がなく、性機能および身体機能を改善する可能性があるとランダム化比較試験で示されている。しかし、間欠的ADTにより、持続的ADTと関連する重篤な有害リスクが軽減されるかどうかは明らかにされていない。 同グループは、2002〜11年に進行前立腺がんと診断され、ADTを受けた66歳以上の男性9,772例を対象にコホート研究を行った。間欠的ADTは、2回のADTに90日 [続きを読む]