Ken さん プロフィール

  •  
Kenさん: 元SEでうつ病・適応障害「ken」の回復体験談
ハンドル名Ken さん
ブログタイトル元SEでうつ病・適応障害「ken」の回復体験談
ブログURLhttp://se-utu-tekiohsyogai.seesaa.net/
サイト紹介文うつ病、適応障害、パニック障害、摂食障害、アルコール依存症を患っているKenの回復法・読書など
自由文SEを10年間頑張ってきましたが、過労でうつに。障害者雇用で入った会社でパワハラを受け適応障害に。それらと並行して、摂食障害、パニック障害、アルコール依存症も病んでしまったKenの想いを綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 116日(平均2.6回/週) - 参加 2016/05/29 13:18

Ken さんのブログ記事

  • アルコール依存症の治療の中で
  • こんにちは。Kenです。アルコール依存症の治療は「断酒」が基本になります。お酒を断たないことにはまずなんにもなりません。しかし、断酒を「お酒を我慢する」と定義してしまうと、治療の過程はとてもつらいものになってしまいます。実際自分もあったのですが、我慢してる「のに」報われない、となって、再飲酒に走ってしまうこともあります。ですから、断酒を続ける中で「なぜ断酒が必要なのか。アルコール依存症とはどういう病 [続きを読む]
  • アルコール依存症と合併したうつ病の治療について
  • こんばんは。Kenです。アルコール依存症とうつ病はその合併率が非常に高いことで知られています。アルコール依存症が悪化してうつを発症するケースもあれば、うつ病の症状を晴らすためにアルコールを摂取し続けるうちにアルコール依存症を発症してしまうケースもあります。いずれにせよ、うつ病の治療は投薬が中心となるワケですが、処方薬はアルコールとの併用は禁忌です。アルコール依存症の治療も断酒が中心となりますので、こ [続きを読む]
  • 断薬失敗!
  • こんにちは。Kenです。ひとつ前の記事で書いた断薬ですが、結論から言うと失敗しました…。離脱症状で襲ってくる不安感を頓服の抗不安薬で抑える、という作戦だったのですが、不安が一度発生してしまうといてもたってもいられなくなってしまい、頓服どころの騒ぎではなくなってしまいました…。やはり減薬・断薬は医師の指示の下に行うのが絶対ですね…。それでも、急激な減らし方で調子を崩してしまう例も多いようですが…。精神 [続きを読む]
  • 断薬を試しています
  • こんにちは。Kenです。私の今の症状はうつではなく完全な適応障害だと思っています。そのため、従前の処方で抗うつ薬や抗不安薬を飲み続けていることに若干問題を感じています。具体的な減薬の相談は今週土曜の主治医の受診時にしますが、それまでの期間でも自分なりに対処できることをしていこうと思います。抗うつ薬をいきなり止めると反動でうつが再燃する可能性があるのと、抗うつ薬にはそれほど強い依存性や離脱症状が見られ [続きを読む]
  • アルコール依存症になりやすい人ってあるのだろうか
  • こんばんは。Kenです。タイトルの通り、依存症になりやすい人っているのだろうか、とふと疑問に思いました。依存症はどのような人でもかかる可能性はある病気なので、一般論的に言えばそのようなものはない、という結論に至るでしょう。ただ、個人的な印象としては、エリートの方が挫折に直面してアルコールに逃げる、ということが多いように思います。というのは、依存症患者の人といろいろ接してみると、アルコールの問題さえな [続きを読む]
  • 適応障害:体験談
  • こんにちは。Kenです。ブログタイトルにも書いている「適応障害」。雅子様も罹患していることで有名ですね。症状はまあ書いて字のごとく状況に「適応」することに「障害」がある、というものです。と書いても分かりませんね。私の場合、同僚からのパワハラ・モラハラから始まりました。この同僚、発達障害か何かなのか知りませんが、いきなりキレるんです。私たちは一緒に、営業部門からの依頼に基づいて書類を処理して返す、とい [続きを読む]
  • うつ病回復マニュアル:DHA/EPAの使用レビュー
  • こんばんは。Kenです。別の話題で間が空いてしまいましたが、うつ病回復マニュアルの3つめ、DHA/EPAについてレビューしたいと思います。まあ、これもマニュアルと商品が違うのですが(^_^;)マニュアルでは、αリノレン酸を摂取するよう指定されています。また、価格も別に高くはありません。しかし自分は、従前より中性脂肪対策としてDHA/EPAを摂取するようにしていたので、それをそのまま延用することにしました。α [続きを読む]
  • アルコール依存症になったきっかけ・症状(私の場合)
  • おはようございます。Kenです。さて、ひとつ前の記事はドコにでも書いてあるようなアルコール依存症の基礎知識でした。次は私がアルコール依存症になったきっかけとその症状について書きます。最初からその意識があったわけではありませんが、摂食障害の記事にも書いたとおり、大学時代にはすでにアルコール依存症に片足を突っ込んでいたのではないかと思います。もともとが甘やかされて育った甘ったれだったので、大学で初めて独 [続きを読む]
  • アルコール依存症について
  • 続いては私が罹患している中で一番やっかいかつ最大の問題「アルコール依存症」について取り上げます。「アルコール依存症ではないか…」「いや『まだ』アルコール依存症までは行っていないと思っているそこのアナタ!!!こういうページを見ているということはほぼ間違いなく「『もう』アルコール依存症に片足を突っ込んで」います。アルコール依存症は進行性の病気です。徐々に悪化し、とことん最悪のケースにたどり着いてしまう [続きを読む]
  • 摂食障害になったきっかけ・症状(私の場合)
  • こんばんは。Kenです。続けて摂食障害(私の場合は過食嘔吐)になった経緯を書いておきます。この異常な行動が始まったのは大学時代でした。実際に想像していたのと大学生活の乖離や自分の中でも処理できないストレスがあって、過食行動が始まったと理解しています。交通手段だった原付で近くのコンビニへ行き、パン、ポテトチップス、アイス、ビール1リットル、などのお決まりのラインナップを買っては寮に帰り、一人部屋で黙々と胃 [続きを読む]
  • No!!!
  • 2つほど前の記事で「紹介されているサプリ、買います!」とか言ってましたが…。高いのしか売ってない!(^_^;)安いのみんな品切れ!!!(^_^;)うーんどうしよう…。うつブログ管理人としては勢いで買ってしまっても良いのですが…。アフィリエイトのたねにもならなさそうだし、相方も「ちょっと考えろ!」って言ってるし…。ちょっと雲行きが怪しくなってまいりました。一応、OKWaveと管理人さんには質問してみていますが…。もし [続きを読む]
  • パニック障害になったきっかけ・症状(私の場合)
  • こんばんは。Kenです。しばらくうつ病の話題ばっかりやってしまったので、もうちょっと各メンタル症状について展開していきます。今回は、現在進行形で悩まされている人も多いであろうパニック障害から。(ちなみに最近では「不安障害」と呼ぶのが正式みたいなんですけど、まだ「パニック障害」の方が一般的なのでこちらを使用します)私がパニック障害に罹患したきっかけはほんの些細なことでした。SEとして毎日横浜から浦安まで一 [続きを読む]
  • うつ病回復マニュアル:ビタミン剤の使用レビュー
  • ひとつ前の記事同様、商品リンクを貼るだけでは意味が無いと思うので、自分が実際に使用している感想を書いていきます。続いてはビタミン剤ですね。これが今回購入したビタミン剤です。うつ病回復マニュアルに指定されている高純度のものとは違いますが、もともと疲労回復用に飲んでいたので(ドリンク剤の話をしていたら錠剤の方が効率がいいと知り合いに言われたため)、それを延用という形で使用することにしました。ビタミンB群 [続きを読む]
  • うつ病回復マニュアル:プロテインの使用レビュー
  • こんにちは。Kenです。まあ、うつ病回復マニュアルに載ってる商品のリンクをバシバシ貼ったところで、だれも買おうなんて気にはなりませんわな(^_^;)ということでここからは、マニュアルに従って各栄養を摂っていった実感を体験記としてレビューしたいと思います。我が家で買ったプロテインおもいっきりウェイトダウンと書いてありますが、減量目的ではありません(^_^;)ただ、うつの治療として朝はやい時間に運動して日光を浴びる [続きを読む]
  • ラスト・ホスファチジルセリン!
  • おはようございます。Kenです。怒涛の商品紹介もここまでです。一気にアフィリエイト臭くなりましたがここまでです(^_^;)最後はホスファチジルセリンです。脳内のストレス物質・コルチゾールを軽減させ、血流を回復するとともに脳細胞を死滅から守る成分だそうです。プロテイン・ビタミンでセロトニン・ノルアドレナリンを回復させ、αリノレン酸・ギンコ・ホスファチジルセリンで脳の機能回復を図る、という一連の流れが明らかに [続きを読む]
  • その四・ギンコ(イチョウ)
  • おはようございます。Kenです。続いてはギンコ(イチョウ)です。これはうつ病ドリルさんで見るまでこのような商品(栄養素)があること自体知らなかったのですが、脳の血流を良くし、思考力と脳細胞の再生を促すものなんだそうです。うつ病回復マニュアルさんでは80mgが120mgのものが推奨されていますが、私が買ったのは120mgでした。なので、朝晩1回ずつ服用となります。これも海外から直送なので、到着するまでに少し時間がかかるの [続きを読む]
  • その三・DHA・EPA(うつ病ドリルではαリノレン酸)
  • おはようございます。Kenです。続いてはDHA・EPAです…といってもこれも、うつ病回復マニュアルではその2つの前身のαリノレン酸を摂取するよう推奨されています。私としては中性脂肪対策としてこれらを摂っていたので、結局同じことかと思ってそのまま採用しています。これは脳の活動を助けるために使われるようです。人間の脳は6割が脂肪でできており、オメガ3(αリノレン酸)が脳の働きに必要だということも解明されている [続きを読む]
  • その二・ビタミン剤
  • おはようございます。Kenです。続いてはビタミン剤です…って、これだけはうつ病回復マニュアルの指定に従っていないんですが…。あちらでは海外製の生成された高純度ビタミンを飲むように指示されていますが、私はすでに疲労回復用としてビタミン製剤を飲んでいたのでそちらで代用(?)することにしています。他の実践者さんがどうかは知りませんが…。ビタミンは前項で紹介したプロテインがセロトニンやノルアドレナリンになる過 [続きを読む]
  • その一・まずはプロテインから
  • おはようございます。Kenです。ひとつ前の記事で書いたとおり、うつ病ドリルさんのうつ病回復マニュアルを実践しています。で、今回は下準備編。プロテインについては、大豆、アミノ酸スコア100以上〜、…といろいろと条件が書いてありましたが、筋肉むきむき人間でもないのでプロテインについてはそんなに詳しくありません(^_^;)そこで、うつ病ドリルさんのサプリメントのページに記載があって、海外サイトなどに登録しなくても良 [続きを読む]
  • うつ病回復マニュアルを実践してみた
  • おはようございます。Kenです。今、うつ病ドリルさんのうつ病回復マニュアルを実践してみています。準備として語られているうち、私が用意したのは以下の5品です(そのうち1品は最初から飲んでた、1品は別用途で飲んでた)・プロテイン・ビタミン剤・DHA・EPA(うつ病ドリルさんでは前駆体のα-リノレン酸を推奨)・イチョウ(ギンコ)・ホスファチジルセリンうつ病回復マニュアルでは以下の二品も購入するよう書かれているが、予 [続きを読む]
  • 「断酒」について私が勘違いしていること
  • こんにちは。Kenです。再度の絶賛再飲酒をかましていました。ここで再断酒を決意するだけなら簡単です。でも、おそらくそれではダメなことがこれまでの事実からも裏付けられています。「断酒」というと文字通り酒を断つことですが、アルコール依存症者にとって、それはもっと深い意味があると思うんです。酒をやめる、それだけではない。なぜ酒に走ってしまったか、という原因。酒によって何を失ったか、という損失。そしてそれら [続きを読む]
  • ついに返信催促が来ました
  • おはようございます。Kenです。さてうつ・適応障害で休職中の私ですが、先日、人事部に職場変更をして復帰しないかというお話をいただきました。人事部…。どうなんですかね?なんだか規則や人間関係が今まで以上にカツカツというイメージしか無いのですが…。で、返信に困っていたんですけど、昨日返信を催促するメールがきました。もう四の五の言ってられる場合ではなくなりました。人事部で復帰でないなら適応障害を起こした元 [続きを読む]
  • 再飲酒…
  • こんにちは。Kenです。昨日は誕生日でしたー!!!…が。アルコール依存症治療の要は断酒であるにもかかわらず、また再飲酒してしまいました…。強烈な飲酒欲求というわけではなく、つい、ふらーっと飲んでしまう。だからこそ依存症なのでしょうけれど、だからこそ断酒を徹底しなければいけないわけです。それができない…。相方との共依存関係を断つ必要がありますし、背水の陣で臨む必要がありそうです。次に再飲酒してしまった [続きを読む]
  • 眠れない…
  • こんばんは。Kenです。はい、タイトルどおりでして、寝られないのでこんな時間に投稿です。私はもともとは不安神経症で過眠傾向だったのですが、うつになったら入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒と、一通りの睡眠障害は制覇(?)しました(^_^;)中途覚醒については夜間頻尿も患っているんでまだ治っていませんが、それ以外の睡眠障害からは開放された…はずなんですが、たとえば今日などは明日から朝早く起きようと決意したのが裏目に出 [続きを読む]