miumiu8 さん プロフィール

  •  
miumiu8さん: La Vita è Bella
ハンドル名miumiu8 さん
ブログタイトルLa Vita è Bella
ブログURLhttp://8meow8.com/
サイト紹介文外国客船クルーが船上生活や寄港地の思い出を綴ったブログ♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 116日(平均1.0回/週) - 参加 2016/05/29 15:47

miumiu8 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 客船クルーの国籍と労働事情
  • こんにちは?イギリス周遊クルーズ、ぐるーっとひと通りの寄港地情報・日記をアップしてきましたが、第2ラウンドに行く前にまた少し、船でのお仕事 や船上生活についてご紹介します♪この記事では船内で働くクルーの多様な国籍と、それぞれに違う、船で働くことに対する考え・目的について、私が知っている情報の範囲内で書きます。 まずクルーの国籍ですが、かなりインターナショナルな船内環境、私が今まで出会ってきたクル [続きを読む]
  • 私がクルーズのお仕事に応募してから面接合格するまで
  • そもそも!私は、ゲストサービス志望で最初応募しました。ホテルのフロントと同じようなポジションです。この前の記事にも書いたのすが、エンターテイメント職になるとはまさか思っていませんでした。そうなった経過はというと…私は当時、さまざまなクルーズ会社の公式ホームページから、直接レジュメを送ったり、クルーズのお仕事を紹介してくれるエージェントを探したりしていました。レジュメを送っても返事は通常、かなり遅い [続きを読む]
  • 「自分で」なんとかするしかない
  • ノルウェークルーズの素敵な3週間も終わった頃、次からはブリテン島クルーズ、いわゆるイギリス周遊クルーズが始まる訳なのですが、夢ごごちだったのは寄港地を観光しているときで、仕事のほうはというと、それはそれは大変でした〓ひたすら、先輩たちの仕事を"シャドーイング" していましたが、イギリスクルーズが始まったらひとりでも出来るようになっていなくてはならないという恐怖にかられて、常に必死でメモを取ったり、録音 [続きを読む]
  • ノルウェー ベルゲン
  • 最も楽しみにしていた寄港地、首都オスロに次ぐノルウェー第2の都市Bergenベルゲン〓この日は友人とお客さんのツアーに参加できました〓博物館とブリッゲン地区を訪れました〓ベルゲンツアーの鉄板です〓〓まずは、ハンザ博物館。3フロアからなる小さな博物館ですが、見応えがあり興味深い歴史を知ることができました。当時のベルゲンのブリッゲン地区は、ドイツ商人(ハンザ商人と称していた)たちが暮らすドイツ人街で、歴史は13世 [続きを読む]
  • ノルウェー ロフォーテン諸島のローカルエリアへ。
  • ロフォーテン諸島に再度寄港した日は、フリータイムがあったので街に出ることができました〓ツアーに参加したり有名スポットまでは行かず、周辺の小さな街で休憩しただけですが…〓港周辺には本当に何もないので、シャトルバスで10分ほどかけて、ショッピングモールやお店、カフェがある街まで行きました〓シャトルが停まった場所は、観光地感は全くありませんでした。まさに地元の人々が日常的にスーパーに買い物に来たりするよう [続きを読む]
  • ノルウェー トロムソ
  • Tromsøトロムソに寄港の日。トロムソはノルウェー北部では最大の都市で、北極圏に位置します。この日はバーテンダーの友人に案内してもらいました。お昼どきだったので、街をぶらぶらしてからとあるピザ屋さんに入りました〓出てきたのは、どでかピッツァ!!〓とっても美味しかった〓〓〓ウェイターさんは、ノルウェーにワーキングホリデーで来ているスウェーデン人の男の子でした。そういえばノルウェー、ワーホリあったのよね [続きを読む]
  • ノルウェー ロフォーテン諸島
  • ロフォーテン諸島は、北極圏ノルウェー海に位置する、ノルウェー領の諸島です。大自然の宝庫で、オーロラスポットしても有名です〓記念すべき初〓北極圏〓〓〓ロフォーテンへようこそ〓この日は残念ながら私は仕事だったのですが、観光から戻ってくるお客さんのお出迎えとテンダーボートへの案内の役割だったので、港付近までは行くことができました〓とはいえ、お土産屋さんしかないのですが〓ここにもトロールさんは居ました。写 [続きを読む]
  • テンダーボートでの移動について
  • 大型客船には 'テンダーボート' というおよそ100人乗りのボートがいくつか完備されています。さて、寄港する港の大きさによっては、大型客船が入港できない港もあります。その際は港の近くに船が停まり、港までの移動にテンダーボートが必要となってきます。大体5隻ほどのテンダーボートを用意し、お客さんの待ち時間をできるだけ最小限にしてスムーズに運行できるようオペレーションします。(画像元: http://gb.fotolibra.com/ima [続きを読む]
  • ノルウェー ガイランゲル
  • この日の寄港地は、世界最大級フィヨルドのひとつで有名なGeirangerガイランゲル。ガイランゲルはユネスコの世界遺産にも登録されている有名観光地です。観光エリアは船が停泊する場所の対岸にあるため、下船口からは、テンダーボートという約100人乗りのボートで移動します〓ブラジル人のルームメイトとその友達と一緒に♪ボートが到着しました。この日は曇りで、6月下旬なのに長袖でも肌寒かったです〓山に囲まれているので当 [続きを読む]
  • ノルウェー フロム☆記念すべき初の寄港地 その2
  • カフェで少し休憩タイムです〓〓船内のクルーオフィスでノルウェーの通貨(クローネ)が両替できるということで、1万円分くらい両替しておきました。当時のレートで800クローネになりました。現在1クローネ=約13円です。ノルウェーは物価が最も高い国のひとつで、ビールも$10(US)以上が当たり前だと友人が言っていました。フロムは観光地なのでもっと高そうです〓私がカフェで頼んだコーヒーとワッフルは、値段は忘れてしまいまし [続きを読む]
  • ノルウェー フロム☆記念すべき初の寄港地
  • 初日にサウサンプトンから出航し、確か翌日は終日航海日でした〓そして待ちに待った初寄港地は、ノルウェーの小さな小さな村、"Flåmフロム"。フロム港への入港が近づくと、息を飲むほど美しい山々が見えてきました。霧がかかった山々が神秘的な雰囲気を醸し出します。この日の天気は良く、少しひんやりと気持ち良い気候でした。ノルウェーといえば、フィヨルド(氷河の侵食によってつくりあげられた湾)!フロムはノルウェー5大フ [続きを読む]
  • ドキドキわくわくの6月17日 ― My First Contractその2 
  • デッキ4階のクルー専用エリアから6階にあるオフィスまで案内してもらい中に入ると、イギリス人♂(ウェールズ出身)のボスが迎えてくれました。ウェールズ訛りとかなりの早口で聞き取るのが大変で不安になるも…気さくで、適当さが伝わってきたので心のなかでガッツポーズ〓笑 厳しく堅苦しい職場は嫌です〓一緒に制服を取りに行き、クルー専用エリアを一通り案内してもらい、早速部屋まで連れていってもらいました。あちこち移動す [続きを読む]
  • ドキドキわくわくの6月17日 ― My First Contract
  • もう3年前にもなる2013年6月、憧れの洋上生活が始まりました〓これから始まるクルーズライフ…〓半年間休み無し、夜遅くまで勤務、今まで経験したことのないような仕事に対しての不安ももちろんありましたが、それ以上に、夢に見ていた豪華客船、寄港するさまざまな国、インターナショナルな職場環境…ワクワクの気持ちが圧倒的に勝っていて、楽しみしか見えなかったあの時の気持ちは忘れません。イギリス出航からの3週間のノルウ [続きを読む]
  • 船上勤務とは − ちょっと特殊なクルーズのお仕事
  • クルーズ船で働いていると聞いてもピンと来ない方が多いと思います。私も職業を聞かれて、クルーズ船で働いてますと言っても「???」と反応されることが多くて、「ピースボート?」とか「え?まぐろ漁?漁船?」なんて言われたこともあります〓笑欧米や東南アジア、南米だと働いているクルーも多くて、クルーズのお仕事専門で紹介しているエージェントも結構あるのですが、日本ではあまり知られていませんでした。2014年の春以降 [続きを読む]
  • ブログを始めます☆
  • はじめまして〓miumiuです。大学を卒業して以来、2012年春のオーストラリアから始まり約4年間のほとんどを海外で(とくに船の上で〓)過ごしてきました。その頃の思い出をフォト日記にして綴っていきます〓この前、パソコンに眠っている大量の写真を整理していて、ここ数年間のクルーズや海外での思い出、楽しさや幸せの感情がリアルに蘇ってきて、何ともいえない気持ちになりました〓この数年間、本当に、自分の大好きなことをして [続きを読む]
  • 過去の記事 …