TSUYOSHI さん プロフィール

  •  
TSUYOSHIさん: エリオット波動 売買戦略 FXブログ
ハンドル名TSUYOSHI さん
ブログタイトルエリオット波動 売買戦略 FXブログ
ブログURLhttp://ehadou.blogspot.com/
サイト紹介文ドル円相場で収益を上げるチャンスであるトレンドの転換点をエリオット波動で予想するFX入門ブログ。
自由文ドル円為替相場をエリオット波動で予想する「ドル円週間予想」、分かり易くエリオット波動を紹介する「エリオット波動入門」「波の数え方」、エントリーポイントや利確ポイントを指南する「売買戦略」、また取引ツールのMT4情報もお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2016/05/29 20:04

TSUYOSHI さんのブログ記事

  • まずはここから! エリオット波動3つの推進波
  • 今回のエリオット波動入門は、FXトレードで知っておくべき推進波の3つの種類について綴ってみたいと思います。 FXトレーダーの勝ち組は、この推進波を狙い撃ちしてきます。 なぜなら、トレンドを大きく押し進めていくのは、この推進波であるからです。この推進波の大きな波にタイミングよく乗ることができれば、間違いなく大きな見返りが待っています。また、この推進波をマスターすると、そこまでランダムに動いているように見 [続きを読む]
  • 相場の現在地を教えてくれるフラクタル構造
  • 前回のエリオット波動入門は、相場は8波1サイクルを繰り返しながらトレンド方向に進み、そして、このサイクルの繰り返しにより、ひと回り大きな段階の推進波(衝撃波)を作り出しているという内容でした。前回も少し触れましたが、これは相場がフラクタル構造になっていることを表しています。今回のエリオット波動入門は、このフラクタル構造について綴ってみたいと思います。実は、このフラクタル構造を理解しておくと、トレードを [続きを読む]
  • エリオット波動入門
  • このサイトを立ち上げた理由は、驚くほど機能するエリオット波動を少しでも広めたいという思いからです。 サイトに訪れてくれた方が、「エリオット波動は以外と簡単で、しかも楽しそうだ」と感じていただけ、そして、このサイトをきっかけにエリオット波動を始めていただけるようになればいいなぁと考えています。たまに、「エリオット波動は難しそうで・・・」というコメントを頂くことがあります。 たしかに、週間予想などはフ [続きを読む]
  • ユーロドル1波延長型衝撃波?
  • 本日、ユーロドルが3-5波動目の2-4チャネルの1波ラインにタッチしてきました。 この辺りが終点なのか、又はまだ上に終点はあるのでしょうか。本日の欧州時間以降注目です。2-4チャネルの1波ラインタッチはとてもよく機能しますが、ヒゲの部分行き過ぎることもよくあります。 そのような場合、フラクタルを利用して、ひとつ下の段階の波動展開を確認すると、より深くタイミングを計ることができます。そこで、本日は少し時間がで [続きを読む]
  • ユーロドルの上昇が3波止まりだとすると・・
  • 広陵高校の皆さん決勝進出おめでとうございます。昨日は、仕事そっちのけで応援していました。 ぜひ優勝旗を広島に持ち帰ってきてください。あと中村君、大会新記録恐れ入りました。ドル円は、苦しみながらも本日の上昇で衝撃波が完成したと予想しています。 この押し目でタイミングを見ながらエントリーしたいと考えているのですが、ユーロドルの状況が気になります。そこで本日の為替予想は、簡単にユーロドルの状況を確認して [続きを読む]
  • 【FX 予想】ドル円一時的破れか?
  • 広陵がベスト8に進出しました。 広陵といえば2007年の夏、野村投手(現広島カープ)が決勝で打たれた逆転満塁ホームランを思い出します。今年は優勝旗を広島に持ち帰ってきてほしいですね。 それにしても、中村くんの13打数10安打4HRは凄い(しかも堅守で足も速い)。カープに入ってくれないかなぁ。 [続きを読む]
  • ローリスクハイリターン 強力な反転ポイントはここだ!
  • 「どのようなタイミングでエントリーすればいいのですか?」というご質問を最近よくいただきます。「買えば下がり、売れば上がる」、このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。エントリーの手法は、ネットや専門誌などで数多く紹介されています。デモトレードでいろいろ試してみて、自分に合ったエントリー手法を使うのが一番だと思います。私は波動使いなので、エリオット波動を基本に、チャネルラインやフィボナ [続きを読む]
  • ポンド円0-2チャネルタッチ
  • 昨日はユーロ、ポンドが売られる展開で、大きく下降してきました。 ユーロドルの下降で一時は大きく上昇したドル円は、その後のユーロ円の下降に引っ張られる形で下降してきています。ユーロ円は、一目均衡表4時間足雲を下抜けてきており、下降衝撃波を展開してきているようです。 拡大フラットのc波衝撃波でしょうか。ドル円は、ユーロドルやポンドドルが下降してきても、ユーロ円やポンド円が同じく下降してくると厳しいようで [続きを読む]