いもと さん プロフィール

  •  
いもとさん: ロンドンMBAホルダーワーキングホリデー・英国旅行記
ハンドル名いもと さん
ブログタイトルロンドンMBAホルダーワーキングホリデー・英国旅行記
ブログURLhttp://london.muragon.com/
サイト紹介文イギリス、ロンドンでのMBAホルダー、ワーキングホリデー(YMS)ブログ(英国旅行記)
自由文・英語力(TOEIC930、IELS7.5、TOEFL102)
・豪州MBA
・海外就労経験
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 110日(平均1.0回/週) - 参加 2016/05/29 21:21

いもと さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 海外のお金持ち
  • ビバリーヒルズにあるブガッティ ふと思ったことだが、海外で生活しているとお金持ちに出会うことが多い。 私はロンドンの他に、メルボルン、ニューヨーク、ロサンゼルス、シンガポールにて生活したことがあるが、東京に比べると圧倒的に富裕層が多かった。ベンツに乗っているとか、タワーマンションに住んでいるとかいうレベルではなく、家を20軒所有しているとか、上場企業の社長、親から1億円小遣いでもらった、中東に油田 [続きを読む]
  • Edinburghエディンバラ旅行
  • スコットランドの首都エディンバラに行ってきた。 エディンバラはロンドンからはるか北に位置する人口50万人程度の都市である。ロンドンから電車で5時間、飛行機で1時間といったところか。 英国ではロンドンに次ぐ観光都市でなんといっても目玉はエディンバラ城であろう。壮大な城は大変雰囲気があり、長い歴史を感じさせる。いかにも欧州の大学と思わせる石造りのキャンパスを持つ名門エディンバラ大学もある。アダムスミス [続きを読む]
  • 英国ポンド売買、考察
  • Outが過半数を越えたBrexit投票以降、GBP(ポンド)が急落している。 特にUSD(米ドル)に対しては、1985年以来の歴史上2番目の低水準である。私は学校で金融・経済等を学んだが、素人には為替はどうなるか分からないと考えている。ただ、Brexitという歴史的瞬間に英国にいるのだからまとまった米ドル、日本円を両替してみようという気はおきる。日本円は2010年に117円の時期があったのだから1 [続きを読む]
  • 第2の故郷オーストラリア
  • 今日は私がビジネススクール時に住んでいたオーストラリアについて。 まず私がMBA取得を志した理由は、日本の閉塞感とグローバル化である。というといかにも堅苦しそうだが、ただみんなが話す英語で、世界中の人とコミュニケーションを取りたかったのである。そこで天候・治安のよいオーストラリア、奨学金がもらえたUniversity of Melbourneのメルボルンビジネススクールをチョイスした。 日本にとっ [続きを読む]
  • ストーンヘンジ(Stonehenge)旅行
  • 英国世界遺産ストーンヘンジを見てきた。ストーンヘンジは大きな細長い石が綺麗な円を描くように直立していたり、石と石にまたがるように横たわっていたりする、ただそれだけ。4〜5000年前に作られたこれらの石の並びは美しく映る。誰がどのように何故作ったのかは明確には解明されていない。また、夏至の日は中央にある祭壇石と6mほどの背の高い石と太陽が一直線に並ぶ。夏至の日は確か最寄駅からのバスが無料で大変混む。 [続きを読む]
  • 欧州のバケーション・働き方
  • 欧州、夏のバケーションはとくかく長い。 私も現在2週間休暇をもらい、フランス・ドイツと旅行をしている。他の同僚も1、2週間の休みを取り、旅行をしたり、まったり過ごしいたりする。この休暇の取得のしやすさは欧州ならではのものだろう。1ヶ月のバカンスというのが存在する。ロンドン市内を歩いていてもやはり欧州からの観光客が多いように思える。 余談だが、アジア、中国をはじめ日本からも観光客が沢山来ている。彼ら [続きを読む]
  • ロンドンについて
  • 英国EU離脱、ポンド安、夏のバケーションでの観光等、注目を集めている英国、ロンドンについて書いていく。 イギリスの首都であり、ヨーロッパ最大の都市、ロンドンは人口800万人を抱え、経済、特に金融、教育、ファッション、歴史、観光等、何をとっても世界有数の都市、欧州一の都市である。 日本で持たれている西洋に対する”おしゃれ”のイメージを体現する都市であろう。写真にある赤い2階立てのロンドンバスや黒いロ [続きを読む]
  • Cotswolds(コッツウォルズ)旅行記
  • イギリスで最も美しい街と言われるコッツウォルズに行ってきた。 ロンドンから車で2時間、電車で1時間半ほど離れている自然豊かなところ。見所はライムストーンの石灰岩でできた家と街並み。黄色味がかかった金色、黄土色の石造りの家は大変風情がある。イギリスならではの街の景観、集落の統一感が見られる。パッと見ただけではどれが自分の家か分からないかも笑。一口にコッツウォルズといってもこのような街並みを持つ地区は [続きを読む]
  • 仕事の探し方3
  • エージェントについての最後の記事、日系のPeople First, Professional Employment, 英系エージェントRobertWalters、オンラインはガーディアン、モンスター等の利用感想。 Poeple Firstは感じのよいマネージャーのコンサルタントの方がいて、ポジションの紹介もそれなりにしてくれた。ただ、明らかに希望に沿わないようなポジションも紹介してきた。断った後は [続きを読む]
  • 仕事の探し方2
  • 本日は他の日系エージェントについて書いていく。 まず、Centre People。ややフォーマルでビジネスライクのJACに比べると多少カジュアルの雰囲気がある。イギリスの他の日本人の話を聞く限りCentre Peopleを使って仕事を見つけた人が多い模様。確かにこちらの要望を汲んでくれ、希望とマッチしない職の紹介はなかった。パソコンでMicrosoftのスキルテストがあった。私は英語圏での仕事やビ [続きを読む]
  • 仕事の探し方
  • 本日のロンドンは珍しく1日中晴れていそうだ。 湿気も少しあるが、比較的カラッとしていて気持ちがいい。 ロンドン中心街にも緑が多く、公園で寝そべっている人が多くいる。 さて、今回は仕事の探し方について書いてみたいと思う。 私が利用したのは以下の3つ。 1、日系エージェント 2、非日系エージェント(英系) 3、オンライン求人 4、企業HP 以下、それぞれの印象を書いていく。 まず、日系エージェントはJ [続きを読む]
  • ロンドン生活のはじまり
  • ついにロンドンにやってきた。 家、銀行口座、仕事、全てが整い、生活している。 なかなかハードな1ヶ月だったが、落ちつけている。 夏のロンドンは天候がカラッとしていていい。 日本の蒸し暑さから逃れられるのは大変よいが、 地下鉄の冷房はないので非常に暑苦しい。。。 下記に家、仕事について記すと、、、 まず家は1週間仮住まいのAir B and Bを手配し、 その間パーマネントの家を探した。 Air B [続きを読む]
  • 渡英準備3
  • 日本が湿気で暑くなる前に脱出を目論む。 ・ビザ ビザセンターにて手続き ・航空券 購入済 ・家探し 1週間ほどのホテルを手配し、その間引っ越し先をみつける ZONE1とかに住めればいいが、可能なのか。。 ・換金 英の口座開設まで、豪のNABと日本の口座を使用 HSBC、バークレイズ、Lloyd's、Nat West、Santander(スペイン)あたりに目をつける pending FX換金??? [続きを読む]
  • 渡英準備2
  • ・ビザ オンラインのアプリケーションをワーホリ協会?ネット?のサイトを参考に記入 そして新橋のビザセンターを予約 ・航空券 スカイスキャナーで探したエミレーツ、アエロフロートが安そう ・家探し 日系の不動産会社に問い合わせ見積もりをもらう スカイプ内覧を提示される ・換金 pending FXどうやればいいのか調べる。簡単なのか??? ・就職活動 職務経歴・自己分析をし、CVを書き上げる ・保険 [続きを読む]
  • 渡英準備
  • 6月になったのだが、イギリスはまだまだ寒いそうだ。5月は暖かい時期もあったみたいだが。。。4月も。。。。3月も。。。(笑)きっとイギリスの春と初夏は天気がころころ変わるのでしょう。 渡英準備として以下のことに取り掛かる ・ビザ ・航空券 ・家探し ・換金 ・就職活動 ・保険 ・荷造り ビザはUKgovのサイトを見ると情報過多でとてもややこしそうだが、日本語の外部サイトだととても明瞭に書かれている。 [続きを読む]
  • はじめまして
  • はじめまして、いもとと申します。 本ブログは世界都市ロンドンで悪天候・不味いご飯・高い物価の三重苦と戦うブログです。 ワーホリのビザだと仕事探しを始め様々なことでハンデを追います。結果として、やりたくない仕事をしたり、待遇が悪かったりと、貧しい生活(そしてご飯も不味しい生活ワラ)になったりしがちですが、その中でもハイレベルな環境に身を置き、自身を成長させていきます! そのための私の武器は以下の3つ [続きを読む]
  • 過去の記事 …