上村英明 さん プロフィール

  •  
上村英明さん: 恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ
ハンドル名上村英明 さん
ブログタイトル恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ
ブログURLhttp://hideburo.hatenablog.com/
サイト紹介文恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供199回 / 357日(平均3.9回/週) - 参加 2016/05/30 09:33

上村英明 さんのブログ記事

  • 恋愛がややこしいのではなく、自分がややこしくなっている話
  • こんにちは。上村です。江戸時代は、「和算(数学)」が、庶民の娯楽だったそうですね。今みたいに、テレビや雑誌があるわけではない。娯楽など、限られた時代です。だから数学は、庶民にとって楽しみの一つだったのですね。「何して遊ぶ?」「三角形の面積でも、計算してみるか」「どちらが早いか勝負しよう」なんて会話がかわされていたかどうか知りませんが(笑)、まあ、そんな感じだったかもしれません。僕も学生の頃、こんな [続きを読む]
  • 失望は挫折ではなく、より素晴らしい希望の発見
  • こんにちは。上村です。恋愛などで、よくありますね。相手に構ってもらえなくて不安だから、どんどん追いかける。相手が反応してくれたら嬉しい。一時的に、気分は高揚します。しかし、また同じような状況に戻る。相手は構ってくれないのです。すると、前よりいっそう、姑息なことをしてしまう。そんな自分に嫌気がさして、自己嫌悪になってしまうのです。こういうのを、「悪循環」というのかもしれません。うまくいかなくて悩むこ [続きを読む]
  • 孤独は、真の喜びに気付くための時間
  • こんにちは。上村です。誰しも、「孤独」は嫌なものでしょう。「孤独=寂しい」と思いがちですが、本当にそうでしょうか。見方を変えてみましょう。孤独を味わうからこそ、人との交わりに喜びを感じるのではないでしょうか。人と交わっている時に、いろいろ学びます。でも、孤独は、それ以上の学びがあります。孤独の寂しさ、切なさは、「人への共感」「強い心」「かけがえのない大切なこと」に気付かせてくれるのです。例えば、恋 [続きを読む]
  • 「今日のうまくいかないこと」は、明日の自分にとって必要なもの
  • こんにちは。上村です。学生時代のことです。僕には、どうしても「できないこと」がありました。たいしたことではないのに、なぜかできない。それは・・・ 「学食で一人で食事をすること」です。(笑) 寂しがり屋というわけでもない。むしろ、一人で食事する方が気楽なくらい。でも、「他人の目」が気になったのですね。「あいつ、いつも一人だぞ」と思われるのが嫌だった。いっしょに食事をしている人が多く、一人で食べている [続きを読む]
  • 「感謝」で救われた話
  • こんにちは。上村です。僕は昔、「肩コリ」に悩まされていた時期がありました。肩コリというのは軽く見られがちですが、本人にとっては相当辛い。ところで、僕は、肩コリ解消法として「ある方法」を思いついた。それは何でしょうか?一見、肩コリとは関係ないような、「意外な方法」です。それは・・・感謝すること。「どういう意味?」と思われるでしょう。もちろん「肩コリに感謝する」という意味ではありません。「物事全般に感 [続きを読む]
  • 繊細は、傷つくためではなく、前向きをいっそう強くするためにある
  • こんにちは。上村です。今は、高度情報化社会ですね。もちろん情報をたくさん得れるのはいいことですが、注意しないと副作用もありますね。いろいろな情報が氾濫しています。聞きたくなくても、耳に入ったり、目に入ったりしてきます。他人の生活を、垣間見ることもできる。裕福な生活をしている。きらびやかな環境にいる。羨ましい日常を送っている。「嫉妬心」を、やたらに刺激されるのです。しかし、一見、きらびやかに見える世 [続きを読む]
  • 傷つきやすくて困っている人に捧げる話
  • こんにちは。上村です。突然ですが、世の中は「便利」になったものですね。昔は、読みたい本があっても、書店に行ってなかったら、困ったものです。他の書店にもない。店員さんに頼んで、取り寄せてもらうしかありません。でも、そこまでするのも面倒なので、たいていはそのままになってしまう。今は、読みたい本があれば、ネット経由で探せば、何でもあります。いちいち歩き回って、探す必要もありません。しかも、注文したらすぐ [続きを読む]
  • ひねくれてしまった気持ちをまっすぐに戻すと、きっと物事はよくなっていくよ
  • こんにちは。上村です。前回のブログで、「駆け引きはいらない」という話をしました。hideburo.hatenablog.com特に、恋愛で多いかもしれません。うまくいかないと、「駆け引き」をあれこれ考えてしまうことが。振り向いてくれないので、わざと冷たくする人がいます。「自分はあなたに興味ないぞ」という態度。関心の裏返しですね。でも、そんな「手のひらを返したような態度」が受け入れられるはずもありません。相手にいっそう不 [続きを読む]
  • 「駆け引きしない」ススメ
  • こんにちは。上村です。「毒舌家」という人がいますね。必要以上に「憎まれ口」を叩くのです。どうして、そんな憎まれ口を叩くのでしょうか?尊大だからでしょうか?そういう場合もあるかもしれませんが、実はもっと深い理由があります。その理由とは?つまり、それが「芸」だからですね。芸人ではありませんが、でも、「芸」をしている場合があるのです。この場合なら、「憎まれ口」という芸ですね。「憎まれ口」といっても、相手 [続きを読む]
  • 「信じる」とは、頭の中ではなく、行動から生まれるという話
  • こんにちは。上村です。前回のブログで、「小さな欲を捨てたら、見えてくるものがある」という話をしました。hideburo.hatenablog.com例えば、こんなことを考えてみましょう。親しい人と、ケンカをしたとしましょう。どちらが先に話しかけるとか、どちらが先に謝るとか、どちらでもいいことですね。自分ばかり損をしているとか、相手ばかり得をしているとか、それもどちらでもいい。そんなことにこだわるのは、本当の自分ではあ [続きを読む]
  • 格好をつけるのをやめて、自然になったら、きっとあなたの個性が輝いてくる
  • こんにちは。上村です。あなたは、「格好をつけたくなる瞬間」はないでしょうか?たぶん、誰にでもあると思うのです。恋愛でもあるでしょう。好きな異性の前だと、格好をつけたくなる。僕自身にもありました。若い頃、好きな女性の前で、「おもしろい人」を演じようとしていたのです。何か知りませんが、「おもしろい男性はモテる」と勘違いをしていた。滑稽なことをして、女性が笑ってくれる。それでモテたような気になっていたの [続きを読む]
  • 何もできなくなった人が、前に進むことができるようになる話
  • こんにちは。上村です。「何をするにも不安で、怖いんです」という人がいます。「したいことがあるけれど、不安が先立って進めない・・・」ということですね。実は、こういう方は、思っている以上にたくさんいます。周囲を見れば、みんな堂々として、不安などないように感じるかもしれない。でも、口に出さないだけで、あれこれ不安を抱えているものです。特に、新しいことをしようとすれば、いろいろ心配事も出てきますね。でも、 [続きを読む]
  • 恋愛で、「好き」と「落ち着き」を両立させる話
  • こんにちは。上村です。あなたは、相手が、自分に好意を持ってくれているかどうか、過剰に気にすることはないでしょうか?特に恋愛で、多いかもしれませんね。自分を本当に愛してくれているのか、確かめたい。安心感を得ようします。それ自体はいいのですが、その結果、妙に相手に「しつこくしてしまう」ことがあります。絶えず愛情を確認しないと、落ち着かない。もちろん、恋人同士だけではありません。片想いでもあるでしょう。 [続きを読む]
  • すべてにおいて気にしやすい人が、自分の特徴を生かして、強く生きる方法
  • こんにちは。上村です。「強い気持ちを持とう」と言われますね。では、「強い気持ち」って、何でしょうか?「感じないこと」と思っている人がいます。でも、それは大きな間違いです。感じるからこそ、喜びがあるし、人間らしさが生まれるのです。感受性とは、人間にとって必要なもの。「本当の心の強さ」とは、「感受性」の上に立脚します。大切なことは、感じないことではなく、「何を感じるか」です。傷ついた経験を通じて、自分 [続きを読む]
  • 悪いこと以上に、「いいこと」があったから、あなたがいる話
  • こんにちは。上村です。昔の話ですが、僕が受験生の頃、こんなことがありました。私立大学を何校か受験したのですが、その最初の受験。初めてなので、場所がよくわからなかったのです。「たくさん受験生がいるから、だいたい場所はわかるだろう」と安易に考えていました。自分なりに、事前に場所を確認したつもりでしたが、何せ初めて行くところ。バスを降りてから、間違った方向に向かってしまったのです。受験生がたくさんいると [続きを読む]
  • 飲めないお酒を飲まないのは当たり前のことで、「お付き合い」とは関係ない話
  • こんにちは。上村です。あなたは宴会で、お酒を強要されたご経験はないでしょうか?愛想程度なら問題ありませんが、中には強要してくるような場合もあるかもしれませんね。そうなると困ります。「飲めません」と拒否したら、「おもしろくないぞ」と言われたりとか。「おもしろい」「おもしろくない」の意味がわかりません。(笑)僕も昔、「酒が飲めないんです」と断ったら、職場の先輩に、「雰囲気を壊すなよ」と言われたことがあ [続きを読む]
  • 駆け引きは、うまくいっていない証拠という話
  • こんにちは。上村です。あなたは、「駆け引き」を考えることがあるでしょうか?特に、恋愛では多いかもしれません。駆け引きを使って、何とか相手を振り向かせようとする。しかし、うまくいかないものです。誠実さが失われた状態で、本当の愛情が芽生えるわけもありません。自分が、本当に駆け引きなどできるタイプかどうかを、考えてみること。柄にもないことは、しなくていいのですよ。相手を嫉妬させようとしても、見透かされて [続きを読む]
  • わからないことは、「わからない」と言っていいんだよ
  • こんにちは。上村です。あなたは、「わからないことを、わからないと言える」でしょうか?「わかりません」と言うのは、意外に難しい時があります。人に質問されて、「つい知ったかぶりをした」ことって、ありませんか?友達の前で、全然わからないのに、「ああそれね」なんて言ってみたりとか。相手にいいところを見せよう、「それはこういうことだよね」と言ったら、全く見当違いだったりとか。こういうことは、「仕事上」で多い [続きを読む]
  • 「相手が思い通りに動いてくれないのは当たり前」という話
  • こんにちは。上村です。こんなことを、考えてみてくださいね。「恋愛」に悩んでいる人がいるとします。「相手が思い通りに動いてくれない」と嘆く。その不満から、相手に対して押し付けがましくなります。「一日に○回は必ずメールすること」などと、相手に強制する。適度なものなら愛の延長かもしれませんが、行き過ぎると、相手から「自由を奪う」ことになります。 自由を奪うのは、本来の愛情とは、真逆のものですね。愛は、本 [続きを読む]
  • すれ違いにも意味があるのだから、何も心配しなくていい話
  • こんにちは。上村です。僕の自宅の近所には、歩いていける距離に、「スーパーが4つ」もあります。気の向くまま、4つのスーパーを、適当に回ったりします。一つで十分ですが、何となく気分転換。これぞまさに、「スーパーマン」このジョークが言いたくて、書いたわけではありません。それはともかく、スーパー回りも、気分転換になります。 各スーパーで特徴があるのです。「このスーパーには置いていないけど、あのスーパーには [続きを読む]