sanctuaryooita さん プロフィール

  •  
sanctuaryooitaさん: 日本サンクチュアリ協会 大分教会
ハンドル名sanctuaryooita さん
ブログタイトル日本サンクチュアリ協会 大分教会
ブログURLhttp://sanctuaryooita.jp
サイト紹介文真のお父様、イエス様、亨進様、国進様の事情と心情を訪ねて、天一国主人の家庭教会の確立拡大のために
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 236日(平均4.2回/週) - 参加 2016/05/30 18:51

sanctuaryooita さんのブログ記事

  • 家庭教会の目的とトランプ大統領の就任
  • 家庭教会の目的とトランプ大統領の就任2017年を迎えて、新しい時代となっています。これからの方向性をどのようにすればいいのかと考えておられる方も多いのではないかと思います。今の時において、どのように行動し、伝道、教育を進めていくのかという点を自分なりに探ってみました。トランプ大統領の就任によって、新しい革命が始まりました。真のお父様と亨進二代王様が喜んでおられ、天の摂理が急速度で展開されることを感 [続きを読む]
  • 家庭教会、四段階伝道の方策
  • 家庭教会、四段階伝道の方策伝道をどのようにするかということ、教育をどのようにするのかということの方向性をある程度明確化する必要があります。大分教会で伝道教育に対して行っていること、やろうとしていることを記してみたいと思います。伝道の四段階としました。第一段階霊的な伝道まず自分がアベルの立場に立つために伝道の対象者を明確化することが必要です。伝道対象者がカインの立場となるため、その伝道対象者を明確に [続きを読む]
  • キリスト教禁止令から430年目を迎えた今年、2017年
  • キリスト教禁止令から430年目を迎えた今年、2017年先日、1月9日に長崎島原の日本キリスト教史研究家の宮本さん御夫妻とお会いして、色々と交流することができ、お互いに有意義な時間を過ごすことができました。その時、教えていただいたことは、バテレン追放令(キリスト教禁止令)が1587年7月に発令されてから今年で430年を迎えることになるという重要な内容でした。特に大分ではキリスタン大名、大友宗麟公のも [続きを読む]
  • 2017年1月1日 天一宮入宮式参加の感想と報告
  • 2017年1月1日 天一宮入宮式参加の感想文              大分教会  阿南信義天一国天一宮入宮式に参加するできた恩恵に心から感謝申しあげます。今回の入宮式で時代は大きく変わるということは伺っていましたが、どんな意味があるのかを自分なりにたずねてみました。昨年の10月30日の先祖解怨祝福式のとき生まれる前の子女たちの解怨がなされた事を通して二代王様の勝利がさらに確立されたと思いました。 [続きを読む]
  • 天一宮入宮式と國進様のお姿
  • 1月1日の天一国二代王入宮式を勝利された國進様のお姿がとても印象的で忘れることのできない感動として心の中に残っています。11時から二代王様が入宮されますが、その数十分前から國進様御夫妻は一般のシックと同様に外で待っておられました。テープカットの後、二代王様が深く祈祷され涙される傍らでともに涙を流されておられた國進様です。揮毫を書かれるその横で見つめておられる國進様のお姿は、なにか愛の心情を感じてな [続きを読む]
  • 王国のスタイル
  • 王国のスタイル1月2日今日は朝、5時から訓読会です。何が真実であるのかをあからさまに、世界に配信されます。約2時間半のネット配信のあと、参加したシックと何の隔たりもない交流のひとときです。夜明けの外、冷気の中でも親交されます。天一国の姿はどのような雰囲気であるのかが示されています。真のお父様を王の王として深く、交わる真の人間関係がそこにあります。普通の家より少し大きいだけの建物ですが天一宮として神 [続きを読む]
  • 天一宮入宮式で新しい歴史的出発がなされました
  • 天一宮入宮式で新しい歴史的出発がなされました。2017年1月1日午前11時より天一宮入宮式が執り行われました。亨進二代王様御夫妻の入宮です。テープカットのあと、亨進二代王様が揮毫をなされました。亨進二代王様のみことばの時間です。そのあと祝祷をなされました。前に立っておられるのは信俊様です。億万歳の前の笑顔です。記念写真の二代王様御夫妻と國進様御夫妻カン先生もお元気で参加されました。2017年1月1 [続きを読む]
  • 天一宮入宮式を目前にして想うこと
  • 天一宮入宮式を目前にして想うこと今回の天一宮入宮式は特別な式典であることを伺っています。自分なりにどのようにその日を迎えるべきであるかを考えてみました。1、 アメリカ大統領選でトランプ氏が勝利した時の亨進様の喜ぶ姿を見てアメリカ大統領選で勝利した時の、亨進様の喜ばれる姿は歓喜に溢れていました。その背後にどれだけの精誠の条件を立てておられたのであろうかと思いました。アメリカの大統領は世界的カイン圏の [続きを読む]
  • 真のお父様の心情と血統に繋がる原理講義
  • 真のお父様の心情と血統に繋がる原理講義昨日は一日原理講義をしていました。サンクチュアリ大分教会で朝8時前に青年が来て、原理講義を受けました。先日の続きで、堕落論の第三節から六節までと復帰原理緒論とアダム家庭、そして祝福の意義と価値についてと午後2時まで、しっかりと原理学習をする時間でした。途中から、二人の婦人が加わってきました。一人は実践倫理の方で、今月の21日に初めてこられて、原理講義を聞かれる [続きを読む]
  • 堕落した天使長と本然の天使長
  • 堕落した天使長と本然の天使長真のお父様はキリスト教の反対によって、地獄の興南収容所から出発されてから、個人、家庭、民族、世界の復帰路程を勝利されて、天勝日を宣布されました。そして神様の心情、イエス様の心情の恨を解かれて、地上においての新たな摂理が展開されました。今、二代王様が再びアメリカで勝利をなされました。真のお父様の勝利圏を完全に相続しておられるために、凄まじく早く展開されることを感じます。そ [続きを読む]
  • 日本をめぐるミクロとマクロ
  • 日本を巡るミクロとマクロ姜賢實先生がサンクチュアリ協会本部にこられたことを通して家庭連合に大きな衝撃を与えたことは確かであると思います。しかし、反面さらにかたくなに現体制を維持しようとする姿勢を強くすることが考えられます。救命ボートを準備しているにも関わらず、沈みゆく船にしがみついているシックの姿が多くあります。今なお家庭連合の間違いに気がついていないシックの姿、気がついていても組織やアベルの方針 [続きを読む]
  • 真のお父様が導かれた姜賢實先生
  • 姜賢實先生がサンクチュアリにこられたことはとてつもない天の計らいであり、真のお父様が背後で導いてくださっていることを実感する出来事です。これで家庭連合のシックの皆様が第二代王様に繋がることのできる道が大きく開かれたことになります。真のお父様が亨進様國進様の信仰の勝利を見られて、送られた姜賢實先生ですので、さらに希望をもって新たな前進をしたいと思います。真のお父様のみことば姜賢實伝道師入教 さて、そ [続きを読む]
  • 既に予定されている神様のみ旨
  • 使徒行伝 11章17節 :17)このように、わたしたちが主イエス・キリストを信じた時に下さったのと同じ賜物を、神が彼らにもお与えになったとすれば、わたしのような者が、どうして神を妨げることができようか」。 :18)人々はこれを聞いて黙ってしまった。それから神をさんびして、「それでは神は、異邦人にも命にいたる悔改めをお与えになったのだ」と言った。 二日前に教会で本の発送の準備をしていた時に、こちらのシックが [続きを読む]
  • なぜ家庭連合は発展しないのか
  • なぜ家庭連合は発展しないのか1、祭司長が腐っている祭司長(教会長)が給料を貰っていることが腐っている状態です。サタンが働くことがあっても神様は働くことができません。そしてやたらと経費がかかるような教会をつくります。例えば、家庭連合大分教会は家賃が100万円を超えます。名古屋には毎月、400万円をこえる家賃を払っているところもあります。それらの費用はすべて、シックの献金で運営することになるので、お金 [続きを読む]
  • 非原理的集団となっている家庭連合の幹部たち
  • 非原理的集団となっている家庭連合の幹部たちその事実を家庭連合シックは皆さん知っておられると思います。その実態を述べてみたいと思います。1、シックに命令するだけで、自分では伝道も献金もしない非原理的幹部たち。前線で伝道するのは一部のシックの皆様でほとんどの教会長、婦人部長はただ命令するだけです。いつも教会の中にいて、伝道会議といいながら、何も行動しようとしていません。上に立つものが率先してこそ初めて [続きを読む]
  • 皮袋は張り裂け酒は流れ出る
  • マタイによる福音書9章17節 だれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。もしそんなことをしたら、その皮袋は張り裂け、酒は流れ出るし、皮袋もむだになる。だから、新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである。そうすれば両方とも長もちがするであろう」。昨日は合計11名の方々と交流しました。最後の方々とは深夜0時30分まで時間が経つのを完全に忘れて、語り合っていました。なぜこうなってしまったのか、ど [続きを読む]
  • いのちの木にあずかる特権を破壊した家庭連合
  • いのちの木にあずかる特権を破壊した家庭連合ヨハネの黙示録22章14節いのちの木にあずかる特権を与えられ、また門をとおって都にはいるために、自分の着物を洗う者たちは、さいわいである。この聖句は原理講論の堕落論の中にある重要な聖句です。家庭連合のシックで知らない方はいないと思います。いのちの木・・・ 創造理想を完成したアダムの姿であり、再臨のイエス様のことを象徴したことばです。特権・・・ 祝福を受け真 [続きを読む]
  • 自由と責任の革命をおこす者が必要
  • 自由と責任の革命をおこす者が必要真のお父様に対して、家庭連合韓国幹部、韓オモニが反逆することを通して、天の摂理は勝利を目前に、すべてがサタンに奪われる結果となってしまいました。2000年を迎えて、最後の12年路程をお父様は決定されました。その長成期完成級において2008年4月亨進様を真のお父様は祝祷され、代身者、相続者として決定され、最後の4年間において、その準備をなされました。その当時において、 [続きを読む]
  • 神山会長の思い出と江利川会長
  • 神山会長の思い出と江利川会長私が献身したのは名古屋教会でした。その時に地区長をされていたのが神山威会長でした。神山会長は献身したての私にとっては、初めての指導者でした。その名古屋での期間はそのあと十字軍が結成され、全国に出て行く短い期間でしたが、私の信仰生活において極めて重要な内容を教えていただいた思い出であり、また私の信仰の根本となっています。神山会長は当時、原理講論以外御言葉集がない時代におい [続きを読む]
  • 家庭連合はどこが間違っているか
  • 家庭連合はどこが間違っているか家庭連合では会長や地区長、教会長は真の父母の代身であるとの立場をとります。父母の代身であるのでメシヤに侍るように、私に侍りなさいということになってしまい、その思想が基台長や区域長まで連動することになります。特に、地区長や教区長の中には高級車に乗り、食事も担当者を決めて、作らせるようにしていて、それが当たり前のようになっているのが現状です。自分が王様になっています。彼ら [続きを読む]
  • 家庭連合にはなぜ愛がないのか
  • なぜ家庭連合には「愛」がないのか 今の家庭連合には愛がないという方が多くおられます。事実そうです。その原因を探ってみたいと思います。まず、韓オモニは「自分は絶対的存在であり、独生女、独り娘である」ということを絶えず、強調している姿は見るにたえない状況となっています。それは「自分は絶対であるので、私に従え」という論理を生み出しています。結局、その韓オモニ(重荷)を中心としての家庭連合は上から下まで会 [続きを読む]
  • 家族に乾杯の人気と家庭連合の衰退
  • 鶴瓶の家族に乾杯の人気と家庭連合の衰退テレビはニュース以外殆ど見ることはありませんが唯一、NHKの番組で「鶴瓶の家族に乾杯」という番組を見ることがあります。それが人気の長寿番組といいます。テーマは家族に乾杯ということで夫婦、親子の関係を訪ねていくことによって、家族の暖かさや大事さを自然と教えてくれているのが特徴でいつの間にかその中に引きずり込まれいる自分があります。それがなぜ人気であるのか。人間は本 [続きを読む]
  • 私の王国は家庭教会
  • 私の王国は家庭教会神様の摂理は韓オモニの反逆によって、韓国を選民とする摂理からアメリカを中心とする摂理へと移行しています。そして、中央集権体制からくる寡頭制は崩壊する兆しとなって、アメリカからヨーロッパへと拡大する様子が明確になってきました。真のお父様の勝利圏を受け継がれた亨進様に神様が全面的応援をしておられることを実感させられていますが、私たちはその勝利圏を受け継ぐ闘いが必要であると思います。本 [続きを読む]
  • 迫害や反対は肥料です
  • 先週は中部地方に4泊5日の伝道旅行をしてきました。一泊はバスの中、ビジネスホテル、二泊はサウナという路程でした。私は以前、20代の頃勝共を担当していて、北朝鮮に渡って帰ろうとする日本人妻を説得に行ったことがありました。地獄に行こうとする方を救わなければならないという正義感から、危険を承知のうえ、その行動をしたことがありました。そのことを思い出して、堕落していく家庭連合から救わなければならない方がい [続きを読む]
  • 王国の基地は家庭教会
  • 王国の基地は家庭教会今まで真のお父様のみことばがありながらも勝利できずにきている家庭教会です。なぜ勝利できずにきたのか。真のお父様は凄まじいサタンとの闘いの結果、神様のみことばを復帰されました。そしてそれを弟子たちに与えてくださいましたが、それをやるかやらないかは人間の責任分担となります。みことばを成就させないようにサタンが働き、神様の摂理を妨害してきたのが今日までの復帰摂理でした。家庭連合(旧統 [続きを読む]