kazudragon さん プロフィール

  •  
kazudragonさん: 今日から俺はドラゴンズ!!
ハンドル名kazudragon さん
ブログタイトル今日から俺はドラゴンズ!!
ブログURLhttp://kazudragon-dragonz.blog.jp/
サイト紹介文念願の『野球に触れる環境』を手に入れた中日ファンが、ダラダラとドラゴンズ戦の感想を語る。
自由文TVの生中継の感想を率直に、勝手な想像で書きます。ぜひドームにも足を運びたいですねぇ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 300日(平均8.5回/週) - 参加 2016/05/31 22:36

kazudragon さんのブログ記事

  • オープン戦最終日
  • 今日も同じオーダーかと思ったが、6番打者に堂上が入った。堂上はオープン戦の打率が良く、二塁打がそこそこ出ているイメージ。だが、状況としては厳しい。堂上が良いか?遠藤が良いか?と単純に語れない状況。右打者であること、走力が劣ること、ゲレーロがレフトに回るなど、堂上には不利な条件が多い。特にゲレーロはサードでも危険だが、レフトはもっと致命的な結果になりそうな気がする。開幕ではないだろう。あり得るシチュ [続きを読む]
  • 開幕の重み、注目の2番打者。
  • 『球辞苑』の開幕のテーマから、中日『2番打者』の悩みを考えてみる。野球ファンにはお馴染みの『球辞苑』最終回でもあり、テーマは開幕。人気番組を開幕前に終了させる気遣い、まさにプロの仕事。野球というスポーツに対し、スタッフのリスペクトを強く感じる。本当近年稀に見る好番組である。番組内容だが、まず歴代の開幕投手を中心に開幕の重要度を語っていた。その中で開幕初球に懸ける思いを山田久志さんが熱く語っていた。 [続きを読む]
  • 試合は引き分けだが調整感たっぷり
  • 今日のスタメンはこれまでの試合からの流れから、最もスタンダードな打順となった。打線は好調。ゲレーロの調子も戻ってきて逆転2ランまで飛び出した。平田が育成の選手から三振を取られた場面もあった。少しヒットに飢えており、四球を選ぶ余裕が無いようにも見える。平田の後の6番を打つ遠藤。6番レフト遠藤はもう確定で良いだろう。バットコントロールもあり、走力もある。5番平田が勝負いてもらえる場面も増えるだろう。そ [続きを読む]
  • 期待と予想
  • オープン戦の形が今季の全てではないが、目指してきた戦い方、目指すべき形が見えてきた。思うことは、首脳陣の絶対的な期待の選手はピリッとしない。ファンが期待する(勿論首脳陣もだが)、ロマン枠の選手がよくもここまで見事に結果を残し続けてくれた。結果、ファンの思惑と首脳陣の起用が矛盾し続ける結果になった。私も荒木推しなのだが、肩身が狭くなる一方だ。選手を評価するときに期待と予想を分けないといけないと思う。年 [続きを読む]
  • 走塁が光る京田
  • 今日は西武戦、残念ながら負けてしまった。4勝11敗2分 と11位。主力を欠いた巨人に続きブービー。遠征で全メンバーがいない中、いくらオープン戦とはいえ順位がヒドイ。試合の内容を見ていないが、開幕まで残り1週間。昨年最下位のチームがオープン戦最下位になると、評論家たちが最下位予想してくる。うーん、いつからこんなチームになったのか。負けたとはいえ、吉見が8回投げたという事実は嬉しい。昨年途中より投球フォームを [続きを読む]
  • 調子が上がらない中日打線
  • オープン戦首位のロッテに1対1のドロー。そういえば聞こえが良いが、練習試合の勢いはいつの間にか霞んでいる。相手はルーキー佐々木。大島、藤井が共に2安打だがそのヒットのみ。ルーキー相手にこれか?気づけば柳よりも仕上がっているのではと、今まで浮かれていた私を焦らす。柳はいつ上がってくるのだろうか?投手起用が少し謎ではあったが、鈴木が3回無失点。与四球 4とかなり不安になる数字だ。ようやくビシエドが戻り、3番 [続きを読む]
  • 敗戦。しかし素晴らしい試合だった。
  • WBC準決勝。惜しくも日本は負けてしまった。雨が降っており、コンディションは良くなかった。緊張も重なったのか、再三チームを救った守備陣にもミスが起こり、結果としては守備の綻びから負けてしまった。小久保監督のコメントにもあるように、誰も責められない、そんな試合だった。よく頑張った彼らに世界一の称号を手にして欲しかった。残念!しかし素晴らしい試合だった。アメリカ、日本共に投手陣が抜群によく、日本人投手の [続きを読む]
  • 荒木の極意
  • 先日、NHK-BSで放送されていた『球辞苑』テーマはゲッツーだった。まず、ゲストが立浪というところが、中日ファンにとっては嬉しい限りだ。遊撃手、二塁、三塁、たまに外野と活躍した立浪。引退試合は一塁手も守った。巡り合わせもあるかもしれないがGG賞も3ポジションで獲得。なんといっても話が面白く、テレビ向きな方である為(私見)非常に楽しめた。立浪自身はセカンドのゲッツーの動きが一番難しいとのこと。そして番組で発表 [続きを読む]
  • ついに3番大島解禁
  • 今日は6時からWBC練習試合を見ていた。中日選手にだけ絞って言うと、平田の三盗と岡田の投球くらいか。アメリカ戦で出番はあるか?日本代表にとっては出番が無いくらいの圧倒的な展開が丁度良いのかもしれないが。毎日スタメンが変わる状況、中日と同じだが侍JAPAN側は選手の体調が関係するのかもしれない。今日の又吉は結果4失点だったが、まぁ良かったのではないか。と個人的には思う。淡々と中継ぎ時代のように投手陣はソコソ [続きを読む]
  • 対オリックス②
  • 今日は朝5時に起きて、侍JAPANの練習試合を見た。出番が怪しまれる藤浪、平田が先発で出場。第3打席でヒットを打ち得点に絡み、首の皮一枚繋がったか。明日の試合で打順を上げて先発に出れば、チャンスがあるかもしれない。何かの記事で、平田は秋山、鈴木に対し、揺れるストレートに強いとのこと。スタメンじゃないと力発揮しないだろうなぁ。明日の試合こそ『最後のチャンス』。。。の為の試合だろう。さて、中日の話を。ずっとW [続きを読む]
  • 対オリックス戦
  • 大野と金子と両チーム開幕投手?と思える組み合わせとなった。この表現は聞こえがいいな。昨シーズン最下位同士の対決でもある。捕手は木下。見事な投手戦で5回終了時点でまだ1時間10分と省エネな試合。6回途中までパーフェクトな大野は安心して見れた。攻撃陣はヒットで出るたびに、盗塁、エンドラン等チョロチョロ何か仕掛けていた。ほぼすべて失敗していたが、オープン戦とはいえもう少し成功率が上がらないだろうか。ゲレーロ [続きを読む]
  • 阪神戦力尽きる
  • 今日もヒドイ内容だったようだ。8回、9回に大量失点し敗退。予想通りと言ってよいのかアラウホも遂に大荒れとなったようだ。打線も湿り平田に早く帰ってきて欲しい。そんな印象だ。山井が6回無失点と好投したようだが、年齢も年齢であり今更期待できない悲しさがある。とはいえ自分自身、実際に試合を見ていないので明日のオリックス戦で確認してみたい。本当の今のチーム状況。チームが迷走していないか。にほんブログ村 [続きを読む]
  • オープン戦も残り少ない。
  • 中日の今季の課題、投手陣の整備。オープン戦 11試合終了 4勝7敗  47失点 防御率 4.34防御率堂々の12球団最下位。ヤクルトと同率。小数点第三位は不明。マズイ、でも打線は大丈夫だろ??  32得点 打率.224打率は9位だ。走りまくってるから盗塁は?  盗塁13 試合が多いとはいえ、堂々2位。オープン戦でガムシャラに走る姿。これはOKだろう。ダブルスチール、ホームスチール等もっと無茶な戦法も試してほしい。シーズン [続きを読む]
  • いざアメリカへ
  • 全勝で見事に決勝ラウンドへ向かう日本代表。結果から行くと見事だったが、ギリギリの戦いばかりだった。ホームでの試合というメリットがなければ、残れなかったかもしれない。WBCの商業的な要素に救われた面は大きいだろう。個人的には、アメリカ戦以降は試合を生で見ることが出来ず、家路に着くまでに嫌でも情報が入ってくるだろう。よってここまで熱い気持ちで見ることは出来ないだろう。試合の結果は何度も振り返られているの [続きを読む]
  • 今日も敗けた。どうなる中日?
  • ビシエドがインフルエンザとのこと。私の周囲にもいないのにビシエドがインフルエンザとは。ホームランが出た矢先に寂しい話だ。4安打ながら5盗塁と、効率よい得点が出来そうな印象だが、僅か2得点。埼玉遠征ということで限られたメンバーで試合をしているとはいえ寂しすぎる。個人的にはそこまで期待はしていなかった溝脇が無視できない存在になってきた。セカンドはどうも走力が最重要課題な気がしており、打撃だけではと思って [続きを読む]
  • WBCキューバに勝利!全勝で決めるか?
  • 今日も苦しい試合だったが、見事に勝利した。オランダ戦では一度もリードを許さなかったが、今日のキューバ戦、3度もリードを許した。先日のオランダ戦に続き、先発投手の代え時が非常に怪しい。信じるが故に交代出来ない。必ず苦しい場面が来るが、誰が後を投げるのか、だ。今日の継投は妥当な線だったが、その反面、岡田、則本、藤浪の使い方が無くなってきた。明日、もしもイスラエル戦が始まるまでに、順位が決まってしまった [続きを読む]
  • 西武に勝利!
  • 中日はたった3本のヒットだったが西武に勝ったとのこと。待望のビシエド!一発。フルカウントからファールで粘り、そこから打ったのは価値があるだろう。多和田相手とはいえ。。そしてセカンド争いの一人溝脇もツーラン。勝ち方としては良いのだろうか、この本塁打2本と京田の1本のみ。投手陣は吉見が1失点に抑えたようだ。アラウホが最後に劇場を見せながら抑え、ギャラードを彷彿とさせるが、ロンドンが安定しない今、アラウホの [続きを読む]
  • WBC死闘!
  • 昨晩の試合は試合開始から終了まで見ていたが、長い。。。長すぎる。何度も追いつかれながら一度も勝ち越しを許さなかった投手陣。それを支えた守備陣。少ないチャンスを逃さなかった打撃陣と素晴らしい戦いだった。良いシーン、プレーは色々な場面で振り返られているのでさておき、気になる点を上げてみる。先発の石川。調子はそこまで悪くは無かったのだが、打たれ始めて止まらなかった。実はこの時に、継投の選択もあったのでは [続きを読む]
  • 外国人投手陣全員登場!
  • 中日投手陣が全員登場。結果は散々だった。先発バルデスがいきなりスリーランを喰らうなど、2回5失点。年齢も若くなく、味がある投球が特徴のバルデスがこうも打たれると使い道がなくなってしまう。続くジョーダンは期待されていたのかは分からないが、4回を1失点。上々の出来か。そして私も抑えで期待しているロンドンが1アウトも取れず5失点。いくらオープン戦とはいえ、この結果。もう使われることは無いのではないか。取られて [続きを読む]
  • 明日からのWBC日程
  • グループA、グループBの順位が確定し、第2ラウンドが開始する。初戦はメジャーリーガー野手が多数所属するオランダ。バンデンハーグ、バレンティンと日本人選手を知り尽くしたメンバーも存在する。日本はこのまま行くと、石川が先発だろうか。ここまで3連勝だった日本も、オランダ打線を抑えられるか、バンデンハーグ(だと思うが)を打ち崩せるか。球数制限も80球に開放される。石川の後を投げる投手はこのまま則本になるのだろう [続きを読む]
  • 平田スタメン登場
  • 一次ラウンドは一位通過が決定し、今日の中国戦は選手の調整が中心となった。その中で中日平田がライトスタメンで登場。4打席回ったが、無安打一四球と特に使いたくなる活躍は無かった。中田にホームランが出て、打線はスタメン連中は大丈夫だとして、中継ぎは増井、松井、平野と好調に見える。後はオランダ、イスラエル、オーストラリアに勝ち2位となったキューバと戦うことになる。特にオランダ、イスラエルは強い印象があるが、 [続きを読む]
  • 侍JAPANと中日の野手陣の差
  • オーストラリアが中国に勝ったため、日本のWBC第2ラウンド進出が決まったようだ。ここ数日、ずっと日本代表の試合を見ている為、この状況で中日の野手陣だと、かなり見劣りする恐怖を感じる。まずセカンド菊池。守備の安定感、送球の早さ、正確さ。メジャーにもなかなかいないのではないか。脚も早くバッティングも良い。最強の二番打者だ。そう考えた時に中日のセカンドは中途半端な選手には任せられない。少なくとも荒木を越える [続きを読む]
  • 京田がサヨナラ!サードも守る。
  • 巨人相手に勝ったとのこと。しかも最終回京田が逆転タイムリーツーベースを打った。オープン戦とはいえ嬉しい限りだ。勝ちは勝ちで良いとして、どうも全体的に期待感が薄い。まず先発の鈴木が6回1失点とパッと見抑えたように見えるが、相変わらず、打てそうにない、というわけでは無い。このままシーズンまで行ってよいのか?少し不安が残る。ロンドンが今日は失点したそうだ。パワーピッチャーなのに案外打たれたり当てられてい [続きを読む]
  • 岡田の好リリーフ!侍JAPAN2連勝
  • 同点の場面、エース菅野が苦しい中、投球制限の関係で一死一二塁で降板となった。右の千賀、左の岡田がブルペンで控える中、右バッターの場面で登板したのは左の岡田だった。ストレートが荒れ、なかなかストライクが入らない中、暴投も発生する。6球連続でストライクが入らず、大ピンチを招く。声をかける坂本、小林、励ます球場のファンの声。そんな中、苦しい状況で投げた開き直りに近いストレートで併殺を取った。疲れ切った岡 [続きを読む]
  • WBCの裏で負ける中日
  • 今日は風が強く荒れた試合となったようだ。まず先発候補の小熊が5回5失点と、打ち込まれたのが非常に心配だ。野手陣は大島、平田がいないだけで、つい1軍とは言えないメンバーに見えてしまう。映像を直接見ていないので何とも言えないが、京田のセカンド、石岡、藤井、遠藤のレフト争いが気になるところか。ただ、彼らはポジション以上に打順が無い気がする。唯一打順があるといえば2番、遠藤くらいか。それ以外の選手はここ!とい [続きを読む]