つぐみん さん プロフィール

  •  
つぐみんさん: 目指せ投資only生活!
ハンドル名つぐみん さん
ブログタイトル目指せ投資only生活!
ブログURLhttp://tugumin.blog.jp/
サイト紹介文専業主婦で、子供6人。夫の稼ぎだけで、2千万資産運用と、一棟アパート経営ができるようになりました。
自由文稼ぎに行くより、出費を減らす。その方法で、貯金も増えました。
IQ78グレーゾーン、普通学級に入れないかもと言われた子も、IQ120に。今や、偏差値73です。  
子供たちみんな、賢く育ってくれています。今のところ。
本を出版したいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供227回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2016/06/01 08:09

つぐみん さんのブログ記事

  • 遺言
  •  小林麻央さんがお亡くなりになられました。本当に心から彼女の生き方と笑顔に、感謝と尊敬の念を抱くとともに、ご冥福をお祈りいたします。 さて、ビリママ、3週間くらい前でしたか、子供たちに「遺言」を伝えました。いつ、ビリママの心臓が止まったとか、事故で亡くなる... [続きを読む]
  • 友達の入院に涙するビリママ・・。
  •  友達が入院しました。 少し話したいことがあって、電話したら、「ごめん、今、入院中で出られない・・。」とのLINEの返事でした。 ビリママ、「入院してるの?どうしたの?」と聞くと、「大丈夫だから。」としか返事をくれません。 お見舞いに行きたいと言っても、「NO!... [続きを読む]
  • パパとのデートで辛辣な子供の意見。
  •  うちは、数年に一度、子供一人と投資家夫とのデートを行っています。 おそらく、ビリママと投資家夫の記憶では、4番目までデートをしたと思っていたのですが、(小2)は「デートした記憶がない。」と言ったため、今日は(小2)がパパとデートに行きました。 皆、ラーメ... [続きを読む]
  • 44年かかって気付かなかった事。
  •  (小4)が、遠足から帰って来てポツリと言いました。「ママ、遠足ってつまらないよね・・。歩いてもきついし、遊ぶっていったってあまり遊ぶ時間はなくて、また歩かされるし・・。」と。 ビリママ、「そう!!!そうだよね!!遠足って、意外とつまらないよね!!そうだ... [続きを読む]
  • 最近の子供らの模試結果。
  •  中3〜小2までの4人の子供たちが模試を受けました。 受験生の中3、国立中に入った中1、プロ棋士になりたい小5、お菓子屋さんになりたかった小2。小2は、初めての模試でした。 模試の結果は、塾ごとで判定が違うのですが、(中1)の成績がガタ落ちしていました!!!... [続きを読む]
  • 罪のないあなたに罪を・・・。
  •  また、尿漏れネタでごめんなさい!! 子供3〜4人目の妊娠後期から、尿漏れがひどくなり、出産後には治ったのですが、どうも咳が酷い時だけ尿漏れしてしまうビリママです。頷いてくれるママ達もいるはず!と、このブログを書いています。 行きはよいよい、帰りは怖い〜♪... [続きを読む]
  • 君に知らされざる真実。
  •  中年母ちゃんで、尿漏れに苦しんでいる人は、きっとビリママだけじゃないはず!! ビリママは、3人目の妊娠くらいから、妊娠後期の尿漏れがひどかったんです。笑っても、咳しても辛かったんです。 ビリママ、最近、妊娠もしてないのに、風邪をひいてひどく咳をしたら尿漏... [続きを読む]
  • うちの子天才?年少児。
  •  (年少)が、絵本を読んでいました。 「らいおん」   って書いてあると、「らいおん!」 「ぞう」      って書いてあると、「ぞ う!」 「かめ」     って書いてあると、「か〜め!」 (年少児)、すらすら読んでいきます。完璧に平仮名読んでるじゃな... [続きを読む]
  • 投資家夫、救急搬送。
  •  少し前のお話です。投資家夫が夜中、胸の痛みを訴えました。「ごめん。病院に連れて行ってくれないか・・。ただ事じゃないんだ・・。」と。 ビリママは、驚いて夫を、救急病院に連れて行きました。我慢強い投資家夫が、病院という事はほとんどないからです。そして、すぐ... [続きを読む]
  • 年長児のやばい一言。
  •  (年少)が、ビリママに「ママ、大好きよ。」って言いました。「え?なんていった?」と、何度も言ってもらいたくて聞きました。聞くたびに、何度も「ママ、大好きよ。」って照れながら言ってくれました。 その横で、(年長)が、「ママ!」って私を呼びます。 「ママ、... [続きを読む]
  • お葬式 戦国か?!
  •  ビリママは、毒母から目をぎらっとさせ「あんたとは縁を切る。」と言われたのを最期に、もう行き来しないように決めました。それがあるたび、ビリママは毒母に悪くもないのに何度も謝り、仲良くしてもらうことに専念してきました。人生のほとんどを、それに費やしてきたと... [続きを読む]