スノダノブユキ さん プロフィール

  •  
スノダノブユキさん: スノダノブユキskitop.jp
ハンドル名スノダノブユキ さん
ブログタイトルスノダノブユキskitop.jp
ブログURLhttp://skitop.jp/
サイト紹介文現役スキー教師スノダノブユキがお送りするスキー・スノーボードの悩みを解決するサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供259回 / 297日(平均6.1回/週) - 参加 2016/06/01 08:34

スノダノブユキ さんのブログ記事

  • 「迂回コースには気をつけろ」とみんな言っています。
  • 問題です。どちらのコースが簡単でしょうか?①幅100m、斜度20度②幅6m、斜度10度 正解は、、、、、、 絶対的な答えはないですが、滑ってみると多くの人は①の方が簡単に感じるでしょう。理由は簡単です。幅が100mもあれば、幅いっぱいに使って滑ることが出来るからです。(ゲレンデは空いていると仮定)しかし幅が6mしかなかったら、ほぼまっすぐ下りるしかないのです。 だから幅が狭いコ [続きを読む]
  • 「足元からの操作」をしましょうNo.3ー低速で滑ろうー
  • どうも、スキー教師のスノダノブユキです。今回は足元からの操作のNo.3です。過去記事はこちらです↓スキーの基本である「足元からの操作」はスキーを初めてやった人から学「足元からの操作」をしましょうNo.2上の二つの記事で足元からスキー操作をする重要性がわかったと思います。では足元からの操作をマスターするためにどのような練習をして行けばいいのでしょうか?その辺を今回説明したいと思います。 どんな練習をすれ [続きを読む]
  • SIAの検定とは?SAJと違う5つのこととは?
  • こんにちはSIA(公益社団法人日本プロスキー教師協会)のスキー教師スノダノブユキです。日本人が大好きな検定について書いてみます。SAJとSIAスキーの検定は1級とか2級が一番知られていると思います。(日本国内での話)スキーのこと少しだけを知っている人と話すと、「1級とか持ってるの?」って話になります。「いや持ってないです。ゴールド持ってます」とか言ってしまった日には、「ん何???」「えっ?ゴールドって何?」っ [続きを読む]
  • 「足元からの操作」をしましょうNo.2
  • こんにちは、スキー教師のスノダノブユキです。 今回はこの記事の続きです。スキーの基本である「足元からの操作」はスキーを初めてやった人から学べ スキーで大事なのは、雪面に近い関節から動かすことなんです。スキーを初めて一日目にやる「プルークファーレン」はみな絶対に足元から動かしています。プルークファーレンとはプルーク(ハの字)でまっすぐ滑ること。プルークでターンをしていく「プルークボーゲン」に [続きを読む]
  • 2018年モデル、ニュースキー試乗レポート(随時更新中)
  • こんにちは、スキー教師のスノダノブユキです。何のスキーを買おうか悩んでいるあなた、試乗会に行けなかったあなたに、2018年モデルのスキーの紹介をします。試乗したスキーで感じたことをまとめてみます。私の主観レポートです。スキー購入の際は参考にしてください。!HEAD(ヘッド)スーパーシェイプシリーズはプレート部分のバネがなくなりました。そのためか?去年のモデルよりも、張りがあり強いスキーになった印象。〇SUPE [続きを読む]
  • 教えてください。スキー嫌いにさせるにはどうすればいいの?
  • スキーは危険なスポーツです。あっ、危険っていうのはケガするっていう意味じゃないですよ!!間違えないでください。今言いたいのは、ケガではない方の「キ・ケ・ン」です。えっ?どんな危険やねん!?!?!?って思いました?? ですよね。「キケン」でない言葉で言うならば、「ヘンタイ」とか「バカ」になるかな?いや、、、ちょっと意味違うな。。。。 って完全に意味不明な冒頭ですが、普通の言葉にするとこ [続きを読む]
  • 3月25日(土)コブレッスンin神立高原
  • こんにちは、スキー教師のスノダノブユキです。プロフィールはこちら3月25日(土)にコブレッスンをします。スノダノブユキによるskitop.jp読者のあなたへの特別レッスンです。私はこのブログやnoteでスキーの技術的なことをたくさん書いてきていますが、一番楽しいのは現場で教えることです。上達するには、このブログ読むよりも直接教わった方が10倍速いです。っということでレッスンの企画をします。 今年3回目になります [続きを読む]
  • 行ってみてわかった「白馬さのさか」の良いところ5つとは?
  • 今どきスキー場の評価というかレビューってあまり見ないですよね。SURF&SNOWみたいな総合サイトはかつては見る人多かったと思うんですが、今やどこのスキー場もHP作ってますからね。スキー場のまとめサイトの必要性が下がってきています。でも意外と個人のHPとかブログでスキー場の評価をちゃんとしている人って少ないような気がします。ってことで、やってみます。スキー場レビューbyスノダノブユキ数値のデータやHP参照している [続きを読む]
  • トーバートのグローブは暖かく、柔らかく使いやすい
  • みなさんグローブは何を使っていますか?グローブにこっていますか? (正直高いグローブを使えば上手く滑れるとかいうことはないです。)良いグローブを見つけたので紹介します。グローブレビューです。 私は今までロイシュのグローブを使うことが多かったです。しかし今は、トーバートのグローブをメインに使っています。初めて使ってみました。これが意外にも(←失礼。。。)良かったです。ロイシュのグローブ [続きを読む]
  • 「晴れの日」の衝突事故に気を付けよう
  • スキー教師のスノダノブユキです。よく思うのですが、危ないスキーヤー・スノーボーダー多すぎです。人を巻き込む事故はやめて欲しいものです。絶対にやめてほしいのです。 この記事で書きましたが、自分の目の前で追い越すのは絶対に辞めましょう。関連記事:安全第一 追い越し注意、必ず背中側から追い越すことちょっとタイミングずれたら衝突します。追い越すときは追い越される人が背中を向いているときに追い越しましょ [続きを読む]
  • あなたはジャーナルのどこを読めばいいのかわかっていますか?
  • あなたはジャーナルのどこを読めばいいのかわかっていますか? スキー教師のスノダノブユキです。上から目線のタイトルですみません。 ・あなたはどの記事を読むべきか?・読まなくてよい記事は何か?知りたくないですか? もっと具体的に言うと、、、ジャーナ・グラフィックは毎月技術特集があります。夏でも冬でもあります。必ずあります。そしてその技術特集がメイン記事になっています。では、その技術特集は誰 [続きを読む]
  • ホットワックスのワックス選びー良いワックスとは?
  • ホットワックスやったことありますか?あれ面倒ですよね。。。やりたくない人多いんじゃないですか?やりやすい作業場所があればまだいいですが、ないと床がツルツルになって困りますよね。家でワックスかけて奥さんに怒られたって話を聞くこともあります笑それでもワックスかけたいという人のために、ワックスの選び方を超簡単にご紹介します。ホットワックス入門者に最適なワックスをご紹介します。 ホットワックスをするに [続きを読む]
  • スキー上達の二つのタイプ。理論を理解する人とマネする人
  • こんにちは、スキー教師のスノダノブユキです。 現場で指導していて感じたことなんですが、スキーが上手くなるタイプって二つあるように感じるんです。人によって上手くなるプロセスが違うように感じるんです。 その二つのタイプとは?????①説明を聞いてい理論を理解して上手くなれるタイプ ②上手い人の滑りを見てマネできるタイプこの二つがあります。(っと思います。) って誰かが言っていたわけではない [続きを読む]
  • シェーレンなんて直さなくてよい。
  • 1.シェーレンとは?シェーレンって知ってますか?ドイツ語なんですけど、スキーがV字に開くことです。英語で言えばシザースです。プルークの逆ですね。トップが開いてしまうことです。関連記事:スキー用語解説No.4「スタンス」プルーク・パラレル・シェーレンプルーク・パラレル・シェーレン3つありますけど、基本的にはずっとパラレルで滑るのが良い滑りです。 今回はシェーレンについて考えてみましょう。・なぜシェー [続きを読む]
  • 外脚使うけど、内脚も使うことが大事
  • こんにちは、スキー教師のスノダノブユキです。 スキーっていうスポーツは両脚使うのが大事です。外脚と内脚両方使うのです。2本の脚があって2本のスキーがあるので、2本きちんと使うのが大事です。それは基礎スキーでも競技でも同じです。外脚も内脚もきれいに使える人が上手いです。 間違えてほしくないのが、「外脚荷重を忘れずに」です。どんなレベルになっても基本は外脚荷重です。 外脚の方が荷重は強いです [続きを読む]