スノダノブユキ さん プロフィール

  •  
スノダノブユキさん: スノダノブユキskitop.jp
ハンドル名スノダノブユキ さん
ブログタイトルスノダノブユキskitop.jp
ブログURLhttp://skitop.jp/
サイト紹介文現役スキー教師スノダノブユキがお送りするスキー・スノーボードの悩みを解決するサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供276回 / 333日(平均5.8回/週) - 参加 2016/06/01 08:34

スノダノブユキ さんのブログ記事

  • 春スキー、「風」が一番の敵なのか?
  • 春:雪解けの季節 春は暖かく雰囲気が良いですけど、雪がなくなりスキーできなくなるさみしさもある。よくわからない季節です。好きであり嫌いな季節です。冬かよって思う寒い日もあれば、夏かよって思う暑い日もある。よくわからない季節です。 って何が言いたいのかよく分からな出だしになってしまいましたが、私たちスキーヤー・スノーボーダーが一番気になるのはスキー場クローズ予定日まで雪が持つかどうかで [続きを読む]
  • 履いてみてわかったレクザム(REXXAM)Powe-REXの良さ
  • こんにちは、スキー教師のスノダノブユキです。私はブーツはいろいろなメーカーのものを試しているんですけど、レクザムは一番オススメ出来るブーツですね!レクザムの良さをご紹介します! 1.履いてみてわかったレクザムの良さ私が履いているレクザム(REXXAM)のパワーレックス(Power-REX)ラスト95mmの一番タイトなモデルである、Powe-REX-S130を使っています。レクザム純正のフォーイングしてます。このブーツいいです。具 [続きを読む]
  • フラットの重要性を知ることで、丸いターン弧を目指せる?
  • こんにちは、スキー教師のスノダノブユキです。今日は真面目な技術論ですよ。難しい内容なので上級者のい必見!「フラットの重要性」について基礎スキーの観点からお話します。(競技スキーには通用しない話かもしれません。私は基礎と競技をはっきり分けたくないんですけど、今日は特別です。)深く回し込んでキレイな弧を目指すためにという視点で考えます。 なぜフラットが重要なのかという理論と意識の持っていき方も説明 [続きを読む]
  • スキーグローブって自分で修復するもの?
  • 破れスキーグローブって自分で修復するもの?ってタイトル書きましたが、私は自分で修復するものだと思っています。 事実修復しています。私のように毎日滑っていると、グローブやウェアのすそが破れてきます。だから自分で直すこと、よくあります。 スキーグローブの修復完了 pic.twitter.com/UahEglZmrs― スキー教師?スノダ ノブユキ (@skijotatsu) 2017年4月10日わたしは何度もやったことあるので慣れているのでしょうか [続きを読む]
  • フィッシャー2018年新登場のブーツ「RC4 PDIUM」を試乗して感じたこと
  • 2018年、FISCHER(フィッシャー)より「ポディウム(PODIUM)」というニューブーツが登場します。1.フィッシャー2018ニューブーツ「RC4 PODIUM」「RC4 PODIUM」レーシングブーツです。レーシング最高峰のブーツです。2018年は、シェルを熱成型するバキュームタイプのブーツとは別に、このポディウムというモデルが登場したのです。 「RC4 PODIUM」ラストは92ミリとかなりタイトです。(バキュームタイプのブーツは97mm?3mm [続きを読む]
  • FISCHER(フィッシャー)のTRC4 HE CURVシリーズの実力が凄すぎる件について
  • あなたは、FISCHER(フィッシャー)のスキーを使ったことがありますか?私は使ったことがなく、試乗もあまりしたことがありませんでした。 しかし2017年4月の試乗会で久しぶりにフィッシャーに乗って衝撃を受けました。ビックリするほど良かったのです。こんなすごいスキーは初めてです。「RC4 THE CURV」というシリーズなんでけど、これが超オススメです。公式HPでわかることも説明しますが、まずは私が感じたオススメポイント [続きを読む]
  • スノーボード経験していれば、スキーは簡単?その理由とは?
  • 1.スノーボード経験していれば、スキーは簡単? スノーボードからスキーにシフトする人、最近増えているかもしれません。スキーを初めてやる人でも、スノーボード出来る人ならスキーの習得は速いです。超早いです。ビックリするぐらい早いです。逆もそうです。スキーできる人は、ボードの習得は速いです。 そうですね。全く初めての人とボード経験者では2.5倍ぐらい早いですかね。経験的にこんなもんです。パラレルに [続きを読む]
  • 石井スポーツ主催の試乗会に行ってきました。inカリッカリの菅平
  • 3年振りぐらいに試乗会に行ってきました。2017-2018ニューモデル試乗会です。1.場所2017年4月1日、長野県の菅平で行われました。石井スポーツが主催する試乗会の中でも規模の大きいものです。これ↓が案内です。菅平試乗会菅平の裏太郎ファミリーゲレンデが開催場所です。実際はファミリーコースとその裏のシュワルツコースの2コースが滑れました。⑦のステージⅢリフトと⑬のマックリフトのみ乗車可能ファミリーコースは北東向 [続きを読む]
  • 暴走スキーヤーから、ぶつけられないための5つの方法
  • スキーって危険なスポーツです。危険っていうのは、すごいスピード出して行うスポーツだからです。スポーツはなんだって危険がはらんでいるので、しょうがないです。 よく暴走している危険なスキーヤーっていますよね。ホント危険な人。あれには近づかないのがベストなんですけど、そんなこと言ってられない。 この記事では、ゲレンデでの衝突事故について書きます。その中でも追い越される時にぶつけられない方法を書い [続きを読む]
  • 「迂回コースには気をつけろ」とみんな言っています。
  • 問題です。どちらのコースが簡単でしょうか?①幅100m、斜度20度②幅6m、斜度10度 正解は、、、、、、 絶対的な答えはないですが、滑ってみると多くの人は①の方が簡単に感じるでしょう。理由は簡単です。幅が100mもあれば、幅いっぱいに使って滑ることが出来るからです。(ゲレンデは空いていると仮定)しかし幅が6mしかなかったら、ほぼまっすぐ下りるしかないのです。 だから幅が狭いコ [続きを読む]
  • 「足元からの操作」をしましょうNo.3ー低速で滑ろうー
  • どうも、スキー教師のスノダノブユキです。今回は足元からの操作のNo.3です。過去記事はこちらです↓スキーの基本である「足元からの操作」はスキーを初めてやった人から学「足元からの操作」をしましょうNo.2上の二つの記事で足元からスキー操作をする重要性がわかったと思います。では足元からの操作をマスターするためにどのような練習をして行けばいいのでしょうか?その辺を今回説明したいと思います。 どんな練習をすれ [続きを読む]
  • SIAの検定とは?SAJと違う5つのこととは?
  • こんにちはSIA(公益社団法人日本プロスキー教師協会)のスキー教師スノダノブユキです。日本人が大好きな検定について書いてみます。SAJとSIAスキーの検定は1級とか2級が一番知られていると思います。(日本国内での話)スキーのこと少しだけを知っている人と話すと、「1級とか持ってるの?」って話になります。「いや持ってないです。ゴールド持ってます」とか言ってしまった日には、「ん何???」「えっ?ゴールドって何?」っ [続きを読む]
  • 「足元からの操作」をしましょうNo.2
  • こんにちは、スキー教師のスノダノブユキです。 今回はこの記事の続きです。スキーの基本である「足元からの操作」はスキーを初めてやった人から学べ スキーで大事なのは、雪面に近い関節から動かすことなんです。スキーを初めて一日目にやる「プルークファーレン」はみな絶対に足元から動かしています。プルークファーレンとはプルーク(ハの字)でまっすぐ滑ること。プルークでターンをしていく「プルークボーゲン」に [続きを読む]
  • 2018年モデル、ニュースキー試乗レポート(随時更新中)
  • こんにちは、スキー教師のスノダノブユキです。何のスキーを買おうか悩んでいるあなた、試乗会に行けなかったあなたに、2018年モデルのスキーの紹介をします。試乗したスキーで感じたことをまとめてみます。私の主観レポートです。スキー購入の際は参考にしてください。!HEAD(ヘッド)スーパーシェイプシリーズはプレート部分のバネがなくなりました。そのためか?去年のモデルよりも、張りがあり強いスキーになった印象。〇SUPE [続きを読む]
  • 教えてください。スキー嫌いにさせるにはどうすればいいの?
  • スキーは危険なスポーツです。あっ、危険っていうのはケガするっていう意味じゃないですよ!!間違えないでください。今言いたいのは、ケガではない方の「キ・ケ・ン」です。えっ?どんな危険やねん!?!?!?って思いました?? ですよね。「キケン」でない言葉で言うならば、「ヘンタイ」とか「バカ」になるかな?いや、、、ちょっと意味違うな。。。。 って完全に意味不明な冒頭ですが、普通の言葉にするとこ [続きを読む]