のんきな雲龍奔馬 さん プロフィール

  •  
のんきな雲龍奔馬さん: 月が綺麗。雲龍奔馬 復活
ハンドル名のんきな雲龍奔馬 さん
ブログタイトル月が綺麗。雲龍奔馬 復活
ブログURLhttp://japanrugby2027.blog.fc2.com/
サイト紹介文ぼちぼちと生ききる
自由文龍馬好き、墨絵、絵画、スケッチ、唄うたい、鍛錬の鍛は千日、錬は万日の修行。愛は行動。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1376回 / 365日(平均26.4回/週) - 参加 2016/06/03 02:55

のんきな雲龍奔馬 さんのブログ記事

  • また、つまらぬものを斬ってしまった
  • 斬鉄剣が、、、泣いている。稲田朋美防衛大臣がまた、やらかした。東京・板橋区での都議選候補の応援演説で、「防衛省、自衛隊としてもお願いしたい」などと述べた。本人は、相も変わらず、何が問題ですか?と、ことの重大さがよくわからず、深夜になって、上の指令で、発言を撤回した。(おそらく、彼女は、自衛隊は自分の子分と想い込み、子分はすべて、親分のいうことをきくと勘違いなさっておいでなのだろう。おんな城主直虎と [続きを読む]
  • 長野、復調しました。
  • (長谷川潤を描いてみましたが、巨人の長谷川潤は、どうしているのでしょうか?)山田の久しぶりの2ランで、追いつかれました。が、しかし、7回で、長野がライトにホームランを打って、4−3の1点差で勝ちました。長野の復調はほんものになってきましたね。 [続きを読む]
  • ちがくなる って良いのか
  • ちがくなるって、若者など、テレビなど、よく平気で使っているが、良いのだろうか。元ヤクルト〜メジャー帰りの解説者・石井一久氏(奥様がたしか元アナウンサー)が、ヤクルト巨人戦で、先ほど、平気で使いました。まあ、彼自身は、天然でこだわらないほうの人間なのかもしれませんが、少し疑問に思います。解説者というのは、どんな場合でも、「真実・中立・公正を伝えるという」コミュニケーション能力を高めることが前提と感じ [続きを読む]
  • 大谷翔平をなぜ選ぶのか?
  • 大谷翔平をなぜ選ぶのか?イケメン顔か、ルックスか?人気か?ホームランか?快速球か?なんとかエーケーb−などの、総選挙とは本質的に違うのではないかと思う。また、好きならだれでもいいというのでもない、民主主義とは、わけが違う。DHで出られそうだから、選んだのか?人気で選んだのか?大谷翔平は、WBCも、出場できず、ペナントレースも、4月8日から出ていない、(チームに、パリーグに、球界全体に実は迷惑をかけている [続きを読む]
  • 新しいタイプの天才
  • 前掲図を、ちと修正した。−本文とはなんら関係ない将棋革命がおこった日、新しいタイプの奇跡が生まれた日、昨夜、いくつかの将棋関係のニュースをみていたら、眠れなくなった。凄いことが起きている。二つの角で、挟み撃ちで攻めるシーン、桂馬が玉将を、上から飛び込んできた瞬間、周囲がおおおーとどよめきがおきた。天才の寄せという声がでた。一気に、形勢が逆転して、ひっくり返した。逆転勝ちを藤井四段の14歳は成し遂げ [続きを読む]
  • 劇的!! 逆転満塁サヨナラホームラン (ソフト女子)
  • 日本は、1−3と、アメリカに負けていた。あの上野由紀子が、ホームランを打たれていた。最終回になって、裏攻めの日本は、満塁とせめたてた。バッターは当たっていなかった四番打者の山本だったが、監督は交代させずに我慢してつかっていた。ここで、山本がライトに打った当たりは、ホームラン。逆転満塁サヨナラホームランだった。4点プラスで、5−3だった。すげー。巨人は、よく石川が最後にサヨナラヒットを打った。きょう [続きを読む]
  • 昼ねかな
  • よき人の  机によりて  昼ねかな尾崎放哉◆尾崎放哉は、鳥取の生まれ、中学時代(現今で言うところの高校か)から、詩作・句作が始まったとされている。そのころの句である。よきひととは、憧れて大好きな人・つまり初恋のひとか?その机によりて、というのは、隣りのつくえによってきてなのか、よきひと自身の机に、彼女の居ぬ間に、間違えたふりして、昼下がりの時間、昼寝でもしたというのだろう?連想してしまう、純粋な頃 [続きを読む]
  • 雪は晴れたる
  • 雪は晴れたる  小供らの声に  日が当る尾崎放哉きらきらした一句ですね、身近にいる、側で遊んでいる子どもたちが好きなんでしょう。雪が降ると、積もっても積もらないでも、子どもたちは、大体、戸外に出て、動き回り、遊びを自由に作り出しますよね。高齢者や病者は、だいたい、炬燵で丸くなる。でも、外の軽やかな声が聞こえてきて、みかんを食べながらも、覗きたくなりますね。それでいいのだと思います。冬の木漏れ日のひ [続きを読む]
  • バケツ一杯の 月光を
  • バケツ一杯の月光を汲み込んで置く◆ 尾崎邦放哉(jほうさい)なき後、 箱から2700首も、出てきたそうな。山頭火のにおいがしますね、お仲間さんでしょう。ばけついっぱいの月は、三日月か、半月か、満月なのか、わからない。感動しているから、大きい方かもしれない。大宇宙を、手近の手元におく、大胆さと、水汲みの優しさとさり気無さの、大小の比較がある。掴んでみたかった特大・極大を、きわめて小さなものに押し込め [続きを読む]
  • 「ひとのま」 の温かさ
  • 人の人生には、晴れ間も、曇りも、どんよりも、小雨も豪雨も土砂降りも、土砂崩れも、台風も地震も火事もある。立ち直れないことも多い。「雨の止むことは無い」といった葉書だけをよこして、何にもしてくれなかったやからには、何の未練もなんも無いが。テレビのコマーシャルで、人や子どもが集まる、一軒家があると聴いて、興味を持った。===ETVで、ひとのまを観た。富山高岡市で出発したコミュニティハウスだ。なんのことは [続きを読む]
  • マイコラス ミーヲコロス? 援護なし
  • マイコラス ミーヲコロス? 援護なし孤立させ オー、マイコラスよ お前もか奥様も   赤子もオコラス   巨人打線中日の 小笠原に なす術なしひょっとして   完封負けか?   メヲコラス甲子園     優勝投手    のっとらす(調子に のっちゃって、のらせたのは巨人打線の貧打と、ついこの前まで、その貧打だった中日打線爆発)おいこらと   無能無策か   巨人首脳マギ [続きを読む]
  • 女王と奴隷たちーーー働き方改革
  • 現今の日本国において、奴隷制度があるのですか?身分制とかあるのですか?カースト制度みたいなものがあるのですか?議員の諸先生方がたは、何か、勘違いしていませんか????秘書って、子分で、てめえさまは、親分なんですか???当選すれば、そんなに人間が偉くなるのですか?その昔、ある国会議員が、自分の秘書に、足の水虫のくすりをしょっちゅう塗らせていましたとさ。これも奴隷制度ですね。(オーバーな話ではなく、事 [続きを読む]
  • とどかない
  • 日本 13 対 35 アイルランドアイルランドに、、、とどかない。ここ一番のときのミス、チャンスの時に、こぼすこと、ラインアウトを逃すこと、渾身の感動するタックルをいっぱい山と積んでも、勝てないのだ。もっと攻撃の精度を高めないと。世界ランキング3位には、まだ、遠い、 [続きを読む]
  • メジャー初顔合わせ、凄い投手戦 ダルビッシュ対田中
  • 終盤まで、どちらも2安打に抑えている同士、解説の斎藤隆さん(メジャー経験者)が「どちらもまだトップギアに入れていないようだ」と、いわれるほどの、豪速球対豪速球のたたかい。大型化したダルビッシュの唸るような球と、今日は復調したように見える田中将大の、コンピュータのような変化球と緩急、どちらも、「負けじ」という気合の大和魂と、コンセントレーションという欧米中心の集中力が、十分にあふれているのだ。見ごた [続きを読む]
  • ランボルギーニの意味がわからない
  • 申し訳ありません。乳がん検診の闘いで大きく貢献した小林麻央さんのなくなったタイミングで、下世話な商品が、野球界で出たときいて、がっかりしました。市川海老蔵の男気(おとこぎ)と、小林麻央の女気(おんなぎ)に比べると、何と浅はかなんでしょう。野球人気はますます落ちるでしょう。今更、ホームランに超高級車のランボルギーニをだしたところで、何の意味があるのでしょうか?中田翔に、何で、ホームラン2本ぐらいで、 [続きを読む]
  • 巨人に科学性がない。
  • 中日バルデス左腕が、飄々と投げている。今日の菅野は、球が高い、相性のいい森野(東海大相模の11年先輩)に、連打され、得点された。相変わらず、巨人の相手の投手対策や分析などが弱く、一向に打撃が見えてこない、円陣も、気合も、気概も、見えてこない。オール右打者を並べているのが、「策」なのかな?何の迫力も、繋がりも作戦もない、ないないづくしで、なんにもない。吉伸監督は相変わらず、仏頂面。たった、1点取られ [続きを読む]
  • 愛してる
  • 心綺麗なひとの、美しい妻であるるひとの、二人の優しい母親であるひとの、奇跡を起こし続けたひとの、生きざまの節目の日でした。多くの人の胸の中でいきていくと想います。 [続きを読む]