coco さん プロフィール

  •  
cocoさん: 今ここに生きる
ハンドル名coco さん
ブログタイトル今ここに生きる
ブログURLhttp://imakokoniikiru.blog.jp
サイト紹介文2014年から自分と向き合う事、2年半。 毎日の生活で実行できた事。気づきの記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/06/03 07:19

coco さんのブログ記事

  • 遅い反抗期を終えた
  • 今年8月。父と母に 「もういい」とだけ伝えた。何か言いたそうな母私「何かあるなら。。。」母「もういいって言うのは〜、、、」 心臓に突き刺さる痛みが来た。私「もういいとしか言えません」と言った。母は何かに気づいたようでそれ以上は何も言わなかった。私は自分の期待に気づいた。私は母に「よくがんばったね。もういいいんだよ」って言ってほしかったんだ。 母が何か言いたそうにしていたのでつい期待してしまった。そして [続きを読む]
  • カラクリと変換
  • マインドが暴走するとき→早く結果ださないと認めてもらえない(愛してもらえない)→完璧にやらないと次に進んじゃいけないインプットしている時は、その地道さにイライラし、アウトプットしている時は、その不完全さにイライラし、何をやっても満たされず。やる気を失う。動こうとしても動けない。身動きが取れない。カラクリ。変換してみる。→結果をださなくても愛されてる。→完璧にやらなくても愛されてる。 [続きを読む]
  • やめたこと
  • 親の承認が欲しい→親の課題を私がやらなきゃ→ いつまでたっても出来ない(当然。それは親の課題だから)→ 親を満たせない自分は、親に認めてもらえない→ 他人の心の闇まで吸収して、替わってあげて、他人でもいいから認めてほしいこのサイクル、やめた。 [続きを読む]
  • 間違いだったこと
  • 自分と好き嫌いが同じ人たちといると、何か居心地が悪くなってしまった。「なんとなくぬるい」かんじがしてた。間違いだった 。自分のことを褒めてくれる人たちばかりだと見下すようになった。間違いだった。自分と他人の優劣をつけたがった。間違いだった。わざと自分が否定されるようなところへ行って、そうじゃないと成長できないと思ってた。間違いだった。そして、否定されて、不満をつのらせた。間違いだった。 [続きを読む]
  • 真実は人の数だけある
  • 何回も書いた、占い師の記事。私は、やっと消化できた。記事を書いてて思うのは、お互い、 同じ穴のムジナだって事。私も、相手を否定したい衝動に駆られていたという事。一方、相手の言う事も、はじめは何の脈絡も無く出てきたと思た事が、段々、自分の何がどう、勘違いされて、その発言になったか見えてくる。元々、単なる事象について、違う方向から見ていたのだから、視線の位置が解れば、頭では、理解出来るし、相手は、 [続きを読む]
  • 死はエクスタシー
  • 死はエクスタシーなんじゃないかそういったアイデアが降りてきた 寝転んで、肉体を離れる時を想像したらそんな感じがした検索してみると 、そういった記事もあるようだどこかで見た、「人間、死ぬときはひとり」という言葉今まで、 輪廻転生の話を知っていても、自分の死についてあまり考えてなかった死ぬ瞬間、満足して死ぬ。そう想像すると、様々な余分な事、問題は消滅していく感覚私は、魂の目的とかあるのは知っていても [続きを読む]
  • 不快な占い師
  • 対面鑑定で、相手は、私の見た目を地味と判断し、金星を活かすために、今と変わって全然okと言った。 私は、依頼もしていないのに大きなお世話と思った。私は、見た目について、判定してほしくないから、依頼文に書かなかった。 自分で試行錯誤中で、誰かにとやかく言われたくなかったのだ。 そこには、ぱっと見はわからないが、身体の問題から服装に困っていた私が、一番触れてほしくなかったところだったし、世間 [続きを読む]
  • 嫌な事を伝える
  • 続き。。では無く、ちょっと間に別の事。私は、相手との関係で、嫌な事があれば、伝えると決めた。(臨機応変にだけど) なぜなら、自分の気持ちを伝える事は、意思表示であって、決して、他人を否定するものではないと考えるからだ。その際は、 相手を判断しない。(あなたが悪いとかの判断) 相手に要求しない。(変わってほしいとかの要求) 自分の気持ちを伝えるだけ(私は、〇〇と感じる。) という [続きを読む]
  • 親の家を訪問後、メール、父
  • 続き。。6月の訪問から、その時感じたもやもやを紐解く。何がどう、嫌だったか。そう、今まで、私は、親とひとくくりにしてきたが、父と母、それぞれに向き合うにはかなりエネルギーがいる。どちらの何が、私にどう影響を与えていたのか。この感じる違和感はなんなのか。紐解けた分を、父、母、それぞれにメールした。まず、父訪問時、祖母の世話のため、外出した父。帰ってくるなり、「晩御飯食べた?」「晩御飯は?」と母に聞く [続きを読む]
  • 親への手紙にきりを付けた後、訪問
  • 続き。。そして、6月、親といて、自分がどこまで自分を貫けるか試そうと、親の家へ行った。親は、私と接する事に慎重になっているが、やはり、自覚無く、私の行動の先回りをしようとしていたり、やたら物をすすめたり、会話はいつの間にか愚痴へと移行していたりした。私は、とりあえず、そういった親の無自覚な圧力を全てを断った。私が、ひとつ受け入れたら、あれもこれもとエスカレートするクセのある親。途中で「もういい」と [続きを読む]
  • 親への手紙
  • 一年前、私は、両親に、今まで親から受けた嫌な側面について綴った手紙を送った。自分を少しずつ紐解く事で、やっと見えてきた、親のためのニセの気持ちとは違う、本当の自分の気持ち。反応が怖く、「私が気持ちの整理の為に書いたから返事はいらない」って書いたら手紙着いたとか読んだとかすら無く、本当に何の反応もなく。。。不安な日々を過ごした。それである日、親からメールがきたと思ったら、全く関係のない話題で、手紙な [続きを読む]
  • メソッドありきで楽しいか?
  • 例えば、占星術ならホロスコープにこう書いてあるから、こう動くと無駄がない。という。私は違う。私は、あくまで、自分の勘や気持ちに沿って動いた方がスムーズだと思う。それで、ある時、自分の軌跡を振り返るのに使うくらいで良いんじゃない?そんな、お勉強して、メソッドありきで動くんなら、ただ、そのメソッドが好きなだけ。それを、絶対かのように言ってくる。まあ、占い売ってるんだからそうなんだろうけれど。鑑定の場で [続きを読む]
  • 不快感
  • ある占い師。強固な自分の城を造って、手足踏ん張って、必死に守りながらやってるから、やさしい〜耳障りのよい意見しか、受け入れられないらしい。自分の都合の悪い感想は、すべてクレームととらえてる。自己正当化がすごい。自分を客観的だって信じてる。私は、主観が入る事は当たり前だと思うけれど。「私は客観的で、あなたとはちがう」って、すごいな。傲慢って意味で。こちらも悪かった部分があったと反省し、誤ったんだけど [続きを読む]
  • 違和感
  • ヒーリングの値段。占星術の値段。などなど。この値段で、この内容は安い方。とか、 いちいちアピールしてある。内容も、こんなに情報量が!とか。私は、堂々と、自分が納得できる値段提示すればいいのにって思う。ヒーリングや占星術も、スーパーの売り方と同じ感覚なんだね。あくまで、私が依頼した人の場合。あと、やたら権利に固執してる。あちこちに権利マークついてたり。内容より、それがうっとおしかった。ものすごく、自 [続きを読む]
  • 学ぶ事について
  • 私は今まで、学ぶ事は、制限される事であり、禁止がされる事だと勘違いしていました。私は、学ぶなかでの、禁止や制限を、忠実に守る事で、目標が達成されると、勘違いしていました。私は、禁止や、制限を守らなかった場合、とても恐ろしい事があると、過剰に恐怖していました。私は、自分だけでは落ち度があり、外部からの禁止と制限に沿わなければ、いずれ落とし穴に落ちてしまうと、勘違いしていました。私が学ぶ動機は、落とし [続きを読む]
  • 他者への攻撃が出る時
  • 私は、両親や、夫、過去の会社の人、架空にでっちあげた人に対する、攻撃が出る時、それは、自分に向き合うのが怖いときだと気づいた。手放した。私は、自分に向き合うのが怖くなったとき、他者へ攻撃することをやめました。私は、自分に向き合うのが怖くなったとき、リラックスして、すべてが幻想である事を思い出します。 [続きを読む]
  • 人生の根本
  • 私は、自分を制限していた根本に気づきました。 私は、私自身を責める事をやめました。 私は、私自身を赦しています。 私は、私自身に完璧を求める事をやめました。 私は、私が存在することを認めています。 私は、人から認められる自分を認めています。 [続きを読む]
  • ただの事象
  • 私は、判断を下すのが嫌だった。自分も、限定して見てしまうし、ただの事象として、泳がしておきたかったからだ。一方、判断するという事が、自分の意思表示として必要なときもある。 ただの事象として、宙ぶらりんのままの場合と、判断する事が役にたつ時と、ある。判断を下すのが役に立つのは、主に、現実世界でのやり取りに置いて。自分の内側の事は、判断はニュアンスが違う。焦点を当てるという方がしっくりくる。違う、 [続きを読む]
  • 暇な頭で何をしよう
  • 以前から頭が暇だと、何か詰め込みたくて、空虚な感じがそわそわして、怖かった思考ですぐいっぱいに埋めるか 、テレビなど見て情報で埋めるか自分の方に意識が向こうとすると、ぞっと怖くなる感覚今は、わたしはこの感覚がIPの仕業だって気づいてるIPの存在を自覚して、「気づいてるぞ、IP!」を繰り返し自分のお腹に真意、ありのままの自分を確かめる事を繰り返してくると頭の前部分が空いてきたこれがこの記事で言ってた天 [続きを読む]
  • どうがんばっても、すべてはわからない
  • 自分のすべてをわかってもらいたい他人のすべてがわかりたい自分の多面性に戸惑うある一面しか見せていない人には私をそれだけで判断しないでって、たくさん判断材料を差し出したくなった必死だったテーマを絞るとか、キャラとか、とても息苦しく感じるのはなぜだろうその絞り込む際にこぼれ落ちたものそこに何か大切なものを感じる自分の中のいろんなものが連鎖したりつながって、あるひとつの事が出てくる全然関係ない分野でもつ [続きを読む]
  • 表現方法
  • ある人に自分を観てもらうイメージ私は答えを聞かない「私は、観てもらう。知ってもらうだけでじゅうぶんです。私は、自分で歩いていきますから。それをただ観ていてくださる存在がいるということが、とてもうれしい」もう、すでに観てもらっている。高次の存在たちに。観音様に。そうだ、このこと、ブログに書こう。でも、文字にしたとたん陳腐になっちゃう。きた、インスピレーション「だから、絵でいいんだ」普通の人間で、絵を [続きを読む]
  • 高次の存在を感じたとき
  • 高次の存在を感じたときのワナ「私はすごい人だ」「これに気づいていない他の人は。。。」「だから私はもう、低次元のものは近づいちゃだめだ」これら他を排する動きそうじゃない。だから、普通の人間なんだ。人間なんだ。普通の人でいいんだ。ドロドロもある人間でいいんだドロドロもあると、見ない振りしたり、なんだかんだ浄化とかあるかもしれないけれど認めて受け止める事が、手放すって知った”手放す”とは捨て去る事でもぬ [続きを読む]