風とみどりに戯れて!  さん プロフィール

  •  
風とみどりに戯れて! さん: 風とみどりに戯れて! 
ハンドル名風とみどりに戯れて!  さん
ブログタイトル風とみどりに戯れて! 
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/vividmiyuna
サイト紹介文田舎暮らし、風の訪れる庭、あふれる緑たちの記録、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供291回 / 356日(平均5.7回/週) - 参加 2016/06/03 14:55

風とみどりに戯れて!  さんのブログ記事

  • 山陰の旅「足立美術館」
  • 一度は訪れたいと思っていた「足立美術館」、ゆっくり見たいから、早朝開館時間に合わせました。足立美術館といえば「生の額絵」緑の庭園がガラス窓越しに、一枚の絵のように見えます。床の間の壁をくりぬいた「生の掛け軸」も素敵です。障子窓の奥の庭、耀く新緑、見飽きない景色です。雲ひとつない青い空、あまりにも美しい庭に・・・写真に残せないけれど、ここは美術館、庭園の四季に合わせ今は「春季特別展」横山大観コレクシ [続きを読む]
  • 山陰の旅「皆生温泉」
  • 皆生温泉は海辺の温泉郷、ホテルの前は小さい波が寄せる海水浴場、山の子は海への憧れが強く、ホテル選びの第一条件は海のそば。落ちかけた陽にハマヒルガオの群生が輝きます。5月の海に飛び込む子供たち、夕陽に負けないくらい眩い元気。島根半島に陽が落ちていきます。ホテルで夕陽を眺めながらの夕食、アワビのステーキ、白いか、ズワイガニ、贅沢な海の幸にシアワセ。皆生温泉は海底から湧き出すお湯、口に含むと塩辛い温泉で [続きを読む]
  • 山陰の旅「境港」魚と鬼太郎
  • 山陰旅の目的のひとつは美味しい魚、境港に着くと、漁港で仕事をしているおじさんに「美味しいお店を教えて?」「かいがん」という魚市場前の人気店を教えていただきました。港のはずれ、お昼を過ぎた14時前、お客さまは地元の人ばかり、「モサエビ入荷しました」の張り紙につられ、早速注文。モサエビがたっぷり乗った丼、頭はから揚げにしてあります、2,000円也。初めての「モサエビ」プリプリ、とろーり濃厚な甘味、最高に美 [続きを読む]
  • 山陰の旅「とっとり花回廊」
  • 5月17日(水)山陰路へ夫婦でドライブ、中国道から米子道へ、最初に立ち寄ったのは「とっとり花回廊」色鮮やかなフラワーハンキングの出迎えに疲れが一気に吹き飛んだ。敷地総面積50ヘクタール(東京ドームの約11個分)その中央に直径50m、高さ21mのドーム型温室、ドームの後ろには名峰 大山がそびえているのだが、この日はあいにく雲の中。日本最大級のフラワーパークとは知っていたが、入った途端、緑あふれる自然を生かし [続きを読む]
  • じゃがほっこりとじゃがポックル
  • 息子夫婦の九州土産「じゃがほっこり」えっ、「じゃがポックル」のバッタモン?と思ったら同じカルビーの地域限定ジャガイモスナック。こちらはじゃがいもの厚切りスライスチップスという感じ。味付けは「五島灘の塩」素朴な味わいと美味しさについつい手が出てしまう。今日は友達から北海道の「じゃがポックル」をいただいた。こちらも大好き、北と南の美味しいもの同時にいただけるって、幸せ。北海道でもう一つ好きなのが「じゃ [続きを読む]
  • エビネ蘭、ひっそりと
  • エビネ蘭がひっそり咲いていた。地味な色なのと、目につきにくい庭の奥、見過ごしてしまうところだった。自然に溶け込んで、それでいて葉も花も凛としている感じ。新しい芽が増えました、元気そうな子たちです。鮮やかな黄色のエビネがあったのに、今年は花が咲かない。いったいどうしたんだろう?株は消えてはいないようだけど。 [続きを読む]
  • あおさパン、母の日のパン作り
  • 種子島に出かけていた息子夫婦のお土産の「あおさ」「パンに入れたら美味しいよね」とお嫁ちゃんとパン作り。酵母は「白神こだま酵母」、小麦粉「はるゆたか」しっとりあおさは小麦粉の重さの5%入れました。あおさの緑がきれいな生地がこねあがりました。お嫁ちゃんは初めてのパン作り、笑ばあちゃんの新しいお弟子さんです。「パン生地って柔らかで触っていると気持ちいい」と喜んで入門してくれました。ベンチタイムの終わった [続きを読む]
  • Mちゃんのお料理アルバイト
  • 今夜のサラダはMちゃんが作ってくれました。「おばあちゃん、何かお手伝いさせて、10分 10円欲しいの」お祭りのお小遣いにしたいからアルバイトしたいんだって。「1時間だといくらになるの?」と聞くと、「60円。1時間は60分って今勉強しているから知ってるよ」ジャガイモゆでて、粉ふきイモもマッシュも上手に出来ます。キュウリを切るのも安心して見ていられるようになりました。ここからはMちゃんのこだわりが始ま [続きを読む]
  • ブルーの胡蝶蘭
  • ブルーの胡蝶蘭、素敵です。白い胡蝶蘭を青く染め上げたブルーエレガンス。たくさんの花の中で、ひときわ目立つ存在です。会社のお祝いに届いたお花たち、胡蝶蘭の見本市みたいになっています。お祝いには胡蝶蘭がつきもの、この素敵なお花たちのこれからが心配、お花の終えた後、どうなってしまうんでしょうね。以前、何度か家へ連れ帰って育てたことがありました。冬がたいへん、昼間は窓際の暖かい所へ、夜は部屋の中ほどへ移動 [続きを読む]
  • ジャーマンアイリス、育てやすい花
  • ジャーマンアイリス、白と紫の対比が素適な花です。この花は湿気に弱いため、株の上の部分が地上に出るように浅植えします。石積みの花壇に植えている環境が良いのか、元気に子株を増やしています。淡いオレンジ、花の重さに耐えきれず、一日で折れてしまいました。ちょっと小さめのこの花は、30年以上前、職場の先輩にいただきました。増えすぎて、あまり大事に扱っていないのに、毎年きれいに咲いてくれます。レインボーフラワ [続きを読む]
  • クリスマスローズ、種採り準備
  • クリスマスローズの種が大きく膨らんでいます。早い時期の種はもうはじけてしまったものもあります。お茶パックをかけて種採り準備です。熟した種を待っている間にこぼれてしまわないようにしているだけです、気をつけてチェックしないと、パックの中で乾燥してしまいます。こんなにきれいに並んで、良い種ができています、ひとつの花で、30粒もの種が採れました。これは取り蒔きにしようかな。5月のクリスマスローズは緑の葉が [続きを読む]
  • ノムラモミジ、3代目誕生
  • 紅く色づいてきれいなプロペラ、翼果(よくか)と呼ばれる羽根をつけたような紅葉の果実です。この紅葉は秋ではなく今5月の「ノムラモミジ」です。春、紅い葉から緑へと変化していき、秋再び紅く燃えて散ります。「ノムラ」は「濃紫」が語源だといいます。我が家には2本の「ノムラモミジ」仲良く並んでいます。右は私達の「結婚記念樹」この5月、40周年を迎えました。25年前に家を建てた時、もみじの場所を宅地にするため大き [続きを読む]
  • ヤツシロソウ、株が増えました。
  • ヤツシロソウ(八代草)別名リンドウザキカンパニュラ、鮮やかな紫の花が、空を見上げて咲きます。紫ってシックなのによく目立ちます、千鳥草の中にまぎれてしまいましたが、昨年と比べるとたくさんの株になりました。先日もこの花をくださったYukiちゃんに「すごく増えたよ」と見ていただきました。九州の山地で育っているヤツシロソウ、絶滅危惧種に指定されている花だそうですが、我が家の、桜の木陰になる環境があっているのか [続きを読む]
  • 桜葉の塩漬け、今がその時
  • さくら餅に欠かせない桜の葉、本来は大島桜の葉を使うのですが、あまり見かけない桜なので、八重桜やサクランボの葉を代用します。八重桜の花が散り始める頃、葉が大きく成長し始めます。柔らかく、虫のつかないうちに収穫です。軸を1センチほどつけて収穫、水洗いし傷んだ葉をチェック、お湯を沸騰させ、30秒ほどつけて色止めをします。すぐ冷水につけて、葉っぱを整理します。大きさ別に10枚づつ重ねていきます。広口のガラ [続きを読む]
  • クレマチス、大輪です
  • クレマチスが咲きだした。挿し木して4年目、やっと見ごたえのある株になりました。全開すると、15センチくらいもある大きな花です。この花は義父が育てていたのですが、花畑を宅地に変えて家を建てた時、移植を忘れたのです。数年後、庭の隅に積み上げた庭石の中からきれいな花。根元がどこなのか判らないので、挿し木をしてみたらこんなに立派に育ちました。今我が家で、一番輝いている花です。 [続きを読む]
  • 子供の日、野菜たちも可愛い子供
  • ゴールデンウィーク真っ只中、家でもくもくと畑仕事、夏野菜の植え付けです。耕作、畝立てまで済ませ、雨を待っていたけれど晴天続き。明日は降りそうだけど、今日のうちに片付けておきたいから、たっぷり水まきをして、マルチ張り。ピーマン、伏見甘長とうがらし、赤しそはこぼれ種で芽を出しているのを植え付け、きゅうりにナスは欠かせません。マルチに防草シートを敷き詰めた畑は、成長が早く雑草に悩まされないだけでなく、サ [続きを読む]
  • フリージア、香りの花
  • 甘い香りのフリージア、豪華な花をつけてくれた。華やかな色、花壇の中でひときわ目立っている。昨年は堀上げを忘れ、畑に置いたままだったので、フリージアの上にいろんな花を植えてしまい、ちょっとかわいそうなことになってしまった。小さいカエルが花の中で日向ぼっこ、香りに酔いそうだけど大丈夫? [続きを読む]
  • モッコウバラ、もこもこ
  • モッコウバラのクリーム色の花が咲き誇る。こんなに一気に咲かないで、ゆっくり長く咲いてほしい。ランチに寄ったお店にも大きなモッコウバラがあって、店内にも何カ所か飾られていた。テニス仲間の家には、白とクリームの二種類があるという、挿し木にしたいからと、白をひと枝お願いした。我が家に無いお花のことになると、ついつい欲しくなって・・・先日もご近所さんが庭に来られ、「すごい花、いったい何種類植えてあるの?」 [続きを読む]
  • スズラン香る5月
  • スズランが香りはじめた。可愛い花、甘い香り、大好きな花です。手のかからない花、肥料も無く、水やりもしなくていい。それでも元気に芽を出し、どんどん増えていく。ひとつ大事なことといえば、間引きして誰かにプレゼントすると、益々元気に育ってくれることかな。5月1日、5月の伊勢赤福の朔日餅は「かしわ餅」端午の節句の祝菓子、柏は新葉が育つまで親葉は枯れません、それにあやかって、子供の成長を祈るお餅です。お伊勢 [続きを読む]
  • ハナミズキの花
  • 「ハナミズキの花が咲いた」というと、この白い花が思い浮かぶのだが、ハナミズキの花は中心の緑の部分、白い花びらに見えているのは苞という葉の一種です。中心にあるかたまりが花序で、小さな花が集合しています。でも、難いこと言わずこの全体が花でいいんじゃないかな。ハナミズキの白が青空に映える、この樹はNちゃんの誕生記念樹、ここに植えて6年が経ち、大きく伸びてぶどう棚を見下ろしている。 [続きを読む]
  • チューリップの摘み採り
  • 4月ももう終わり、チューリップもほとんど切り取っていたのですが、最後に孫ちゃん達のお花摘み用に残してありました。さあ、お好きなだけ摘み取ってください。花畑は千鳥草が伸びて、緑が濃くなってきました、「みんな採ってもいいよ」言われても、やっぱり色にこだわります。可愛い花束「ママにプレゼントするの」大きい八重咲きはチューリップじゃないみたい、紹介してなかった今年のチューリップたちです。淡いピンクの八重咲 [続きを読む]
  • クリーピングタイム(ヨウシュイブキジャコウソウ)
  • 仕事で訪れたお宅にきれいなピンクの絨毯、遠目には芝桜かなと思ったのですが、違ってた。アリッサムのような小花がこんもり丸く、藤色に近いピンク。「かわいい、素敵ですね、なんというお花ですか?」「知らないけど、すごく増えるからあげるよ」と苗をくださいました。名前が判らないのでいつものように「みんなの花図鑑」へ投稿。たくさんの方からお返事いただきました。和名はヨウシュイブキジャコウソウ(洋種伊吹麝香草)、 [続きを読む]
  • 日本サクラソウ、咲き揃いました
  • 日本サクラソウのやさしい花が開いた。小ぶりの花に、白い縁取りのある「駅路の鈴」昨年購入した「錦鶏鳥」リバーシブルの大きな花、色は素敵だけれど、少し情緒に欠けるかも。日本サクラソウは和の花、土鍋に植えているのがお似合いです。こんな浅鉢も良い感じ。、3年前にひと鉢いただいて、毎年増え続けています。可愛い花なので、プレゼントにも喜ばれ、いろんなお家に届けています。ハクモクレンのお家でも咲き始めているかな [続きを読む]
  • お伊勢さん菓子博2017、お菓子の匠工芸館
  • お伊勢さん菓子博2017、お菓子の匠工芸館。ここはお菓子の美術館「素晴らしい!」としか言葉が見つからない。「中に階段まで作ってあるよ!ドアもあるよ!」NちゃんもMちゃんも「もう一度見に行こうよ」と再度の入館です。ただただ見とれる作品のごく一部ですが。これすべて、お菓子。ぜひ、「お伊勢さん菓子博2017」へ。お菓子のテーマ館は⇒菓子博の様子は⇒ [続きを読む]