kairu さん プロフィール

  •  
kairuさん: 洗濯船
ハンドル名kairu さん
ブログタイトル洗濯船
ブログURLhttp://ameblo.jp/sentakusen/
サイト紹介文ハルさんと共に、ステンドグラスを使ったビードロ宮殿を建設していきます。
自由文猫たちとの生活、ハンドメイド作品の紹介や、ステンドグラスを使った多肉宮殿改めビードロ宮殿の制作などを紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2016/06/03 15:08

kairu さんのブログ記事

  • お詫びとお知らせ
  • こんな状況にも関わらず、メールや読者登録をして頂いてすみません。実は、庭で水やり&ウーパー捜査官の水替え中に転んでブロックの角で頭を強打し、首と腰に来た上、病院の検査で筋腫が発見され、さらに大きな病院での検査待ちです。笑いごとではありませんが、打った時は大してなにも思わず、バケツなど片づけて、何気に鏡を見てびっくり。 福禄寿みたいになってました?ヾ( ̄0 ̄;ノ 早々に復活しようと思ってましたが、まだ先 [続きを読む]
  • 謎のユーフォルビア ミルシニテス
  • この名誉ある、間人に流れ着いていた浮き球を、二つに切って作ったフジツボ鉢から追放されたミルシニテスさん。 ビードロ宮殿を懐かしむあまり、お亡くなりになりました ってのはウソです ワシャー そもそもお外へ追放の理由が、ティラさんが有毒のミルシニテスをパクリと食べ、大騒ぎになったことでした。 決定的瞬間 病院で診て貰いましたが、食べた直後を押えて、少量しか食べてなかったことが幸いして、大事には至りませ [続きを読む]
  • 試練を乗り越えれば大きく育つ
  • 目指せ!!イングリッシュガーデン!!これは画像をお借りしています。こんな風になったら良いなあっていう目標 フィニッシュは薔薇で飾るつもりが、とっても素敵な園芸店との出会いに我慢できず、もう植えちゃいました後はこの方々が頑張って育って下さらないと。 この白いガザニアは去年、道の駅で78円で一株だけ買ったもの。 玄関ドア横のホールライトの下のハンギングバスケットにポットごと入れられ、なぜか、死角で他の花 [続きを読む]
  • 多肉・薔薇の心配事あれこれ
  • 久しぶりのビードロ宮殿。 結構、暑いです コウモリラン・・・なんか葉っぱが茶色くなって一枚枯れましたミズゴケをバケツにつけるのは欠かしてないけど、やっぱり、ここは遮光しても、陽当たり良すぎ? 置き場を考えないと。 遮光したらエケさんが一斉に徒長し始めたので、玄関へ移動させました。それで、寂しくなったビードロ宮殿にこの元気な寄せ植え鉢を移動させました。 &n [続きを読む]
  • ビードロ宮殿の壁に薔薇を這わす
  • また行って来ました。18日に来たばかりなのに、以来、ずっと来たかったアン・プティ・シュバル。 ワシャーッ!! 白いツルバラを買いに行くつもりで行って、ハルさんに言われて気付きました。壁が白いから色がついている方が良い。 ほんとうやわ!!この木の横に植えて白い壁に薔薇を這わす予定なので、白い壁には白くない方がいい(かもしれない・・) い〜っぱいある中から、素敵な [続きを読む]
  • ビードロ宮殿の外壁にツルバラを
  • 黒法師さんと間違えてうちに来て頂いた名無しさんと八尺の鏡さんの寄せ植えの勢いがすごい。 玄関ポーチで存在感ありまるで薔薇みたいに綺麗 今朝は朝7時前に家を出て、約1時間半かけて、娘を寮まで送って行きます。薔薇と言えば、本日はハルさんが休みなので、それならばと昨夜も娘はうちに泊まり、今朝、寮に送った後に京都まで、薔薇をもうひとつ買いに行こうと言う事になったのです。 [続きを読む]
  • ハンギングバスケットの寄せ植え達
  • チョンパして双頭になったのを集めて作った双頭の寄せ植え。 遮光して、ボーボーになった火祭りさんをカットしたら、良い感じのままなんとか保ってます。 こんな高い所でひとつの世界が築かれていることが不思議 多肉さん達はぎゅうぎゅうに肩寄せ合っては何を考えているのだろうと思います。 こちらは物騒な核弾頭に似ている、地獄の番犬みたいなケルベロスの寄せ植え。 なんか [続きを読む]
  • ハンギングバスケットの寄せ植えたち
  • チョンパして双頭になったのを集めて作った双頭の寄せ植え。 遮光して、ボーボーになった火祭りさんをカットしたら、良い感じのままなんとか保ってます。 こんな高い所でひとつの世界が築かれていることが不思議 多肉さん達はぎゅうぎゅうに肩寄せ合っては何を考えているのだろうと思います。 こちらは物騒な核弾頭に似ている、地獄の番犬みたいなケルベロスの寄せ植え。 なんか [続きを読む]
  • 名もなきハオルチアの花
  • ワシャーとなって、結構気に入っている寄せ植え。 頂き物のハオさん。名前も知りません。 寄せ植えしたら、花が咲きました。 しわしわで死にかけだったハオさんの生命力に驚嘆。 しかも可憐 みょ〜ん とても寒さに弱いと気付いた桃色カリシアさん。寄せ植えの赤色班として植え込んだものは、ほぼ全滅で、ビードロ宮殿で大事に残しておいた方のみが生き残 [続きを読む]
  • ワニのカーニバルと徒長のデビーさん
  • 昨日、ビードロ宮殿のセダムとエケベリアの寄せ植えの入れ替えをして、玄関が大騒ぎのまま放置してましたので本日、片づけました。 ビードロ宮殿にあった棚を持って来ておきました。 2段目はワニのカーニバル軍団です。 玄関がマンションなどのベランダと同じくらいの陽当たりだと思うので、ここで、日照不足や焼けなど起こさないか、見守りたいと思います。 すっきりしたかな& [続きを読む]
  • エケベリアとセダムの入れ替えと鉢づくり
  • 遮光したら徒長し始めたので、エケベリアや寄せ植えを全部、玄関に集めました。必然的に、ビードロ宮殿がガラガラになり、玄関にあったセダムを入れました。 これはこれで綺麗だけど なんか寂しいね せめて鉢だけでも派手にしたい・・・ 玄関に移した寄せ植えのこの鉢はデコパージュして作ったハンドメイド。 もう1年近くになるけど、ぜんぜん丈夫で使えます。 これならど [続きを読む]
  • 遮光と徒長と仕立て直し
  • 春までの間はとってもいい感じだったビードロ宮殿。ハンギングバスケットがふたつも増えて、良い感じ と思っていたら、暑くなって来たら、この鉄のハンギングバスケットが焼ける。 で、遮光をしました。 私の理想は、綺麗に寄せ植えしましたよって感じではなく、自然と一体化して自力で生えている感じ自然であればあるほど嬉しい。 しかし・・モリモリして来て喜んだのも [続きを読む]
  • 特別な薔薇 アン・プティ・シュバルのバラフェア②
  • アン・プティ・シュバルはカフェもあり、そこから薔薇に詳しいと言う女性の店主の方がわざわざ坂道を登って、薔薇の苗の置いてあるレジまで来て下さったので、ついでに色々伺いました。 この薔薇はラッキーなことに希望通りの四季咲きだそうで、どちらかと言うと今の薔薇の花の主流の形から外れているけれど、こういうのも良いかなと宝塚の園芸店から入れてみられたそうです。 そうそう、昔、私が漫画 [続きを読む]
  • 限界を超えた寄せ植え
  • 娘は資格の為の別講義がある為、うちに帰って来られません。さすがに3週間間があくと食料が尽きるので、昨夜、買い物に行って調達して来た食料補給に行って来ます。 ついでに娘を乗せてドライブがてら、先日食べ損ねたジェラートを食べに行って来よう。 その前にちょっとご報告。ハンギングバスケット、双頭の寄せ植え。ワシャーは好きなのですが 良いなあと思っていた一線を越えるとアッと言う間に限界がや [続きを読む]
  • そして誰もいなくなった・・・
  • ティラさん、お陰様で昨日完治の診断を頂きました。もう少し、エリザベスカラーは付けておいた方が良いと言う事なので、後1週間ほどはお花が咲いたようなティラさんですが。ご心配おかけしました。 もし、白い傷が網膜に残ったら全身麻酔の手術になるとこでした。全身麻酔は小さな体に負担で確実に寿命が縮みます。もう大丈夫です良かった〜!! これが朝の猫達。 定位置です。お気づきでしょうか?箪 [続きを読む]
  • 共同生活者たちとのやめられない日常
  • 私はタニラーさんではないかもと思います。綺麗に管理され、素敵に育てておられるのはすごいと思うし、尊敬もするのですが、私は虫が食ったり、びよよぉ〜んと飛び出たりする変化が好き。 ワシャーと生命力にあふれている多肉さんが目の中に入る風景が好き よく、園芸店の隅っこにボロボロになりつつ徒長しながら鉢と一体化した多肉さんがいますが、心惹かれます。 育ててあげてるのではなく、共同生活してくれてい [続きを読む]
  • イングリッシュガーデンのお客様
  • 久しぶりにお友達のkeikonoutaさんが遊びに来ました。 keikonoutaさんはおめでたい事続きだし、うちは娘の進学などがあって、何やらややこしかったのでゆっくり話が出来るのは本当に久しぶり。 ブログを読んでくれているので、すごく喜んで色々見てくれます。 多肉さんを育てておられる方なら何のことないこの子持ち蓮華も 流木ゲロも誉めて貰い まだまだ貧相な「目指せイングリ [続きを読む]
  • イングリッシュガーデン・輸入ドアの色塗りの下準備
  • 多肉さんの住み家が欲しいと言う一言でハルさんが作ってくれて、私と娘が色を塗ったビードロ宮殿と言う名の温室。 温室の方はドアの外側がまだ塗れてませんが、それ以外はだいたいこんな感じ。 出来た当初は白すぎると思い、クリームを曼荼羅に塗る予定でしたが案外、落ち着いて来たので、このままで行くかもしれません。 現在、ハルさんがこの塀の奥にビードロ街と名付けた家の物置を制作しています。私もそ [続きを読む]
  • スギナとの闘いの朝
  • おはようございます。気持ちの良い朝娘が資格の別授業が土曜日にあったので、今回は帰ってきていません。 先日、スギナと闘い宣言をしましたが、雨がパラパラして来たので諦めました。 2日経ったら頭に乗ってのびていること。 朝一番にスギナと闘って、30分ほどかけて山もり取りました。 すっきり〜 西洋グミはオルトランがきいたのか、雨の中見に行った時はナメさんもお [続きを読む]
  • ろくでなしの手づくり金魚鉢
  • ウーパー捜査官にうちに来て頂いたのにはもうひとつ理由があります。 この美しい手作り金魚鉢に惚れこんで 購入したものの、金魚を買う前に ウーパー捜査官に出会い、金魚鉢に中にウーパールーパーと言うシュールな絵面もありかなと思いまして、まず、金魚鉢ありきで来て頂いてもいいかなって考えになりました。 え?そうなの?そうなんだよ みょ〜んみょ〜ん しかし [続きを読む]
  • 便利なキッチングッズとミルさんの誘惑
  • 名前が分からないハオさんの花芽がすごい勢いで伸びてます。 どんな花が咲くのかな? 玄関に置いてある ミルキーウェイも蕾をつけています。 どんな花が咲くのかな? 毎日、家事の時に感謝してしまうキッチングッズ。 岡山県の輸入雑貨のお店で買ったイギリス製のホーロー製白い穴あきボウル。 ネジが取れてしまったのをハルさんが直してくれたりして、もう20年 [続きを読む]