ひde さん プロフィール

  •  
ひdeさん: がんと生きる
ハンドル名ひde さん
ブログタイトルがんと生きる
ブログURLhttp://ameblo.jp/landrover-d3/
サイト紹介文現役の町医者が直腸がんになりました。何回もの再発手術をして、今は切除不能の末期がんです。
自由文2011年に直腸がんで手術。

その後はほぼ毎年再発し手術を繰り返してきました。

2015年の5月に両肺の再発に対する手術をした後、1か月もたたずまた肺に無数の再発を認め、とうとう切除不能の末期がん患者になりました。

抗がん剤治療はしていますが、普通に毎日の仕事はして、ゴルフやスキーなども楽しんでいます。

どこまで行けるかは神のみぞ知るです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 325日(平均3.5回/週) - 参加 2016/06/04 10:42

ひde さんのブログ記事

  • ありがとうございました。
  • お世話になっております。ヒdeの息子です。 一昨日4月22日(土)の明け方、父が亡くなりました。葬儀は父の意向で4月23日(日)に家族葬にて執り行いました。 生前、皆様には大変お世話になりました。 癌をはじめ、難病と闘っていくのは、とても大変なことです。母や、このブログを読んでくださっているご友人の方々、いつもコメントを下さっていた皆様、みんなが傍にいてくれて、だから父は最後の最後まで走り続け [続きを読む]
  • こんばんわ
  • こんばんは。暖かい春の夕方ですね。 1ヶ月ぶりのブログの更新になります。実を言うと、12から3の終わりまでかなり激しいせん妄陥っていたようです。 一昨日家内に細かく聞くと行動はあまりおかしくなかったのですがやはりせん妄状態があり、2月3月の入院になっていたようです。抑制も受けました。沖縄にも住んでいました。 ここ2,3日やっとまともになってきたといいます。 側から見てもそこまで狂って [続きを読む]
  • もっとがんはりたいのですが、、、、、、、
  • またしても入院してしまいました。 3月の頭に退院すぐに入院なり、家族ではコントロール結局すぐまた無理だったようです。 先回の錯乱よりおも緒だかやでゆっくりしたいても、やはりひどいくてと布y革切りしていてをいていたようです。どうも麻薬の副作用が強く世界を全く実際時間してしまいにまもの書き物が出来ません。 よっくりと今までのことを書きたいのですが、1文かくのに10分かかります。(T_T) & [続きを読む]
  • 退院しました
  • 本日退院しました。入院中は、特に後半はやや心が病んでいたような気がします。何でも書いてしまうので迷惑のかかった方もいらっしゃるのではないかと心配しています。自宅に帰って、少し落ち着きはじめているので、これからゆっくりとときほぐしたいと思っています。どうも、幾つになっても反省ですね。 [続きを読む]
  • 二つのタイプの医者
  • がんを見る医者には二つのタイプが存在するように思います。 一つは、がんに負けずに頑張って、少しでも長生きしようねと患者さんを励まし努力するタイプ。このタイプの医者に診てもらうと患者は元気が出て、言われている余命よりも長生きするように思います。 もう一つのタイプは、がんだから頑張ってもある程度のところまでで、治療方法がなくなれば仕方がないと言うタイプ。いまわたしを見ているのはこのタイプの先生 [続きを読む]
  • なぜか調子が悪くて・・・・
  • いよいよ退院が近づいてきているのですが、今日は調子が悪く息切れがします。 リハビリをしてくれている理学療法士さんも微妙に体の調子が違うと言います。体に触れると、緩んでいる筈のところの緊張が高く、また浮腫ではないのですが膨らんでいるようだと言います。実際に、マッサージをしてもらってもいつもより痛みが強く出ます。 さらに手の指の振戦が強く出ます。 体重増加も心配していました。栄養がついて増 [続きを読む]
  • やっぱり
  • おはようございます。 先ほど、朝食後の下膳ついでにラウンジで軽く運動をしていると主治医の先生がやってきました。 ゆっくり話が出来ました。入院後で初めてかもしれないです。こちらの思いをちゃんと伝えて、先生の思っていることもよくわかりました。やっぱり時間はゆっくりとって話をしなくてはいけませんんね。わずか10分ほどでしたが、かなり分かりあえたような気がします。 会話の中で、大学からの情報で [続きを読む]
  • やっぱりここもダメだったのかもしれない
  • 3,4日前から調子が悪かった・・・・・ 朝、主治医と会った後(前にも話をしたが、この主治医さんは必要なことだけ言うとあっという間にいなくなってしまう。)、調子を見に来た看護師さんに現状を話をした。寒気がして、痰が出て・・・・・ するとしばらくして主治医が来て、今の状態は耐性菌が発生するのでよくわからずに抗生剤を使うのは危険である。精神的に不安定なので安定剤を使う、もう一つはステロイドを使う [続きを読む]
  • どうもおかしい・・・・
  • 昨日は調子がいいと書いたのですが、なんかおかしいです・・・・・・。 良くなったり、悪くなったりですっきりしない。悪寒までは行かないのですが、体がだるくて朝目が覚めません。覚めても頭がすっきりしない。体の信号は黄色? [続きを読む]
  • 2016年12月1日以降 その⑥
  • 2017年になって1か月が過ぎました。 前回の続きですが、病院を転院することになりました。いろいろと主治医に手配をしていただき自宅近くの病院に転院することになりました。 この時の病院間の移動については大学のドクターカーを使うことになりました。 病人を移動させるため医者の付き添いが必要になります。この時に付き添った医者は例の担当医です。 特に話すことはなかったのですが、世間話をしなが [続きを読む]
  • 2016年12月1日以降 その⑤
  • さて、腎瘻を作ってからの続きです。 腎瘻からは順調に尿が出て、次第にきれいになっていきました。しかし、膀胱の張ってくる痛みはとれません。 麻薬や麻酔を多量に使うとおかしくなるので、薬の利用は最小限の利用に止めておきました。膀胱の痛み自体は、慣れれば消えるとのことで相変わらずの我慢です。 あとで麻酔科の先生に聞いたのですが、硬膜外麻酔の効いている部位(骨盤に効くか腰椎に効くか)で影響が違 [続きを読む]
  • 今日はちょっと調子が悪いです(愚痴かな(;^ω^))
  • なんとなく、だるくて風邪のような症状。ちょっと困る。 それと昨日、突然そろそろ退院だねと主治医に言われてしまった。やはりわたしのような症例は帰ることが出来るときに帰らないととも言われた。・・・・わかってますよ、もちろん。 意外ときつい一言。でもね、この一言はまだまだ生きるぞって頑張ってる人にはすこしつらいと思うのだが・・・・・言い方だよね。 まあ、これが機会なので早く退院して、自分を鼓 [続きを読む]
  • 疼痛
  • わたしの場合、毎日がんで疼痛が発生しているのだけれども、一日のうちでも午前中と午後(あるいは夜)のほぼ決まったころに痛みが出てきます。 痛みは、強かったり弱かったりするのですが、我慢できないでもない場合もままあります。また、逆に我慢できてしまう場合もあります。この痛みの強弱や出現するかどうかの問題は心理的状態にかなり影響されるようです。 個人的なストレスだけでなく、社会的なストレスでも悲し [続きを読む]
  • 2016年12月1日以降 その④
  • 腎瘻からの尿は膿尿からきれいな普通の尿に代わりましたが、膀胱の痛みは止まりません。 あまりの痛さに我慢が出来ず、いままでの疼痛コントロールに使っていたオキシコドンと、セルフコントロールが出来るようになっている持続硬膜外麻酔を最大限使ってしまいました。 ところがまずいことに麻薬の増量により腸管のマヒまで起こりさらに痛みはひどくなりました。悪循環の始まりです。 麻薬の量が増えたことと、硬膜 [続きを読む]
  • 2016年12月1日以降 その③
  • やっと③になりました。遅くてすみません。m(_ _)m さて、膀胱カテーテルからの尿の流出が良くなり、会陰にできた皮膚瘻も閉じてきました。また、腎機能も片方の腎臓の割には改善して無事2017年のお正月を迎えることが出来るようになりました。 12月の初めに入院した時はもう2017年を迎えることは無理ではないかと思っていました。 元旦は食欲もあり、家から持ってきてもらったおせち料理をいただきま [続きを読む]
  • 取材がありました
  • 今日、医学関係の雑誌からの取材がありました。 自分の中で整理が出来ていないです。基本的には今話そうとしていることの延長だと思います。頭を整理するためにもしばらくお休みさせていただきます。体はいたって元気ですのでご心配なく。 それでは、悪しからず失礼します。 [続きを読む]
  • 恩師がお見舞いに来てくれました(^-^)
  • 今日は、うれしいことにわたしの直腸がんを手術していただいた恩師、丸田先生にお見舞いに来ていただきました。 そこで、思いもかけず貴重な話をお聞きすることが出来ました。 金沢日赤の副院長の西村さんの話です。(西村先生は、「余命半年、僕はこうして乗り越えた!がんの外科医が一晩でがん患者になってからしたこと」という本を書かれて、実際に半年の余命を超え2年生きておられる方です。) 恩師に、一通り [続きを読む]
  • スキー場への道
  • 今日は、ちょっと何時もの話とは違います。スキー場への道の話。 わたしは、もともとアウトドアが好きでほぼ毎年スキー、ボードに行っていました。うちのすぐそばに高速道路があるのも大変便利でした。 下の写真は、病室の前から見える高速道路ですが、料金所が見えます。わたしの家はここから車で2,3分です。月が見えていますね。(^-^) この写真の右のほうが岐阜県ですが、今この時間でもど [続きを読む]
  • ご冥福をお祈りします
  • 今朝がた、ブログをいつも読ませている方の訃報をお聞きしました。 わたしたちのようにいっぱいいっぱいのがんの闘病では仕方ないことですが、残念なことです。謹んでご冥福をお祈りします。安らかにお休みください。 [続きを読む]
  • 2016年12月1日以降 その② 
  • 呼吸不全は、全身管理のたまものかかなり調子が良くなりました。 会陰(旧肛門の部分)の皮膚瘻からの尿が出ることも減りました。しかし、本来の膀胱瘻のカテーテルからの尿の流出が夜間だけで日中で無くなってしまいました。どうも凝血塊か腫瘍の塊で閉塞気味になるようです。また、日中は動くため、カテーテルが折れて尿が出ないようで、カテーテルが折れないように工夫したら調子が良くなりました。 このとき、カテー [続きを読む]
  • 2016年12月1日以降 その①
  • さて、昨年の12月以降はあまりにばたばたしてブログも中途半端になっていました。途中で最後の麻酔などとも書いて慌てさせても仕分けありません。 ここで不完全ですが、12月の入院以降のことを時系列に整理して話をしたいと思います。日々の生活もそのまま進んでいくので、なかなかうまくは伝えられないかもしれませんが頑張ってみます。 ①12月はじめ 11月の下旬から次第に呼吸不全が始まりました。原因は [続きを読む]
  • いまの医療
  • いままで書いてきたブログと重なる点があるのをご容赦ください。また、あくまでもいち町医者のせまい経験からの意見であることをご承知おきくださいね。さらに、まだコメントをいただいても十分にお返しでいるだけの余裕もあまりないこともお断りしておきます。 この五年間で、やや小さな町中の病院、病床数が1000床を超える大学病院、陽子線治療センターを備えた県立の病院、、地方の中核病院などを転々としてきました。 [続きを読む]
  • 再開はしたのですが・・・・・(;^ω^)
  • ブログを再開したのですが、あまりのコメント多さにご返事が出来なくなっています。 出来ましたら、数日時間をください。とても自分の気持ちを書くことが出来ません。おひとりお一人が言いたい気持ちがいっぱいある事がとてもょく分かります。 もう一度仕切り直しをさせてください。比較的元気です。よろしくお願いします。m(__)m [続きを読む]