RMJパパ さん プロフィール

  •  
RMJパパさん: カヌー、登山、トレッキング、スキー・・・
ハンドル名RMJパパ さん
ブログタイトルカヌー、登山、トレッキング、スキー・・・
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sekainorakuen4000/
サイト紹介文カヌー、登山、トレッキング、スキー、ダイビング・・・、アウトドアが好き。
自由文カヌー、登山、トレッキング、スキー、ダイビング・・・、アウトドアが好き。
ムササビウイング13ftTC焚き火バージョン(テンマク)、HDタープシールドヘキサ(スノーピーク)の2つのタープとともに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2016/06/04 14:26

RMJパパ さんのブログ記事

  • キャンプ(うるぎの星の森)
  •  久しぶりとなる家族全員揃っての泊りキャンプ。 今回は、真夏で暑いということもあり標高1,200mの高所にある「うるぎの星の森」へ。 お盆シーズンで個別サイトは予約が取れず、広場サイトでのキャンプとなったものの、サイト前では、子供たちが野球などをしている様子を... [続きを読む]
  • ソフトボールシューズ
  •  約1年4ヵ月前に体育会であるソフトボール部への入部を果たしてから盆、正月を除いたほぼ毎日、練習や試合で活躍してきたシューズは数ヵ所に穴があいた状態になったことから、長女のソフトボールシューズを購入。 練習量は多く、体力的にもきついものの、仲間と切磋琢磨... [続きを読む]
  • 澄ヶ瀬やな
  •  毎年恒例となっている夏のヤナ、両親、妹家族と恵那市にある澄ヶ瀬へ。 7月開催が雨で延期となり、お盆前の8月に再調整。子供たちは従妹と川で一緒に遊べ、アユや五平餅を食べられるので毎年楽しみにしている。 毎年連れて行ってくれる両親に感謝です。 [続きを読む]
  • キャンプ in 池島
  •  長男Jとディキャンプをするために川の駅・池島へ。 真夏日の中、高原でもない川の駅・池島は貸し切り状態だったため、河原の砂州にタープを張ることに。今回は久しぶりにスノーピーク・ヘキサを使用。 途中に子連れの家族が2組ぐらい川遊びに来たほかは、大学生の男子が... [続きを読む]
  • 剣ヶ峰は遠し
  •  今年の家族登山は乗鞍岳最高峰の剣ヶ峰、2年前に寒さで途中リタイヤを喫した3,000級の主峰。 寒さ対策を完璧にして臨むも、今回は雨に阻まれ、肩の小屋で無念のリタイヤ。家族揃っての剣ヶ峰は、なかなか遠いものです。 ただ、雨の中、長女、次女、長男の3人が揃って「... [続きを読む]
  • 露天風呂でひと休み
  •  乗鞍岳剣ヶ峰登山の帰り、家族、とりわけ次女がお気に入りのよく行く温泉で、ひと休み。 乗鞍岳剣ヶ峰の登山は今回も肩の小屋まででしたが、熊を見られたこと、この温泉が気持ち良かったのは、夏の思い出のひとこまになったかな?!ID:r0hikj [続きを読む]
  • Cultivature、保古の湖キャンプ場、バーデンパークSOGI
  •  長男と保古の湖キャンプ場へ。 せっかく阿木方面へ出かけるので、恵那にあるお気に入りレストランへパンを卸しているCultivature(キュルティヴィトール)へも立ち寄ることに。 自然豊かなひっそりとした場所にあるパン屋さんで、オーナーさんは名古屋市に名東区に住んでいたこともあるとのこと。お昼用とお土産用に何点かパンを購入しましたが、カンパーニュやお店の名前を冠したフランスパンなどのハード系が特に美味でした [続きを読む]
  • 木曽路リゾート&川遊び 
  •  川が綺麗な阿寺渓谷へ川遊びに向かうものの、天候が気になり行き先を妻籠エリアに変更。 妻籠の駐車場に車を止め、以前に川遊びをした場所へ。 次女、長男は、オタマジャクシやカニを捕まえるのに夢中になっていたので、妻、長女は妻籠散策へ。 遊び終え、木曽路リゾートへ。 昼食は、レストランでバイキング。満腹感いっぱいの中、温泉へ。露天風呂は非常に開放感があり、温泉好きな次女も満足そうでした。 [続きを読む]
  • 平湯キャンプ場【平湯温泉】
  •  上高地の小梨平キャンプ場、奥飛騨温泉郷オートキャンプ場の下見に続き、平湯温泉の安房トンネル近くにある平湯温泉を訪問。 このキャンプ場は、入場車両を200台に制限したフリーサイト。 朝8時からの受付を済ませた後、場内に入り、気に入った場所を確保するという形態。設備的には高規格キャンプ場には遠く及ばないものの、昔ながらの自然派キャンパーには受けがいいのではないかという印象。 実際、スノーピークのランドス [続きを読む]
  • 奥飛騨温泉郷オートキャンプ場
  •  上高地にある小梨平キャンプ場の下見に引き続き、平湯温泉の更に北にある奥飛騨温泉郷オートキャンプ場を訪問。 このキャンプ場は、道の駅内にキャンプ場の入り口ゲートがある高規格なキャンプ場。 特徴としては、キャンプ場内に温泉があること、薪や食材をはじめ関連グッズの品揃えが豊富なことなどがあげられる。 キャンプ場内は、綺麗に整備されており、テントサイトは、プライバシー重視の「サイトⅠ」、プライバシーと開 [続きを読む]
  • 小梨平キャンプ場【上高地】
  •  夏の家族キャンプに向け、末っ子とキャンプ場巡りのツアーへ出かけた。 1件目は、上高地にある「小梨平キャンプ場」。 上高地にあり、夏でも涼しいこと、穂高連邦の絶景が眺められること、さらには、梓川の水が綺麗で癒されることなどが夏のキャンプ候補地となっている理由。 今回は、平湯温泉側のキャンプ場も下見する予定としているので、平湯側から上高地へアクセス。あかんだな駐車場に車を止めて、バスに乗り込み上高地 [続きを読む]
  • ディキャンプ(池島/豊田市)
  •  本日は、知人と登山をする予定で夏休みをとっていたのだが、先週に予定が合わなくなった旨の連絡があった。苦労して調整した休みだったので、そのまま夏休みをとることに。 登山は辞めて、お気に入りの陣馬形山へディキャンプに行こうかと思ったが、子供をスイミングへ連れていくこととなり、夕方までには帰る必要が生じたため、近場の「川の駅・池島」へ。 休日には、混み合うこのスポットも、本日はガラガラ。私を入れて4人 [続きを読む]
  • ソフトボール大会
  •  夏の中学総合体育大会、通称「中総体」が始まった。 三年生にとっては、これまでの練習の成果を発揮する最後の大会で、最も盛り上がりをみせる夏のイベント。三年生、二年生に加え、一年生も一致団結して頑張れ! 部員みんな、礼儀正しく、一生懸命。そんな姿に大人たちも学ぶところがあります。かっ飛ばせ〜グラウンドに向かい礼お姉ちゃんの雄姿を撮影する人 [続きを読む]
  • キャンプ用チェアについて(Nychair-X)
  •  キャンプ用のチェアは、様々な会社から多くの種類が発売されており、キャンプ場へ行ってみても様々な人が、魅力的なチェアに腰かけている様子を見ることが出来る。 現段階において気になっているチェアは以下のとおり。1.Nychair-X 折り畳みが出来て、座り心地を重視するならNychair-Xの右に出るチェアはないのではないかと思う。 完全なキャンプ用チェアほどにはコンパクトにならないのがネックだが、オートキャンプなら全 [続きを読む]
  • 気持ちのいカフェ・レストラン(2回目)
  •  以前に訪問したお気に入りのカフェ・レストランに家族を招待(前回の様子はこちら)。 このカフェ・レストランは、車で移動中に偶然に見つけたお店で、道路からは奥まっているので、のんびりと走っていなかったら気が付かなかったかもしれない。 そうした事情もあり自分の中では、特に気に入っている。 オープンから1年程度しか経っていないため清潔で、席はゆったりとした配置となっている上、窓は全開に出来るため開放感が [続きを読む]
  • 子供用登山靴【タイオガブーツ22cm/モンベル】
  •  前回の伊吹山登山において、長男の登山靴ソールが剥がれるアクシデントがあったことから、登山靴の購入に向けてモンベル(長久手店)を訪問。 子供用の登山靴は、あまり種類がなく、実質的には紐タイプかコードタイプかに選択肢限られる。 そのため、紐タイプの「メドーウォーカー」(モンベル/6,372円)という柔らかく、軽やかな履き心地の全天候型トレッキングシューズにしようと心は固まったものの、購入は、モンベル(栄 [続きを読む]
  • 東谷山登山と早朝サイクリング
  •  長男と早朝サイクリングを楽しみつつ、東谷山へ登山。 維摩池の周りをポタリングしつつ、ジャズの流れるペーパームーンでモーニング後、東谷山へ向かう。東谷山は標高198mで名古屋市の最高峰。 東谷山登山の他記事はこちら自転車を置いて東谷山を登ります維摩池の周りをポタリング維摩池、なかなかいい景色モーニングタイムモーニングセットBはサンドイッチ立ち漕ぎ姿がたくましいゴルフ場前のカフェ東谷山登り口新しい登山靴 [続きを読む]
  • 伊吹山登山(写真集)
  •  2017年6月に、長男と二人で伊吹山登山した時の写真をアップ。 伊吹山に関する他記事はこちら。長男初の本格的登山必要なものだけと言ったはずなのに朝陽がまぶしい今回はマウンテンダックス3合目から山頂を望むさー、頑張ろう!天気最高調子が良くなってきた人山頂が近づいてきたね7合目以降は大人を抜かしていく元気さ登頂成功スープとコーヒーでブレイク中山頂の様子靴のソールが剥がれるアクシデント [続きを読む]
  • 陣馬形山キャンプ(写真集)
  •  先週の陣馬形山キャンプは、父子ともに充実感のあるものとなりましたので、忘れないうちに写真をアップします。  陣馬形山での他記事はこちらこの景色を見ながらのキャンプは極楽荷物を積み込み出発四徳温泉キャンプ場を下見陣馬形山に到着(サーカスTCとともに)新しくなった陣馬形山山荘新築の香りが残るいつかはバイクキャンプを再開させたい今回はNichairを持ち込みムササビウイングを張りランドブリーズ4も張り準備完了 [続きを読む]
  • テント窓の向こうには中央アルプス
  •  陣馬形山での定位置となっている最上段、南から2番目の位置にムササビウイング(タープ)とランドブリーズ4(テント)を張る。 テント選びにあたりランドブリーズ4に決めた理由の1つは、中央アルプス側に窓を全開にしてリラックスタイムを過ごすことが出来そうなことにあった。 今回、ランドブリーズ4を張り、テント内で長男と2人、寝そべり、癒しタイムを過ごし、その目的を果たすことが出来た。 窓から見えるアルプスって [続きを読む]