坂井春明堂 さん プロフィール

  •  
坂井春明堂さん: 坂井春明堂
ハンドル名坂井春明堂 さん
ブログタイトル坂井春明堂
ブログURLhttp://antique.sakaishunmeido.sunnyday.jp/
サイト紹介文京都寺町にある坂井春明堂の入荷情報やオススメ商品、展示会情報などをご紹介
自由文茶道具や、懐石道具を主に取り扱っております。
新作工芸品もございます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供180回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2016/06/04 20:55

坂井春明堂 さんのブログ記事

  • 淡々斎宗匠書付 2代矢口永寿作 色絵七宝耳附水指
  • もうすぐ梅雨が明けるということで本格的な夏が始まる予感。 先日、二条通りの「茶房よもぎ」さんで「ひやしあめ」をいただきました。 関西ではおなじみの夏のドリンクですね!湯で溶いた水あめにショウガのしぼり汁を加えた「あめゆ」を冷たくしたドリンクです。 ここの「ひやしあめ」はシャリシャリの氷感が残ったもので小さめの冷えたジョッキでいただきました。ショウガがとっても効いているので体を冷やしすぎて、体調を悪く [続きを読む]
  • 2代 伊東陶山 犬張子 香合
  • 今日は祇園祭、前祭の山鉾巡行です!! 祇園祭のはじまりは、平安時代京都は疫病が蔓延し、東北では貞観地震が起こり、関東では富士山が噴火、日本は大変な事態になっておりました。 そこで疫病退散と、国家安寧のため怨霊を鎮めようと勅を奉じて神泉苑に66本の矛を立て祇園の神を迎えて祭ったのが起源とされています。 昔から災厄と闘い続けてきた日本人の魂が現在も受け継がれております。 京都から全国各地の被災され、今もな [続きを読む]
  • 3代 伊東陶山 犬張子 置物
  • 昨今の、日本の気候は激しさを増しておりますね。皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 京都は相変わらずの蒸し暑さです。観光に来られる方も暑さ対策は忘れずに楽しい時間をお過ごしください。 今回は、魔除けなどの意味も併せ持つ縁起物のご紹介でございます。 <3代 伊東陶山 犬張子 置物 共箱> (幅:14?、奥行:8?、高さ:9?) 伊東陶山(いとう とうざん) 3代続く明治以降の粟田焼を代表する陶家で現在も国内 [続きを読む]
  • 人間国宝 浜田庄司 灰釉櫛目 花生
  • 祇園祭、今日まで山鉾建てが行われております。釘を使わず、伝統的な手法で組み立てられて鉾が完成します。 明日からは一層賑やかな前祭の宵山です。厄除けの粽や、祇園囃子、京都の熱気を楽しんでくださいね。 今回は第1回の人間国宝に認定された浜田庄司の花生です。 <人間国宝 浜田庄司 灰釉櫛目 花生 共箱> (直径:8.3?、高さ:21?) 浜田庄司(はまだ しょうじ) 1894年(明治27年)神奈川県に生まれる 中学時代に [続きを読む]
  • 眞葛焼 宮川香山 乾山写菓子器
  • 展示会も無事終わって一週間ほど さあ、次に向けて皆様に気に入っていただけるお品を探し仕入に力を入れる番です! ブログでも、ご紹介できるジャンルを増やしていこうと思っております。これからもよろしくお願い申し上げます。 今日は乾山写の菓子器のご紹介です。 <眞葛焼 宮川香山 乾山写菓子器 共箱 > (幅:18.5?、奥行:18.5?、高さ:6.5?) 眞葛 宮川香山(まくず みやがわ こうざん) 初代香山明治を代表する名 [続きを読む]
  • 藤田喬平 手吹カンナ 茶入
  • 皆様、いかがお過ごしでございましょうか。暑さも盛りになってまいりましたね。 宇治にあります「福寿園 宇治茶工房」では石臼で抹茶づくりの体験ができるそうです。 お茶人さんには手慣れたものかもしれませんがなかなか石臼でお抹茶を挽く機会がない方もいらっしゃるのではないでしょうか。 私もしたい!! 茶道をされてない方も楽しめると思いますよ。濃茶アフォガードも作れるそうで抹茶スイーツ好きの方にもおススメです!! [続きを読む]
  • 金縁グラス 12客
  • 本日は七夕ですね。皆様の願い事が叶いますように。 京都の七夕は8月に行います。楽しみが先延ばしの感じもしますが、今日は貴船神社で「貴船の水まつり」が行われます。 古来の雨乞神事に由来し、古式ゆかしい行事がご覧になれます。 今日は涼しげなグラスをご紹介です。 <金縁グラス 12客> (直径:6?、高さ:10.9?) カッティングされたグラスが、光の加減で美しく見えますね。お水をお出しする場合にも、このグラスの [続きを読む]
  • 三浦篤(2代 竹軒) 赤地着彩金襴手雲鶴紋 煎茶碗 6客
  • 蒸し暑い日々が続きますね。体調に気を付けてお過ごしくださいね。 宵山じゃなくとも、7月は街には祇園祭の音と飾り お祭りムードが賑わう京都です。 前祭と後祭に分かれ、山鉾が巡行します。 熱中症に注意して、祇園祭を楽しみましょう。 今回はとっても久しぶりのお煎茶道具をご紹介いたします。 <三浦篤 赤地着彩金襴手雲鶴紋 煎茶碗 6客 共箱> (直径:6.2?、高さ:5?)煎茶盆は別です。 三浦 篤(2代 三浦竹軒) 1926 [続きを読む]
  • 田中佐次郎 朝鮮唐津一重口水指
  • 「東美 正札会」多くの方々にご来場いただきまして誠にありがとうございました。 楽しくお買い物できましたでしょうか。 12月の正札会でまたお会いしましょう!! ブログでは、展示会ではご覧になれないお品もありますので当ブログも今後ともよろしくお願い申し上げます。 今日は、お茶道具のご紹介です。 <田中佐次郎 朝鮮唐津一重口水指 共箱> (幅:20?、奥行:16.5?、高さ:16.5?) 田中佐次郎(たなか さじろう) 19 [続きを読む]
  • 眞葛焼 宮川香山 中皿 6客
  • 東京美術倶楽部で「東美 正札会」が今日から明日まで開催!! お気軽にご来場いただけますので興味のある方はぜひ遊びにいらしてください!!会いたかった品物に出会えるかもしれません!! 詳しくはこちら↓↓<2017年7月「東美 正札会」のお知らせ>http://antique.sakaishunmeido.sunnyday.jp/?eid=218 さて今回は名工のお皿をご紹介いたします!! <眞葛焼 宮川香山 中皿 6客 共箱> (直径:16.2?) よく見ま [続きを読む]
  • 兼中斎宗匠書付 北野宗三郎造 梅松地紋 撫肩釜
  • 「東美 正札会」は7月1日から開催しますがその2日前から会場準備は始まってます! 今日は品物を会場に運ぶ搬入の日です。 展示会となると限界の量ギリギリまで品物を持ってお客様の前に並べようとする坂井春明堂は朝早くから東京美術倶楽部の前に並びます。 もう笑っちゃうくらいの真剣さでハリキリますよ!! 今日は書付のお茶道具をご紹介いたします。 <堀内家 兼中斎宗匠書付 北野宗三郎造梅松地紋 撫肩釜 共箱> (直径 [続きを読む]
  • 人間国宝 13代今泉今右衛門 錦桃花絵紅茶碗 6客
  • 全国的に雨模様ですね。皆様いかがお過ごしですか? 京都観光で雨に降られたら近くのカフェで雨宿りもいいですよね。京都はこだわりが光るカフェもたくさんお気に入りの場所を探すのは楽しいです。 坂井家のお気に入りのカフェは、下賀茂の近くのコーヒーが美味しいところ。河原町通の紅茶が美味しいところ。 この2つのカフェの共通点はカップにもこだわりがあるところです!! ジノリ、ウェッジウッド、大倉陶園、ノリタケなど [続きを読む]
  • 人間国宝 5代 伊東赤水 無名異 壺
  • 東京の正札会準備が佳境です。 どんなものが喜ばれるのか出品する品物選びは難しくもあり、お会いできるお客様のことを想って楽しくもあります。 何が並ぶのかお楽しみに!! 今回は新潟県の人間国宝の作品をご紹介いたします。 <人間国宝 5代 伊東赤水 無名異 壺 共箱> (胴径:約21?、口径:9?、高さ:約19.5?) 伊東赤水(いとう せきすい) 本名:伊東窯一 1941年(昭和16年)新潟県佐渡市相川町の無名異焼窯元 4代伊 [続きを読む]
  • 和田美之助 尻張釜 つた地紋
  • 梅雨の時期、少し、外に出るのも億劫になりますが雨に濡れた寺院の庭園も素敵ですね。 東福寺の天得院では、6月25日から7月10日の間桔梗を愛でる特別拝観が行われます。 雨に濡れるとみずみずしさが増し花や緑の色が鮮やかに綺麗に見られるそうですよ。 今日のお品は、このブログでは初めてのご紹介茶道では本当に欠かせないお道具釜のご紹介です。 <和田美之助 尻張釜 つた地紋 共箱> (胴径:約17?、口径:10.2?、高さ:約1 [続きを読む]
  • 2017年7月「東美正札会」のお知らせ
  • 7月1日(土)、2日(日)東京美術倶楽部で東美正札会が開催されます!! 約1万点が勢ぞろい!!本当にジャンルも多岐にわたって 骨董好き、アート好き数寄者さんにも、お料理屋さんにもとっても面白い会だと思います。 坂井春明堂は茶道具と懐石道具などを出品いたします! <東美 正札会> 東京美術倶楽部ホームページhttp://www.toobi.co.jp/index.html __________________ 場所:東京美術倶楽部 日時 [続きを読む]
  • 馬上杯
  • 当店、寺町通に面しており下御霊前神社の向かい側にありますが いつも店が閉まっております。もしかしたら、来てくださってるお客様もいらっしゃるかもしれません。本当に申し訳ございません。 建物に修理しなきゃならない部分がありまして時間がかかっております。 ブログで掲載した商品や、ショーウィンドウの品が気になるようでしたら、ピンポーンとチャイムを押していただければご対応できるかと思います。面倒な店で大変心苦 [続きを読む]
  • 大川薫 玻璃掛花入 共箱
  • 今はどこでどんな花々が咲いているのでしょうか。平安神宮では花菖蒲や睡蓮大蓮寺では蓮多くの寺院では紫陽花が満開! 天気が続いておりますので花を見に行くのも素敵ですね。 今回は、夏に向かっております今、涼を感じるのにふさわしいガラスの花入をご紹介いたします。 <大川薫 玻璃掛花入 共箱> (全長:49?) 床の間に掛けることができなかったため、自在にて失礼します。 大川 薫 1940年(昭和15年) 新潟県生まれ 1 [続きを読む]
  • 李朝 ボタン丸壺
  • 日差しが強くなってまいりましたね。暑くなるとやっぱりかき氷が食べたくなってきます。 京都にはかき氷が美味しい場所はたくさんありますが、寺町通にも「かき氷」が美味しい店があるんですよ。 一度、食べてみてくださいね。 今回も!李朝の壺です。 形が違うので、比べてみてください。 <李朝 ボタン丸壺> (直径:27.5?、口径:14.3?、高さ:27.2?) 李朝陶磁 朝鮮李朝時代の陶磁器新羅、高麗時代のものを区別して使 [続きを読む]
  • 李朝 壺
  • 大阪美術倶楽部で行われた「第27回 十翔会」にお越しくださりまして、誠にありがとうございました。 本当にたくさんの方々に支えられているのだと改めて感じました。 また11月の十翔会が今から楽しみです。そして、また素敵なお品物をご覧いただけるように、仕入も頑張っていきます!! 今回は、茶道具が続いてましたので少し気分を変えて李朝時代の染付の壺をご紹介いたします。 <李朝 壺> (直径:約20?、口径:約12?、 [続きを読む]
  • 清閑寺窯 杉田祥平 色絵干支戌香合、輪島塗 お屠蘇、ほか
  • 京都から大阪への道のりが楽しい日々です。大阪美術倶楽部で十翔会開催しております。 初日から朝早くから、ご遠方からもご来場くださりまして本当にありがとうございます。 当店は十翔会で600点ほど品物をエントリーしておりますが、その中で数点ご紹介を <北清右ェ門 輪島塗 扇面源氏香蒔絵 屠蘇器 四種一組 共箱> 輪島塗のお屠蘇セットです。素晴らしいハレの日にいかがですか? <美濃屋製 御盛拾基 一対 共箱> [続きを読む]
  • 第27回 十翔会 開催スタート!
  • 本日、十翔会が始まりました!!皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。 今回は、少し、十翔会のご様子をお伝えしようと思います。 会場風景はこのような感じです。準備の最中に撮りました。 当店のブースの風景です。今回は、懐石道具に気合を入れて例年より多くの和の食器を出品いたしました。 もちろん、お茶道具もいつもと同じくらい出品です。 他の十翔会メンバーの方々も、食器やお茶道具、新作工芸など一押しの [続きを読む]
  • 中村秋峰 仁清朱地桶川水指
  • 明日はいよいよ大阪美術倶楽部で展示即売会「十翔会」が始まります!! 今日は会場準備です!皆様に楽しんでいただけるように頑張ります! 坂井春明堂はたくさん品物出品いたします。十翔会のメンバーもそれぞれ一押しの美術品をこぞって出品しますのでどんな品に出会えるか楽しみにしていてください。 展示会はいつもわくわくドキドキしますね! 今回は朱色が目を惹く水指をご紹介。 <中村秋峰 仁清朱地桶川水指 共箱> (直 [続きを読む]
  • 川瀬表完 鵬雲斎好 桑青海波透し莨盆
  • 織田信長の茶会記が82年ぶりに発見されたのが話題ですね。 調査したのは京都の古田織部美術館です。 津田宗久が記したと思われ、軸装されており、お手前は京都の茶人である不住庵梅雪(ふじゅうあんばいせつ)がしたとのこと。 料理には「餡つけ鱒」という名の解明されていない料理も記されているそうです。茶の文化を創り上げて来た偉人たちの工夫がつまっていると思うと感慨深いですね。 本日は裏千家 鵬雲斎宗匠御好みの莨盆 [続きを読む]
  • 永楽即全 赤瓷「つきせぬやど」 向付10客
  • 紫陽花の季節になりましたね。京都の藤森神社は、紫陽花の宮としても知られる場所でこの時期は紫陽花苑が公開されています。 そして、御朱印も6月限定の特別なものが授与されるそうです。デザインが楽しみですね。 今日はおめでたさがいっぱいの器をご紹介いたします。 永楽即全 「つきせぬやど」 向付 10客 共箱> (直径:13.5?、高さ:7?) 永楽即全(えいらく そくぜん) 千家十職の土風炉・焼物師永楽家の16代目名 [続きを読む]
  • 輪島塗 芹椀 5客
  • 今、清水三年坂美術館では「帝室技芸員の仕事<蒔絵編>」開催中です。 前回は<金工編>でしたね。拝見しに行きましたが緻密な細工に心奪われて、感嘆するばかりでした! 今回は蒔絵編ということで、8月13日までご覧になれるそうです。 本日は「芹」の蒔絵が施された輪島塗のお椀のご紹介です。 <塩安漆器工房 輪島塗 芹椀 5客 共箱> (直径13.2?、高さ:10?) 輪島塗輪島は堅牢で優美な高級漆器のメッカ漆器産地で唯一 [続きを読む]