坂井春明堂 さん プロフィール

  •  
坂井春明堂さん: 坂井春明堂
ハンドル名坂井春明堂 さん
ブログタイトル坂井春明堂
ブログURLhttp://antique.sakaishunmeido.sunnyday.jp/
サイト紹介文京都寺町にある坂井春明堂の入荷情報やオススメ商品、展示会情報などをご紹介
自由文茶道具や、懐石道具を主に取り扱っております。
新作工芸品もございます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 357日(平均3.8回/週) - 参加 2016/06/04 20:55

坂井春明堂 さんのブログ記事

  • 永楽即全 赤瓷菊花 向付 10客
  • 京都の5月は最近は真夏になってしまいましたね。天気も不安定ですし、皆様、体調を崩されませんように。 今日は目が覚めるような赤が美しい向付のご紹介です。 (直径:12.5?、高さ:6.5?) 永楽即全(えいらく そくぜん) 千家十職の土風炉・焼物師永楽家の16代目名を茂一、通称 善五郎、号を即全と称する父は正全、5歳のとき妙全の養子となる正全没後、 1934年(昭 [続きを読む]
  • 平安光入 青貝人物香合
  • 寺町通を歩いていると猫に出会います。逃げられないように近づくのは難しいのですが、眺めていても可愛らしいです。 皆様は猫好きですか? 今、京都では京都文化博物館で特別展「いつだって猫展」を開催中です。 猫好きさんにオススメです! 今日は猫の目よりも美しく光る螺鈿の香合をご紹介いたします。 <平安 鈴木光入 青貝人物香合 共箱> (直径:8.1?、高さ:2.5?)  [続きを読む]
  • 京都の年中行事「鴨川をどり」を観覧!
  • 「鴨川をどり」は明日までになってしまいましたが、京都の5月を華やかにする年中行事!初めて観覧してきました。 初日に観覧しましたが、レポートが遅いですね。 「鴨川をどり」のはじまりは、1872年(明治5年)に開催された日本初の博覧会である「第1回 京都博覧会」の観光客誘致の一つのイベントとして創演され、現在では春の風物詩として、親しまれています。 母と、母のお [続きを読む]
  • 江端俊 月忍草蒔絵平棗
  • 現在、京都国立近代美術館では「技を極めるーヴァン クリーフ&アーペルハイジュエリーと日本の工芸」を開催しています。 女性の皆様にはとても楽しめる展覧会なのではないでしょうか。なんといいましてもジュエリーですからね。そして、日本明治期の超絶技巧作品もお楽しみいただけます。 美しいものを見ると、心も華やいで、力が湧いてくるような気がします。 さて、今日は平棗を皆様にご紹介いたし [続きを読む]
  • 「第27回 十翔会」のお知らせ
  • お待たせしました!!展示会情報!! 十翔会のお知らせです!!もうすでにご案内がお手元にある方もいらっしゃると思います。 年2回、大阪美術倶楽部で開催しており、おかげさまで第27回を迎えます。 初めての方でもお気軽にご覧いただけます。 お茶道具や、懐石道具、現代美術工芸品までお楽しみいただけます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー第27 [続きを読む]
  • 時代 松葉蒔絵 朱三重盃
  • 「風薫る」という言葉がふさわしい季節になりましたね。暑さがきつい日もありますが、風が気持ち良いですね。 5月は毎年、当店は大阪美術倶楽部で開催している「十翔会」という展示会に参加しているのですが今年は、6月に開催します!! 展示会情報はまた明日のブログで詳しくご紹介しますのでお楽しみに!! 今回は細かい蒔絵が素晴らしい盃です!! <時代 敷松葉尽 蒔絵 朱三重盃> 大( [続きを読む]
  • 朝日豊斎 梅華皮はぜ釉 茶碗
  • 今週末、5月20日、21日は寺町通で下御霊神社のお祭りです!! 坂井春明堂の前は賑やかになりますよ〜!小さいお祭りで、なごやかな雰囲気です。 お祭りになるとやっぱり、懐かしい出店の味が食べたくなってしまいます。子供時代にお小遣いで買った味を思い出しつつ、楽しむのが好きですね。皆様の地元のお祭りはどんなお祭りですか? 今回はお茶道具!朝日焼のお茶碗です。 <朝日豊斎 梅 [続きを読む]
  • 長野横笛 海松貝描金 紅溜塗煮物椀
  • 京都市街の魅力はなんといっても時代を感じさせる場所と近代的な場所が混合しているところです。 5月19日にはmina、ロフトやユニクロが入っているビルにニューヨーク近代美術館MoMAミュージアムショップがOPENします。 私は美術館に行くと、必ずと言っていいほどミュージアムショップに立ち寄ります。一筆箋などの文房具を買ったり、図録や、関連の書籍を買ったり、面白いグッズを買ったりとっても楽しいです。皆 [続きを読む]
  • 宮永東山 松笠焼物皿 10客
  • 現在、京都で行われているお祭りは今宮神社の「今宮祭」です。 西陣の祭として今日まで続く由緒と伝統あるお祭りで5月14日まで開催されています。健康長寿と良縁開運にご利益があるとされる今宮神社 名物「あぶり餅」も美味しいです。大徳寺のご近所さんなので、近くに用事がある方は足を延ばしてみてはいかがでしょう。 今日のご紹介は前に紹介した宮永東山 松画中皿とサイズ違いのお皿です。& [続きを読む]
  • リチャード・ミルグリム E-SHINO GUINOMI(絵志野ぐい呑)
  • 今日のお酒のおつまみは何にしましょうか。 当店の大主人はですね、乾物や、滋賀県の鮒ずしが好きです。 ご近所の御幸町通には「御幸町 関東屋」というお味噌屋さんがありましてよくお味噌汁に使う、お味噌を買うのですが おかず味噌という種類があってそれを野菜につけて食べるだけで美味しいんですよ。簡単で嬉しいおつまみになります。 晩酌でほっと一息リラックスの時間は大切ですね。 [続きを読む]
  • 各務満 くりすたる碗
  • 京都の紅葉の名所では、今、新緑の清々しい景色がご覧になれます。 北野天満宮では豊臣秀吉が築いた「御土居」は秋には綺麗な紅葉が見られ、名所として知られていますが、新緑の美しさも話題となっています。 5月末まで公開されており、心静かに新緑を楽しむにはとてもいい場所だと思います。 期間中は宝物殿も公開されているとのことです。 新緑の楓は季節を感じさせてくれますね。 暑くな [続きを読む]
  • 伊万里焼 古染付 富士山形鉢 写
  • GWももうすぐ終わってしまいますね。関係ないぞ!!って思っている人もいらっしゃると思いますが私たちもそうです。 繁忙期の方も一緒に頑張っていきましょう! 「毎日、ブログチェックしています」とおっしゃってくれる方に出会いまして、本当に嬉しく、とても励みになりました。パソコン越し、スマートフォン越し、携帯越しではありますがつたない文章ですが、毎回ご覧いただいてる方、一人一人にお辞儀を [続きを読む]
  • 大徳寺 後藤瑞巌書付 元幸作 若松蒔絵 古満棗(こまなつめ)
  • 皆様GWはどうお過ごしですか?明日は「端午の節句」ですね! 各地で鯉のぼりのイベントがあり、多くの鯉が空を舞っていることでしょう。 京都府には鯉のぼりをあげない場所があるのをご存知でしょうか。 亀岡市の大井神社では、御祭神が嵐山の保津川を亀に乗って遡っていたところ、水の勢いが強くなって進めなくなり、そこへ現れた鯉に乗り換えて大井に来たことから鯉の功績を称え、神聖なものとして敬ってい [続きを読む]
  • リチャード・ミルグリム MINO IGA KOGO(美濃 伊賀 香合)
  • 新緑の5月です。今月も当ブログをよろしくお願い申し上げます。 毎年、5月は大阪美術倶楽部で「展示即売会 十翔会」が開催されるのですが今年は6月10日から12日に開催いたします。 また詳しくはこのブログでお知らせいたします。お楽しみに! リチャード・ミルグリム氏の作品シリーズ!今回は香合をご紹介いたします。 <リチャード・ミルグリム MINO IGA KOGO(美濃 伊賀 香合) 共箱 [続きを読む]
  • 輪島 尚古堂 銀溜引杯 10客
  • 見たこともない月の下   見たこともない枝の下 見たこともない軒の下   見たこともない酒を汲む (中島みゆき 一期一会) まんまるく浮かぶお月様のような杯のご紹介です。 <輪島 尚古堂 銀溜引杯 10客 共箱> (直径:10.4?、高さ:2.4?) 輪島塗輪島は堅牢で優美な高級漆器のメッカ漆器産地で唯一 重要無形文化財の指定を受ける輪島塗の漆器の生産は [続きを読む]
  • 楽了入 志野写 茶碗
  • 京都国立近代美術館で開催していた「茶碗の中の宇宙ー楽家一子相伝の芸術」が現在は東京国立近代美術館でご覧になれます。 5月21日までですので東京の方はどうぞ試しに足を運んでみてください。 当店は楽家のうつわや、香合などをよく扱っておりますがお茶碗を紹介するのは今回が初めてですね。 では、楽家9代のお茶碗をご覧ください。 <楽了入 志野写 茶碗 共箱> (直径:11 [続きを読む]
  • 15代 坂倉新兵衛 萩 瓜 向付 6客
  • 先日、北海道に仕入をしに行きました!当店は幅広く仕入をしに行きます。 久しぶりの北海道で京都とは違い、まだ肌寒くて、びっくりしました。まだ桜は咲いていないようで、これからが桜の季節になるそうです。 皆さんは北海道のお土産は何が好きですか? 石屋製菓、六花亭、ロイズ、北菓楼、きのとや定番ですよね!そして定番はやっぱり買ってしまいます。新しいお土産もチェックしないといけませんね。&nbs [続きを読む]
  • 永楽即全 菊蟹蓋置
  • 先日、「老松」さんに行ったらもうすでに私の大好物の「夏柑糖」が販売されておりました! これから暑くなる時期に本当に美味しいんです。しあわせです。7月になると売り切れて、グレープフルーツになってしまう年があるのでまだ食べたことない方はぜひお早めにゲットしてください。 おススメです! 今回は、このブログでは数少ない蓋置をご紹介いたします。 <永楽即全 菊蟹蓋置 共 [続きを読む]
  • 古丹波 海老徳利
  • 本日は古丹波の作品をご紹介です。 皆様は「古丹波」と言えば何を思い浮かべますか? 「兵庫県 西山酒造の栗焼酎」ですか? お酒好きな人にはもう一つ!これもオススメです!! <古丹波 海老徳利>(直径:7?、高さ:22?) (江戸中期の作品) 江戸時代の1653年(承応2年)に立杭村(兵庫県)という場所ができるこの徳利はその立杭でできたもの 江戸中期には丹波焼を代表するロ [続きを読む]
  • 京都の春散歩!桜と美とスイーツと!
  • すっかり、新緑が眩しく京都の山々がとても綺麗です。 仕事の合間をぬって、清水寺へお花見に!清水寺の近くにはお土産屋さんだけでなく、美術館もありますよ。 <京都の春散歩!> 鴨川の桜です。鴨川は私オススメの場所で、晴れた日のサイクリングは本当に気持ち良くて、川の流れ、音、サギや鴨などの鳥水辺にいる鳥も見られます。 気軽に京都の自然が楽しめる場所です。 &nbs [続きを読む]
  • リチャード・ミルグリム ORIBE TAKE-GATA CHAKI(織部竹形茶器)
  • 京都の観光地を歩いてますと、色鮮やかな着物を着て歩く人たちを多くみかけます。 海外の方も髪の毛を結ってアップにし上手に着こなしている方がたくさんいらっしゃいました。 日本への観光はショッピングより日本をよく知るための体験型にになってきているのを街に出るとわかりますね。 京都に来たらぜひ着物で茶道文化を体験して欲しいと思います。 今回は、アメリカ出身で茶陶を専門として作陶 [続きを読む]
  • 清水六兵衛窯 色変わり盃 10客 
  • さて、今日は誰と?みましょう。どこの日本酒にしましょう。 京都も有名な酒造がたくさんあって迷ってしまいますねえ。故郷の地酒がいいですかね。 さあさあ一杯、お注ぎいたしますよ。 <清水六兵衛窯 色変わり盃 10客 共箱> (直径:約6?、高さ:約2.5?〜3?) 前列から1列目色絵盃(紅葉と桜) 桜の花びらがお酒に入ってるように見えるのが素敵です。 前列から2列目 [続きを読む]
  • 14代 坂倉新兵衛 萩 編笠皿(向付) 10客
  • この前やっと花見に行けました。少し葉桜でしたが、ギリギリセーフです。 今年は晴れが続かず仕事のタイミングも合わずなかなか時間が取れませんでしたけど 皆様はいかがですか。お花見できたでしょうか。 またレポートにしたいと思います。お楽しみに! 今日は萩焼の向付のご紹介です。 <14代 坂倉新兵衛 萩 編笠皿 10客 共箱> (横:16.5?、縦:13?、高さ:5.5?) &n [続きを読む]
  • 東大寺 別当 筒井寛秀書付 瑠璃碗
  • 京都の北村美術館では6月11日まで春季茶道具取合展を開催しています。 お道具をコーディネートするのは悩みどころでもあり、楽しところでもありますね。 茶道に精通している美術館なのでとても勉強になりそうです。 今回は、涼しい季節にぴったりなお茶碗です。 <東大寺 別当 筒井寛秀書付 瑠璃碗 > (直径:11.5?、高さ:8.2?) 筒井寛秀(つつい かんしゅう [続きを読む]