chun1104 さん プロフィール

  •  
chun1104さん: バツなしシングルマザーになりました!!(・ω・`)
ハンドル名chun1104 さん
ブログタイトルバツなしシングルマザーになりました!!(・ω・`)
ブログURLhttp://chun1104.blog.fc2.com/
サイト紹介文2014年11月4日に未婚で出産し、ひとりでで育児に奮闘する日々をブログに綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 109日(平均1.4回/週) - 参加 2016/06/05 14:13

chun1104 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 恐ろしい体験
  • 鍵を開け、私が部屋に入ろうとした瞬間、エレベーターの中にいた若い男が勢いよく降りてきて私を部屋の中に突き飛ばした。---というか、突き飛ばそうとしたのだが、反射的に玄関の両壁に手をついて自分の体を支え、倒されずに済んだ。その瞬間、渾身の力を込めて玄関から廊下に向けてありったけの声で叫びながら男を玄関の外側に向け思い切り突き飛ばした。ありえないくらいの大声と思わぬ反撃にビビったのか男は一目散にエレベー [続きを読む]
  • 不幸が続いたのか、運命だったのか
  • 不幸が続いたのかなんなのか…それともこうなる運命だったのか…---ゴールデンウィークの頃に手術をして、横浜に帰ってきてしばらくした頃。多分7月初めくらいだったのだと思う。仕事帰りにふらりと飲みに出かけて夜中の3時ごろ、帰宅するためにフラフラ歩いていた。当時住んでいたところはあまり治安の良くないエリアだということはわかっていたのだが、当時の私にはそんなことを気をつけるほどの心の余裕はなかったのかもしれな [続きを読む]
  • 不幸スパイラル
  • 彼と出会ってしばらくしてから私たちはお付き合いすることになり、普通のカップルだった。順調にお付き合いしていて、このままずっと一緒に入られたら、なんて少なくとも私はそう思っていた。付き合い始めて1年弱の頃に妊娠し、そしてその時始めて実は彼が既婚者であったことを知った。信じていた彼に騙されていたことに気づき、失意のどん底で中絶手術をしたことは、前のブログに書いた通り。それから彼とは別れた。もう彼と会う [続きを読む]
  • 電話の占い師レミィ先生
  • 仕事が決まり、部屋が決まったら、何だかほっとした。何も決まらない状態では空中に浮いているようで落ち着かなかった。あとは子どもに風邪をひかせないように日々気をつけながら毎日せっせと働いて、引っ越しが終わったら片付けて、年越しだ。マンションの前のイチョウの木は真っ黄色に色づき、毎日ハラハラと葉を落とし、通りは黄色いじゅうたんを敷いたようになっていた。ここに引っ越してきた2年前とは生活がガラリと変わって [続きを読む]
  • UR賃貸住宅
  • 仕事が決まったら、今度は新しい引っ越し先を決めなければならなくなった。今住んでいるワンルームは単身者用だし、これから先のことを考えたら、かなり手狭…静岡の実家に帰るのはやめたのだから、横浜市内で、これから先、子どもとしばらくの間暮らしていくにふさわしい家を探さなくては…実は私より3年早く未婚で出産していた友達がいた。その友達がUR賃貸住宅に引っ越していて、すごくいいから探してみればと勧めてくれていた [続きを読む]
  • 時給950円の受付事務の仕事
  • そんなこんなで帰るか否かを迷っている頃に、最後にと思って条件を妥協して受けた面接が見事に合格した。正直、時給950円で自活するのははキビシイので多少迷ったけど、まあいいや、これはきっと神様からのおぼし召し、ご縁があったんだからとにかく与えられた舞台でがんばってみよう。帰るのは、やってみてダメだった後でも遅くはない。0歳児を抱え、大した学歴もスキルもないような私を雇うと言ってくれた会社だ。ありがたい [続きを読む]
  • 孫はたまに会うからよいのである
  • というわけで、未婚で出産という一大事を親に告げるという困難を事後報告という形で乗り切った私だったが、だからと言って親と同居がうまくいくかといったら、またそれは違うと思う。孫はたまに会うから良いのである(笑)母も同居には乗り気ではなかった。孫はかわいいが、毎日は困る。騒がしいし、疲れるから。そして、静かに自分の時間を過ごせる老後を妨げられたくなかったのだろう。同居に踏み切ったとしても、やはりまた父 [続きを読む]
  • 父と娘の関係
  • 子どもの頃は父とうまくいかなくて、よく喧嘩をしていた。ギリギリ団塊の世代に食い込むぐらいの時代に生まれた父は、気が短くて短期で口が悪くてイライラするとすぐに怒鳴り散らすタイプだった。(団塊の世代は関係なく、本人の人間性の問題なのかもしれないけど…(^_^;))そして最高に気分屋なのである。私自身も頑固で生意気な口の減らない性格で、空気も読めない子どもだったので、生意気な口答えをして父親の機嫌を損ねては [続きを読む]
  • もう、実家に帰るしかないか
  • 子どもとの時間を確保するために仕事は9時から5時までで探そうと決めていた。朝が早すぎるのもかわいそうだし、帰りに保育園でポツンとひとりで遅い迎えを毎日待つような生活もさせたくなかった。でも、そのくくりだとなかなか見つからない。妥協して終了時間を30分伸ばして5時半終了の仕事の受付兼事務の面接に行った。場所的にも6時のお迎えにちょっと過ぎるか?くらいのところだった。希望より遠いし、時給も希望より安い。 [続きを読む]
  • 実家に帰るか否か
  • やはり仕事はなかなか決まらなかった。1回目の仕事探しの時と同様、書類を送っても面接にこぎつけられない事もほとんどだったし、残業がなくて、9時から5時までの土日休みの仕事なんて、応募が殺到していたから激戦だった。仕事を探し始めて1ヶ月経過し、2ヶ月目に入った10月。12月にはマンションの更新が来るのでそれまでには新しい部屋を探して引っ越さなければならないのに、仕事が決まらないと、横浜市内で引っ越すのか [続きを読む]
  • 実家に帰るか否か
  • やはり仕事はなかなか決まらなかった。1回目の仕事探しの時と同様、書類を送っても面接にこぎつけられない事もほとんどだったし、残業がなくて、9時から5時までの土日休みの仕事なんて、応募が殺到していたから激戦だった。仕事を探し始めて1ヶ月経過し、2ヶ月目に入った10月。12月にはマンションの更新が来るのでそれまでには新しい部屋を探して引っ越さなければならないのに、仕事が決まらないと、横浜市内で引っ越すのか [続きを読む]
  • 2回目の仕事さがし
  • 2015年8月末3ヶ月の期間限定の仕事も無事に終わり0歳の子どもを保育園に通わせながら一人でも働いて生きていけることがとりあえず実証された。問題は継続できるかどうかだ…また仕事探しが始まった。時給千円ほどのパートを1日働いても、月にしたら11〜12万円稼ぐのがやっとだ。それに4万2千円の自動扶養手当をたしたら15〜16万円ほどにしかならない。これで本当にやっていけるのか…(^_^;)12月にはマンションの更新も迫って [続きを読む]
  • 働きながらの夜中の授乳 パート2
  • 夜中に眠い目をこすりながら授乳している時に、ふと考えた。あたしがもし結婚していたとして、隣にいびきかいて寝ている旦那がいたら、あたしは平常心で居られるんだろうか…かといって、旦那が起きても授乳を代われるわけでもないし…夜中に何度も起こされて毎日のように猛烈な眠気と戦う。となるとやはり、平常心ではいられないと思うので、旦那に八つ当たりしてしまう自分を想像できる…(*_*)そんなことを考えたりしている時、 [続きを読む]
  • 働きながらの夜中の授乳
  • 子どもが0歳の時に復職してるママさんたちお疲れ様です。うちは1歳7ヶ月の現在もまだ母乳を続けている。最近は夜はぐっすり寝てくれるようになったのだが、1歳なりたてぐらいまでは、やはり3時間おきに起きてましたよ!ほんと、働きながらの夜中の授乳は地獄ですな…(*_*)例えるなら、燃え尽きてリングの角でうなだれるあしたのジョーのごとく…もう、眠いわ疲れてるわで、なにがなんだか…人って寝てないとおかしくなるんですよ [続きを読む]
  • 小児科探しと予防接種
  • 息子が生後半年くらいの頃、小児科の先生に言われたひとこと…『保育園に通い始めたなら、これから1年間は毎週風邪ひくと思ってくださいね』まさか、そんな(^_^;)と思っていたら、本当だった。もう、風邪と予防接種を合わせたら、毎週小児科に行ってるような気がする…うちの息子は割と健康で体は強い方なんじゃないかと思っているんだけど、それでも冬は本当に毎週病院に行った。駅から近く、かつ朝はできるだけ早く診てくれる病 [続きを読む]
  • 病児保育
  • 働くなら子どもが急に熱を出して保育園に預けられなくなったときのことを考えておかなくては…うちは実家が県外で遠くて、すぐ実家に預けに行けるような環境ではなかったので、病児保育室に登録するしかなかった。 いつもの保育園より少し遠くてバスで30分くらいのところにあったが、そこに登録した。預けるにはまず先に登録しておいて、いざ風邪を引いたり熱を出したりしたときには朝、小児科に行って診断を受け、医師に [続きを読む]
  • 離乳食
  • 仕事をしていて忙しいからって、離乳食は作れませんってわけにはいかないので、ない時間をひねり出して離乳食を作った。 生後半年から1歳くらいまでの離乳食期間は本当に大変! 自分の食事の支度もしなくてはいけないのに、子どもの分は別に作らないといけないし。栄養面や食べやすさなど考え、寝る時間を削って作っても、味が気に入らないのか全然食べてくれなくて、ペッなんて吐き出された日にゃ、本当にブチ切れそう [続きを読む]
  • 働くシングルママ始動
  • というわけで、2014年11月に息子が生まれて翌年の4月から保育園に入所2ヶ月かかってやっとの思いで3ヶ月限定の短期のお仕事につくことができ、6月下旬から働き始めた。仕事は8月下旬にあるイベントに関する企画書の作成・雑務等アシスタントと報告書の作成で9月末まで。とりあえず、何事もやってみなくては!朝は息子に離乳食を食べさせてから、自分の食事、洗濯、保育園の準備、身支度を済ませてから9時半までに保育園に送って [続きを読む]
  • とにかく面接を受けまくる
  • 希望に沿う時間帯のもので(9時〜5時)園から、且つ家から近くの募集に片っ端から応募した。やはり園&家から近くないと通勤の間の時間が無駄だし、できるだけ時間を節約したかった。本当はもっと長時間働きたいけど、まだ0歳の子どもを丸一日預けっぱなしにするのはかわいそうで出来なかった。ギリギリの収入で、できる限り節約して耐え忍ぼう!金銭的に豊かな生活を送ることよりも子どもと過ごす時間を優先しようと心に決め [続きを読む]
  • シングルママの職探し
  • 朝は9時半くらいまでに園に送って、それから一度家に帰って洗濯物を干し、職安に行って昼まで職探し12時ぐらいに再度園に行って授乳して、帰宅後昼食そして部屋の片付けなどをしてからパソコン教室に行ったり、履歴書を作成したりした。あっという間に4時になり、お迎え。休職中だと短時間の枠でしか預かってくれない。まあ、それ以上の長時間預ける気もなかったから別に問題なかったけど、やることが多すぎて1日があっという [続きを読む]
  • 小規模保育ルーム入園
  • 保育園は、見事!第三希望に引っかかり、横浜市が運営する小規模保育ルームというところに通えることになった。申請を出すとき、とりあえず家から一番近い保育園から第一希望、第二希望に書いた。役所の人に第五希望まで書いたほうがいいですよと言われたけど、通うのが大変なくらい遠いところの保育園まで書いても、どうせ通えないなら意味ないじゃんと思ったからそれでも中には復職が迫っていて、何が何でも受からなきゃ困るっ [続きを読む]
  • 保育園申込
  • 11月に子どもが生まれて出生届を出しに行ったら保育園入園の申し込みを勧められた。え?もう?先週生まれて、出生届を出しに来たんですけど…でも今出さないと0歳からの入園は難しくなりますって…この国の保育園事情を初めて知る…子どもがいないと全く興味ないからね〜保育園事情なんて実際は全国民に関係する重要事項なんだけどね保育園問題は…すみません、11月しか申し込みできないなんて全く知りませんでした二次募集あるけ [続きを読む]
  • 過去の記事 …