ロード さん プロフィール

  •  
ロードさん: サンクチュアリアンのエッセイブログ
ハンドル名ロード さん
ブログタイトルサンクチュアリアンのエッセイブログ
ブログURLhttp://hamamatsu3000.hatenablog.com/
サイト紹介文サンクチュアリ人による気ままなエッセイ・コラム・随筆・小論文のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 297日(平均2.8回/週) - 参加 2016/06/06 04:00

ロード さんのブログ記事

  • 情報の入手先
  • 皆さんは、どこから情報を入手されていらっしゃいますか。参考までに、私は次のような所からです。お父様み言、亨進二代王様み言、江利川会長公開礼拝を始め、評論家の方々の動画や書籍馬渕睦夫氏、青山繁晴氏、高原剛一郎氏、藤井厳喜氏、上念司氏、櫻井よしこ氏、西岡力氏、小川和久氏、池上彰氏、宇野正美氏、など更には、サンクチュアリブログ村、LINEグループからの情報、LINEグループ通話によるズーム会議報告、サンクチュア [続きを読む]
  • 今、国会で審議すべきこと
  • 憲法前文から99条の最高法規条項までの規定は、全体として憲法が保障する国民の生活を守るのは、国民の代表たる国会議員であることを明確にしています。現在は、日本史上稀に見る国難の時です。元寇襲来直前や太平洋戦争開戦前に匹敵する緊急時です。この様な重要な時期に、森友学園に関する民進党の態度は、国民を愚弄しています。更に踏み込んで言えば、前述した責務を放棄する憲法違反です。仮に百万円の寄付があったとしても [続きを読む]
  • Xデイを間近にして
  • この数週間で、多くの政治コメンテーター、外交評論家、軍事アナリストらの論説を読みました。その中で最も説得力のある主張は、狐狸庵さんの記事でした。亨進様は「自由のために戦った愛国者たち」の解怨をされ、お父様は天軍を組織されます。http://2000green.blog.fc2.com/blog-entry-391.htmlーーーーー以下は、私の個人的な意見を含めた感想です。まず、金正恩はトランプ大統領を取り違えていた。オサマビン・ラディンもイラ [続きを読む]
  • 「お父様の聖霊と共に」動画を見て
  • 「お父様の聖霊と共に」―夜の神様昼の神様が明かされるまでのお父様の激闘―https://youtu.be/mQ-uE2C1YtQ 内容はあくまでも諸星くるとの主張であり、公認されているものではありません。すべてのご意見ご批判は諸星くるとが受けます。ーーーーーここからは、私の感想です。期待以上の内容に圧倒されました。時間の感覚がなくなり、最後まで見ました。これこそ、原理の真髄かと、直感しました。かつて、1995年の水沢里(九里 [続きを読む]
  • 「フリーメイスンの謎と正体」を読んで
  • コンビニで「フリーメイスンの謎と正体」宝島社600円 著者 秘密結社の謎研究会 副題「マンガ 世界を操る秘密結社に潜入!」を購入して完読しました。数年前なら、眉唾モノと見なして見向きもしませんでしたが、今回は興味深く読みました。その中でも、特にふたつの内容が印象に残りました。ひとつは、「メイスンの黒い教皇」という異名を持つアルバート・パイクが1871年の書簡の中で、第一次世界大戦と第二次世界大戦の勃発に [続きを読む]
  • 運命は神のみ手の中にあります(KR)
  • 韓国憲法裁判所は10日、国会が弾劾訴追した朴槿恵(パク・クネ)大統領を罷免する決定を言い渡し大きなショックを受けました。大統領の罷免には、現在は8人体制の裁判官の中で6人以上の賛成が必要であり、保守系の裁判官もいたので、良い結果を予想していました。最近では、ろうそく集会を凌駕する太極旗集会の勢いもあり、楽天的に捉え過ぎていました。やはり、人間的な判断は当てにできないし、危険でもあります。運命は神の [続きを読む]
  • トランプ大統領を支持する国民運動のための第一歩
  • 亨進二代王様は、この国民運動を「数百万の勢力」にしなさい。と指示されました。凄まじい目標だな。と思っていると、「韓米同盟・国民運動本部」が280万人の集会を勝利されました。次の聖句を思い出して悔い改めました。マタイ伝 17章もし、からし種一粒ほどの信仰があるなら、この山にむかって『ここからあそこに移れ』と言えば、移るであろう。このように、あなたがたにできない事は、何もないであろう。政治状況も国民性 [続きを読む]
  • 映画「沈黙 サイレンス」の側面からの考察
  • 実に四半世紀ぶりに奥さんと映画館に行きました。信仰・命・魂・棄教という重いテーマを扱った映画です。今回は、本質的なテーマに正面から論評するのではなく、側面から背景を考察してみます。映画では、宣教師・信徒を神側、幕府の役人をサタン側と捉えています。時代設定は島原の乱の後の1640年ごろで、最後の宣教師を主人公としています。では、この時代を含めて江戸時代を通して、なぜキリスト教を迫害したかと言えば、初 [続きを読む]
  • 韓国の状況とトランプ支持運動に関する私見
  • もし、左翼政権が樹立してしまうと、北主導での共産化統一は時間の問題となってしまいます。では、天運の離れた韓国で、新たな保守政権となりうるでしょうか。仮に、保守政権が立っても、中国も巻き込んで、短期間に、北に核放棄させなければならない困難な課題に直面します。アメリカとして絶対に避けたい状況は、ただ策なく1〜2年の時間が経過し、北が米本土に到達する核ミサイルを保持することです。トランプ大統領とマティス [続きを読む]
  • 天一国憲法を伝えるための私案
  • トランプ大統領を支持する運動の芽が出始めました。ただし、今まで、外国の特定の政治家を支持する運動に馴染みがなかったことを考えると、直ぐに国民運動として盛り上がるだろうと期待するのは、少し考えが甘いかもしれません。島国特有の国民性を考えると、トランプ大統領を支持することが、日本にとってどんなメリットをもたらすかを、丁寧に解説し粘り強く訴えて行くことがポイントになると思います。こんなことを考えていると [続きを読む]
  • 日本に来られたキリシタン宣教師への想い
  • 宮本氏の動画「かくされた光、今・・・」を観て、その後に「キリシタン宣教師霊人の証し」を読みました。とても感動しました。「お父様は、彼らキリシタン・宣教師霊人たちを、何とかして天国をつくる摂理に動員したいと思っておられる」を読み、お父様と宣教師の方々に深い感謝と申し訳ない気持ちになりました。昔、日本のキリシタン殉教史に関する書籍を読み、胸の詰まる思いになったことがありました。そこには、以下のような記 [続きを読む]
  • 天のお父様、お許しください、悔い改めます
  • 2017年2月1日・国進様のみ言「韓国の審判回避はほぼ難しい。国を出て、日本かアメリカに行く準備をしなさい。」 韓国の状況は危険水域に達し、避難勧告から避難指示・避難命令に移りつつあるほど逼迫してきました。この様な深刻な天の事情と乖離した自らの歩みであり心情であったことを深く悔い改めさせられました。ブログに取り組む姿勢に関しましては、姜賢実先生がお父様の権威に戻って来られて刺激を受け、一念発起して毎日投 [続きを読む]
  • 日米首脳会談に向けて
  • マティス国防長官訪日に続き、2月10日には日米首脳会談が行なわれます。亨進二代王様のみ言 (ファンクラブさんブログ)「二代王はトランブ大統領当選すぐ安倍首相やソフトバンクの孫正義会長がトランプ大統領に会いに行ったことを評価しておられ日本は天運が消えても韓国よりはまだましということのようです。」今回の首脳会談は、とても重要です。政府は首脳どうしの信頼関係構築が国益に直結すると考えています。その通りで [続きを読む]
  • 気くばりのすすめ
  • 真の神の日 亨進二代王様のみ言「皆さんがよく出来たからではありません。皆さんが偉大だからではありません。皆さんは偽りの天一国国歌を歌いました。反逆者の行動です。皆さんが偉大だったからではなく、お父様の愛が偉大だったから皆さんは生き残りました。お父様の聖霊の役事で堕落した者を探されて、その良心を目覚めさせて、目の見えない者を見えるようにしてくださり、耳が聞こえない者を聞こえるようにされて、病人を良く [続きを読む]
  • マティス国防長官歓迎は、天からの蜘蛛の糸
  • イエス様を十字架につけたイスラエル民族は、2000年間流浪の民となって、重い蕩減を背負いました。韓氏オモニの背信でお父様を裏切り三代王権を追い出した韓国は、深刻な状況に陥っています。日本も同様です。そこに、天からマティス国防長官歓迎という蜘蛛の糸(参照 芥川龍之介)が降りて来ました。救われる道は、これしかありません。必死の思いで糸にしがみつき、昇って行きますが、決して不信してはなりません。摂理国家 [続きを読む]
  • 摂理を賭けたマティス国防長官への熱烈歓迎
  • 亨進二代王様のみ言「今回、マティス将軍とドナルドトランプが送ったチームを歓迎して、道を探すことが出来ます。それはお父様の贈り物であり、道がなければアメリカはだんだん出て行ってしまい、中国がだんだん現れてきて左派が立ち上がってきます。」今回、マティス国防長官が韓国と日本を訪問されます。国運を賭け、存亡を賭けて熱烈歓迎し、マティス国防長官とトランプ大統領に韓国と日本を死守する覚悟を固めていただければと [続きを読む]
  • 動機を正して
  • 亨進様・国進様 Q&A より「皆さんの国が問題ではありません。血統が問題です。皆さんの国は再臨主の血統を売ってしまい、反逆と背信によって国が今や赤い龍の口に入って行っています。」「サタンの法が 全世界をサタン主義で覆うのであるのか、神様の法、神様主義、天一国憲法で覆うのか。この戦場に入らなければなりません。」あまりにも深刻、あまりにも強烈な天の心情とかけ離れた歩みをしていたことを深く悔い改めました。 [続きを読む]
  • 公開質問状に回答せよ
  • サンクチュアリは、家庭連合に2月5日を回答期限とする公開質問状を送りました。「真のお父様はご聖誕時には原罪がおありだったのですか。」回答に注目が集まります。もし、無視するのならば、公開討論会で家庭連合は、失格です。不戦敗です。反則負けです。そして、回答があった場合、もし、Yesならば、家庭連合の存在自体を根底から破壊することになります。もし、Noならば、お母様の発言を完全に否定することになります。 [続きを読む]
  • 自由を尊重すべし
  • 昨日、名画「着衣のマハ」「裸のマハ」をサンクチュアリカテゴリーで載せましたが、眉をひそめる方もいらっしゃっただろうと思います。公共言論においては、情報提供者の表現の自由を保護することは、その情報を害悪とみなしている人の権利を侵害し、公共の風紀を乱す場合があります。では、誰が基準を決め、違反の判断をし、対策を実行すべきでしょうか。難しい課題です。サウジアラビア人からすれば、着衣のマハですら、害悪情報 [続きを読む]
  • 魅力的な日本
  • 日本は、ただでさえ、魅力的に映ります。堕天使の目からは、こう見えます。だから、神の武具で身を固めよう。今回は、自由と責任、公共言論、表現の自由、におけるテーゼです。別に哲学用語を持ち出して煙に巻こうと言う意図はありませんが、アンチテーゼのある方は、どうぞ。by ロード して応援してね。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 地動説から新天動説に変わる時
  • 天基八年、明けましておめでとうございます。突拍子もない題名を付けて何が言いたいのだ。と思われたことでしょう。パラダイムシフトと言う言葉があります。ウィキペディアによる説明は、次の通りです。「その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することをいう。」典型的な例に地動説の登場があります。それ以前の常識は天動説であり、宇宙の中心は地球で [続きを読む]
  • 本日天気晴朗ナレドモ波高シ
  • 明日、天基八年を迎えます。ところで、タイトルは、司馬遼太郎作「坂の上の雲」の主人公となった秋山真之中佐が、日露戦争・日本海海戦直前の連合艦隊出動時に大本営へ送信した打電文です。短い文の中に、天候状況と出撃準備完了の報告、更には、機雷を使わず、砲撃戦になるだろうという作戦展開予想まで伝えています。これが通説です。しかし、百年以上前の打電文が現代に伝わることに、何か深い意味を感じ、こじつけですが、強引 [続きを読む]
  • トランプ大統領のために祈りましょう
  • 天一宮入宮式、大統領就任式、と無事に行われ、一息つく間も無く、天基8年の幕開けが目前に迫って参りました。お父様と絶対善霊が、ますます強く風を送ってくださっているようです。マクロ世界における摂理的な中心がトランプ大統領であることに疑問の余地は、ありません。トランプ大統領のために祈って行きたいと思います。そこで、アメリカ大統領を身近に感じ、祈りやすくなればと思い、大統領に関するジョークを紹介します。緊 [続きを読む]
  • サンクチュアリ川柳
  • もともと硬派とは言えない当ブログですが、今回はコーヒーブレイクと致します。最近は、ハードパンチ記事を連発される本格的なブログが林立していますし、特に、ここ一両日は一触即発のような緊張感すらありました。そこで、皆さまの憩いのひと時、息抜きになれば、と思ったしだいです。(こんなのん気なことを言っていると、江利川会長の公開礼拝の動画をご覧になった方から、お叱りを受けそうですが、・・)まずは、一般社会の「 [続きを読む]
  • 家庭連合の皆様、「終末論」を復習しましょう
  • 使徒行伝「神がこう仰せになる。終りの時には、わたしの霊をすべての人に注ごう。そして、あなたがたのむすこ娘は預言をし、若者たちは幻を見、老人たちは夢を見るであろう。その時には、わたしの男女の僕たちにもわたしの霊を注ごう。」原理講論 人類歴史の終末論??「多くの信徒たちが、神と霊通するようになるのである。」1月8日 亨進二代王様説教「家族の訓読会が4時になったせいで霊的な切れがより鋭くなりました。」「子 [続きを読む]