Jake さん プロフィール

  •  
Jakeさん: 元Londonerの徒然Diary
ハンドル名Jake さん
ブログタイトル元Londonerの徒然Diary
ブログURLhttp://happylondonlife.blog.fc2.com/
サイト紹介文ロンドンから帰任した元Londonerの徒然なる日記
自由文内と外から見た日本の様々な日常についての日記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/06/06 17:50

Jake さんのブログ記事

  • 知ってた? 伊藤博文って下級から英語で出世したの。
  • 何と言っても明治時代を代表するかたといえば、そう、最初の我が国首相となった伊藤博文さん。で、そもそもあの方、萩の出身ですからね、そうです、長州です。山口県の小京都と言われる街ですね。16歳でかの吉田松陰の門下生となり、1863年、確か明治維新の前の年、国禁であった海外渡航、そうロンドンに行っちゃった。で、英国で近代国家を動かす制度や仕組みや産業、技術を学んだ。その結果、文明国と戦うことの無謀さを知 [続きを読む]
  • 日本の就職、イギリスの就職
  • さて、新聞では就活解禁で内定が出たとか、有効求人倍率が過去最高とかいう記事が。で、うちの会社でも毎年4月になると新入社員が入ってきまして、最初の1ヶ月は研修、そして配属となります。無論、働いた経験はない。アルバイト以外は。一方、イギリス。通常、大学の最終年度では、インターンシップ、あるいはワークエクスペリエンスが学科に組み込まれています。厳密に言いますと、ワークエクスペリエンスは単位になるが、イン [続きを読む]
  • ロンドン、東京 ワイン事情
  • 以前、ロンドンに住んでいた時、いつも日常の食料品はOcadoさんで買ってました。これ本当に素晴らしいネットスーパー。なんせ、スーパーの頂点に君臨する Waitroseのオンライン部門がその出自だからそりゃそうでしょう。日本に帰ってきて痛感するのは、食材の値段の高いこと。高級スーパーであるWaitroseでさえ、アボカドならオーガニックで1個1ポンドくらい。オーガニックの人参なら、1キロで2ポンドくらい。そんな調子だから [続きを読む]
  • 危機感の差
  • 一昨年のパリのテロ事件以来、欧州では散発的にテロ事件が起こってます。イギリスだけをみても、先日のマンチェスター、その前のウエストミンスターの事件、そして今日の朝入ってきたロンドンブリッジの事件。今日のはまだテロかどうかを当局、つまりスコットランドヤードが調べているとのことですが、とにかくもう本当にくらい気持ちになります。私が昨年末までロンドンに住んでいた時は、まだロンドンではそういう事件はほとんど [続きを読む]
  • 英検
  • 当ブログでは英語について色々とお話してきましたが、自分の英語のレベルは棚に上げて、今回は英検のことについて。世の中的にはTOEICの方が若干優勢なんでしょうか。年間受験者数で行くと、英検は200万人超えているけど、TOEICの方が若干多かったような気がします。英検の受験者構成は学生さんが多いんですね。多分、受験の免除科目とかと関係しているのかもしれません。で、両試験の決定的な差ですが、英検が作文(筆記)とス [続きを読む]
  • 人間関係を大切にしましょう
  • 実は、言ったかもしれないけど、、、、この春、4月1日に転職しちゃった!!しかも全然違う業界に。。で、ものすごくびっくりすることがありました。前職の会社を退職するときに、ある人と送別会をしたときに、「きっと次の仕事を決めるときには今までの人間関係が決め手になるかもよ」と言われたわけです。最初、意味があんまり分かんなかった。ところが、いざ就活に入ると、私をよく知っている知人からの縁での紹介がいくつか。 [続きを読む]
  • スポーツも仕事も同じかも。指導って?
  • 1年前くらいから週3回くらいバドミントンをやるようになりました。そこで感じていること。同じ時期に始めた人たちと自分を見てみると、、、、、やっぱり若い人たちの方が確実に上達は早いです。特に差が出るのはフットワーク。やったことがない人はわからないと思うのですが、瞬時にある地点から別の地点に移動する、しかも、それには一定のやりかたがあって、通常の人の動きとは若干違いがある。で、その瞬間移動には判断が付き [続きを読む]
  • TOEIC受験!!
  • Hi, this is Jake!4月21日に久しぶりに TOEICを受けました!!で、このブログを過去から見ていただいている極めて少数の方々(親父と兄貴くらいか、、、)はお分かりの通り、私は自分の英語のレベルを定期的に測定するということ、また、レベルが落ちているのであれば、勉強し直すという観点から、定期的に英語のテストを受けるようにしています。ロンドンにいる時は、ケンブリッジ英検でした。この試験はあらゆる試験の中でも [続きを読む]
  • 転職とは。
  • これまでビジネスの世界に30年ちょっと。本当に恵まれてきたと思っています。多くの仲間に恵まれて、グローバルに大きな仕事をやらせていただいている。その間、転職が3回。毎回毎回とても大変だけど、なぜか10年くらいで新たなチャレンジを欲してしまう。理由はなんとなくわかっているんですけどね。すごく大変であることはわかっている、「転職」って。でもやっちゃう。しかし、確実にそのことが今の自分にとってプラスにな [続きを読む]
  • 日本の雨天はイギリスの雨天より憂鬱だ
  • 昨日は久しぶりに雨だったけど、日本の雨天て本当に憂鬱に感じます。だって、朝から夜までズーーーーーーーーーーっと降るでしょ。あの感じがイギリスにはないんですよね。秋から春までは基本が曇天で1日1回はほぼ雨が降るんだけど、大体は時折雨、って感じなんですね。1日降り続けると言うのは珍しいのです。なので、イギリス人は概ね傘を持たない。「ま、そのうちあがるよね」って気持ちがあるんだと思うのです。一つには、イ [続きを読む]
  • 知識とグーグル
  • 昔、私の上司だった人から言われたことがある。ちょうど20代の終わりの頃でした。「友人の中で一番、出世してる奴、あるいは仕事でうまくいっている奴に、あなたの会社の資本金はいくらで、株価はいくらで現預金がいくらか聞いてみるといい。ほぼ間違いなく知っているから。」「世の中には、知っていないといけないことと、別に知っていなくても大きな支障はないけども、知っておいた方が良いことがある。仕事でうまく行くために [続きを読む]
  • 日本を知るっていいね!
  • ここ最近のポストで通訳案内士について触れましたが、一応、宣言通り、勉強に励んでおります!(今日、宣言したとこだったわ。。)日本史をスタートしましたが、いやいやこれが面白い。知ってました?縄文時代って紀元前1万三千年前から1万年以上続いたんですよ。びっくり。それに比べりゃ弥生なんて1000年もないくらいなんですね。そんなことを知りますと、世界のこの200年くらいの進歩というものは本当におそるべき短時 [続きを読む]
  • 通訳案内士 その2
  • 前回書きました通り、英検1級を取得していると、通訳案内士の語学試験が免除になるというので、自己啓発の一貫として一発やってみようといきなり参考書を5冊購入。さて、まずは一般常識のテキストから、、、、、・昨年度の海外からの来日観光客数上位5カ国とその人数・来日観光客の日本での総支出額、上位5カ国と金額・日本への輸出国上位5つ、日本からの輸出国上位5つ・日本で登録されている世界遺産(文化遺産16と自然遺 [続きを読む]
  • 通訳案内士
  • Jakeです。先日、英語の勉強再開というつぶやきをいたしましたが、ただ目的なくやるだけではちょっと。。そ、モチベーションの問題ね。で、いろいろと考えた結果、、、、、、、通訳案内士の試験を受けることに決定!!!これは英語における唯一の国家資格と言われていますが、そもそも英語の能力だけではなく、歴史、地理、国勢や国政にかんする知識と英語が一体になった資格なのであります。で、試験のエリアは一般常識(これが一 [続きを読む]
  • おっさんのファッション
  • 以前にもちょっとだけ触れたことがありますが、実はイギリス人というのは一般的に正直おしゃれな人は少ないと思います。日本に帰ってきたら、女性を中心に本当に流行に敏感だし、雑誌のようにコーデしているし、お金かかってるし、つくづくおしゃれだなと思います。ただし、向こうの人は、もともと若い頃は足が長くってスタイルの良い人も多いので、質素なコーディネイトでもカッコよく見えちゃうというのはありますね。やっぱりア [続きを読む]
  • 再度、英語の勉強始めるか。。
  • もともと私の英語力なんて大したことありませんでしたが、帰国して4ヶ月、さらに錆びついています。BBCワールドニュースを聞いていても前よりは不明になっているし、スカイプの英会話をまた再開したのですが、どうも前だったら言えていたような表現が今一歩出てこないんですね。人間の適応能力というのは本当に素晴らしいもんだと思います。その環境によって自分の能力を最適化していく。体も知能も。筋トレすれば筋肉はつくし [続きを読む]
  • 年齢って、、、
  • そうそう、これもいつか書こうと思っていたことで。。テーマは「年齢」。その昔、自分が小さかったころ、40歳、50歳の人たちなんてなんて大人なことだろうと思っていました。ていうか、おじさんとおばさん。で、社会に出た頃も、その年代の人たちってなんかすごい大人な感じ満載だったですね。だって、学校のクラブでも1級上、2級上の人なんてもう歴然とした先輩で、3つ上なんてもう「神様」級の先輩だったわけです。で、社 [続きを読む]
  • 日本は集団ヒステリーか?
  • 先ほど、久しぶりにロンドンで有名ブロガーだった、そして今はパリにお住まいの有名ブロガー、Piyosophyさんの「次はイギリスじゃなくってパリ暮らし」というブログを読んでいた。で、思わず膝を叩いちゃうことが書いてありました。今はご存知の通り、フランスは大統領選でもう話題持ちきりと思いますよね、テレビも日本だったらもうこれの特集三昧でどのテレビを見ようと討論会。選挙の日なんかはもう速報が番組の枠に出まくって [続きを読む]
  • 日本の春、ロンドンの春
  • さて、本当に素敵なGWが続いていますね。今日は曇りだけど、ズーーット晴れていたし、街のあちこちに花が咲いて、とても美しい季節です。桜が終わったので残念だと思っていたら続いてツツジが満開。そこここにお花が見られます。一方、ロンドンの春も本当に素敵でした。何と言っても日本と違って、秋から2月くらいまではズーーーーーーーーーーーーーーっと曇り。それか雨。で、朝8時半くらいが夜明けで午後3時半くらいが夕暮れ [続きを読む]
  • 足るを知る
  • あー何ヶ月ぶりなんだろ、、恐らくはだれもご覧にならないと思うけど、ま、日記だと思って記してみましょう。ロンドンから帰国して4ヶ月、今ではもう住んでいたことが嘘のようです。「本当にロンドンにいたの?」って感じ。英語はどんどん錆び付くし、、、(ま、元から大したことなかったですが。。)でも良いことも沢山あります。特にこのGWは毎日青空で気候も最高。うちの愛犬と朝、散歩しているだけで幸せなきぶんになります。 [続きを読む]
  • スペイン
  • スペインというと、何を思い出すか?太陽、フラメンコ、ワイン、パエリア、、、、、、で、ステレオタイプとしては情熱的な国。結構多くの日本人がスペインって常夏みたいに思っているかもしれませんが、それは完全に間違い。昨年末にアンダルシア地方、セビーリャ、グラナダあたりを放浪してきましたが、さすがに12月ということもあり、早朝や夜は相当寒かったですね。当然10度ないです。でも、夏には40度超えたりしますから [続きを読む]
  • 街の景色
  • 2月、3月とずーっと割と多忙だったので、あんまりロンドンを回顧する時間がありませんでしたが、ゆっくりした休日などはやはり思い出されますね。私のロンドンの印象。1 クラシックな街並み。ほとんどの家や建物が100歳を超えており、建築のレギュレーションが厳しいので、どこに行っても本当にいわゆる、ヨーロッパという素敵な雰囲気が満喫できる。それが単なる住宅地であってもです。2 空が広い。ロンドン市内でも建築 [続きを読む]
  • 日本の雨とロンドンの雨
  • 久しぶりでーす。どうも雨の日が続きますね。春は新緑と花の季節で木々が育たないといけないので、そりゃお水はたくさん必要でしょう。しかし、雨の日に思うロンドンとの違いが二つ。まず、傘ですね。イギリスでは、小雨だとほとんどみんな傘はさしません。理由はいくつかあるのですが、一番大きなことは、終日、ズーーット雨というのは珍しいんですね。基本曇天でどこかで雨が降る、そしてまたあがる。でも曇り。これが秋から春の [続きを読む]
  • 春の足音 ロンドンでたべれなかった季節の食事
  • 帰任して3ヶ月が経過。最初の1ヶ月は完全なホームシック。ロンドンが恋しくって恋しくって。次の2ヶ月は仕事がらみのことでバタバタとして、いつのまにかロンドンの記憶が遠のき、そしてなんか長〜い夢を見ていたように思えるようになりました。今では、逆にロンドンに住んでいたこと自体が信じられないようなことに思えます。未だに、住んでいたフラットや庭や通勤路やよく通ったお店、そしてもちろん事務所や仲間のことは鮮明 [続きを読む]
  • 若いビジネスパーソンへ 出世の恩恵と落とし穴
  • さて、今の若い人たちは比較的昇進や昇給に対する意識が高くない、欲求が高くないと聞きます。事実、先進国を中心としたビジネスパーソンへのアンケートでも、日本の若者の昇給、昇格への意欲が他の先進国と比較して著しく低いという統計を先日目にしました。がしかし、実際問題給料が上がることは生活をする以上はとてもシリアスな問題だし、例えば入社同期の仲間の部下になるのはちょっと喜ばしいことではないのではと思います。 [続きを読む]