さつま古道の旅 さん プロフィール

  •  
さつま古道の旅さん: さつま古道の旅
ハンドル名さつま古道の旅 さん
ブログタイトルさつま古道の旅
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/jyunnai5945
サイト紹介文写真付きで日記や趣味を書く。山旅、古道、古城など興味は尽きない。夜神楽はいつ発生したか?全国にまだ残
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/06/06 22:58

さつま古道の旅 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ニホンウナギの生育環境を守る!
  • 3年くらい前にニホンウナギが絶滅危惧種に指定されるとかいうことで騒がれた。今後、蒲焼きは食べられるのか。もう、庶民の口には入らないのではないかとか?その内に世間の風評から消えていった。甲突川のウオーキングをしているが、この度気にも留めていなかった看板を見た。ニホンウナギの生育環境改善に向けた取り組みがここ甲突川でもなされていた。石倉カゴの設置!この石倉カゴは、甲突川の環境未来館の前に最近設置された [続きを読む]
  • 西の高突山(600m)に登ろう!
  • 碧い海・東シナ海に沈む夕陽が美しい阿久根に、国土地理院の地図に標記されてない山がある。しかも、阿久根で一番の標高を持つ山、それが「西の高突山」である。登山口には、鹿児島本線の大川駅近くの大川小学校の「本之牟礼分校」がある。(大正3年開校〜昭和51年閉校)高突山は14・5年前に阿久根市山好会(会長:花木 浩)が守り、育てた山である。山道の前半は、平成元年(1989年)に阿久根市倉津地区に集落移転を [続きを読む]
  • フラワーパークかごしまの花
  • フラワーパークかごしまの花々開聞岳をバックにハートの花新緑の中にモミジの赤が映えていたシャクナゲ園が咲き誇るのを、タイミングよく見れた。ヤマツツジも満開ブラシノキが山川の竹山と俣川洲(またごし)を引き立たせるアサギマダラの飛来を待っているトウワタナルコユリと樹に寄生したデンドロビュームタツナミソウの紫色と白イペの花桜はさすがに散り、さくらんぼが出来ていた。フラワーパークには、年間パスポートを購入し [続きを読む]
  • 九州山地の雁俣山にカタクリの花を求めて
  • カタクリの花が咲く雁俣山への山歩き二本杉峠登山口から登山開始登山口には、シャクナゲの花が咲いていた。雁俣山と黒原への分岐点20分ぐらい歩くと、雁俣山直登とカタクリの咲く群生地への分岐に差し掛かる。コガネネコノメソウに出会う!ワチガイソウ(オシベと葯が可愛い)シロバナネコノメソウミヤマカタバミ頂上からの風景鹿児島から登山口までは、高速道を走っても3時間はかかる。やっと実現した登山でした。 [続きを読む]
  • 城山越え
  • ザビエル教会から城山越え城山は鹿児島で過ごしたことのある人にとってノスタルジアを抱く心の山。大西郷も戦いに敗れ、城山の懐に抱かれ最後を迎えた。子供の頃か幾度も駆け巡った城山の道、いつも心弾む。近くに来ると、登りたい衝動に駆られる。新しくなったザビエル教会、信者ではないが今日は某講座に参加したため使用させて貰った。余りにも近代的な洋式の建物に変わったが、身の引き締まる心持ちになった。これから、5・6か [続きを読む]
  • かごしまの甲突川の冬鳥たち
  • 甲突川は2級河川 水源は鹿児島市郡山町の八重山に端を発し、天保山町の河口流れ下る、。 鹿児島市内の約26キロを流れ、1993年8月6日梅雨前線豪雨災害では12000戸以上の家屋が浸水した。かごしま環境未来館から上流に4・5キロの岩崎橋やお寺橋のところ当たりまでにこの冬にいろいろな鳥が飛来した。写真はウオーキング中に出会った鳥たち。バンイソヒヨヨシガモオオバン [続きを読む]
  • 可憐な花は、悪茄子(鬼なすび)
  • ナスかジャガイモの花に似た可憐な花の名前は、「悪茄子」または「鬼茄子」と1906年に千葉県成田市にある皇室の御料牧場で牧野富太郎博士が発見し命名した。茎に棘があり、家畜にも有毒で、「ニジュウヤホシテントウムシ」という害虫の温床となる厄介なアメリカ原産の要注意外来生物に指定されている。可憐な美しい花に出会ったと喜んだが、大変なあばたに出くあしたものだ。甲突川の流れは、心を癒す。時には荒ぶる川、しか [続きを読む]
  • 涼しさを求めて
  • 淡いピンクの花を見せるネムノキは、真夏の涼しさ、運んでくれる。 川面で甲羅から足を精一杯伸ばし涼むのも一興 花の涼しげな色で涼感を得る手もあるか? 梅雨らしい雨も降らず1週間が過ぎようとしている。 [続きを読む]
  • 万葉集の草木の家
  • 甲突川縁のウオーキング途中に万葉集の歌を石碑にして、詠われている草木を植えている屋敷を発見。200に近い石碑が立てられているとのこと。これが鹿児島市伊敷1丁目にある万葉集の草木の家です。時々甲突川縁をウオーキングしているが、この日は川から一筋入った道を歩くことにした。そうすると新鮮な発見に遭遇することがある。春の野に菫採(つ)みにと来(こ)し吾ぞ 野をなつかしみ一夜宿(ね)にける 山部赤人古(いにしえ [続きを読む]
  • 霧島の矢岳・竜王山を歩く
  • 5月20日(金)矢岳・竜王山に登る。2009年7月に大幡前山から竜王山に8名で歩いている。今回は愚妻と二人で、自力で挑戦してみる。高千穂河原から鹿の原のツツジを見ながら矢岳の南面コース登山口を目指す。南面コースの登りは、急登でもなく、新緑の中に一段と映えるヤマツツジを愛でながら高度を上げた。後ろは、高千穂峰が見える。矢岳1131.6Mの頂上、竜王山1173.8Mの頂上で。竜王山からの下りは直登ルート⇒炭化木の [続きを読む]
  • スロージョギングを試す?
  • 昨夜の「ためしてガッテン」でスロージョギングは、血糖値を下げ、ダイエットにも効果的と推奨していました。 感化されやすい質の私は、今日のウオーキングに取り入れました。 だけど、甲突川縁を11,000歩で汗だくだく、フクラハギがパンパンで厳しいチャレンジでした。 心を和ませた「カイツブリ」 疲れきった所で出会った「ヒヨドリ」 仕草が可愛い「ヒヨドリ」 [続きを読む]
  • 過去の記事 …