コテコテ さん プロフィール

  •  
コテコテさん: オストメイトで歩む・・・銀座のコテコテ周旋屋
ハンドル名コテコテ さん
ブログタイトルオストメイトで歩む・・・銀座のコテコテ周旋屋
ブログURLhttp://ameblo.jp/koteginza/
サイト紹介文オストメイト(身障者)となっても、あいかわらず山に登って、海で泳いでるだけのお話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 292日(平均2.9回/週) - 参加 2016/06/08 20:03

コテコテ さんのブログ記事

  • 歩こう会?いやいやアルコール会。(*)
  •  ・・・あんたこないだ登った山のこと教えてよ 80歳になる、京橋で長く自営をやっておられる爺様がやってこられてて、去年、大腸癌でおなじオストメイトになった新人さんだが ・・・こないだというと、三浦アルプスのこと? ・・・そうそう、いつもは聞いてても登ろうとは思わない険しい山ばかりだけんども、こないだの話くらいならまだ登れるかと思ってさ ・・・あ〜、大丈夫じゃ〜ないかな ・・・20年くらい前 [続きを読む]
  • 医者の起源は宗教、診療とはお告げ。
  •   家を買ったら目的達成、そこでどんな楽しい暮らしをするのか? どういう人間関係を楽しむのか? それがまるでない。 車を買ったら目的達成、チマチマ街中を走り回ってるだけで、それでどこまで出掛けるのか? どんな楽しいことをするために出掛けるのか? それがまるでない。 お受験して受かったら目的達成、就職が決まったら目的達成、俺には不思議な景色が社会に広がっている。 楽しみ方が解らない?? 幼稚園 [続きを読む]
  • 山桜、政の局、咲かず安保の露となり。
  •   安倍さん一個人にはなんの文句もないから言うけんども、おなじ大腸の病からオストメイトになった先輩として忠告すれば、薬をすべて止めることだろう。 国家と世界を舞台にした利益争奪なんてさ、とっととやめにして、この国の山や海で遊び呆けることさ。 それが本当の愛国者・右翼だと、この俺は想っている。 宗教を統一してるような変態連中に、票欲しさに群がる政治家の群れ、政策を遂行させるために、宗教を利用す [続きを読む]
  • アベノミクス終演から、アソウノミクス?
  •   テレビや新聞ではまたまた・・・記憶に無い・・・が頻繁に流される昨今だけんども、みなさまいかがお過ごしのことでしょうや。 政治家、官僚・役人、大企業経営者に学者・・・記憶喪失気味の大人たちが、この国の特権椅子の奪い合いをやってる。 彼ら彼女らの特徴は、テメ〜の利益については克明に覚えて諳んじてることだ。 こういう症状を、病院ではなんと診断する? そうか、その大病院の経営者たちも、おなじ病だ [続きを読む]
  • 生まれて、生きるって、どういうこと?
  •   人は喰う為に働く・・・という。 喰う為には、ゼニ金がいる・・・という。 ゼニ金を手にする為に、働く・・・という。 生きる為に働き、生きる為にゼニ金を稼ぎ・・・死んでいく。 では、生きるってことについては、なにも考えないの?? ただ生きて居れば、それで良いの? 生きることについて、考える暇がないほどに、生きる為のことが、忙しい。 保険や保証書ばかりを膨大に抱え込んで、重くて動けなくなってる [続きを読む]
  • 明治の孤高の詩人、岩野泡鳴を想う。
  •  むかしむかし、人類が海に船出して、地球上の大陸を開拓していった時代、その船には宣教師や神に仕える人々も同乗していた。 航路の安全を祈るお札を持って・・・ではなく、神に仕えその教義を広める人間が同乗していた。 キリスト教であり、我が国にやってきて勢力を広げたのは、イエズス会だった。 織田信長を焼き討ちにして殺したのも、明智光秀ではなく、このイエズス会が黒幕になって火薬を使って動いた、そうい [続きを読む]
  • 畑に生ゴミ埋め、産廃怖いぞ詐欺(*)
  •  割り箸の先に切った布をゴムで巻きつけて、店先の100ccのバイクのガソリンタンクの中に浸け、それで油性ペンで書いた宅建業者票の許可番号を消して、そこに新しい番号を書こうと思ったわけだわさ。 小池都知事のハンコの付いた業の免許が更新したからさ。 ガソリンは油性のモノを消すときには役に立つ。 ところがだ、割り箸の先に巻きつけた布切れとゴムがガソリンタンクの中に落ちてしまい、あ〜れ〜大変。 [続きを読む]
  • コウノトリの詩より、子供の性教育(*)
  • 安倍総理と森友学園、維新の会、自民党、日本会議、統一教会、官僚・役人・・・今治での第2の森友学園話、東京都と東京ガスの豊洲土地買収契約の瑕疵担保責任免除話・・・いろいろと昔からの噂はあるが、口裏合わせがお上手に出来るかな?ゴミも無いのに、上っ面にゴミを置いて、産廃費用がどうたらこうたら・・・本題が違うだろう。要は、みな暇をこいてる自惚れ現代人の自己改革ゴッコ、自己刷新ゴッコ、自己救済ゴ [続きを読む]
  • 人工肛門、オストメイト自身の無知(*)
  •  ・・・金利が安いから今こそ不動産の買いどき!! そんな安っぽい詐欺みたいなCMに飛びついて、目先の返済額で不動産を購入してるようじゃ〜、損するか、後悔するか、誰かを恨むのか、借金・負債生活で人生お陀仏か・・・そんなとこ。 モノはすでに余っておる。景気が悪いから金利が安い、モノを動かす為に安くしてるだけであって、その後にやってくる事態は、モノの価額が下がるということ。 住宅ローン減税と [続きを読む]
  • 梅八分、里山歩きも、腹八分・・遊爺。
  •  梅の里を歩きながら、梅の一句を思い耽っていた小学生が、行き交う登山者に挨拶を返さなかったことで母から小言を言われておった。 ・・・なんでちゃんと挨拶できないのよ! ・・・・・・・ ・・・すみません、無愛想で・・・ ・・・・・・・ 糞ババア、ひとりでやってろよ・・・そう思って、阿呆くさくなったら一句。 香りたつ、赤白黄色、梅の花。  なんとかアルプスという、ご当地アルプスが日本中にある [続きを読む]
  • 日本会議の話にしないのは、なぜ?
  • 安倍小学校の話題を見ておっても、日本会議という友好団体の話が出て来ない。司法・行政・立法から教育・宗教・文化あらゆるジャンルに渡って、国民を統治する側の連中が仲良く集う団体のことだ。統一教会・勝共連合とも重なり合っている。この国の新聞・テレビの現状が、そんな報道規制からも窺える。幼稚園や小学校と安倍総理の話ではなく、もっとそんな黒幕的な団体の話をしなければすぐに尻尾切りで終わるだろう。 [続きを読む]
  • 長州神社に長州小学校、長州だらけ?
  •  ・・・フランスの地下鉄には、ホームレスみたいなのばかりが乗っている・・・ 銀座で長く絵画の輸入販売を自営でやってる仲の良い社長がいつも言ってること。 ・・・ギリシャ・スペインやイタリアはすでに破綻してるようなもんだろう・・・ ・・・EUはゴミ捨て場みたいになってる、崩壊するんじゃ〜ないか・・・ いろんな現場の声が、他の自営の輸入業者からも集まって来てる。 旅行代理店の素敵なパンフレッ [続きを読む]
  • 淫らな桜の狂騒のまえに、梅のとき。
  •   凍えるような雪山も良いけんども、身体の芯から温まる湯も、この季節は良い。 この週末は仕事の疲れが酷く、凝りが辛く、体調がイマイチだったから、温かい湯に浸かって、身体を動かすことをしていた。 あっちこっちにそんな施設はあり、昨日は埼玉の山んなかに片道2時間ばかりかけて出掛けていた。 梅の季節だというのに、ガラガラに空いていた。 地元の老人ばかりが、水着で歩いたりストレッチしてたり、色 [続きを読む]
  • タコやイカの足は減らない、ナ〜ゼ?
  •   ・・・ね〜ね〜、どうしてタコやイカは足がたくさんあるの? 銀座の近所の小学校に通う子供が聞いてきた。 ・・・敵が多いんだろうな〜、それにな、波で飛ばされないようにと海の底の岩にしがみつくには、2本や3本では足りないんだよ ・・・へ〜、そうか〜 そう、そうなんだよ。  北朝鮮は怪しい国家だ・・・こういう日常の報道から、金正男暗殺は北朝鮮の仕業だと決め付けているけんども、トランプご [続きを読む]
  • 健康は買わず、依存しない富裕層(*)
  •   トマトは苗から育てずに、丸ごと埋める。   シャンプーやリンスは使わずに、ボディー石鹸さえ使わずに、手洗いも水だけ、そういう大人が俺のまわりに増えていることだけは伝えておいてあげようか・・・みなさん、モノを買うお金には不自由しない富裕層ばかりだとも付け加えておこう。 80歳過ぎた仲の良いご夫婦なんて、お肌はつやつや、別に化粧もなにもやってなくって、身体を動かして健康的に暮らしている [続きを読む]
  • 荒れた学校より、荒れる雪山が素敵。
  •     善良なる庶民の皆様方の言葉で書くと・・・ 学校が荒れてる、子供らが行き詰まってる、若者達が絶望する・・・ すべては、生まれて死ぬまでを国家に管理され尽くしている大人社会の鏡だ。 親や先生は努力して大変な苦労をしている・・・よく聞く臭い台詞ばかり溢れて、個性豊かに愉しく生きたい子供や若者の声などいっさい報道されない。 大人はみな、与えられた価値観で、自分を正当化することだけで生きて [続きを読む]
  • 明治維新の戯言、歴史捏造の原点。
  •   信州の山々に登った帰りには、上田という街はよく通る場所でもある。 腹ごしらえをしたり、湯に浸かったり、真田の砦に立ち寄ったり、そんなとき、赤松小三郎の墓参りをすることも、ある。 明治維新を、同国人どうしの殺し合いではなく、議会制民主主義を主張し、もっと穏便に進めようとした天才学者・赤松小三郎のことは、俺も昔からずっと書いてきた。 明治維新を語る書物は多くとも、偉そうに研究する学者は多く [続きを読む]
  • ゴン蔵峠から先は、いわゆる桃源郷。
  •   小学校でインフルエンザに罹ると、最低1週間は登校できず、7日目かに病院でOKサインをもらってから登校する・・・そういう決まりがある。 俺がガキの頃には、そんなメンドクサイことなどなかった。 風邪ひいた、熱が出た、下がって食欲も出たからまた学校に行く・・・そんだけ。 いまの子供らも、2〜3日で元気になってる。 先日も、銀座の近所の小学生が、翌日から元気になって、家でウダウダやってるの [続きを読む]
  • 節分に、女のお豆を摘んでひねって。
  •   毎朝、店の神棚に新しい冷えた水をそなえ、パン!パン!と手を合わせている。 ・・・へ〜、あんたでも毎朝神棚に手を合わせんのか? 感心だね〜 ・・・ば〜か、あそこには俺が入ってんだよ、その俺に向って挨拶してんだよ ・・・え〜〜、そういうことか、じゃ〜俺もこないだ手を合わせたのは・・・ ・・・そうさ、俺に手を合わせてたんだな〜、へッヘのヘ 生き神様、八百万の神々の時代には、みなそうだった [続きを読む]
  • 癌・アレルギー、真犯人は予防医学。
  •   正義を気取っておった連中が、実は少数派になっていたという、笑い話が、そこここに顕わになって来る。 田舎のお爺ちゃんも、お婆ちゃんも、気がつけば時代は大きく変わっていることを知るんだろう。 知らなかったのは、閉鎖的な情報操作にオツムをやられてたせいさ。 そもそもだ、ゼニ金を仲介だけして大儲けしていた投資・運用・銀行屋と、人と人を仲介してる周旋屋、どっちが本当のことを言ってるのか? 簡単な [続きを読む]
  • 金本位制復活が、トランプ爺の本心。
  •    登る山は雪山が愉しい、泳ぎ出る海はチョイと波がうねってるほうが愉しいし、自然にはアクシデントが当たり前だから、それにワクワクするのはガキの頃からだ。 不感症にはなりようがないほど、大自然にはアクシデントという生死に関わるプレゼントがいっぱいある。 せっぱ詰まって、困り果てて、でも生きてる、そんでもって大笑いする愉しみ。 退屈な人間ゴッコなど、ガキの頃から飽いてしまってる。 身障者と [続きを読む]
  • 三日坊主は、歳÷3の2乗で嘘の数。
  •   昔からさ、青山でもそうだったけんども・・・俺は青山の不動産屋でござい!! ってなのは多かったが、銀座でも・・・銀座の不動産屋でござい!! ってなのは多い。 どういう ござい! なのか? そういう ござい!! でござい。 嫌ならやめときなよ!・・・あんたは無理して買わなくても良いよ!・・・迷うくらいならなにも借りるこた〜ない! そんな ござい! だ。 自営の周旋屋の先輩諸氏には、そう [続きを読む]
  • トランプと、キッシンジャーの珍道中。
  •  おかしな光景が、ある。 我が国では、既得権益にぶら下がって生きる側と、それを常に攻撃・糾弾する側と、傍観する側が、ある。 いびつで歪んだ三角形。 米国の大統領がトランプに決まると、その三角形がそれぞれに寄り添うような、なにかに怯えて神経質になって、一本の細い線になっている。 待ってました! とばかりに、呼応する連中がまるでいない。 それは良いことなのか? 悪いことなのか? グズグズと [続きを読む]
  • オストメイト、人工肛門で生きる。(*)
  •   たいした根拠も無く、都合の良いデータだけを流し、ゼニ金儲けのために、地球温暖化をネタにし続けていた連中は、これから地球が冷えて行くことを、黙って見詰めているんだろうか・・・。 我が国でも、大雪や寒波のニュースには、大騒ぎをしないような偏向報道が続いているけんども、いつまでもそんな嘘は通用しないのだから、そろそろエエ加減に正直になるべきだろう。 ・・・ほんとうは、王様は、裸よ! 調子 [続きを読む]
  • 秋篠宮を操ろうとする、姑息な売国奴。
  •  ・・・子供が言うこと聞かなくて・・・ ・・・どうしてこんな子になったんだろう・・・ って、そんなことばかり気にしてる親は、子の爪を切ることを忘れてる。 現実をキチンと見て生きてない親には、その子のことなんて見えてはいない。 真っ先にあるのは、自分のこと・・・現代の政治や経済や教育も、みなそんなとこ。 チンチクリンの、アホンダラだ。  分譲マンション業界は、少子化と親と同居する若者の増 [続きを読む]