コテコテ さん プロフィール

  •  
コテコテさん: オストメイトで歩む・・・銀座のコテコテ周旋屋
ハンドル名コテコテ さん
ブログタイトルオストメイトで歩む・・・銀座のコテコテ周旋屋
ブログURLhttp://ameblo.jp/koteginza/
サイト紹介文オストメイト(身障者)となっても、あいかわらず山に登って、海で泳いでるだけのお話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 357日(平均2.8回/週) - 参加 2016/06/08 20:03

コテコテ さんのブログ記事

  • 山で想う、銀座の貧弱で安っぽい日常を。
  •   さすがに、毎週のように出掛けてた東北道には、飽きた。 どのエリアでも、観光バスが立ち寄る観光地ごとき、山の帰りに時間があって懐かしいから寄ってみるか? の時間は、群れをなす観光客がいない時間帯を選ぶ。 土産物屋のオヤジやオバアチャンも、営業から開放されて気が抜けてるから、逆に営業を仕掛けると良いことも多い。 相変わらずいつも愉しく行き帰り。 東北道のエリアも食い物まで堪能したから、ゲップ [続きを読む]
  • 医者や薬より、身体との対話がまず大事。
  •   10年以上も前から、会話の中で地球温暖化のニセ話を真に受けて話してる相手のことを、俺は足元が見えてる、そう想って聞いていた。 テレビや新聞では連日のように 地球温暖化!! だった。 子供らは学校に行けば 地球温暖化!! だったし、うちのオヤジは狂っている変人か? 疑問にも思っていただろう。 ・・・俺は、寒冷化してると想ってるよ 昔から、目をクルクルさせてる相手でも、平然と言い放って生きて [続きを読む]
  • 2足歩行の人類が、歩かなくなると・・・?
  •   ひとりひとりの個性を重視するという時代があった。 もっとオリジナルで、個性的な人生を生きよう!!そんなCMもたくさんあった。 そこで言っていた個性とは、あらかじめ選択肢を並べ立てておいて、その中から選ぶ類の『個性』と言う名の既製品だった。 単に新しい商品と新しい仕事を作りたい側の、大騒ぎ。 ・・・あの人はとても個性的なのよね〜 オツムがテンテンの大衆は、そんなことで逆上せ上がっておったけ [続きを読む]
  • 無意味?意味は自分で創るもんだ。(*)
  •   ・・・そんなの無意味だから・・・ ・・・なんだかつまんなそう・・・ 皆さんが日常で、口癖のように呟いている、よく聞く台詞が、ある。 こういうオヤジに育てられた子供らは、みな思春期にはおなじことを言う。  そうして、ガタガタ抜かすな! ついて来い! と、強制的にでも連れ回され、行けば行ったで楽しくなって、大笑い。 いま旧帝国大学に進んで研究に励んでるのも息子にいるが、深川の中学校でサッカー [続きを読む]
  • 自己は確立するんでなく、脱皮するもの。
  •   長く自営の周旋屋をやっていると、いわゆる悲惨・残酷な事件にも巻き込まれる。 自殺・殺人・一家心中・孤独死・・・いろいろ、ある。 血だらけ、悪臭だらけ、汚物だらけ、遺体が転がってることもある。 そういう現場の片付けをする身にもなんなよ・・・死んだらすべてが終わりやで。 そこで思いとどまって、チョイと踏ん張ってさえおれば、1年後には笑ってそのことを話せるんだのに、それが出来ないばかりに、一瞬 [続きを読む]
  • どうでもいい情報ばかり流されてる社会。
  •   周旋屋のレベルの情報網だと、森友学園の前の地主は、公園にするという話で土地を国に譲ったということだった。 今年の初めに、そんな話は出回ってる。 ゴミなど埋まってなんかなく、畑で使ってた土地だ。 それが今回の安倍夫婦の関わり合いで、なんだかゴミの撤去費用だとか、小学校にするだとか、まったく荒唐無稽、おかしな話になって騒動となり、前の地主も話が違う!と声を上げていたけんども、事件が国会を巻き [続きを読む]
  • M78星雲、光の国の地主になったった。
  •   天気図があんまり気に入らなかった。 それでもノコノコ出掛けてハンドルを握って走り始めたのは、やっぱりぽんぽこ茂林寺がある東北道だった。 日光の裏のほう、レンゲツツジやヤシオの咲く通称高原山、釈迦が岳や鶏頂山、中岳、西平岳が連なる総称でもあるけんども、1700m前後の山々を登り下りしながらひこひこ歩くのは結構にキツイ。 まだ花にははやかった・・・。 小雨が降ったり止んだり、雲も重い、風もあ [続きを読む]
  • 深呼吸は、まず吐ききることを言う。(*)
  •   音楽の業界で、長く真面目に自営を続けている特殊なスタジオのオーナー社長から電話をもらって、折り入ってお話があると・・・んで、暇なのも手伝って、青山に急いで出かけて行ってた。 女性ならみなさん大騒ぎ、男でも大騒ぎになる我が国の音楽の世界の、それぞれトップミュージシャンたちが寛いで打ち合わせをするような場所で、ハリウッドからも世界的なタレントがやってくるような仕事をやってるんだけんども、傍か [続きを読む]
  • 価値観とは、生きて創りあげるもの。(*)
  •   もう、かれこれ30年いじょうもこの国の不動産の世界にいて、青山や銀座を中心にして、日本中で営業の仕事をやってきてると、いまの時代の金持ち・富豪・財産家という連中が、小さな世界の呪縛から逃れられない哀れな鳥カゴの鳥、そうにしか見えてはいない。 世界中を飛び回って、働くこともなく年じゅう遊び呆けておってもだ、退屈な可哀相な人たちにしか見えないのは、若い頃からだな。 ただただ受身の消費生活者と [続きを読む]
  • 休暇も与えられて喜んで、ナビ猿渋滞。
  •  いつものように一般社会が長期休暇の時は、怖ろしいほどの渋滞があちこちに発生するし、ナビが普及したおかげで、おかしな渋滞も増えている。 情報操作とおなじで、おなじ情報しか共有しない連中が、同じコースを辿ってる。 その渋滞コースに、オモシロそうな店でも出しておけば、そこそこ儲かるわけだ。 現代社会の、資本主義経済の、イロハのイ、だな。 仕事の合間にチョイチョイと遠出もしたけんども、行きも [続きを読む]
  • 昭和の妙、謙信平で団子を喰らう。(*)
  •   小高い山の上には、数々の社が軒を連ね、さながら神社長屋のような光景だ。 淳和天皇の御世に、世の中の神々をみな一同に里山の上に集めて、平和の礎を築けと、1000年を超える歴史を持ち、八百万の神々が集まる山では年じゅういろんな催しものが行なわれ・・・ご利益・・・これは参拝者よりも軒を連ねる神社の側だろうか? そんな笑いさえ起きる、これが栃木は南部にある太平山という素敵な里山の景色ではあった。 [続きを読む]
  • オストメイトの素顔、平和な不倫話。(*)
  •   ・・・やっぱり大風呂や温泉に浸かるのがおっくうになってね、言われたように水泳用の腹巻やテープを買ってみたんだけど、メンドクサクてね〜、だから水着着てプールで歩いたりしてるけど、途中でパウチが剥がれたりしたらどうしようかと心配でさ〜、なかなか自由には動けなくなってるよ 人工肛門になって半年の、80歳を越えた爺様がやってきては、イロイロと心配ごとや細かい対応を聞いてくる。 そういう話を気安く [続きを読む]
  • 赤身のマグロが高級魚?ゲテモノだろ。
  •   ・・・マグロなんてもんはよ、ゲテモノ、大トロだろうが中トロだろうが、しょせんは赤身だけの魚、そんなもんを美味いとほざいて喰ってる奴らの気が知れね〜。 半世紀いじょうも、そう言い放って生きてるのが、ここの俺だ。 30年前の豪華絢爛な不動産バブルの頃から、有名・人気の寿司屋でも平然とそう言い放って白身を喰っていた。 ・・・アワビ? こんなたいして味もない固い貝なんて、なにが美味いのか? ただ [続きを読む]
  • 北朝鮮ゴッコ家庭ゴッコ恋愛ゴッコ。(*)
  •   北朝鮮の話は、あくまでも筋書き通りに動いている。 我が国の政治も、金魚の糞みたいにそれに同調したり、利用したりしている。 アメリカ主導、中国補佐みたいな関係で、ロシアも裏ではくっついている。 利害が相乱れる現場では少々の殺し合いをやってても、みな繋がっている。 見世物ショーの事件・事故、守銭奴たちが集う宴は、夕暮れ時の寂しい風情。 いまさらこのアジアでは、ベトナムのようなことにはならんだ [続きを読む]
  • 婆さんの担ぐザックの中身はね、爺さん。
  •   人の顔を見れば・・・おめ〜わよ〜! おめ〜わよ〜! と喧しい。 おめ〜こそよ〜、おめ〜わよ〜! だろうが!!  この週末は、土曜の午後の天気図が、雪崩とガスまみれと出てしまったので、雪山は遠慮しておいて、またぞろ低いところをウロウロしてしまった。 ・・・長野の山んなか出身なんです〜 ・・・新潟の山の中から出て来たんです〜 ・・・福島の田舎者なんです〜 とか、銀座ではいろいろあるけんども、 [続きを読む]
  • 身障者は、まず現実を理解せにゃ。(*)
  •   ・・・あなたには本当にお世話になって、足を向けて寝れない ・・・ほんとうに感謝しています、ご恩は忘れない こういう行き当たりばったり、利益抜きの生き方をたくさんして来てると、よく言われる台詞だが、その日の夜から皆さん俺に足を向けて高イビキ、翌朝にはコロッと忘れ果ててることも知っている。  それで、エエんやで。  静岡まで車を走らせて甥っ子の結婚式に行ったツケが、身体に出ている。 動か [続きを読む]
  • 栃木の里山、気温27度ワッショイ道迷い。
  •   春の陽気のせいで、深夜2時過ぎに眠りにつく習慣は変わらないけんども、起きるのが結構いいかげんなこととなっておって、店を開けるのも9時過ぎだったものが、10時くらいになってしまってる。 明け方に、腹のパウチにガスが溜まり、目が醒めてそれをガス抜きするために起き、また眠ることが日課のようになってるから、二度寝みたいなことで、余計に起きれない。 寝るときはパウチのフィルターを開放してやれば良い [続きを読む]
  • どうして高山植物は、小さく可憐なの?
  •   馬酔木と書いて、アセビと読む。 奥秩父の1000mを超える山でもよく見かける木で、ピンク色の蕾がたくさん房状にならび、咲けば下向きに白く袋状になる。 鹿やらの食害が酷い奥山でも、獣たちが食べない草木として、悠々と花咲いている。 馬が喰らうと、酔ったようにフラフラになる木、と言われる由縁でもある。 その葉には毒性があり、煎じて殺虫剤として古くは使われていた。 春から夏にかけて、奥山は虫達の [続きを読む]
  • 晴れの門出は、視界不良の霧のなか。
  •   日光白根山あたりを登るときに登山口まで車を転がす距離か・・・静岡までの走行距離だけんども、別になにもせず、結婚式に参列するだけだと、なぜか疲れた。 そっから さ〜登るべ!! ってな意欲がないから、ダレていた。 海老名は週末行楽のミーハーで混むから中井で休憩し、丹沢山脈でも眺めて一服、そう想っていたけんども、キリが凄くて、それどころではなかった。 ミカンを買って、桜海老の煎餅喰って・・・こ [続きを読む]
  • 生きてたくさん失敗し、ヘマをする。(*)
  •   お父さん・お母さんに、立派な総理や大臣になるのよ!〜〜って、そうやって必死に育てられたお子チャマ優等生が、そのまんま国家を運営している・・・そう見える。 大企業の経営陣を眺めてみても、みなサラリーマンでしかない。 世の中社会の閉塞感は、そういうドン詰まりの糞オモシロくもない大人達のせいだ。 必死に手にした地位や権力や財産を死守する・・・そんな時代でもないのにね〜。 惨めなタコ、いけ好かな [続きを読む]
  • 地球寒冷化の今、雪山に咲く、山桜花。
  •   ・・・世界の高い山を歩き回ってきたアルピニストの講演会を聞いてきたのよ ・・・あっそう、良かったね〜 ・・・なんで? そんだけ?  俺はこの故郷の山や海が大好きなだけのただの爺ィだから、別にアルピニストでもアルミニウムでもなんでもない。 もともとこの国の民はみなそうだった。 平野の少ない島国には入り組んだ山々ばかり、周囲は海に囲まれている。 日本人として、当たり前の愉しみ方をして生きてい [続きを読む]
  • 身障者になっても、雪山で戯れる幸せ。
  •  絶好の雪山日和だった。 天気図を見ていると、候補地はたくさんありすぎてウキウキし、深夜の出発直前まで、あ〜だこ〜だ考えて仮眠もとれず、そのまんままた寝ないで出掛けて行った。 早朝の登り始めは氷点下7度、それでも急登から始まる出だしで、すでに太陽の強い日差しを受け、ダウンベストも脱いで、汗だくになっていた。 ここんとこデスクワークが多かったせいで、足と肺が悲鳴をあげていた。 幾つ目かの [続きを読む]
  • 雪崩事故、海難事故、公務員の暇潰し。
  •   オツムに蝶々が飛び交ってる話は昨今おおくなってるけんども、スポーツ庁だとかいう官庁がいつのまにか出来ておって、高校生の雪山登山は全国的に禁止している・・・らしい。 そのうちに、登山にも講習会や試験が設けられて、合格者しか山を歩いてはいけないという、そんな法律でも出来るんだろうよ。 30数年くらい前、我が国ではスノーボードがまだ認知されておらず、板も道具も売ってる場所さえなかった頃、俺はカ [続きを読む]
  • 安倍の続投で、国民は洗脳が醒める?
  •   薬物中毒、薬物依存症は、なにもスポーツ界や芸能界だけの話ではなく、政界・財界なんかの方が、よほどに酷いだろうよ。 公務員たる中にも、すでに根深く入り込んでおるし、官僚・役人の中でさえ、守られていると勘違いしてご乱交を繰り返してる連中はゴロゴロおるがな。 宗教に洗脳されないものは、薬物に染まる、しょせん、そんな弱い獣の習性。 信者でもないのに知らず知らずに洗脳された大人社会と、広義でいう薬 [続きを読む]
  • 歩こう会?いやいやアルコール会。(*)
  •  ・・・あんたこないだ登った山のこと教えてよ 80歳になる、京橋で長く自営をやっておられる爺様がやってこられてて、去年、大腸癌でおなじオストメイトになった新人さんだが ・・・こないだというと、三浦アルプスのこと? ・・・そうそう、いつもは聞いてても登ろうとは思わない険しい山ばかりだけんども、こないだの話くらいならまだ登れるかと思ってさ ・・・あ〜、大丈夫じゃ〜ないかな ・・・20年くらい前 [続きを読む]