HAYABOO さん プロフィール

  •  
HAYABOOさん: 痛風オヤジの遊興記
ハンドル名HAYABOO さん
ブログタイトル痛風オヤジの遊興記
ブログURLhttp://hayaboo.naturum.ne.jp/
サイト紹介文高血圧、高尿酸、高BMIで単身赴任の中年サラリーマンが綴るバイク、釣り、キャンプのはなし。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 350日(平均1.7回/週) - 参加 2016/06/07 23:46

HAYABOO さんのブログ記事

  • W800 道南『奇岩』ツー 
  • 5月21日(日)ちょっとした仕事を終え・・・久々に・・・RIDE!!!函館赴任後、初のツーリングに出発。天気は良いが、寒い〜日本中、夏日を記録しているというのに・・・日帰りなのでそんなに遠くへはいけないので・・・せいぜい道南をウロウロする程度。北海道らしい地名・・・「あっ・・サブ!!」北海道らしい看板・・・北海道らしい道・・・北海道らしい風景・・・「北の国から」的な風景しっかし…どこにも人がいねぇクルマも全然 [続きを読む]
  • 「やきとり弁当」インプレッション
  • 仕事帰りにふと・・・「あれを喰うのを忘れてた!」…と思いだす。北海道ツーリストに絶大な人気を誇る『男飯』…それがこれ。函館市とその近郊の道南地域のみに展開されている「ハセガワストア」名物の・・『やきとり弁当』自分の部屋でフツーに食べるのは初めて・・・これまでは、「ハセスト」で購入後、フェリーの中やテントの中などで冷めて硬くなったものをいただいていた。今はマンションから徒歩3分で「ハセスト」があるナ [続きを読む]
  • W800 北の大地へ・・・
  • 5月7日(日) 晴天なれど黄砂がスゲ〜日!2015年の「道南ツーリング」以来のフェリー乗船。今日は転勤先の函館にW8を連れて行く。さて、青森から函館に渡るには、「津軽海峡フェリー」と・・・「青函フェリー」の2社の選択肢がある。「津軽海峡フェリー」は普段は片道6000円ぐらいだが、GWと夏休み期間は7500円くらい。(750cc〜)「青函フェリー」だと6〜9月は6000円だが10〜5月が4800円なのでGWだと「青函フェリー」が [続きを読む]
  • BMW R1200Rがやってきた!
  • まず、私のではありません。5月5日(こどもの日)本日も晴天なり会社の上司であるK氏が『新車』を見せびらかしたいからツーリングに付き合えと・・・am8:00 待ち合わせ・・・来ました。来ました。ギンギラギンのマシンが・・・でも意外と静か・・・BMW R1200R(2016)なんかものものしいバイク。攻める感じっぽい。でも跨らせてもらったが、『軽!!!!』低重心なんだな。持ち主による、ネガティブインプレッション2項目①ウインカー [続きを読む]
  • 東北でよかったぁ!
  • 50000アクセスを地味に喜ぶ。さて、某元復興大臣の「東北・・あっちの方でよかった・・」発言。日本人の中にあんなことを平気で言えるやつがいるんだぁ!・・・と、思い出すたびに悔し涙が出そうになる。。。どれだけ多くの愛する人がいなくなってしまったことか・・・さて、GWはW8を函館まで運ぶために弘前に帰省。5月3日、あまりに好天のため・・当然出発。嗚呼、『東北でよかった!』北東北の山々の木々が芽吹く十和田湖にも春 [続きを読む]
  • 2017春 W800との再会
  • コレが・・・喰いたかったぁ!!!!函館に来て1カ月・・・何が辛いって・・・青森県民のSOUL FOOD・・・『煮干しラーメン』が見当たらないこと・・・(ちょっと海を渡っただけなのに・・・)それでも・・・禁断症状を乗り越え、本日ようやく再会しました。(弘前の「なかた屋」さんにて)・・・昨日4月29日は会社の行事で青森へ帰還なんとも昭和っぽいノリではあるが、会社組織の原点に帰る・・・あえて・・・『大運動会』明るくてと [続きを読む]
  • 憧れの新天地で・・・
  • いやはや・・・気が付いたら、2カ月も更新せずにおりました。50を過ぎてもまだまだ人生いろいろ、男もいろいろ・・・2月末に転勤を言い渡され、この2カ月間バタバタと慌ただしい生活が続き・・・今やっと一息ついたところ。新天地はというと・・・(* ̄▽ ̄)フフフッ♪バイク乗りの皆さんの憧れの地・・・『北の大地』(でも『北の大地』のほんの入り口)・・・函館ぇ〜3月下旬から引っ越しの準備に追われ・・・2週間ぶっ通しの『送別会 [続きを読む]
  • ベリ子の冬日記…
  • 「冬、チョーひまなんですけど〜」「ゲロ雪降ってるし・・・」「マジ顔四角いんだけど・・・めっちゃウケるぅ〜」「ストーブ前の幸せ度・・・鬼えもいんですけどぉ〜」だらぁぁああ〜〜「ガチねむ〜〜ぃ・・・」 「目がキモ〜い」・・・娘のしゃべり方を真似してみました。さて、3月下旬で1歳になるベリ子の冬の日常・・・熾烈な場所の取り合い合戦の結果・・・休戦わたしの指が大好物。たぶんオヤジの指がいちばん出汁が効いてる [続きを読む]
  • 痛風薬インプレヽ(^o^)丿
  • 痛風発作が鳴りを潜めている。昨年の夏に右足の「痛風結節(たこ焼きクラス)」の切除手術をしてから何も起こっていない。(検体は大学病院に保存されているらしい)ちなみに左足のプチトマトクラスは、まだ大事に身に着けている。まさか!?完治したのか!?そうなると、ブログのタイトルも変えなければならない。例年だと、年末年始の『悪行三昧』のツケが2月はじめ頃に臨界を超え、暴走する。だが、ここ半年以上、発作は起こってな [続きを読む]
  • ビギナー向けテント?
  • 「キャンツー専門誌」みたいな雑誌を立ち読みした。すると・・・どうやら「キャンプツーリング用テント」にも「上級者向け」や「ビギナー向け」ってのがあるらしい。・・・??何が違うのだろう・・・。「上級者向け」のテントは設営に相当な知識や技術が必要なのだろうか?もしかしてこんなやつとか?(参考資料)お洒落だが・・・めんどくさそう・・・しかも、バイクに積むにはちょっとキツイかも。では、こんなやつか?(参考資 [続きを読む]
  • 寝袋インプレ
  • ジャジャ〜〜ン!!!mont-bell スーパースパイラルダウンハガー♯2 (3年使用)<商品概要>素材:中綿/800フィルパワーEXグースダウン撥水加工/ポルカテックス表地/バリスティックエアライト 総重量:780g 収納サイズ:径16×32cm 快適睡眠温度域:-4℃~ 使用可能限界温度:-10℃ 登山にでも使えそうな高スペックなこのシュラフ。冬はこれがないと過ごせない私のアパートの部屋。特にこの時季、仕事から帰り、部屋が温まるまでの時間帯 [続きを読む]
  • 昭和「自動車ショー歌」時代
  • キャンプ日和?今日も猛烈な寒波・・・「通勤ホワイトアウト地獄」突然ですが・・・正月から小林旭さんの・・・『自動車ショー歌』が頭から離れません。   B面の「ほらふきマドロス」も気になりますが・・・なぜ?・・・それは、正月に実兄と子供の頃の話に花が咲き・・・・昭和40年代、親戚の『誰が何のクルマに乗ってたか話』で盛り上がり、その中で「最高級車賞」に輝いたのが母方の叔父さんが乗っていたトヨペットコロナ(笑 [続きを読む]
  • 冬の撃沈ブーム到来!!
  • いやはや…年末年始は飲み会で忙しく…ふと気が付けば…年が明け…半月以上も更新が滞り…家ではストーブの前でダラダラ過ごす日々・・・それにしても…冬の青森は遊びネタが無さ過ぎ…半世紀以上暮らしていながら、気が付きませんでした。若いころはウィンタースポーツなどもしましたが・・・今じゃぁ・・・部屋で「メスティン飯」を食うぐらいしか楽しみがないのです。 [続きを読む]
  • 昭和 「ニーハン」時代
  • 80年代初頭高校時代・・・公共交通機関のない田舎から遠距離通学をする者、かつ素養が認められた者のみが許された特権…それが…  『バイク通学』 今じゃ考えられましぇ〜ん!!! イイ高校であった。隣町のりんご農家の長男、木村君が乗ってたヤツHONDA ラクーン(笑)・・・いまいちコンセプトがわからないゼロハンだった…木村君は「ラクーン」というあだ名で呼ばれていたが、すぐに中免を取り、中古のホークⅡに3階級特進した [続きを読む]
  • 漢の遠足
  • 12月17日(土)集合07:00…青森駅持ち物・・・現金10,000円とスマホ(カメラ)のみに限定。(キャッシュカードやクレジットカードも厳禁)おやつは500円以内。(酒はOK)会社を代表する馬鹿オヤジ4人で・・・『厳寒の奥津軽の旅』 @10,000円でどこまで行けるか・・・家族を置いて、「漢」を試す大人げない旅に出発。その前に駅前の食堂で「出発式」07:00から飲める自由・・・最高の贅沢!『小山内食堂』名物の「ホタテフライ」 [続きを読む]
  • 昭和 「ゼロハン」時代
  • 昭和57年・・・バイク乗りでライディングの師と仰いだ5つ年上の実兄。引退するという彼から譲り受けて私が最初に乗ったマシン・・・峠を攻め過ぎたのか、転倒の傷跡がいたる所に・・・自分のテクニックでは持て余しはしまいか・・・内心怖くてたまらなかったのを今でも覚えている・・・「かなりのじゃじゃ馬だから…        心して走るんだぞ!!」・・・それは、当時8耐レースで連勝を重ねていた、HONDA RS1000 の血を [続きを読む]
  • 昭和 「入れパン」時代
  • 週末に昔の友人と再会することになり、当時の写真でも持って行ってみようかと思い・・・ゴソゴソやってたら・・・ヤングの頃の写真がなんだかダサくて・・・( ̄∇ ̄;)・・・ハッハッハ・・・何がおかしいかって・・・車とか・・・入れパンスタイルとか・・・スプリンターカリブ AV-Ⅱ 1.5Ⅼ(笑)何を気取ってるのか意味が解りませんが・・・バブルに浮かれ始めた時代だったけど私には金は無く・・・昭和56年式の中古のカリブ。私 [続きを読む]
  • 冬来たりなば・・・ただ寒いだけ!
  • 12月3日(土)めずらしく天気が良く暖かい。道路の雪も無くなってる・・・でもバイクは冬眠中で乗れないので・・・ベリ子とデート!近くの河川敷で一緒に走る。気持ちエエわ〜!実は3日後、不妊手術がある事を知らないベリ子・・・「おっさん顔」でも・・・女の子。12月7日(水)6日に不妊手術を終え、翌日に帰宅。ショックでヘロヘロ。まだ子供だというのに・・・かわいそうだが、家族会議での決定事項。悲しそうな表情がたまらな [続きを読む]
  • Down Jacket …痩せ過ぎ注意!
  • ガリガリに痩せた「D.J君」12年くらい着たか。まだ痩せる前・・・フワフワだった頃焚き火の飛び火やタバコの灰などで穴だらけ・・・知らぬ間に大量の羽毛をキャンプ場に撒き散らしてきた。(穴はお洒落にガムテで補修)すこし痩せてきたことで、最近ではインナーに成り下がり、時にはツーリングバックの隙間を埋める緩衝材の役割なども担ってきた。そんな不本意なハードワークに耐えてきた彼はいつのまにか・・・ガリガリ君に変貌 [続きを読む]
  • 雪中ラーツー…あぶねぇ、あぶねぇ!
  • 冬の青森では当たり前の風景だが…「雪国漢」ですら・・・降り初めの頃は、頭の中が冬の運転モードに切り替わっておらず…ついついいつものスピードに・・・「あぁぁあああーーー!下りカーブ、ヤベェェエーー!」「おぉぉおおおおーーーー!なんも見えねぇぇえええーー!」「だぁぁあああーーー!半落ちぃいいいーーー!」「ドライバーさん・・・元気そうで何よりぃぃいいいいーーー!」「Zzzz−−−−−!半落ちぃいいーーー!」 [続きを読む]
  • メシ炊きは…トランギアセットにお任せ!!
  • さて、道具がひとつ増えた話・・・その前に・・・11月20日(日)この日のテーマは・・・アメリカめし!!! 近頃、テレビやなんかでトランプばかり見ていたら、なんだか アメリカンながっつりステーキ が喰いたくなって・・・「それ賛成!俺に焼かせて!」・・・って肉にうるさい息子が腕を振るうことに・・・喰い慣れない『高級和牛』のたぐいは、喰った後に必ず胸やけで吐き気をもよおす我が家の庶民たち。 こんなやつが・・ [続きを読む]
  • W800…冬眠
  • 11月19日(土)とうとう今年も愛車とのお別れの日がやって来た。雪国では冬の間、バイクを乾燥した屋内に格納しなければならない。今日は少し暖かいので、お別れ前に海辺を爆走。アパートから20分で「浅虫海岸」に・・・海の家も自販機もすべてが CLOSE…浅虫温泉の沖に浮かぶ「湯の島」ここは・・・青森の昭和生まれにとって懐かしい遊園地「浅虫ワンダーランド」の廃墟・・・青森市内で唯一の遊園地だった。最近、廃墟ブームだと [続きを読む]
  • 『バイク納会!2016』 ( ノД`)シクシク…
  • 夏の思い出、遥か遠くになりにけり・・・昨日・・・11月9日(水)とうとう青森の市街地にも雪が降り・・・これで・・・「バイクに乗ること」にあきらめがつく・・・毎年のことだけど・・・やっぱ寂しいね。まだぜんぜん積もってはいないけど・・・もう終わりにしよう。・・・んで、その夜、激しく『納会』を開催。焼き肉を・・・ホッピーで流し込む。「おにいさ〜ん!・・もう一杯!」・・・を何度繰り返したことか・・・・・・当然 [続きを読む]
  • 青森のライダー達の弱点・・・それは・・・
  • 青森の弱点①ツーリングは・・・南に向かうしかない・・・という・・・「本州最北端」、「どん詰まり」という地理的なデメリット。まさに、崖っぷちに追い込まれた犯人みたいに・・・・逃げ場が無いいやいや・・・北海道近いんだから海を渡ればいいべさ!すぐそこに見えてるっしょ!・・・・と仰る方もいるかもしれないが、さすがに「日帰り北海道ツー!」・・・は青森からでも、ちとキツイ。(やってみようかな)いつの日か青函ト [続きを読む]
  • 「津軽海峡秋景色」ツー・・・そろそろラストスパート( ノД`)
  • 八甲田の山々にも初冠雪の便り・・・北国のライダーはそろそろ冬眠の時期到来・・・でも、まだまだ走り足りず・・・日本海へ向かう。10月16日(日)なぜかこの日は・・・近藤マッチの「ハイティーン・ブギ」が頭の中で鳴り響く。? 海辺にバイクを停めて・・・?・・・おにぎりをいただいた〜Lovely Night!この道は中泊町の海沿いにある大好きなダート小道。夏は絶好のキス釣りの名所。(横になってご覧ください)? いまはもう秋 [続きを読む]