divergent さん プロフィール

  •  
divergentさん: ホビーアニメを観ていたらいつの間にか(以下略)
ハンドル名divergent さん
ブログタイトルホビーアニメを観ていたらいつの間にか(以下略)
ブログURLhttp://www.ajo-biani.com
サイト紹介文ホビーアニメ、海外産アニメ、女児向けアニメなどを観て、変になってしまいました。
自由文大手交流サイトのまとめはいたしません。基本的に毎話毎話感想を綴っていくわけではなく、気になった回や気になった事柄についてまとめていきます。プリティーリズムシリーズやダンボール戦機シリーズなど、終了済みの番組について触れることもあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 353日(平均4.6回/週) - 参加 2016/06/08 11:43

divergent さんのブログ記事

  • アニメが子どものものではない日本〜レゴランドの失敗から学ぶ〜
  • 大人も楽しめるものでなくてはならない!?レゴランドがうまくいっていないというニュースが度々、電波に乗っている。今朝の新聞では周辺のレストランが閉店に追い込まれたことが報道された*1。もちろん、少子化で子どもが少なくなっているということもあるが、運営会社はアニメ・漫画やおもちゃが子どものものではない日本の特殊な事情も考慮すべきだ。つまり、日本は、サブカルチャーに対する大人の態度が他国から抜きん出てひたむ [続きを読む]
  • 『パズドラクロス』第46話 本格的に人種問題に切り込む
  • 人間を守るため、人間を排除する『パズドラクロス』が架空の世界における移民排斥運動を描いている。竜人と呼ばれる種族で構成されたテロ集団は、脅威となりうる人間を襲い、竜人の首長の一部は人間を排除し始めた。恣に書き換えられる歴史、偏った思想によって否定される現代の生活……そんな中でも恐怖に屈しない人々の様子が描かれる。 人間を守るため、人間を排除する 第46話「ひびわれた円卓」 [続きを読む]
  • 『遊戯王VRAINS』第1話 あえてデュエルをしない怒涛の幕開け
  • 大人向けへ方針転換 ベタな販促からはおさらば事前番組を1ヶ月間放送し、第1話を5月第2週とする異例の始まり方をした『遊戯王VRAINS』。異例なのはそれだけではない。なんと第1話でデュエルをしなかったのだ。本来であれば、新召喚の説明やら、視聴者である子どものハートを掴むやらしなければならない第1話。今回は、あえてそれを放棄している。だが、今VRAINSが置かれている状況を鑑みれば、第1話に納得できる。つまり、以下の [続きを読む]
  • テレビアニメ『BORUTO』 浮き彫りになる社会の皮肉な構造がもの悲しい
  • 忍者の学校生活を通して人の心の闇を描く人気シリーズ『NARUTO』の続編が現在、テレビ東京にて放送されている。前作は天涯孤独の少年が仲間や周囲の大人に支えられながら、一人前の忍者になるため成長していく様子が描かれていた。続編では、おおよそ逆の状態に置かれた息子とその仲間たちの様子を描いている。『BORUTO』は前作から月日が経った世界で、大人になった前作の主人公たちと新世代の子どもたちとの関わり合いを描いた作 [続きを読む]
  • バトルスピリッツ 実写配信番組が画期的なワケ
  • カードゲーム番組の新機軸現在、実写ネット番組「バトルスピリッツ エクストリームゲーム」が毎週水曜日20:00〜 FRESH!にて放送されている。視聴者の代表同士が3人のチームになって対戦し、勝ったチームが番組の用意した刺客(アニメ版に出演した声優や強豪プレイヤーなど)に挑戦する。3人の刺客に見事勝利すれば、賞金が手に入るという番組だ。テレビアニメの放送は終了してしまったが、これがバトスピの新境地になりそうだ。 [続きを読む]
  • 動物のアニメだけではなくバンドリにも目を向けてほしい
  • 他に類を見ない2.5次元バンドアニメ『バンドリ!』冬アニメの中でキラキラドキドキできなかったコンテンツに『バンドリ!』がある。『BanG Dream!(バンドリ!)』は2.5次元をウリにしたバンドアニメだ。つまり、声優が役に合わせてリアルでもバンドをするという現実とアニメ(ゲーム)が交差した作品である。現在、2.5次元活動をしているのは2組10人だけだが、実際にバンドとしてライブをするなど、他に類を見ないコンテンツになっ [続きを読む]
  • 『アイドルタイムプリパラ』 題材の妥当性と違和感
  • 性差別を題材にする「女の子向け」アニメ衝撃の設定プリティーシリーズの最新作『アイドルタイムプリパラ』は衝撃の舞台設定から始まる。前作の舞台・パラ宿とはアイドルが男性の役割と考えられている街・パパラ宿。女子にアイドルになることが期待されていない街で、第一の主人公・真中らぁらは女子のプリパラを流行させるために奮闘する。アイドルに憧れる少女 VS アイドルは男の仕事だと思っている人々第二の主人公・夢川ゆ [続きを読む]
  • スマホゲームが創作物の媒体になっている昨今
  • Photo via VisualHunt「バンドリ!ガールズバンドパーティ」とかいうバケモノ2017年3月某日、とんでもないゲームアプリが世に出てしまった。「BanG Dream! ガールズバンドパーティ」(略称:ガルパ)という題名の音楽ゲームアプリだ。他のアプリのユーザーが推しキャラに声帯(声優の声)がついていないだの、ストーリーに音声はつかないだの言っている間に、ほぼ全キャラに声がついていて、日常会話からシリアスストーリーまで読み [続きを読む]
  • アイドルタイムプリパラに男を投入しても売れる理由
  • 大きなお友達の声はいかにして公式に通じるのか『アイドルタイムプリパラ』の最新情報が公開され、男の子版の「プリパラ」ダンパラのアイドル「WITH」のビジュアルと声優が公開された。気になるのは、やはり「女の子だけのプリパラが観たい」「男はいらない」という意見が見られることだ。でも、男の子を投入した以上、売れるという確信があったはずである。ここでは、男の子が投入された経緯を邪推しつつ、どうすれば大友(大きな [続きを読む]
  • 『けものフレンズ』を観て、みんなもフレンズになろう
  • まだけものフレンズを観ていないフレンズなんだね今期数々の考察を生み出しているSFアニメ作品がある。動物の姿をした女の子たちが冒険を繰り広げるアニメ『けものフレンズ』だ。完全にノータッチだったので、動画サイトに課金して最新話まで観たのだが、知的好奇心や想像力を掻き立てる実に面白い作品である。「観てないよ!」「わからないよ!」という方にもぜひ観てもらいたい。ということで、大体どういう作品なのかというこ [続きを読む]