森島明子 さん プロフィール

  •  
森島明子さん: おとなの発達障害かもしれない!?
ハンドル名森島明子 さん
ブログタイトルおとなの発達障害かもしれない!?
ブログURLhttps://ameblo.jp/akicocotte0320/
サイト紹介文40代でADHDと診断された森島明子(漫画家)の体験記をつづったコミックエッセイ
自由文漫画家の森島明子です。大人の発達障害のエッセイ漫画を更新中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/06/10 18:05

森島明子 さんのブログ記事

  • 第10話-8 【図解】コンサータ服用前と服用後
  • コンサータの服用前と服用後をわかりやすくまとめてみました 以前は ADHDの脳内はゴチャゴチャ混乱してるって本とかで読むけど私はそれほどじゃないよね〜? なんて思っていたのですが コンサータを服用して 私の脳内めっちゃゴチャゴチャだった!! と自覚しました。 本人にとっては長年ずっと普通のことだったのでよくわかってなかったのです(笑) こりゃ疲れるはずだわ〜長年放置してたんだもの自律神経やホルモンが乱 [続きを読む]
  • 第10話-7 フシギな保護膜
  • この漫画は私個人の感想をマンガ的なイメージで描写していますので医学的な根拠があるものではありません。お薬の作用・副作用は人それぞれです。服用をお考えの方はお医者さまにご相談ください ほんとうに膜が見えたわけではなく あの感じを表現するとこんな感じになるということです 薬の作用で脳に落ち着きがでるので外の刺激の中から必要な情報を取捨選択できるようになるということなのだと解釈してます 定型脳はその取 [続きを読む]
  • 第10話-6 宇宙からやってきました
  • この漫画は私個人の感想をマンガ的なイメージで描写していますので医学的な根拠があるものではありません。お薬の作用・副作用は人それぞれです。服用を考えている方はお医者さまにご相談ください 宇宙飛行で浪漫飛行な人生 火・木・土更新です いつもいいね!やリブログなど、ありがとうございます!励みになります 読者登録と設定で更新のお知らせメールが届きます ツイッターでも更新のお知らせをしておりますhttps://twitt [続きを読む]
  • 第10話-4 初めてのコンサータ 初めての…
  • この漫画は私個人の感想をイメージ表現していますので医学的な根拠はありませんのでご了承くださいませ 私の感じた薬のメリットだけでなくデメリットも素直に描いていくつもりなのでこのページだけでなく最後までお読みいただけると嬉しいです お薬の作用・副作用は人それぞれです。服用をお考えの方は、お医者さんにご相談ください 火・木・土更新です いつもいいね!やリブログなど、ありがとうございます!励みになります [続きを読む]
  • 第10話-3 ADHDのお薬について
  • コンサータのカプセルのデザインがセンス良くて大好きインチュニブはつい最近(2017年5月)発売されたばかりのお薬で、今のところ小児のみ適応、成人は適応外です。 火・木・土更新です いつもいいね!やリブログなど、ありがとうございます!励みになります 読者登録と設定で更新のお知らせメールが届きます ツイッターでも更新のお知らせをしておりますhttps://twitter.com/morishima_akiko ポチッとランキングに1票いただ [続きを読む]
  • 第10話-2 ADHDの原因は?
  • 超てきとうなカンタン説明ですが(笑)ドーパミン勇者とノルアドレナリン戦士は私のイメージです。 この2つが不足していると、あらゆる用事をこなすことに支障が出てきます。 逆に暴走すると「過集中」状態になってやりすぎてしまい、集中が切れた後は抜け殻になります ADHDにとって一番むずかしいのが「ほどほど」なのです火・木・土更新です いつもいいね!やリブログなど、ありがとうございます!励みになります 読者登録 [続きを読む]
  • 第10話-1 コンサータ投薬レポート
  • じつはこのコンサータレポートをシェアしたくて、ここまでがんばって描いてきました ただし、この漫画は個人的な感想やイメージを表現していますので、医学的な根拠があるものではありません。お薬の作用・副作用は人それぞれです。もし服用を考えている方は、お医者さんにご相談ください 火・木・土更新です いつもいいね!やリブログなど、ありがとうございます!励みになります 読者登録と設定で更新のお知らせメールが届 [続きを読む]
  • 第10話-5 初めての重力
  • この漫画は私個人の感想をマンガ的なイメージで描写していますので医学的な根拠があるものではありません。お薬の作用・副作用は人それぞれです。服用を考えている方は、お医者さんにご相談ください 薬局でもらったコンサータの説明書は読みましたが、それ以外はほとんど調べずに飲みました。なるべく先入観を持たずに効果を感じたかったので まさかこんな体感があるとは思いませんでした(笑) 火・木・土更新です いつもいい [続きを読む]
  • 第9話-10 ADHDの治療方法
  • そういえばADHDのお薬が増えましたね! 今までは“コンサータ”と“ストラテラ”の2種類でしたが、2017年の5月から“インチュニブ”が加わったそうです。(ただし成人は適応外) ADHDのお薬事情もどんどん変わりそうですね。このブログでは、今週の土曜日からコンサータレポートが始まる予定です。 火・木・土更新です いつもいいね!やリブログなど、ありがとうございます!励みになります 読者登録と設定で更新のお知ら [続きを読む]
  • 第9話-9 発達障害と向き合ってみて…
  • 発達障害は、よく虹色スペクトラムに例えられます そして虹色のグラデーションはLGBTの象徴でもあります ちょうど同じくらいの時期に、当事者の輪がすこしずつ広がって、だんだん社会が動き出してニュースなどにとりあげられるようになったような…?これは偶然ではないのでは…? なんて思いました。 発達障害とLGBTは「少数派」「非定型」「多様性」「はっきりした境界線が無い」「生き辛い」など、なんとなく近いキ [続きを読む]
  • 第9話-8 環境と特性の相性
  • 私個人の場合は、ADHDが直接的な原因で困っているのではなく 環境の変化で、ADHDの特性が生活の悪循環を拗らせるきっかけになってしまったというかんじです前向きに考えれば、ADHDが人生を良循環へと作り変えていくヒントにもなるってことかなと思っています とはいえ、ずっと前向きでいるのも疲れますので(笑) ときどきふてくされつつひねくれつつゆるゆる〜っとやっていきたいです火・木・土更新です いつもいい [続きを読む]
  • 第9話-7 わかりにくい理解されにくい
  • ADHDを理解する上でむずかしいのが ADHDの脳はできる(能力はある)けれど、できない(実行機能が不安定)のです。実行機能が“不安定”なのでできるときもありますし。 もどかしいです。 一番辛いのは、本人ですら「甘え」「努力不足」と誤解して、自分で自分を責めてしまうことかもしれません理解されにくいからこそまずは自分が自分の理解者になることが大切と思っています 火・木・土更新です いつもいいね!やリブログ [続きを読む]
  • 第9話-6 ADHDの生き辛さって?
  • このマンガはフィクションです。わかりやすく伝えるための演出であり、森島の経験や本音ではありませんのでよろしくお願いします や、マジメな話もし私がこういう風に言われたら「よかった〜この人にはそんなに迷惑かけてないらしい」とちょっとホッとします。 ただ、人によっては理解されにくい寂しさを感じるかもしれません。辛さを伝えるのが難しい障害なんですよね 火・木・土 更新です いつもいいね!やリブログなど、 [続きを読む]
  • 第9話-5 片付けられないのは特性?
  • あ…このオチ…昔4コマ漫画でネタにした記憶が…(笑) 部屋が汚いことを注意されるのは納得できるとして「女のくせに」って言われるのは納得いかないのよねえ〜 火・木・土 更新です いつもブログを読んでくださってありがとうございます 読者登録と設定で更新のお知らせメールが届きます ツイッターでも更新のお知らせをしておりますhttps://twitter.com/morishima_akiko してブログランキングに投票をいただけると [続きを読む]
  • 第9話-4 思考とメンタルの多動
  • 現在は、カウンセリング(思考のクセをなおす)、瞑想と呼吸(マインドフルネス)などで、だいぶ軽くなりました 即効性がある方法ではないので、はっきりとした変化を感じるまでに数ヶ月〜1年かかりました。以前より頭の中がスッキリして、なかなか快適です 現在はお薬を全く飲んでいないので、メンテと訓練だけでどこまで変われるのか…これからも続けてみたいです 火・木・土更新です いつもブログをお読みいただき、ありが [続きを読む]
  • 第9話-3 不注意について
  • 長期的な記憶力は問題なくても「今これとこれとこれをやる」的な、短期記憶…ワーキングメモリが不足しているといわれています まあ人生いろいろありますがDon't worry !Be happy !! 火・木・土更新です いつもお読みいただいてありがとうございます 読者登録と設定で更新のお知らせメールが届きます ツイッターでも更新のお知らせをしておりますhttps://twitter.com/morishima_akiko ポチッとランキングに1票いただけると [続きを読む]
  • 第9話-2 多動・衝動について
  • ADHDの人は映画や観劇が苦手なことが多いそうです。 私は苦手というほどではないですが、ひとりでDVDを見ているときは、15分ごとくらいに一時停止して休憩をとっちゃいますね。 なので映画一本みるのにとても時間がかかりますこれも地味な多動なのでしょうか? おばあちゃんになったら、もっと落ち着いて、いっぱい映画をみれるようになるかもしれませんね…もしそうだったら老後がちょっと楽しみです 火・木・土 更新で [続きを読む]
  • 第9話-1 ADHDの生き辛さとは…?
  • 長年「自分はパワフルなのか無気力なのか、どっちなんだろう?」と思っていたら、こういうことだったのか!と納得できました。 火・木・土 更新です いつもいいね!やリブログなど、ありがとうございます!励みになります 読者登録と設定で更新のお知らせメールが届きます ツイッターでも更新のお知らせをしておりますhttps://twitter.com/morishima_akiko ポチッとランキングに1票いただけるさらに励みになりますにほんブ [続きを読む]
  • 第8話-8 発達障害のスペクトラム
  • 次回更新は7/11(火)になります。 いつもいいね!やリブログなど、ありがとうございます!励みになります 読者登録と設定で更新のお知らせメールが届きます ツイッターでも更新のお知らせをしておりますhttps://twitter.com/morishima_akiko ポチッとランキングに1票いただけるさらに励みになりますにほんブログ村 こちらも参加しているので、押していただけると嬉しいです  人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 第8話-7 おもな発達障害
  • 発達障害の定義は ・DSM ←アメリカ精神医学会・ICD ←世界保健機関(WHO)と ・文部科学省 ←日本・発達障害支援法 ←日本 この4つが参考にされることが多いんじゃないかなーと…しょっちゅう改訂されるのでややこしいよねーと…でもまあだいたいこんなかんじじゃないかなーと… 次回更新は7/8(土)になります いつもいいね!やリブログなど、ありがとうございます!励みになります 読者登録と設定で更新のお知らせメー [続きを読む]
  • 第8話-6 よく使われる基本的な言葉
  • これまでも使っていた言葉ですが、改めて説明してみました。このブログでは、できるだけ新しい言葉を使っていこうと思います 次回更新は7/6(木)になります。 いつもいいね!やリブログなど、ありがとうございます!励みになります 読者登録と設定で更新のお知らせメールが届きます ツイッターでも更新のお知らせをしておりますhttps://twitter.com/morishima_akiko ポチッとランキングに1票いただけるさらに励みになりま [続きを読む]
  • 第8話-4 ADHDってこんなかんじ?(イメージ図解)
  • 私は専門家のように多くの当事者と接する機会がないので、主に自分とADHDの友人知人をマンガ的な表現してみました。 あくまでイメージなので、実際はもっと人それぞれで、多様性があると思います 次回更新は7/1(土)です。(しばらくは火・木・土更新になります) いつもいいね!やリブログなど、ありがとうございます!励みになります 読者登録と設定で更新のお知らせメールが届きます ツイッターでも更新のお知らせをし [続きを読む]
  • 第8話-3 ADHDの脳の特性
  • ちなみに4コマ目の不注意っ子はTシャツを裏返しで後ろ前に着てます…本日の私の実話です… 次回更新は6/29(木)になります。(しばらくは火・木・土更新です) いつもいいね!やリブログなど、ありがとうございます!励みになります 読者登録と設定で更新のお知らせメールが届きます ツイッターでも更新のお知らせをしておりますhttps://twitter.com/morishima_akiko ポチッとランキングに1票いただけるさらに励みになりま [続きを読む]
  • 第8話-2 発達障害について
  • できる範囲で勉強しておりますが、このマンガでは「当事者として私が感じたこと」「素人からの視点」を大切に表現したいと思います。 専門的な見解とはちがうところもあるかもしれませんが、ご了承くださいませ 次回更新は6/27(火)になります。 ↓ポチッとランキングに1票いただけると嬉しいです   にほんブログ村 ↓こちらも参加しているのでお願いします   人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 第8話-1 私にやさしいADHD説明
  • 専門家にとってもややこしい発達障害についてど素人の私が説明しちゃうゾ という無茶ぶりの巻がスタートです。 『アスペルガー』という言葉だけでも 2013年に改訂されたDSM-5ではアスペルガーは自閉症スペクトラムにまとめられて医療機関の診断はアメリカのDSMを基準を使用することが多いのでカルテには書かれなくなって、でもICDを基準にしてる発達障害支援法では使われていて、ICDはWHOの国際基準で……書いてるだけで混乱して [続きを読む]