沙岬宙海 さん プロフィール

  •  
沙岬宙海さん: 沙岬宙海の日記
ハンドル名沙岬宙海 さん
ブログタイトル沙岬宙海の日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/comic-black-tear/
サイト紹介文映画やアニメの記録と漫画制作の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 320日(平均1.9回/週) - 参加 2016/06/10 10:28

沙岬宙海 さんのブログ記事

  • グレートウォール
  • 万里の長城をモチーフにした映画だが、歴史戦争ものでは全くない。 トカゲの化け物みたいな怪獣と人間との戦いを描いた映画で 万里の長城はその怪獣の大軍を防ぐために建造されたという設定。 この怪獣の大軍が予告編では公開されていないので 歴史戦争ものと思って観に行った人が失望して映画の評点を下げていると思う。 3D・VFXを駆使して作られた人間と怪獣が戦う映画とわかって観れば 脚 [続きを読む]
  • 第37話 一般向けバージョン 更新
  • 映画キングコングを観て、小学生の頃に描いていた漫画を思い出した。 隕石の中から怪獣が出てきたり、博士達のチームが無人島に行って怪獣に遭遇するといった映画が大好きだったので、 漫画家の絵を真似るよりも実写映画を漫画にするのが好きな子供だった。 当時描いた物が何一つ残っていないのが残念・・・ マンガボックス インディーズ さんに ブラックティア 〔第37話〕待ち受ける敵(6) をアップし [続きを読む]
  • 世界は嘘で出来ている /劇団 ONEOR8
  • ONEOR8は大阪公演は初めてとのこと。 若者の孤独死と兄弟愛をモチーフに不要な嘘と必要な嘘を描いた演劇。 舞台演出とかすごく計算されていて完成度が高かったと思う。 特殊清掃業という死体があった部屋の後始末をする職業を核心に持ってきた脚本もなかなか凄い。 満遍なく笑いを取りながらも最後は客席のそこらじゅうですすり泣きが聞こえるくらいの感動。 甲本雅裕さん矢部太郎(カ [続きを読む]
  • 第36話 R15(横スク)バージョン 更新
  • 体力・視力・記憶力を加齢と共に失い、ギターも10年触っていないともう指が動かない。 しかし、この歳になって漫画を描き始めてわかったのは、画力は40年のブランクがあっても変化しないことだ。 楽器のように練習で身につけたものとの違いだろう。ただ、果たして今から伸びしろがあるのかは問題だが・・・ あしたのヤングジャンプ さんに ブラックティア 〔第36話〕 待ち受ける敵(5) 無修正バ [続きを読む]
  • ゴースト・イン・ザ・シェル
  • スカーレット・ヨハンソンで攻殻機動隊をハリウッドが実写化するって2年前に聞いてからずっと楽しみにしていた映画。 1995年のアニメ劇場公開の時からのファンだからね。(TVアニメは観ていなかったけど・・・) 田中敦子さんの声で観たくって吹き替え版で観てきました。 ハリウッドではコケているらしいけど実写版としては及第だと思います。 ハリウッド的なオリジナルストーリーにしながらも押井アニ [続きを読む]
  • ムーンライト
  • 全く自分の好みの映画ではないがカミさんが見たいというので・・・ まあ、アカデミー賞受賞というのがなければDVDでも見なかったと思う。 う〜ん・・・まぁ、想像通り・・・という感じかな・・・ この映画は、日本人にはあまり理解できないと思うが・・・ 肝心なところがよくわからない。 シャロン少年がいじめられる原因の部分、「歩き方が変だ」とか「見せあいっこしてるシーン」とかがあったが [続きを読む]
  • 第36話 R15(縦スク)バージョン 更新
  • 小学生の頃は怪獣映画、中学時代は009の様なヒーロー漫画をノートに鉛筆で描いてました。 高校〜大学は音楽に目覚めギターばかりで漫画は描かず。 就職先はIT企業で長時間労働と夜間呼び出し休日出勤が常態、仕事に時間を全て捧げて来ました。 昨年退職して漫画を描き始めたので絵が40年前のままなのです。 マンガハック さんに ブラックティア 〔第36話〕待ち受ける敵(5) 無修正バージョン を [続きを読む]
  • キングコング 髑髏島の巨神
  • キングコング観てきましたが・・・ これ、オリジナルのキングコングじゃなくってまるで日本の怪獣映画そのまま! 子供の頃に好きだった無人島に行って色々な怪獣に遭遇するという昭和のオーソドックスな怪獣映画のパターン。 ゴジラの「怪獣ランド」、ウルトラマンの「多々良島」だよ! 原住民とのシーンはベトナム戦争のイメージも重なってコッポラの「地獄の黙示録」そっくりだったけど。 エンド [続きを読む]
  • 第36話 一般向けバージョン 更新
  • コマ割りについて。 今の漫画はコマの大きさが揃っていない方が普通だが、几帳面な性格なので出来る限りコマは均等に割りたくなる。 コマに大小をつける時は「何でそうするのか」の理由が自分なりに明確でないと大きさに差をつけにくい性分だ。 特に最近の漫画は、コマの上にコマを重ねたり、人物がやたらコマからはみ出したりして、ページ単位で完結したイラストのような作りになっている。 6〜70年代 [続きを読む]
  • パッセンジャー
  • 良かった! この手のSFは完全に自分の趣味なので世の中の評価よりも自分的には高得点! 文句をつけるところはほとんどないが、しいて言えば・・・ ラストシーンの宇宙船の修復活動は何が問題でどう修復してるのかはよくわからなかった。 まあ、あまり説明するつもりもないような演出だったけど。 予定より90年早く目覚めてしまう二人だがそこに予告編で公開されていない重要な問題があって [続きを読む]
  • 第35話 R15(横スクロール)バージョン 更新
  • 僕は眠りが浅いので毎晩夢を見る。 夜中2回は目が覚めて物語が替わるので、いつも3本立ての映画を観ている気分だ。 ストーリーも結構凝っていて、「さっきのはこれの伏線だったのか!」と夢の中で感心している。 自分の脳の中に主役の自分とは別に、脚本を作っている自分がいるのが不思議で仕方がない・・・ そして、怖い夢はあまり見ない。 怖い夢は、夢の中で夢と気づく事が多いからだ。 夢 [続きを読む]
  • SING シング
  • 良かった!うちのカミさんは「ラ・ラ・ランド」より良かったと・・・ 吹き替え版で観たけれど、「吹き替え」というより日本語バージョン。 オーディションのチラシの文言とかアニメの中でちゃんと日本語になってる! MISHAやスキマスイッチ、大地真央、水樹奈々といった面々の中で長澤まさみって歌えるんだね!凄い! 最後のステージはなかなか圧巻でした!これ日本語版で観るとハリウッド版も観 [続きを読む]
  • 第35話 R15(縦スクロール)バージョン 更新
  • デビルマンがまたアニメ化されるらしい。今度は原作に忠実だそうだ。 最初のTVアニメは小学6年の時。 放映の紹介欄に「人の愛に目覚めて」とあって、まだ少年漫画には「異性を愛する」という概念がない時代だったから、 実際にアニメを見るまで意味がわからなかった事を覚えている。 その後で原作にハマって、原作OVAも持ってる。実写映画は酷かったけど… とりあえず原作どおりならシレーヌのコスチュー [続きを読む]
  • オフィス座の怪人 劇団レトルト内閣 
  • 「劇団レトルト内閣」の公演は来たのは多分3回目かな・・・ 今回は会社がテーマということもあってか内容が身近で、今までで一番面白かった。 キャラも凄く立ってて会社に居そうな人ばかり。 特に「無礼講」のシーンは、ホントに笑わせてもらった。 生バンドの音も迫力があったし、かなり満足できました。 退職して大阪に戻ってきたので次回も行かせて頂きます。 [続きを読む]
  • 第35話 一般向けバージョン 更新
  • マンガボックス インディーズ さんに ブラックティア 〔第35話〕待ち受ける敵(4) をアップしました。 https://www-indies.mangabox.me/episode/82844/ ここ3週間の閲覧数は 1087 でした。 このサイトは、比較的コメントを入れていただけるので参考にしています。(それでもコメントは読者500人にひとりくらいの割合ですが・・・) [続きを読む]
  • トリプルX:再起動
  • 12年前のビン・ディーゼル主演のトリプルXも観たはずだけど、こんなのだったけ・・・ ビン・ディーゼルは「ワイルド・スピード」とほぼ識別できない。演技同じだもの。 まあ、多分今回のも記憶には残らないだろうが・・・ 内容は十分面白いです。理屈をこねて観る映画ではない。 サミュエル・L・ジャクソンっていったいどれだけの映画に出演してるんだろう・・・毎度、映画館で顔見てる気がする。 [続きを読む]
  • あしたのヤングジャンプ 第34話更新
  • あしたのヤングジャンプ さんに ブラックティア 〔第34話〕待ち受ける敵(3) 無修正バージョン をアップしました。 http://ashitano.tonarinoyj.jp/series/FlR8CfEJm7M/FlR8CfEKQhM このサイトは青年向けなのでこのサイトでは、自主規制を外して投稿しています。 ただ、このサイトは何故か1シリーズ3話までしか投稿できないので 長期連載になると3話ごとに区切って新作としてアップする必要がありま [続きを読む]
  • ラ・ラ・ランド
  • アカデミー作品賞で誤発表のアクシデントの翌日に観てきました(たまたま・・・)。 ストーリーは、ラストシーンを除くとオーソドックスな内容だけど、俳優の力量と演出で魅せる映画だ。 ミュージカル映画を観るたびにハリウッド俳優の力量の凄さを思い知る。やっぱ、そこまでになれる人は何でもできるんだよ。 冒頭シーンでいきなり「この映画はこういう映画だ」って感じで圧巻。 あらゆる国籍の人達の [続きを読む]
  • 政宗くんのリベンジ
  • 深夜アニメは期が変わったら適当に録画して観ながら順次観る対象を減らしていってる。 もうすぐ3月になるので1月から始まったアニメについてはほぼ選別がされた頃。 このアニメは結局ずっと観ているので生き残った中の1本。 面白いと思うし、クオリティも高くて絵が安定している。 最近の漫画の「萌え系の絵柄」にもだいぶ慣れてきた・・・ [続きを読む]
  • マンガハック 第34話更新
  • マンガハック さんに ブラックティア 〔第34話〕待ち受ける敵(3) 無修正バージョン をアップしました。 http://mangahack.com/issue/show/30178 マンガハックには青年向けカテゴリーがあるのでこのサイトでは、自主規制を外して投稿が可能です。 ここ3週間の閲覧数は 718。(3週間ごとに1話投稿しています) このサイトでは「いいね!」の代わりに「拍手」ボタンがあるのですが1話アップする [続きを読む]
  • この世界の片隅に
  • 遅ればせながら、観て来ました。 自分の母親がすずさんと同じような結婚の仕方をしている世代としては、 子供の頃に親から聞かされた戦争体験をそのままアニメ化したような物語。 自分が親になっても自分の子供に戦争のことを説明するようなことはないから・・・ 体験していないことは自分の子供には伝えられないので、戦争体験を風化させない意義を感じた。 子供の頃の記憶が蘇 [続きを読む]
  • LINEマンガ 第34話更新
  • LINEマンガ インディーズ さんに ブラックティア 〔第34話〕待ち受ける敵(3) をアップしました。https://manga.line.me/indies/book/article?id=19684 ここ3週間のPV数は 3247 。 第34話は文字数が多いのでサービスショットを入れたところ、アップ後1時間で消され、修正して再投稿しました。 LINEマンガは漫画投稿サイトの中で一番「ガイドライン規制」が厳しい・・・のです。 作品を消された時に [続きを読む]
  • ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
  • うん・・・まあ目玉を食べるのは、ちょっと・・・だけど それ以外は結構こども向けだったかな・・・ サミュエル・L・ジャクソン扮する敵役があんまり強くも怖くもなくて まあ子供相手の戦いだから仕方ないか・・・ 主役のエイサ・バターフォールドを捕まえて腕が変形した刃物を喉元に突き付けてるんだけど 仮面ライダーや戦隊ものに出てくる怪人の腕みたいなので全然切れそうに見えない。 エバ・グ [続きを読む]
  • タイガーマスクW
  • 子供の頃に観ていたタイガーマスクと比べて、迫力がない。 昔のはかなり、流血シーンや残虐シーンがあったからね。 今の表現規制では難しいか…再放送も出来ないんだろうなぁ。 「赤き死の仮面」がタイガーに串刺しにされたシーンで昆虫の標本とオーバーラップされたのは目に焼き付いてる・・・ [続きを読む]