saya さん プロフィール

  •  
sayaさん: 嬉しかったこと。
ハンドル名saya さん
ブログタイトル嬉しかったこと。
ブログURLhttp://ikea-cheerhome.jp/
サイト紹介文嬉しかったことや日々の小さな幸せなど、ちょっとしたHAPPPYなエピソードを集めているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 226日(平均0.3回/週) - 参加 2016/06/10 16:54

saya さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • はじめて漫画の原画展に行ってきました。
  • 生まれてはじめて、漫画の原画展というものに行ってきました。もう、言葉で言い表せられないほど美麗な絵を見て目の保養をしてきました。しかも、つい1週間ほど前に知って衝動買いした漫画だったのですが、インターネットで検索したところちょうど2日前に原画展があるという事を知って驚きました。原画展と言っても、本当の原画は東京だけの展示になるようで私が見てきたのはちょっと残念なことに「原画複製」展でした。それでも、 [続きを読む]
  • 娘からのバースデープレゼント
  • 20代半ばで結婚と出産をして以来、子どもの誕生日には手作りケーキと誕生日プレゼントを贈り、家族で毎年お祝いをしてきました。喜んでいる姿を見るのはとても嬉しいことだし、すくすくと成長してくれていることも私にとっての喜びでもあります。ですが、娘が生まれてからはどうしても子ども中心な生活を送るようになり、自分自身の誕生日はおろそかになっていきました。夫とお付き合いしていた時は、誕生日プレゼントを貰ったり [続きを読む]
  • いらない服は上手くリサイクルするようにしています
  • 最近はあまり流行に乗り過ぎている洋服は買わないので、いらない服を処分する事も少なくなりましたが、以前はそれなりに流行り物も大好きだったため、流行遅れになったアイテムやいらない服の行方には困っていました。でも、私より年下の親戚にそれらのもう着なくなった洋服を送ると、とても喜んできてくれて、また私が着た時の雰囲気とは違って見えたので譲ることが出来て良かったと思うことが多かったです。また、あまり古くなっ [続きを読む]
  • 泳ぎの楽しさを実感しはじめた子供
  • 我が家の子供はとても怖がりで繊細な性格をしています。オバケが怖い、戦争が怖い、宇宙が怖い・・・。怖いもののジャンルがとてつもなく幅広く、時にはそのスケールの大きさに相談されても対応できないものもあります。身近なものでは水が怖いのですが、毎日のシャンプーやプールの授業から逃げることはできないし、親としてもなんとか今のうちに克服させてあげたいと思いました。ここは多少エサで釣ってでもと、本人の日頃欲しが [続きを読む]
  • 夫からの贈り物に感激!
  • 私が最近嬉しかったことは、夫に腕時計をプレゼントされたことです。私は前から新しい腕時計がほしかったので、ちょうど良いタイミングでした。時計そのものも、デザインが素敵かつ使いやすいものでもちろん嬉しかったのですが、「彼は私のことを考えてくれていたんだな」と思えたことがそれ以上に嬉しかったです。何でもない日にプレゼントをもらうのは、サプライズ感があってとてもウキウキするので割と好きです。クリスマスや誕 [続きを読む]
  • 転勤後に見つけた小さな幸せ
  • 約10カ月前、結婚を機に生まれ育った土地を離れ、勤めていた仕事を辞めました。長く勤めた職場を離れるのは寂しかったし、収入の面で不安もあったけど、もしかして子どもができるかもしれないと思って再就職はせずに、専業主婦をしていました。しかし、新婚生活は思っていたほど甘くはありませんでした。昼間はひたすら家事をしたり、テレビを見たり…新しい土地では友達もいないので、ほとんど出かけることなく引きこもっていま [続きを読む]
  • 子供の成長を実感した事。
  • 私には、小学校と幼稚園の子供がいますが、まだまだ子供と思っています。日頃、自分たちで何かを手伝うという事もほとんどなく、着替えの準備をしたりなど、ほとんど私がしていました。子供にさせたら、時間がかかると思い、自分でした方が早いと思う気持ちもあるからです。しかし、最近私が風邪で寝込んでしまいました。いつもの風邪なら、薬で熱を下げて、そのうちに、家事をして、横になったりしていたのですが、その日は、薬を [続きを読む]
  • 1日に3人から電話があった!
  • 私はアラフォーの主婦です。子供が居ないので毎日夫の帰りを待つだけの日々がつまらなくなり、3か月前からパートを始めました。パートを始め出した頃は楽しかったのですが、今はまた同じ毎日の繰り返しのような気がしてちょっとつまらないな〜と思っていたのですが昨日1件の電話が。その電話の相手は私に掛けるはずではなかったのですが、会社時代の先輩が間違えて私に電話をかけてしまったらしく、久しぶりにその間違い電話で話 [続きを読む]
  • 過去の記事 …