chiffon さん プロフィール

  •  
chiffonさん: フルート♪のほほん日記。
ハンドル名chiffon さん
ブログタイトルフルート♪のほほん日記。
ブログURLhttp://ameblo.jp/chiffon-music/
サイト紹介文大人になってフルートを再開したchiffonの日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 285日(平均1.3回/週) - 参加 2016/06/12 14:37

chiffon さんのブログ記事

  • 音はまっすぐ
  • 昨日のレッスンで他に注意を受けたこと。今はまだ音をまっすぐ出す練習をしたいのでビブラートはかけないこと。ビブラートは前の先生に習ったの?と聞かれたのですが、習っていないのです。たぶん途中で息が苦しくなって無理矢理押し出してるので震えてるのだと思います(笑)以前に指導していただいたことで、唇が安定していない。持続力がない。というのもありました。…そのとおりでございます。簡単な基礎練習のはずなのに、後 [続きを読む]
  • アルテス 【第5課】
  • 今日は久しぶりのレッスンでウキウキレッスンは【第5課】からでした。でも今気づいたのですが、前回【第4課】の後半が宿題だったのに、あまりに時間が経ち過ぎててすっかり忘れておりました。で、【第5課】は苦手な低音。どーしてもCが出ないのです。原因は指がちゃんと押さえられていなかったり、息がダメだったり、毎回いろんなことが原因になっています。そして今日、先生に指摘されたのは小指の角度。小指に力が入っていて [続きを読む]
  • 吹奏楽練習
  • 本日は吹奏楽の練習へ。6月の定期演奏会に向けての練習です。ウチの団体は定期演奏会でアンサンブルステージがあり、打楽器、木管、サックス、金管の各セクションごとにアンサンブルを披露します(何しろ団の名前にアンサンブルって付いてるので、そこは大事にしております。)なぜかお客さんからも好評です。あまりアンサンブルをやっているところがないからかなというわけで今日の練習の前半は、木管セクションでの選曲があり、集 [続きを読む]
  • 兄のご飯と母の愛
  • 昨日は吹奏楽祭の打ち上げがあるということで、バイトに行っている長男のご飯を作ってから出掛けました。最近、小4の娘が料理に凝っており、マイブームはアスパラの肉巻き。昨日、作った分は朝になったらカラになっており、兄が全部食べてくれたのがよほど嬉しかったらしく、また今日も作っております。火を使うのはさせていないので、味付けや焼き加減は私が付きっきりですが…。息子よ、母の愛だと思って食べている君のご飯は最 [続きを読む]
  • 悔しい本番。
  • 昨日は62万石吹奏楽祭に出演してきました。ステージの上は練習の時とは音の聞こえ方が違うので覚悟はしていましたが…大事なところでアクシデントがあり…あーもう悔しいとしか言いようがないです。落ち着いて入るという目標は達成したんだけど…はぅー6月の定期演奏会に向けてすぐにでも練習したい気持ちになりました。アクシデントで気持ちが左右されるのは練習不足なのだと思います。不安要素がなくなるまで練習しなければ! [続きを読む]
  • ピッコロ
  • 吹奏楽祭の練習のため、日曜日はピッコロを吹きました。といっても、代理です。本番は別の方が吹いてくださることになったのですが、今回の練習はお休みされるということで事前に連絡を受けていたので、代理で吹かせていただきました。楽しかった〜!あちこち吹けなくてメチャクチャになってしまったところもありましたが、全体的に楽しかったです!久しぶりに楽器を思いっきり吹けたということもあるかな。来週からは2ndなので、 [続きを読む]
  • インフルエンザでした その3
  • 【2日目】2月24日(金)先日は最高で38.8度まで上がった熱は、今日はもう37度代だ。でもなんとなく頭痛がする。それも微妙な頭痛だ。ズキズキして眠れなければ頭痛薬を飲むのだけれど、なんとなーく頭が痛い、ある意味では絶妙な痛さだ。このまま無理をしても、また熱が上がってくるのかもしれない、と警戒しながら過ごす。でも、結局は熱が上がらず。あれ?イナビルの人は結構熱をぶり返す人が多いみたいなんだけど?【 [続きを読む]
  • インフルエンザでした その2
  • 【1日目】2月23日(木)3:30頃、目が覚める。頭が痛い。お腹も痛い。明らかに熱っぽい。体温計で測ると、なんと38.4度。子どもって体温が高いので、ちょっと風邪をひくとコレくらいの熱は簡単に出るが、私は子どもの頃、平熱が低く、こんな体温滅多に見ないので驚いた。寒くて仕方ないので、湯たんぽを準備。お湯が沸くまでの時間がとても長く感じた。朝になり、子どもを送り出し、さぁ、どうしようかと考える。まず熱があるの [続きを読む]
  • インフルエンザでした その1
  • 水曜日からブログの更新がパタッと止まってしまいました。原因はインフルエンザ!治療経過はこんな感じでした。【0日目】2月22日(水)午前中は熱もなく、ただ咳が出るので、また喘息の発作だと思い、呼吸器内科へ。病院の検温でも36.5度。定期的な喘息の薬を処方される。ついでに花粉症も始まっていたのでアレルギーの薬も。午後は仕事へ。職場がやたらと寒い。燃料費の節約のため、ボイラー管理の方が時々止めたり炊いたりし [続きを読む]
  • アルテス、進められず。
  • 今日は本来ならレッスンの日でした。でも、熱が出てしまいお休みすることに。午前中、呼吸器科にかかり喘息の薬を出していただいたのですが、夕方もう一度内科にかかり、インフルエンザの検査をしていただきましたが陰性。もし、明日の朝になっても熱が下がらなかったらもう一度受診することになりました。受付の方に、「午前中行った病院は午後休診でしたか?」と聞かれ、考えてなかったので慌ててしまいました。呼吸器科は少し遠 [続きを読む]
  • ニャン!ということだ!
  • 本日は娘が好きそうな本をたくさん買ってしまいました。↓上の3冊が自分用。下の3冊が娘用。??猫好き??の娘にはたまらん表紙だと思います。もう1冊は生き物の本、一番右は子どもでも読める音楽の本です。さてさて、最近フルートの練習と並行して、毎日ピッコロの練習をしています。1年前に購入したのですが、あまり吹けません。ピッコロを他に吹いてくださる方がいる時には出来るだけお願いしたいのですが今回は吹奏楽のイ [続きを読む]
  • ケーラーの15のやさしいエクササイズは、ぜんぜんやさしくない!
  • タイトルの通りなんです。ケーラーの15のやさしいエクササイズ、全然やさしくないんです!パラパラめくっただけで分かりますこの時代の方たちには、これでやさしかったんでしょうか?ケーラーのエチュードOp.33は3冊組で、33-1がやさしいエクササイズで、33-2、33-3と難しくなっていくのですが、33-1だけでもだいぶ難しいのですが練習したら吹けるようになるのでしょうか?とてつもなく時間がかかりそうです。33-1だけで少なくとも [続きを読む]
  • サクサク進むレッスンは終了のようです。
  • 今まではサクサク進んでいたけれど、どうもそれは今回までのようです。来週のレッスンに向けて宿題をしております。 次回のレッスンに早速ニガテが出てきてしまいました。それは↓コレです、コレ。低音。先日の発表会でも低いCが出なくて…。でも止まるわけにはいかないので、そのままサラリと通り過ぎてしまいました。先生が言っていた「緊張を招く不安要素」の1つになっていた気がします。サクサク進んでいたのもここまで [続きを読む]
  • ”私にはやりたいことがある”
  • よく読んでるフルート奏者の岩崎花保さんのブログを見てちょっと共感できるところがありました。私も色々やってみたい性格。ただし、岩崎さんと違って私は家庭環境的に何もさせてもらえない家でした。逆にそれが自分を奮い立たせる源になったと思います。恵まれた環境ではなかったので、すぐに希望が叶ったりはしないのですが、ゆっくりでも自分の力で色々なものを手に入れてきたことで、それなりに自信がついたりもします。私の育 [続きを読む]
  • 今後の練習 《フルートのエチュード》
  • Y先生には「リズム」という本で楽譜の読み方を教わっていました。手を叩いて拍子を取りながら歌うという方法で、少しずつ楽譜が読めるようになってきました。新しい教室では、教本のアルテスで基本を見ていただいています。アルテス フルート奏法 第一巻 植村泰一 訳・解説)Amazonこちらはシンフォニア版で、原本に近いそうです。たくさんの解説が書いてあり、読み物としても参考になります。でも、日本で有名なのはコチラ↓アル [続きを読む]
  • 私のフルート歴 《吹奏楽を再開する》
  • オトナになり、自分で楽器を買えるようになって吹奏楽をもう一度やろう!と思ったことが何度かありました。一般の楽団にも少しだけ入っていました。でも、長続きしないのです。2年生の後半から引退するまでの約1年間が部活でマトモにフルートを吹いていた期間になるのですが、実は私はずーっと楽譜が読めませんでした。読めるのは四分音符と八分音符くらい。ピアノを習っている友だちが分からないリズムは教えてくれるし、弱小チ [続きを読む]
  • 私のフルート歴 《中学生のころ》
  • 私は、中学生の時に吹奏楽部でフルートを始めました。でも、楽器を親に買ってもらえるような家庭環境ではなかったので、学校にある楽器をつかっていました。学校の楽器は数が限られており、私が使っていたフルートは、今思えば「よくあんな楽器で音が出たな」というレベルのもの。なので、最近の中高生が自分の楽器を持っている率が高いので驚いています。フルートパートは各学年だいたい2名でしたが、自前でフルートを持っていた [続きを読む]
  • 練習記録をつける
  • このブログに練習記録をつけています。理由の1つは、記録をつけるくらいフルートをちゃんと続けてみせる!という自分のモチベーションを保つため。2つ目は、練習がツラくなってきたら「前はこんなことにつまづいていたけど、頑張って来たじゃない!」と自分を励ます材料になるんじゃないかと思ったため。最後は、他の方の練習記録を読ませていただいて、とても参考になったため、です。どれくらいの期間をかけて、次のエチュード [続きを読む]
  • 緊張しない方法はない。
  • 発表会を終えて。相変わらずのビビラートを炸裂させてしまったので、昨日のレッスンの時に「先生、緊張しない方法なんてないですよね?」と聞いてみたら、きっぱり「ないです!」とのこと。そして、「緊張するのは個人差があるから原因は色々だけど、練習していて不安なところがあるとやっぱりステージの上では出てしまうので、不安を残さない練習をするのが大事。あとは人前で演奏する場数を踏むこと。」ということでした。場数… [続きを読む]
  • アルテス【第3課】
  • 今日は、アルテス【第3課】第2変奏、第3変奏、第5変奏、【第4課】No.1、No.2、第1変奏まで合格しました。宿題は、第2変奏、第3変奏、【第5課】No.1〜No.3の旋律練習までです。 割とサクサク進んでいると思いますが、【第5課】はNo.7まであるのでちょっと長い。 今日のレッスンでは【第3課】の第5変奏でつまづいてしまいました。ウラ打ちというか、一拍ごとに休符があるのです。 そうすると、 [続きを読む]
  • 発表会、無事終了。
  • 発表会が無事に終了しました。緊張した〜!そして得意のビビラート炸裂しました。(島村楽器の店長さんにビブラートならぬビビラート…と言われたことがあり、以来、私の特技として気に入って使っています。) どうしたら緊張しなくなるのかなぁ?いや、緊張してもいいから吹けるようになりたいのよね。やはり不安を払拭するくらい練習するしかないのかな。 後半のアンサンブルは、みんなと一緒で落ち着いて演奏でき [続きを読む]
  • ”明日は発表会?”
  • にほんブログ村 先生も書いてくださっていますが、明日は発表会です♪ 予定外だったのは、年末から長いこと次々と病気になってしまい、あまり練習時間が取れなかったこと でも明日演奏する曲は、もともと秋のコンクールの自由曲として練習していたもので、コンクールでは課題曲だけで次に進めなかったため、発表会の曲にしたものでした。 そういうわけで、秋に練習した分の貯金と、ここ数日、やっと練習した分 [続きを読む]
  • アルテス 【第2課】
  • 今日のレッスンはアルテス第2課。宿題になっていたNo.2の旋律練習と、第3変奏、第4変奏で合格をもらいました。楽語のお話があり、Allegroの意味を聞かれたけど、なんとなく「速く」って思っていただけで正確に答えられませんでした。こういう、いい加減に覚えていることがいっぱいあるので毎回確認していかないとなーと思いました。後半は【第3課】のNo.1、No.2、第1変奏まで合格をもらい、第2変奏、第3変奏、【第4課】のNo.1、No. [続きを読む]
  • 毎年恒例、漢字検定。
  • 毎年恒例。娘は漢字検定を受験しに行っています。そして、私も毎年恒例でカフェでお茶しながら娘の頑張りを応援(笑)しています。今年は担任の先生が漢字の学習をきちんとやってくださって、一年間で習う漢字は全て終わっており、すでに学校では復習に入ってくれているのでとっても助かりました。3月ギリギリまで新出漢字をやるような先生だと検定に間に合わないので家でやらなければいけないので大変です。それで安心していたせ [続きを読む]
  • 気になるJASRACのニュース
  • 最近の気になるニュースといえばJASRACの著作権問題。レッスンで演奏するのも公衆に聴かせるための演奏にあたるということなのですが。マンツーマンのレッスンなら聴いてるのは先生だけ。それが公衆になるのでしょうか?しかも演奏を楽しむのが目的ではなく、指導が目的なのに。そもそも著作権には大きく2つがあって、1つは著作者人格権、もう1つは著作権(財産権)。一般的に著作権というと、財産権の中の複製権を指していると [続きを読む]