椿 さん プロフィール

  •  
椿さん: 在宅のみでいくら稼げるか?三十路主婦節約日記
ハンドル名椿 さん
ブログタイトル在宅のみでいくら稼げるか?三十路主婦節約日記
ブログURLhttp://tutomun5151.blog.fc2.com/
サイト紹介文ネット通販にはまり、借金まみれになった夫婦の七転八倒ブログです。節約や、在宅収入で頑張っています。
自由文在宅のみで月収100万円を、とは言いません。現実的にどれだけ稼げるか?資格無し経験なしの専業主婦による奮闘日記です。ストレスにより買物依存症に。気づけば借金まみれ。税理士&コンサルティングを目指す旦那が「お客様の資金繰りに偉そうに言ってる場合じゃねえ!」と、家計を全面的に見直すことに。そこから夫婦二人で歩む辛い道、それでも明るく過ごす二人の生き様、どうぞご覧あれ!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2016/06/12 14:41

椿 さんのブログ記事

  • アフィリエイト、頑張るぞー
  • 今まで、しようと思っていたけど、できなかった記事の作成自分で頑張って作成してなんとか、1つのサイトを作成してみようと思う。文字数は15万文字をまずは、目標。ページは100ページ足らないけど、まずはこれで公開してみる実際、ウェブライターが金になるのは立証された。でもその先は、アフィリエイトだ。がんばるぞ。 [続きを読む]
  • ブラインドタッチの絶対、必要性について
  • では、パソコンを購入し、さっそくスタートしていきたいのですが、その前に一つ、大事なことがあります。それはブラインドタッチの必要性です。ライターと言われているので、書くスピードが求められます。なのに、キーボードを見ながらゆっくりタイピングしているようでは駄目です。でも誰もがいきなりできるわけではありません。最初は大変でも、ブラインドタッチができるよう練習用ソフトを買うなりして、少しずつできるようにし [続きを読む]
  • BTOでパソコンは選ぶ
  • ドスパラのような、パソコンの部品を選んでいって買うような方法をとれば、かなり安く手に入ります。それは家電量販店だと、余分はソフトなどが最初から組み込まれており、さらに従業員の給料や地代などの経費がかかるため、値段は自然と高めに設定されます。その点BTOですと、特にそのような余分なソフトが入っていないため、高スペックなパソコンが安く手に入るのです。「ドスパラ」で検索してもかまいませんし、他のサイトで [続きを読む]
  • まずは、パソコンの購入、そしてインターネットの回線手続き
  • 2、まずは、パソコンの購入、そしてインターネットの回線手続きでは、なんとなくでもいいので、ウェブライターという仕事がどういう仕事かわかってもらえたら、次は、その始めかたをお伝えしていきます。この章は既に分かっている人は飛ばしてもらえればいいのですが、そんな方にも少しでも役に立つ情報を書いていこうと思います。では、まずはパソコンの購入からですが、最低スペック、Window10、オフィス、メモリ8G, CORE・I [続きを読む]
  • 一月50万達成!!
  • ネットに疎い私でも、一月50万円稼ぐことができるようになりました。(2017.2月現在)その手法を一つずつ伝えていければと思っております。今はちょっと休憩をはさみながらしているので、下がった月もありますが、今後も稼ぐことができる自信があるので、なんともありません。一度手法を手に入れれば、後は、その波に乗るだからです。続く [続きを読む]
  • どうやってWEBライターという仕事を見つけたのか。
  • ウェブライターの仕事を見つけたのは単純で、インターネットで「仕事、内職」と検索するとでてきたワードで、「これならできるかも?」と安易に考え始めたのがきっかけです。他に「仕事 辞めたい」「内職、楽したい」「引き込もり 仕事」でも検索しました(笑)そして冒頭でも言いましたが、最初は全く稼げませんでした。一月あたり、5000円からよくて1万円でした。時給にして50円の時もあり、必死に書いた記事が、50円と考える [続きを読む]
  • 最後に選んだ・・・最後の仕事、、それは
  • 最後に選んだのがこの仕事でした。というのもこの仕事しかなかったというのが正しい表現かもしれません。外にでて働いてダメなら、家で仕事をするしかないもう後戻りはできず、旦那に支えてもらいながら、頑張ることを決意しました。どうやってこの仕事見つけた?続く [続きを読む]
  • 周りに合わすことができない私・・・
  • 偉そうかもしれませんが、人間関係で悩み、「こんなはずでは・・・」と理想の自分とのギャップに苦しむ日々でした。結婚後、仕事をやめ、パートとして働きましたが、ここでもうまく行きませんでした。もともと内向的な性格の私なので、上手に上司や周りに合わせることができず、ストレスばかりが溜まっていきました。もちろん転職を繰り返すので、仕事も毎回一からとなり、お金もたまりませんでした。本当に苦しい日々でした。頑張 [続きを読む]
  • 悲しい話、OL時代・・・
  • こう考えると、もし今この文章を読んでいるあなたが、ズルをせず、真面目に仕事をしたいという考えであればあるほど、ウェブライターは合っていると思います。学生、主婦、サラリーマン、どんな方でも構いません。真面目に仕事ができる方なら、できる、本当にいい仕事と思っております。【なぜウェブライターをしようと思ったのか】私個人の話で恐縮ですが、OLをしていた際、理不尽なことが多々ありました。OLでも数字を求めら [続きを読む]
  • Googleが掲げる10の事実 ご存知ですか?
  • Googleが掲げる10の事実1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。3. 遅いより速いほうがいい。4. ウェブでも民主主義は機能する。5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。8. 情報のニーズはすべての国境を越える。9. スーツがなくても真剣に仕事はで [続きを読む]
  • 紙の情報は後戻りできない?
  • それは、一度発行してしまうと、取り返しがつかないからです。あとから、間違いでした。というわけにはいきません。ネットならばすぐに訂正ができますが、新聞や雑誌はそうはいかないからです。少なくとも一日はかかります。ネットでは、数分で誤った情報の訂正は可能性です。このように情報の発信も、ほぼリアルタイムででき、反対に情報の訂正も一瞬でできてしまうからこそ、気軽さが、良さでも悪さでもあります。そしてこのスピ [続きを読む]
  • どんなWEBライターが生き残るの?
  • 正味、こわいですわ。今後は、ネットリテラシーを守り、法律を遵守しながら、正しい情報を書くウェブライターこそが、プロのウェブライターとしてご飯を食べていけるようになります。私もそうですが、インターネットの記事をみて、絶対に間違いないなんていう保証はありません。まぁ、そういってしまえば、歴史の教科書から、テレビの情報、新聞、それら全てが真実かどうかなんて、誰にもわからないのかもしれません。だからこそ、 [続きを読む]
  • 文章を公表できる怖さ
  • 現在、誰もがインターネットに文章をのせ、それを公表できる時代です。それはつまり、どんな危ない情報や、ウソの情報でも記載できてしまうからこそ、現在ネットを使う人は情報に疑義を感じ、真実を求めようとしても、その手段を知らない人が増えています。特に若い人ほど、本当の情報の集め方を知りません。すぐにネットで情報を収集しようとするからです。手軽に情報を知ることができるからこそ、その危うさは常に付きまとってい [続きを読む]
  • WEBのライター、ライターってさ?なに?
  • 【ライターとは?】ところで、ライターとはなんでしょうか。文章を書くことを職業とする人ですが、いろいろあります。ルポライター、グルメライター、コピーライター、それから、小説家、劇作家などなど様々なライターがおります。では、ウェブライターとはどういうくくりになるのでしょうか。単純にウェブ上に記載するという意味では、コピーライターでもありますし、ルポライターでもあります。また、小説もウェブ上に記載すると [続きを読む]
  • 意図のない文章はない WEBライター
  • 全く意図がなく、何も考えずに、文章を羅列しているわけではなく、SEOと言われる検索順位を意識しての文章となりますので、結果はある意味非情です。頑張って書いても効果がでないときもあり、それはクライアントからすれば、「使えない」と思われても仕方ありません。でも検索で上位に来る記事が書けたら、次の仕事もどんどん舞い込んできます。言いたいことをただ羅列するものではなく、伝えたいことを伝えながら、SEOも考 [続きを読む]
  • 画像の選定って?ウェブライター
  • 画像の選定などもしないといけないので、ある時は自分で写真を撮って、それを記事に掲載することもあります。画像は記事に掲載する画像です。商用利用可能の無料画像を選択するときもあります。つまりまぁ、結構、アクティブです。家の中にいることは多いですが、それだけでは終わらないのが、プロのウェブライターです。そして、とてもやりがいのある仕事です。記事を見た人の感想、つまりコメントなども嬉しいものです。もちろん [続きを読む]
  • ウェブライターの若い人の反応
  • 若い人には「へーそんな仕事あるんだ、そういえば、僕が読んでいるコラムとかも、書いている人がいると思っていたけど、その専門職があるとは知らなかった」と言われることが多いです。専門的な書物を書くわけではないので、誰でもできることが逆に「仕事」として認知してもらえないかもしれませんが、ウェブライター独自の視点を持ち、プロのウェブライターがもっと増えれば、これからの新しい仕事の一つとして周知されていくので [続きを読む]
  • 読者ってだれ?ウェブライターの
  • 読者は当たり前ですが、ネットを使っている人になりますので、ネットを使えない人はウェブライターの記事を見ることはほぼありません。新聞記者のように取材をすることもあれば、辞書や専門書で調べることもあります。しかし基本的にネットで調べて、信頼できる情報ならそれを参考に記事を書くことがほとんどです。後述しますが、それがウェブライティングの落とし穴でもあり、良い所でもあります。新聞であれば記事の最後に、「記 [続きを読む]
  • ウェブライターってどういう仕事?
  • 1、ウェブライターという仕事ウェブライターとは、インターネットメディアに記載する記事の作成を生業にしている人のことです。ですので、新聞や本などの紙媒体ではなく、ネットに記載する記事の作成をしています。WEBライターとも書き、内職や副業でされている人も大勢いれば、私のようにプロとして仕事をしている人もいます。基本的にクライアント(仕事を依頼する人)は、アフィリエイターや、ホームページを運営もしくはこれ [続きを読む]
  • 教育費ってさ
  • すんげーー親によって違うよな私も、それはそれは、親に迷惑かけたなーーと思うそして全く恩返しができてない現状んほほほほほあかんよなあでも、ファイナンシャルプランナーの勉強して、お金については、結構詳しくなったそして、パソコンにも、昔よりかは強くなった肩もみなどの恩返しもあるがまた別の形での恩返しをしていこーと、思うさて親に金の無心にいくか。おひーーーーーー! [続きを読む]
  • パソコン苦手です。でもできた。ウェブライター
  • さらに、、具体的にどうしたらいいのかも書きました。インターネットやパソコンに疎い方にもできる限りわかりやすく書いたつもりです。(と言う私も疎いです、パソコン苦手な方と、同じ目線で書いているつもりです)私の失敗談も交えながら、読み進めていけば、きっとあなたも稼げるようになると思います。ほんまかいな?って?ん、、、、まあ、正直あなた次第です(笑)だって、これ、結構根気がいります。根性も楽ではない、けど [続きを読む]
  • 生きていくのに最低の金額設定
  • 難しいですね高すぎても低すぎてもだめでそれでも、やっぱ目標が達成できなかった時のことを考えるとモチベーション下がるので最低でも達成できる金額にした方がいいよなでも最低の生活費って、20万はいるほんまに最低の金額これ以下になると、ちょっと仙人レベルになってくるもちろん世の中には全然高いという意見もあるんやろうけど保険や、車のこと考えるとこの金額と今はなる。だから、まずは20万が最低のラインになるウェブラ [続きを読む]